御存じ必殺シリーズを素材にしたウィキです。ファンの皆様方の御参加をお待ちしておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

放送日


 1978年2月18日

脚本


 野上龍雄

  

監督


 工藤栄一

ストーリー




 

名台詞&名場面


 秀英尼「人を殺すのはよしましょう。人を殺せば憎しみが深まるだけ。みなさん、心を入れ替え、いつも他人を愛するように勤めましょう」

 

ポイント


 ●シリーズ初の「主水」の名を入れたサブタイトル。

 ●オープニングからのAパートの中で主水の顔も名前も登場しないのは、実にいのちを売ってさらし首以来。(つまりサブタイトルで初めて主水の名が登場する仕掛けになっている)

 ●「りつ懐妊」の事実に対する、主水の戸惑いぶりがポイント。

 ●歴代1話で唯一、主水の殺しが無い。(それをカバーするためか、全シリーズ中で唯一、主水が二刀流の構えを見せる)

 ●犠牲者の描写は当時話題の『ルーツ』がモデル。

 ●「別グループとの対立」や「過去の悪人の縁者からの挑戦」は、それぞれ後の『新・必殺仕事人』と『必殺橋掛人』でリメイク。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

どなたでも編集できます