朝鮮学校無償化についてのウィキです。

無償化反対派の主張

援助を受ける以上、教育内容が制約されるのはやむを得ない。自立した教育を維持したいなら、日本からの援助を受けるべきではない。

反論

 これは一見すると正論のように思えますが、はたしてそうでしょうか。

 朝鮮学校に限らず、全ての外国人学校やインターナショナルスクールは「自立した教育」を志向しています。しかし、朝鮮学校以外の外国人学校に対して「日本からの援助を受けるべきではない」という声はほとんど聞かれません。これは上記の論が、単に朝鮮学校を無償化から除外したいための詭弁でしかないことを示しています。

 ちなみに、朝鮮学校は確かに「自立した教育」を志向していますが、それは「(法律などに従わず)好き勝手な教育を行っている」ということではありません。授業については民族教育(語学・歴史)を重視する以外はほぼ日本の学校と同じカリキュラムが組まれており、それを各地方自治体に提出することで各種学校の認可を受けています。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます