iOS向けの音楽アプリに関する情報についてまとめていきましょう。


By Rhism LLC
App Storeで見る
種別バーチャルギター
Lite版×
オーディオコピー○ (Sonoma)
オーディオペースト×
Core MIDI×
VirtualMIDI×
WIST×
SoundCloud×
Background Audio
Audiobus○ (In)

概要

 guitarismは18種類のコードを登録して演奏出来るアコースティックギター(スティール弦)の音色のバーチャルギターAppで、登録したコードや奏法などの設定をApp内に複数保存する事が出来るが、iTunesでバックアップが取れない様だ。録音機能も持っており、録音した演奏をApp内に保存したりiTunesでバックアップを取ったり、Facebookで共有したり出来る様だ。

 バージョン3.0からユニバーサルアプリとなり、主にiPadでの演奏性を考慮して設計されたUIが追加されている他、Appのグラフィックスが追加/変更された(Ryan Hemeon氏によるグラフィックス)。iPadでの演奏方法は下の公式動画「6) guitarism on iPad」を参考にされたい。
奏法
 奏法に関しては、ミュート、ハンマリング・オン、プリング・オフ、と言った弦楽器特有の演奏が可能である事や、コードを変えるときに出るフレットノイズ(FINGER SOUNDS)の付加も可能で、コードを弾いたときの音の強弱も付けられる。フレットが無いのでグリッサンドは出来ない。また、このページやApp Storeに書かれている以外の奏法は出来ないが、なかなかに演奏性の高いAppだと思われる。

 ハンマリング・オン、プリング・オフは、弦を弾いた直後にiPhoneを傾ける事でこれらの奏法を用いた演奏が実現される(iPadでの演奏方法は下の公式動画「6) guitarism on iPad」を参考にされたい)。

 ミュートは演奏画面のコードのGUIを離したときに弦がミュートされる様に設計されている。ミュート機能のオン/オフは設定画面から設定出来る。
コードの登録
 コードの登録画面は3画面有り、1画面に6種類、合計18種類のコードを登録する事が出来る。コードの各登録画面はiPhoneを傾ける事によって表示する事が出来、演奏中にコードを変える場合にはiPhoneを傾ける事によって各画面に登録されたコードを表示して演奏する事が出来る。

 キーはメジャーとマイナーが設定が可能で、コードは、Maj、min、5th、sus2、sus4、7th、m7、maj7、mmaj7、7sus2、7sus4、add2、madd2、6、m6、9、m9、maj9、add9、madd9、6/9、7♯9、aug、aug7、dim、dim7、m7♭5、が設定可能だ。
アドオン
 アドオンのSmart Stringsは、2弦以下を使って演奏するときに弦間が広がり演奏し易くなる様に設計されている様だ。普通にコードを弾くときには弦間が狭まりコードの演奏がし易い様に設計されている。このアドオンを購入して使用する事によってアルペジオが演奏し易くなるだろう。
音のアウトプット
 guitarismの音のアウトプットはステレオ/モノラルを切り替えられるので、例えばApp外部でエフェクターを掛けたい場合や、レーコーディングなどでこの機能を利用する事が出来るだろう。
Audiobus
 guitarismの音色はスティール弦のアコースティックギターの音色だが、Audiobusに対応しているのでAudiobusに対応したエフェクターAppなどを使えば、例えばエレキギターにオーバードライブなどを掛けた様な音を出す事も出来る(要Audiobus)。またSonomaのオーディオコピーにも対応しているので、guitarismで録音した演奏を他のAppにペーストして利用する事も出来るだろう。

公式ページ

操作方法

 主な操作方法はYouTubeで公開されている公式動画を見れば分かるだろう。

公式動画

1) Playing guitarism, options & techniques

6) guitarism on iPad

その他の公式動画(YouTube)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!