電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

質量爆散〈マテリアル・バースト〉


データ



究極の分解魔法

質量?を「エネルギーの塊」と見なし、物質を直接エネルギーに『分解』する。アインシュタイン公式?の通りに、質量?光速定数?の2乗の倍率でエネルギーに変換する。
戦略級魔法の一つで、軍事機密指定がなされている。

普段は深雪魔法力によって達也自身の魔法力に制約が掛けられているため使用できない。


専用のCADサード・アイ』を使うことで微少質量照準のOTH狙撃も可能で、成層圏監視カメラの映像で対象を確認したうえで『精霊の眼』で対象エイドスに照準を合わせ、対象物を直接エネルギーに変換する。
なお、達也は2096年8月時点で、数km程度の距離ならば微少質量照準も可能な簡易版『サード・アイ』を極秘裏に製作・所有している。


原型は2092年8月の沖縄海戦において発動された魔法で、対象のエイドスを直接照準?するのではなく、真田が開発していた射程伸長術式組込型武装デバイス?を使って弾丸を対象に向けて射出し、対象付近に達したところで弾丸の質量?を『分解』する、というものだった。

【『質量爆散(原型)』の作動原理】
  1. 海上レーダーで艦隊の位置を把握する。
  2. 射程伸長術式組込型武装デバイス?で使用する弾丸を一旦元素レベルに『分解』したのち『再成』し、『精霊の眼』で追跡するためのマーキングを施す。
  3. 射程伸長術式組込型武装デバイス?仮想領域?を展開する。
  4. マーキングを施した弾丸を射出する。
  5. 第1の仮想領域?で弾丸の慣性質量?(物体の動かしにくさ)の低減・弾丸の加速・弾丸の慣性質量?の復元を行う。
  6. 達也はこの第1の仮想領域?の先に、即興でアレンジを加えた第2の仮想領域?を追加構築した。
    2つの仮想領域?は同じ魔法式を基にして展開されているが、入力された変数?は異なっている。
    第2の領域の変数?は、慣性質量?を増大させ、弾丸の加速と慣性質量?の復元を行わないようにするものであった。
    つまり達也は、第1の仮想領域?で最終的に元に戻された慣性質量?を、第2の仮想領域?で再び引き上げた。
  7. 弾道を『精霊の眼』で追跡する。
  8. 弾丸が標的近傍に達したところで、弾丸の質量?をエネルギーに『分解』する。


管理人考察
  • 射程伸長術式組込型武装デバイス?に予め組み込まれていた(第1の)仮想領域?は、弾速をより大きくすることを目的としたものだと思われる。
  • 達也が追加した第2の仮想領域?の目的は、その内容と文脈から、すでに加速されている弾丸の慣性質量?を大きくすることで、風が弾丸に与える影響を弱め、弾丸の到達距離を延ばすことにあると思われる。
  • 8巻133Pでは、射程伸長術式組込型武装デバイス?には加速系?移動系?の術式が組み込まれていると記述されているが、8巻246Pの記述からは、移動系?の術式がどのように作用しているかは読み取れない。

(出典:3巻332・333P,7巻308〜314・324〜328P,8巻238・239・244〜254P,13巻237P)


           

このページへのコメント

回答遅れました。


本当ですね・・・なんで「無効化」って書いたんだろう。
指摘の通り修正しました。


移動系については、言われてみれば妥当ですね。「射程伸長術式」のフレーズにもよく適合していますし、たぶんそうなんでしょうね。
魔法力の強さとか終了条件で移動できる距離が決まってくるんでしょうね。風の影響などもあって、結果20kmしか届かなかったんでしょう。

Posted by ncac_K 2016年11月15日(火) 20:54:18

第1と第2の仮想領域を展開する魔法式(起動式)は基本的には同一で、第2がアレンジを加えたもの、という説明があると工程がわかりやすくなると思います。

「第1の仮想領域で無効化された慣性質量を、第2の仮想領域で再び引き上げた」とありますが、正しくは「質量マイナス→質量を±0に復元(ここまで第1)→質量プラス→復元自体をしない(ここまで第2)」なので、「第1の仮想領域で復元された慣性質量を、第2の仮想領域でさらに引き上げた」とまとめられるはずです。「無効化」と「再び」の表現が違和感あるかなと。

また、これは想像ですが、移動系魔法は弾丸が放物線ではなく直進するように補助として加えられていると解釈しています。

Posted by 通りすがり 2016年11月14日(月) 17:55:09

コメントありがとうございます。


8巻を読み返してみましたが、仰るとおりですね。

そもそも真田のデバイスが展開する仮想領域は1つだけで、その中に3つの作用工程があるということでした。

なので、達也が追加した仮想領域は第4の領域ではなく第2の領域ですね。作用工程の順序は明確には分かりませんが……。


修正かけます。ご指摘ありがとうございます。

Posted by ncac_K 2016年11月09日(水) 05:59:18

物体加速仮想領域の作用工程は、第一から第三に分かれているのではなく、まず一つの仮想領域内で三工程を行い、追加された第二の仮想領域でも三工程を行うもの(ただし加速は等倍で、慣性質量の復元はキャンセルしているので実質は慣性質量の増大のみの一工程)ではないでしょうか。

Posted by 通りすがり 2016年11月09日(水) 03:21:37

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人のみ編集できます