御存じ必殺シリーズを素材にしたウィキです。ファンの皆様方の御参加をお待ちしておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

放送日


 1976年6月18日

放送回


 必殺仕業人 23話

脚本


 安倍徹郎

  

監督


 渡邊祐介

ストーリー




 
 

名台詞&名場面


 やいとや「ここに5両の金がある。悪い男が一人いる。あたしゃそれだけで十分さ」

ポイント


 ●いわゆる安部脚本特徴の「頼み人にも三分(以上)の非」の典型。

 ●最後に「非業の死」を遂げたからこそ、辛うじて成立する感じの、直助の「恨み」と「仕業」であるが、元々は頼まれもしない「余計な真似」の結果であり、ある意味では「自業自得」の観も強い。

 ●その意味でも、「世間を知り尽くしている」先輩中間からの「助言」の場面もポイントで、同じ脚本・監督による、最終回の類似場面の前身とも取れる。

 ●ちなみに、この回のコンビは、後の男狩無用でまた別のアプローチを試みることとなる。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

どなたでも編集できます