電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

四葉真夜


四葉家現当主にして、当代の世界最強と目される魔法師
深夜の双子の妹で、達也深雪の叔母にあたる。
極東の魔王?」「夜の女王?」の異名をとる。
普段は魔法研究に主な時間を費やしている。


子供のころは弘一の婚約者だったが、2062年、12歳のときに大漢崑崙方院に拉致され、人体実験と強姦をされた結果、生殖機能を喪失し、弘一との婚約も解消した。

拉致の3日後に救出されたが、精神が崩壊しかけている状態であり、これを助けるために深夜によって精神構造干渉魔法を行使され、経験記憶?を知識に作り替えられた。
その結果、深夜と不仲になった。

その後の経緯もあって、四葉という組織、一族それ自体を憐れみ蔑むようになった。


達也出生前には、何度も深夜を見舞った。
また、6歳当時の達也に、人造魔法師実験の実行を決定した。


達也の出生当時、まだ真夜の大漢拉致事件?の記憶が生々しく、四葉の一族の者たちは深夜の『精神構造干渉』によって、生まれてくる子供が、相手が国家だろうと世界だろうと、一族を理不尽な運命から守ってくれる絶対的な力の持ち主として生まれてくるよう祈った。
真夜が憐れみ、蔑んでいるのは、四葉家が抱いているこのような超人願望が原因だと思われる。

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人のみ編集できます