日立MB-S1に関する情報

MB-S1


基本構成

CPU68B09E(2MHz、L3モードは1MHz)
ROMS1 Basic64KB
L3 Basic24KB
キャラクタジェネレータ8KB
RAMシステム48KB
VRAM48KB
IGRAM6KB
TEXT RAM4KB
テキスト80桁×25行
40桁×25行
グラフィック640×200 15色中8色
320×200 64色(スーパーインポーズカード使用時)
640×400 モノカラー
サウンドPSG 8オクターブ3重和音
(サウンドカード実装時6重和音)
  • キーボード分離型。
  • 独自のマッピング機能が特徴であるカスタムICにより最大1Mバイトのアドレス空間を実現。
  • 4KBを単位としてメモリのマッピングが可能。マッピングレジスタは16ページ分用意されており、例えば文字列の領域を12ページ目、グラフィックメモリを9ページ目などに自由に割り当てることができ、それらをシステムコールでメモリ空間を切り替えながらアクセスするといった処理をすることができた。メモリ空間の簡易保護も可能。
  • レベル3互換モードがある。ROM BASICはS1 BASICとレベル3 BASICの2セット搭載。スイッチにより切り替え。
  • オプションの68008カード、Z80カードを搭載することにより、OS-9/68000、CP/Mの動作が可能。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます