まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

15名無し募集中。。。2018/02/01(木) 21:32:56.660

夕方から降り始めた雨は、街をしっとりと濡らしていた。

なんて言うとちょっとロマンチックなようだけど、雨の中を運転する身にもなってほしい。
しかもこっちとしては結構急いでいわけで、こんな日に限って降らなくたって良いんじゃないかな。
目指す保育園は次の角を曲がってすぐ。
時刻は午後6時、ちょっと前。

「はあっ……遅くっ!なりましたっ!」
「ああ、お疲れ様です」

保育士さんが出迎えてくれて、小声で「セーフです」と教えてくれる。よかった。
午後6時を過ぎるとかかる延長保育料、ちょっぴりお高めなんだよね。
まあ、その分延長保育の子たちとは別に広い部屋で待ってなきゃいけないのはかわいそうじゃあるんだけど。今日も、ほら。
ちらっと目をやると、だだっ広いお遊戯室の隅っこで帰る準備万端のみやびちゃんが――壁とにらめっこしながら体育座りをしていた。
拗ねてるんだろうなあっていう私の予想は的中。

「雅ちゃん、お迎え来たよ?」

保育士のお姉さんに優しく呼びかけられて、ようやくみやの横顔が少しだけこちらを向く。

「遅くなってごめんね。帰ろ?」

みやは無言で頷くと、幼児らしく頼りない足取りでこちらにやってくる。
手は繋いでくれたけど、お顔はそっぽを向いたまま。
ああ、こりゃ久しぶりにかなりご機嫌斜めな予感。
保育士さんには満面の笑みでさよーならをしたくせに、チャイルドシートに収まったみやは膨れっ面のままだった。

「まーだ怒ってる?」
「……」
「ごめんって。ちょっと、お仕事がね?」

と言ったところで、子どもにはそんな事情全く関係ないこともよーく分かってる。

「……ごめんね、いつも遅くて」
「……ずっと、まってたもん」
「うん」
「……ちぃちゃんも、まあちゃんも、さきにバイバイするのに」
「そうだね」
「…………いいこで、まってた」
「とっても、えらかったよ」

信号が黄色から赤に変わって、車をゆるゆると停止させた。
ちらっと伺ったバックミラーに映るみやは、ちょっと目の縁が赤くなってるみたい。
やっぱり、今の仕事を続けるのは無理があるのかな。
毎日恒例になったこんな会話をするたびに、もやっとしたものが喉をせり上がる。

「明日は、ちょっと早く帰れるように頑張るね」
「……いい」
「……ん?」
「ももは、おしごとがんばって」

思わず振り返りそうになったけど、ちょうど青になった信号機が許してくれなかった。

16名無し募集中。。。2018/02/01(木) 21:34:11.100

そんな大人っぽい言葉、まだ覚えなくても良いのに。

「みや、ちゃんとまてるよ」
「待っててくれるの?」
「うん。せんせいと、おうたうたうの」

今日はねえ、とみやの唇から可愛らしい声が溢れ出す。
お歌を歌うのが大好きなみやびちゃんは、こうしていつも今日のお気に入りの歌を歌ってくれる。

――あめあめふれふれ、かあさんが
  じゃのめでおむかえ、うれしいな――

「うわ、懐かしー」
「もも、しってる?」
「もちろん」
「じゃあ、5ばんまであるのは?」
「え?」

おっと、ついついオーバーランをするところだった。
黄色の信号機に引っかかって、かくんと止まった車の窓を水滴が伝う。

「そんなにあったっけ?」
「せんせいにおしえてもらったもん」
「へえ。歌ってくれる?」
「いーよ」

若干歌詞が怪しいところもあったけど、なんとか意味が取れるくらいには歌詞を捉えられた。
傘を持ってなくて泣いていた子に傘を差し出して、僕なら母さんの蛇の目に入るから……って、そんな歌だったとは。

「いい歌だねえ」
「みやはねえ、4ばんがすき」
「いいじゃん。もっかい歌って?」

得意げに始まるみやの歌を聞きながら、くるりとハンドルを切った。
きみきみ、このかささしたまえ、だって。
みやがそれっぽく歌ってるのがまた可愛いったらない。

「ねえもも、じゃのめってなあに?」
「じゃのめはねえ、蛇さんの目って意味だよ」
「……え……!?」

あ、まずい。みやが完全に固まっちゃった。いやなんていうか、本当の蛇じゃないっていうか、言葉の綾っていうか。

「へ、蛇さんも、実は優しい目してるかもよ?」
「ほんと……?」

勢いで言ったは良いけど私だってそんなにじっくり蛇とご対面したことはない。いやそもそもあんまりしたくないし。

「こんど、どうぶつえんでみてみる!」
「えっとねえ……そうねえ」
「いきたいっ!どうぶつえん!」

恐ろしや、子どもの好奇心。どうやらみやの中では完全に予定が確定されてしまったらしい。
動物園に行く頃には蛇さんのことを忘れてくれてたら良いなと思いながら、駐車場にするりと車を停めた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます