自動車学校・教習所で免許合宿する前に、知っておくと役立つ情報や、口コミ情報をまとめています。運転免許に関する基礎知識、用語解説まで幅広くカバー。

免許を取得する方法

各種運転免許を取得するためには2つの方法があります。まず運転免許試験場に直接試験を受けに行く方法。学科試験と技能試験がありますが、学科試験はともかくこの技能試験は交通法規を守った運転はもとより、安全で円滑な運転操作が要求されます。運転に自信がある人は最適かもしれませんが、運転経験のない人は教習所を利用した方が賢明なようです。

一方、教習所では基本的なクルマの知識、運転方法、交通ルール、運転に対する考え方などを学科で習い、運転操作やマナーを実際にコース内でクルマを運転しながら学びます。
コース内の練習を積み、仮免許を取った後、一般道路での練習に移ります。その後、卒業検定を受けて合格すれば卒業証書が交付され、それを運転免許試験場に持っていけば技能試験が免除となります。試験場では、適性試験、学科試験に合格すれば待望の免許証が交付されます。

運転免許教習所について

自動車教習所には大きく分けて公安委員会の指定を受けた指定自動車教習所と指定を受けていない指定外自動車教習所の2種類があります。指定教習所を卒業すると運転免許試験場で行われる自動車運転免許試験の一部である技能試験が免除されます。
一方、指定外教習所で練習した場合は運転免許試験場でも全ての試験を受験しなければなりません。運転免許試験場で免許を取る受験者にとっては独自の教習方法で練習する事ができ、指導員が合格のノウハウを教えてくれます。特に運転に自信がある人や再度免許を取り直す人にはお勧めの方法です。

           

運転免許試験場について

運転免許試験場にて、例えば普通免許を受験する場合、最初に仮免許試験を受けます。仮免許試験の中に適性試験、学科試験、技能試験の3つの試験があり、合格すると仮免許証が交付されます。その後、規定の練習を済ませた後、本免許試験となります。本免許試験の中も同様に適性試験、学科試験、技能試験があり、この試験に合格後、取得時講習を受講すれば運転免許証が交付されます。

一方、指定教習所を卒業した場合は卒業証明書(1年以内)を提出すれば本免許試験のみとなり、技能試験、取得時講習は免除されます。

       

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

合宿免許比較サイト

教習所と自動車学校

通学と合宿

自動車に関する公的機関

メンバーのみ編集できます