まとめ:雅ちゃんがももちの胸を触るセクハラ

130 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2016/09/21(水) 03:13:12.18 0
秋と言えば何かななんて考えたところハロウィンというイベントがあるなあなんて思いましてね
というわけで俺の妄想な

131 : 名無し募集中。。。@無断転載は禁止2016/09/21(水) 03:13:45.86 0
「みや、トリックオアトリート!お菓子ちょうだい」
楽屋に入るとももが話しかけてくる。どうやら他のメンバーはまだ来ていないみたいだ。
「あーごめん、持ってないわ」
「ふーん、そっか。みや、ももにイタズラされたくてわざと持ってこなかったんでしょ」
「うん、そうだねー」
めんどくさくなってももを適当にあしらう。
「みや、ひどーい。もうちょっとくらい構ってよー」
「はいはい。もも、トリックオアトリート」
今度はうちからももに聞いてみる。
「ももだってお菓子持ってないよ。今日は皆から貰いに来ただけだもん」
「うわー、ももセコッ」
なんて言いながらあることを思いつく
「じゃあみやがももにイタズラしちゃうよ?」
「みや、ここ楽屋だよ...」
ももをソファーに押し倒す。もも、すごい顔真っ赤。かわいいなあ。
「でも誰もいないじゃん」
「いつ来るかわかんないでしょ!」
もも、すごい焦ってる。もうちょっと意地悪したいけどかわいそうかななんて。
「冗談だって、もしかして期待しちゃった?」
「もう、バカ!」
起き上がって怒るもも。そんなももの腰を抱き寄せて耳元で囁く。
「終わったら家でさっきの続きしようね」
「......」
ももは顔を真っ赤にしながら小さく頷いた

みたいな

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます