• こちらは極限低レベル、通常撃破不可能な戦闘ではEXモード(敵が一撃死)を利用し、それ以外を通常撃破しようという無謀な攻略の情報。
  • 基本的にNORMALでの情報を取り扱う。
    HARDでは撃破不可能な敵が増える。
  • 戦闘中は常にセーブ&ロードが必須。
    中章では相当数のロードが必要となる為、覚悟すべし。
  • 数値等は一部正確ではないかもしれません。
    また、低レベル攻略の情報も使わせて頂いております。

戦闘中セーブ&ロードの利用

このゲームの戦闘中セーブでは、ロードするたびにダメージ判定がやり直されるシステムになっている。
そこで、ダメージメッセージが出ている間にセーブしてロードを繰り返す事で、ダメージ調整が可能となる。

この時、行動自体はセーブした時点で決定されている。
つまり会心の一撃を出してダメージが出ている画面でセーブすれば、会心の一撃の中でも高いダメージだけを引く作業が一瞬で行える。
攻撃ミスもミスで決定されているので、記録しないように注意。
シルフの回避は決定されていないので、回避可能攻撃を受けたらセーブ→ロード連打で回避できる。

ただし、会心の一撃のダメージ確定と敵の行動決定は同じタイミングになるので、時には妥協も必要。
前もって妥協範囲を算出しておくと楽になる。

同様に、敵の攻撃ダメージ確定と会心判定は実質的に同じタイミングなので、被ダメージには妥協幅が欲しい。
しかしこれには例外があって、敵の攻撃後に精霊の効果切れやルカさんの喘ぎ声等が出た時にセーブすると、被ダメージを確定しつつ会心吟味が可能になる。

前章

  • 当然、全ての寄り道を無視する。

行き先選択以外で回避する戦闘

マンドラゴラ娘&ミミック娘

Lv4 - ヒル娘

敵HPリーチテイル吸精フェラ咥え込み
21010〜1211〜13敗北確定
自HP会心首刈り(通常)
6031〜3827〜3418〜22
低レベルプレイ最初の難関。攻撃しかできないので、とにかく攻撃。
咥え込みが全く来ず、通常攻撃は全部会心で、しかもダメージ乱数が良い事が突破条件。

相手の攻撃は10〜13、こちらのHPは60なので、平均12ダメージだとぴったり5回で負ける。
11以下を多く出せば5回は耐えられる=6回攻撃できるので、勝機が出てくる。
6回の攻撃で勝利するには、平均35×6=210のダメージを与える必要がある。
会心を出す調整が面倒なので、できるだけ首刈りを利用する事を前提にすると、会心で36×4=144、首刈りで33×2=66、合わせて210のダメージを目標にしたい。

このシビアな条件を満たすには、戦闘中セーブの徹底した利用が必須。
後半はルカさんの喘ぎで会心調整しやすいので、首刈りは最初と最後のターンで使うと楽。

Lv6 - ラフレシア娘

敵HP触手愛撫肉厚の花弁咥え込み陶酔の芳香
25012〜1413〜15敗北確定
自HP雷鳴会心首刈り通常攻撃
8056〜6949〜42〜5027〜33
80/6=13…(余り)2 なので、平均ダメージ13以下に抑えれば7回攻撃できる。
7回攻撃なら 250/7=35…5 と、1ターン平均36ダメージ程度で突破でき、会心不要。
最低ダメージ連発やミスさえなければ勝てる。(最低ダメージだと56+42x2+27x4=246)
6回攻撃なら 69+50+33x4=251 と、無会心なら全部Maxダメージでギリギリ突破になる。

つまり、被ダメージだけ13以下に調整すればだいたいOK。
与ダメージもミスだけ気をつけて、万全を期すなら初手の雷鳴突きで60以上を出せば、後は最低ダメージでも倒せる。

Lv7 - ローパー娘

  • あまり強くないため、数値は見れた範囲のみ
敵HP触手愛撫触手拘束拘束触手締め付け拘束触手愛撫
2709〜1114〜1516〜1819〜20
自HP雷鳴会心首刈り通常攻撃
9066〜7854〜5633〜40
無会心で、拘束一回を受けても突破可能。戦闘セーブしなくても倒せる。

