電撃文庫『魔法科高校の劣等生』の個人作成Wiki

日高真木子



基本データ



2095年度九校戦の女子選手。九高の生徒。入学年度は不明。
アニメにおいて、1・3日目の女子バトル・ボード本戦に出場、3日目の準決勝第2レースで摩利と対戦した。
他の競技への出場については不明。


アニメでは、準決勝第2レースで摩利および黒木理沙七高)と対戦。摩利・黒木が事故によってリタイアしたため、第2レースの勝者となった。
その後、準決勝第1レースを制した三高生徒02と決勝で対戦。結果は描かれていないが、3日目終了時点での三高の獲得ポイントが原作と同じ(225ポイント)なので、女子バトル・ボード本戦優勝は原作と同じく三高、日高真木子は準優勝に終わったものと思われる。

原作では氏名は不明。(九高生徒01として記述)
準決勝第2レースで摩利および七高生徒01と対戦。レースはアニメと同じように経過し、事故によって決勝進出となった。
決勝戦では三高生徒02と対戦し、準優勝した。

コミック『魔法科高校の劣等生 〈九校戦編〉』では、九高選手は準決勝第2レースに出場していない。(代わりに三高生徒35が出場となっている)
第1レースに出たかどうかも不明だが、3日目終了時点での三高の獲得ポイントが原作と同じ(225ポイント)であり、3位決定戦は一高選手と二高生徒01で行われているので、女子バトル・ボード本戦優勝は第2レースから決勝進出となった三高生徒35で、仮に九高選手が準決勝第1レースに出場していたとしても準優勝に終わったものと思われる。

コミック『魔法科高校の優等生』では、九高選手は準決勝第2レースに出場していない。(代わりに三高水尾佐保?が出場となっている)
第1レースに出たかどうかも描写されていないが、最終的に水尾が優勝しており、また3日目終了時点での三高と九高の獲得ポイントがアニメと同じ(それぞれ225ポイント、60ポイント)なので、九高選手は準決勝第1レースに出場・突破し、決勝で水尾に敗れて準優勝したのではないかと推測する。

(出典:3巻407・414・417・429P,4巻18P,アニメ12話,コミック『魔法科高校の劣等生 〈九校戦編〉』2巻147・155P,同3巻16P,コミック『魔法科高校の優等生』5巻51・75・78P,)


登場ページ

3巻408〜412・414・417P
アニメ12話
コミック『魔法科高校の劣等生』九校戦編 2巻

   

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

よく見られているページ


Wiki内検索

管理人のみ編集できます