シルフ

ねぇ、あたしも遊びに行きたいな〜♪
  • 魔物名:シルフ
  • 出現場所:精霊の森
  • 加入条件:戦闘に勝利(前章から可)
  • 転種可能:妖精系

キャラ詳細

  • みんな大好きちぃぱっぱ。
    • 風を司る四大精霊の一人。性格も性質も妖精に近く、陽気でアホの娘。時折調子に乗って暴走することがあり、その都度ノームに実力行使込みの強烈な突っ込みを受けて沈められる。たまに他の精霊にも本当に水に沈められたリ焦がされたりする。とはいえ、前作に比べればまだ大人しい方である。
    • ノームとは特に仲が良く、彼女と正確なやり取りが出来るのはシルフのみ。
  • ストーリーの都合上必ず仲間になるうえ、はじめからギャンブラーに転職できる。
    加入するなりグランドールまで走ってしまえば、金策に困ることはなくなるだろう。
  • 魔力・MP・素早さが高く、種族で白魔法・黒魔法・踊る・自然感応が使えるので優秀な魔導師になれる。
  • 妖精の宿命として打たれ弱いが、固有アビリティによって瀕死時に回避率が大幅に上昇する為、装備次第では物理攻撃を完全にシャットアウト可能。不屈の闘志(正義のヒーロー9)などの瀕死時に発動するアビリティと組み合わせて瀕死のまま戦うのも一つの手。被弾しない前提で戦うなら、魔導コンバーター(魔導司書5)やコンバートリングで防御を捨てて魔力に特化するのもいい。
  • リフクレクトリングを併用することで必中攻撃を持つ敵以外には無敵になれる。ただし、中章ではブレスや聖闇属性を使用してくる敵も増えてくるのでやや逆風。前述したコンバートリングの事もありアクセサリの選択が実に悩ましい。魔導コンバータのついでにロードライブラリでリフレクトリングのアビリティ版である魔導リフレクトを習得してもいいかも知れない。
    • 今では外部から魔法反射を展開する手段も増えたので、味方に支援して貰っても良い。
  • 一手遅れるが電磁アーマーや身代わりクララでディフクレクトを張ることで事故死を確率を減らせる。瀕死運用するならHPを消費する関係からクララはやや安定感に欠ける。自動蘇生の手段も増えたので、開き直ってこれらに頼ってもいい。
  • 風精系列の脆さが気になるならダークフェアリー系列が使用感が近く、妖精内で比較して幾分か耐久がある。風精系列と比べて使用可能技の幅が広く、召喚を備えることからやや攻撃的。
    • MP自動回復やMP消費軽減系アビリティを習得する為、MP消費は激しいが強力な召喚が攻撃手段としてはおすすめ。SP消費の自然感応とは別ソースになるので息切れもしにくい。シルフ分身召喚の強化能力が攻防の両面でシナジーとなるのが強力。
  • 職業に関しては、アークフェアリーの召喚を活かしたいなら召喚師、魔芸師系列を経験して引き出しを増やしたいところ。いずれにせよ、魔法職を中心に育成を進めるのがベターか。
  • 肉や乳製品は総じて受け付けないが、コロッケだけはちゃっかり食べてくれる。
固有アビリティ:風の精霊
風属性攻撃の威力がアップ
「盗賊技」「自然感応」を使用可能
瀕死になると「風の極み」が発動する

前章v1.10以前

初期ステータス
Lv18
職業魔法使いLv10 シーフLv10 占い師Lv10 遊び人Lv10 黒魔導師Lv1 マスターシーフLv1
種族フェアリーLv10 風精Lv4
装備天使のロッド、ヒュプノクラウン、緑のローブ
覚える技
名前習得条件種類威力対象属性効果
ちいぱっぱの歌最初から歌う-敵味方全体-混乱
固有イベント
目的入手物

Lv30ステータス(無職+基本種)

遊び人スキル

戦闘中会話

固有会話

イリアス様の反省会

このページへのコメント

空腹シルフ逆レイプは付き合い長いしもう少しだけでも甘い感じだと嬉しかったけど、
最終決戦でのやりとりでやはり相棒だったと実感した思い出

Posted by  2017年10月01日(日) 22:51:00

まあ、前作からあの姿は「精補給を効率的に行うための形態」と明言されてるしね
ミニサイズが本来の姿なので仕方ない

Posted by   2017年10月01日(日) 20:36:11

ずっと空腹の時の姿で居てくれんかなぁ

Posted by  2017年10月01日(日) 20:10:31

酔うと台風が来るらしい

Posted by   2017年09月13日(水) 07:54:11

海賊妖精にあたしはなるっ!

Posted by   2017年08月20日(日) 17:39:35

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

データ一覧

もんむす・くえすと!
メニュー

外伝図書館(MOD)

どなたでも編集できます