Lv10 - 七尾

かなりの強敵。油断していると負けてしまう。
雷鳴からの攻撃&瞑想戦法は通常通りだが、7つの月の発動タイミングを見極めないと敗北必至。
2回目の7つの月の発動条件は総ダメージ量なので、魔力集中の間に瞑想→防御可能なSPは温存しておく事。

Lv16 - フェアリーズ

倒さなくて良い者は倒さない。
基本である。

Lv17 - キメラドリアード

シルフが目覚めるまでは只管攻撃あるのみ。
後はシルフ回避で押し勝てる。
細かいダメージ調整などはやらなくても問題無い。

Lv19 - アリジゴク娘

敵HP体液搾取
5004ターンで即死
自HP会心通常攻撃
215171〜210103〜119
会心を1発だして200以上のダメージに調整すれば、後はミスらなければ勝ち。

前章終了

ノーム戦はシルフ出して適当に戦っていれば問題無いが、拘束技は回避しておきたいところ。
比較表LvHPSP攻撃力防御力
通常攻略25305512525
極限低Lv攻略21245410525

中章

  • グリーンスライム・エルベティエ(1)・ワイバーン娘の撃破は不可能なので、大人しくEXモードで撃破。
  • 当然、全ての寄り道を無視する。

Lv21〜 - ケンタウロス娘 カエル娘 アルラウネ

シルフやノームでお好きな様に。
拘束技を出させない、状態異常技を喰らわない、速攻を心掛けるの3点を守れば雑魚。

Lv24〜 - ジェリー娘 ブロブ娘

非常に強敵。
ノーム1では話にならないので、シルフ必須なのだが回避率が異常に低いのが難点。
幸い通常攻撃は低確率ながらも全て回避可能なので、雷鳴→シルフ→SP溜めて乱れ星を避けながら実行するしかない。

Lv26 - グリーンスライム

こちらは前哨戦の事。
通常攻略時はただ攻撃するだけ問題なかったが、レベル26では攻撃力不足で突破不可能に。
拘束状態なので技及び会心が発動せず、集団戦へと移る為の規定ダメージを与える事が出来ない。
ここは素直にEXモードで切り抜ける事。

Lv26 - スライム集団

ここもかなりの難関。引き続きEXモードで切り抜けても良い位。
勝利する為には、敵の攻撃をスペシャルスプレッドに固定させた上で、それをシルフで回避する事が必須。
こちらは雷鳴→シルフ→SP溜めて乱れ星を繰り返すだけだが、シルフ回避が非常に困難で地獄を見るだろう。

Lv? - エルベティエ(1)

レベルは忘れたが、突破は不可能
この時点で最大HPが335に対し、敵の攻撃はノーム1&防御でも400前後のダメージ。
ここも素直にEXモードで切り抜ける事。

Lv29 - ウンディーネ

一度敗北をし、難易度をノーマルに戻すのを忘れない様に。
レベル29で本当にギリギリの戦い。
初手ノーム→防御→もがく→もがく→シルフ。
後はウンディーネの攻撃を全て回避(低確率)しつつ、攻撃3回→乱れ星→攻撃2回以上→ノームで勝てる。
敵のパターンが決まっている分、この方法しか勝機は無いと思われる。

Lv30〜 - カマキリ娘 スキュラ メデューサ ゴーレム娘

基本はシルフ無双で問題無い。
必要に応じてノームも召喚すると良い場面も。
後半2戦では瞬剣・疾風迅雷を使う事で簡単に勝利出来るだろう。

Lv? - 溶岩娘 バジリスク娘

例の如くレベルは忘れた。やる事はいつもと一緒。
シルフとノームを召喚しつつ、シルフ回避&壊斧・大山鳴動で削っていくだけ。
バジリスク娘は石化おしゃぶりの回避率が高いので、相手の技をこれに固定するのがオススメ。

Lv? - ドラゴン娘

レベルは(ry
HPの2/3を削れば、後はイベントで勝利出来る。
シルフ&ノームを召喚し、拘束技を出させず、その他攻撃をシルフで回避する。
攻撃手段は壊斧・大山鳴動、かなりの持久戦になる為ロード地獄を味わうだろう。

Lv? - サラマンダー グランベリア

ある程度HPを削れば、後はイベントで勝利出来るのはこちらも同じ。
サラマンダーは厄介な攻撃手段を数多く持つが、「様子を見る」といった無駄な行動がある為、
これを引き続ければノーダメージ勝利も可能。
グランベリアは完全イベント戦、負ける要素はないだろう。

Lv? - ダゴン娘 ポセイドネス

ウンディーネ無双で余裕。
ダゴン娘はウンディーネからの魔刀・明鏡止水*2セット→攻撃*2→ウンディーネ→魔刀・明鏡止水で終わり。
ポセイドネスはHPが高い為、ウンディーネからの魔刀・明鏡止水→シルフ召喚→回避しつつ攻撃→SP6まで溜める→ウンディーネからの魔刀・明鏡止水*2セットで対処。
シルフでの回避率は悪くないので、苦戦する事はないだろう。

Lv? - セイレーン ヒトデ娘 ベルゼバブ

ウンディーネ無双。
セイレーンとヒトデ娘はダゴン娘と同じ戦法で。
ベルゼバブはポセイドネスと同様の戦法を取った後、更に攻撃を数度加えて終了。
こちらもシルフの回避率は悪くない。

Lv43 - ワイバーン娘

理論上は撃破可能だが、実質突破不可能
敵のパターンは固定されており、こちらが攻撃を3回仕掛けると強制敗北となる。
勝利する為には、攻撃*2→サラマンダー→壊斧・大山鳴動で2000以上ダメージ→死剣・乱れ星で3400前後ダメージが必須となる。
会心は発動しない上、他の手段も無い。
大山鳴動の最大乱数を引く事は可能だが、連撃技の乱れ星はそうもいかない。
乱れ星は大体280弱〜700強ダメージで変動する為、セーブを挟んでも最高乱数*3+最高乱数*2を引かなくてはならない。
挑戦するのは構わないが、ロード回数が鬼の様に増える事だけは覚悟する様に・・・。

Lv44〜 - 巨竜娘 エルダーサキュバス 八尾 インプ

巨竜娘はウンディーネからの魔刀・明鏡止水*2セット→サラマンダー→死剣・乱れ星*2→数回攻撃でいける筈。
ダメージが足りない場合は乱れ星で高乱数を狙う事。
エルダーサキュバスも同様に撃破可能。
八尾は強敵。前者2匹と同戦術ではダメージが足りない。
ウンディーネからの魔刀・明鏡止水→シルフ→瞬剣・疾風迅雷→シルフ回避でSP5まで溜める→ウンディーネからの魔刀・明鏡止水→サマランダー→死剣・乱れ星*2→数回攻撃で突破可能に。
使用率は低いが、誘惑の魔眼が確定シルフ回避出来るので狙い目。
インプには攻撃からのカドラプル・ギガで。

Lv? - ギガントウェポン

強そうに見えて意外と弱いウェポンさん。
どの攻撃もシルフ回避が容易なので、持久戦になるだけで特に問題は無い。
中でも触手乱舞は非常に避け易いので固定するならコレか。
後はシルフで全回避しつつ、瞬剣・疾風迅雷でお好きな様に。
途中シルフが効果切れになるので、常にSPを2残しておくと安心。
敵のHPが0になるとイベントが発生し、3000回復する。
同時に乱刃・気炎万丈を習得するので、サラマンダー後に使えば終了。
瀕死で召喚出来ない場合は、シルフで回避しつつサラマンダーを呼ばずに乱刃・気炎万丈を使えば良い。
要は乱刃・気炎万丈で止めを刺せば良いのである。

Lv51 - アルマエルマ

最初は完全イベント戦。負ける要素は無し。
すっぽんぽんになった後はノームを召喚した後、壊斧・大山鳴動を軸に攻撃を重ねるだけ。
敵の攻撃はシルフで殆ど回避出来るので、特に苦戦する事はないだろう。
また、四天王戦では拘束技及び必殺技を喰らった場合、敗北がほぼ確定するので、そこだけには注意する事。

Lv54 - たまも

最初のイベント戦は回復を怠ると確定敗北。
初手ノーム→シルフ→瞑想*2→攻撃→もがく連打で本気モードへ。
たまもにはノーム召喚中にしかダメージが与えられない事に注意。
基本はシルフで回避しつつ、壊斧・大山鳴動を軸に攻撃を重ねる形となる。
攻撃&瞑想戦法ではやはりジリ貧な為、回避をシルフに任せ只管攻撃した方が早くケリがつく。
たまものHPが半分以下になると、11000の回復を行う。
また、その後HPが1/4を切った辺りで月光きゃのんを使うので、そちらは防御で回避する事。
たまもがぐったりしたら、カドラプル・ギガで止め。

Lv56 - エルベティエ

最後にイベント戦がある為、サラマンダーのゴリ押しは厳禁。
基本的にはたまも戦と同様に削っていけば良い。
戦闘開始時にウンディーネからの魔刀・明鏡止水*2セットをやっておくと後が楽になる。
シルフ&ノームは必須。SPは常に1以上残しておけば問題無い。
シルフ回避が発生し難いが、ドロウ&スプレッドが比較的発生し易いので狙い目。
メルトシュトロームは高確率で回避出来るので、こちらも同時に狙っていきたいところ。
エルベティエが瀕死になると、イベントが発生し分裂を行う。
分裂後は通常攻撃を1回行えば、次ターンに強化サラマンダーを呼べる様になる。
サラマンダー召喚後はそのまま連続で行動出来るので、乱刃・気炎万丈を放って終了。

Lv58 - グランベリア

ほぼイベント戦なので突破は容易。
開幕イベントでは、ウンディーネ→サラマンダー→ノーム→シルフの順で召喚する事。
後はグランベリアのHPを半分位まで削れば、そのままイベントが発生しカドラプル・ギガで勝利。
瞑想を使う必要もなければ、回避率も悪くない為、苦戦する要素は皆無だろう。

Lv60 - アリスフィーズ16世

魔力集中は敗北フラグ。
精霊はウンディーネ→シルフ→ノーム→サラマンダーの順で召喚。
後は攻撃を全回避しつつ技を撃ち込むだけ。
オメガブレイズやオズマフロストは、高確率で回避可能なので狙い目か。
通常攻撃も充分強いので、瞑想戦法をメインに据えても良い。

中章終了

比較表LvHPSP攻撃力防御力
通常攻略6416001032025
極限低Lv攻略6014001030025

終章

  • 当然、全ての寄り道を無視する。
  • 難易度をHARDに変えても戦える場面は多いが、結局やる事は同じなので変更は好みで。

Lv60〜 - キューピッド ヴァルキリー 大天使アリエル

通常攻略ハードと同じ感覚で問題無い。
精霊はノーム→シルフ→ウンディーネ→サラマンダーの順で召喚。
大天使アリエルにはウンディーネの効果が薄いが、通常攻撃強化を考えると召喚しておいた方が安定する。

Lv61〜 - 実験体S−2 実験体A−3 プロメスティン

こちらも通常攻略ハードと同じ感覚で問題無い。
精霊を召喚する事が出来ないので、初手雷鳴からの攻撃&瞑想戦法で堅実にいくのが安定か。
速攻戦法も悪くはない為、お好きな方でどうぞ。
プロメスティン開幕だけは速攻がオススメ。
明鏡止水さえ発動してしまえば、後は攻撃&瞑想戦法で問題無い。

Lv63 - 大天使ラナエル

こちらも通常攻略ハードと同じ感覚。
堕天舞踏の回避率は悪くないが、運が悪いとガンガン当たるのでロードは必須。
基本は攻撃&瞑想戦法で堅実にいくのが良い。
敵の残りHPが少なくなったところで一気に仕留める形が最も安定するだろう。

Lv63〜 - キメラタン 天使兵 権天使ナガエル

こちらも(ry
キメラタンには明鏡止水、天使には堕天舞踏を使用すればOK。
キメラタンと天使兵は速攻戦法で、権天使ナガエルは大天使ラナエルと同様の戦法で問題無い。

Lv65 - 能天使ベリエル 力天使リヴァエル

ここからが本番、と思いきやそうでもないのがこの終章。
堕天舞踏で殆どの攻撃が回避出来てしまう以上、特に苦戦する事はないだろう。
拘束技を出させない、状態異常技を喰らわない、速攻を心掛けるの3点を守れば雑魚同然。
力天使リヴァエルには延々様子を見ていて貰おう。

Lv66 - 力天使シルキエル 主天使エンディエル

こちらも特に問題は無い。
堕天舞踏で全ての攻撃を回避しつつ、明けの明星*2+αで削るだけ。
ただし、敵の体制が変わった時だけは攻撃をしない様に。
攻撃すれば、カウンターで即あひぃ。

Lv67 - スライムベス娘 座天使エグエル

精霊を使う魔物が初登場。
グランディーネを呼ばれたら、こっちも明鏡止水を使っておこう。
寧ろ回避率が跳ね上がる分、呼んでくれた方がありがたい位である。
アリスを呼ぶ場合は魔王の暴虐でも使って貰おう。
スライムベス娘には明鏡止水、座天使エグエルにはシルフで対処。
拘束技さえ出させなければ、後は簡単に全回避が出来る筈。
座天使エグエルは明けの明星*2+αの速攻戦法でさようなら。

Lv68〜 - ヨモツシコメ 智天使ワミエル

公式チート解禁。
ただしSP不足の為、コンボという訳にはいかないので注意。
ヨモツシコメは明けの明星→攻撃→サラマンダー→明けの明星→閃殺で、
智天使ワミエルは明けの明星→攻撃→サラマンダー→明けの明星→攻撃→魔天回帰で終了。
この間、敵の攻撃を回避する必要はないが、拘束技だけは出させない様にする事。

Lv69 - アリスフィーズ8世

久々の強敵。油断していると敗北する。
オススメは、明けの明星→攻撃→サラマンダー→明けの明星→ウンディーネ→SPを4まで溜める→サラマンダー→明けの明星→閃殺。
サラマンダー中は通常攻撃技のみを喰らう事、そしてウンディーネ中は通常攻撃技もしくは押し倒しを回避する事が肝。
2回目のサラマンダー召喚時に、ルカの残りHPが500程度あれば勝ち確定。
ハインリヒの血統、薄まってはいないのだ。

Lv70 - トラップテミス ガーゴイル娘

トラップテミスは初手シルフで勝ち確定。
後は明けの明星でさっさと料理してしまおう。
ガーゴイル娘は明けの明星→攻撃→サラマンダー→明けの明星→攻撃→魔天回帰で問題無い。
拘束技にだけは注意する事。

Lv71 - ドッペルルカ

みんな大好きドッペルルカ。
「冒険の記録」に該当項目があるので、埋めたければエレメント・スピカを使わずに倒す事。
ちなみに、シナリオの方で条件を満たさないと冒険の記録が埋まらなかったりする。(※ver3.01で修正済み)
初手ノームを召喚し、後は通常通りの攻撃&瞑想戦法で問題無い。
拘束技が来ても1ターンで振り解ける。ダメージが少ない分、ありがたい位だ。
時間は掛かるが安定した戦いが出来る事だろう。
どうしてもジリ貧になってしまう場合は、ウンディーネで回避したりサラマンダーでSP全快すれば良いだけ。

Lv四天王 - ハイヌウェレ アンフィスバエナ ツクヨミ アルカンシエル

イベント戦ではあるが、一応攻略しておく。
ハイヌウェレは回し蹴り→メルティハンド→シャムシール(順不同)で終了。
アンフィスバエナはメルトシュトローム*2→アルカディアスプレッド*1→攻撃*2→群体核融合で終了。
ツクヨミは適当な攻撃技→たまもが瀕死になる→解呪の詞で終了。
アルカンシエルは乱刃・気炎万丈*3→攻撃*2→死剣・乱れ星→カドラプル・ギガで終了。

Lv71〜 - ラプンツェル ヘブンズゲート

ルカさん覚醒。
戦い方はお好きな様に。
4精霊を召喚した後攻めに転じても良いし、初手から明けの明星で速攻を仕掛けても良い。
レベルのハンデを背負っていても特に苦戦する事はないだろう。
ヘブンズゲートの方はラプンツェルに比べ回避率が低めなので、先に4精霊を召喚した方が安定する。
最大SPが12に到達した後は、以下のコンボが非常に便利なので一応紹介しておく。
ヽ幕安定コンボ:ノーム→シルフ→ウンディーネ→魔天回帰(or瞑想)→サラマンダー
開幕速攻コンボ:明けの明星→サラマンダー→明けの明星→魔天回帰(or精霊召喚)
あくまで一例、後は敵に合わせて臨機応変に。

