御存じ必殺シリーズを素材にしたウィキです。ファンの皆様方の御参加をお待ちしておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

放送日


 1975年4月18日

放送回

脚本


 安倍徹郎

  

監督


 蔵原惟繕

ストーリー




 
 

名台詞&名場面


 

ポイント


 ●同じ脚本&監督による、後の一筆啓上魔性が見えたなどと同様、まさに「このキャラクターあってこそのこのドラマ」の最高峰の一つ。

 ●嵯峨美智子女史演ずる「おらん」の、いかにも「女郎蜘蛛」的なキャラクターもさりながら、その「蜘蛛の巣」に捕らえられた「捨三」を演じる、菅貫太郎氏の演技がとにかく凄い。

 ●それを最も表すのが、冒頭から意味ありげに描写される捨三の「片腕」であり、その理由が判明してから一気に急転するラストの展開は、まさに怒涛の名に相応しい。

 ●ちなみに「捨三」の名は必殺仕置屋稼業からレギュラーの名として使用されるわけだが、その「忠僕」的なキャラクターを含め、どことなく本編が原型になっている感じも強い。(ちなみに1話も本話と同じ脚本&監督コンビ)

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

どなたでも編集できます