Lv72 - 熾天使エデン

ノーマルでは手応えが無いので、これよりハードで攻略する事に。
と言っても、ここまで来るとノーマルもハードも似た様なモノだが。
エデンのHPは非常に高く速攻戦法が全く安定しないので、開幕安定コンボで下地を固めていく事。
4精霊さえ召喚してしまえば、後はもう問題無いだろう。
回避率は高いし、攻撃力も桁違い。明けの明星を使う余裕だってある。
エデンのHPが半分を少し切ったところでアリスが救援に駆け付ける。
これ以降アリスが毎ターン攻撃してくれるので、更にダメージ効率が良くなる事だろう。
可哀想な3番目エデン。そこが可愛いんだけど。

Lv73 - プロメスティン(最終形態)

ヒトに火を与えし天使。
特に苦戦する要素はない。
開幕安定コンボ→明けの明星→攻撃*3→瞑想→サラマンダー→明けの(ryで安定して勝利可能。
拘束技はターン数が無駄になるだけでダメージは無し。
アリスの機嫌や拘束技の使用頻度にもよるが、サラマンダー以外の3精霊の掛け直しをせずとも撃破出来るだろう。
ちなみにだが、サラマンダーの持続ターンは5ターン(召喚後5回行動可能)なので、SP調整の目安にでも。

Lv73 - アリスフィーズ8世(第二形態〜第三形態〜最終形態)

基本は開幕安定コンボからの攻撃&瞑想戦法で問題無いが、注意すべき点が幾つかある。
第二形態では捕食口解放後の即死攻撃が脅威。
これを防ぐ方法は無いので、明けの明星でカウンターをする事=SPを8以上確保する必要がある。
第三形態は基本通り、プロメスティン(最終形態)と同様の戦法でも良いだろう。
溜め攻撃は防御で回避出来る為、無理にカウンターをする必要は無い。
最終形態ではエレメントキャンセラーが脅威となる。
拘束技やグランディーネ召喚も厄介。
拘束技(触手)にはノームもがく、拘束技(ハエトリグサ)には攻撃でそれぞれ対処しよう。
エレメントキャンセラーを頻繁に行って来る為、攻撃はアリスに任せルカは守り重視の戦い方に。
敵の精霊には反対属性で対抗するが、基本はノームをデフォ状態にしておく事。
また、常にサラマンダーで充分なSPを確保しておく事も必要になって来る。
残りSPが6以下になる前にサラマンダーを使う位で丁度良い。
剣技は止め以外には封印しておくのが吉。

Lv74 - 創世の女神イリアス(通常形態〜最終形態)

ラストファイナルリベンジマッチ!
通常形態はプロメスティン(最終形態)と同様の戦法で余裕。
問題はルカさんのHP&攻撃不足を感じさせる最終形態。
基本は開幕安定コンボからの攻撃&瞑想戦法。
イリアスのHPが規定量減る度に仲間達が応援に駆け付ける。
アルマエルマ→エルベティエ→たまも→グランベリア→ミカエラ、と錚々たるメンバーである。
仲間が駆け付けた後も特に戦法を変える必要は無い。
シルフ・ノーム・ウンディーネを保ちつつサラマンダーでSP確保、大きなダメージを受けたら瞑想で回復。
ルカさんがするのはこれだけで良い。後は余裕がある時たまに攻撃する程度。
エルベティエが来たらカドラプル・ギガ、ミカエラが来たら降参。
前者はともかく、後者は冒険の記録を埋める為にも1度はやっておく事。
イリアスを瀕死にまで追い詰めれば、後はラブラブル・ギガで終了。
アミラしか思い浮かばなかった・・・。

終章終了

比較表LvHPSP攻撃力防御力
通常攻略8024001340025
極限低Lv攻略7421001237025

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

データ一覧

もんむす・くえすと!
メニュー

外伝図書館(MOD)

どなたでも編集できます