SS投稿スレッド

0 zz_roba zz_roba - 18/03/12 02:40:36

SS投稿スレッドです。

  • 1丸殻海老 - 18/03/13 01:10:59 - ID:ZFTxhO47+Q

    東風の吹く中、のらきゃっとはその手にニガヨモギの葉を乗せ、じっと見つめていた。何時の事だったか、大切なヒトと共にこれを摘んだものだ、煎じ薬にしたか、山菜として食べたのか、もしかしたら薬草酒だったかもしれない。覚えていないのだ、なにせ昔の話である。紅い瞳ののらきゃっとは柔らかに微笑みかけると、その葉を風に流す。くるくる、くるくる。東から吹く風がニガヨモギの葉を流していく。「今日は良い日」

  • 2名無し - 18/03/13 01:16:26 - ID:ZFTxhO47+Q

    西風に煽られて、風見鶏が狂々廻る。堕ちて目覚めた幼きろりのら、瞳は四つ、口は二つ、傍らで這う太ったねずみがのたりと首を持ち上げた。狂ったねずみが信奉した幼い女神の姿は、ちいさなろりのら。ねずみの明日を弔い続けて、ねずみの明日を悼み続けて。少女は亡国の王の耳元で囁いた、今日はあの国を焼こうとろりのらは言った。まっくろなタールを撒いて、まっかなマッチを擦って、すべて私達の為に燃やしてしまえと。「しね」

  • 3古い甲殻種 - 18/03/13 01:21:16 - ID:ZFTxhO47+Q

    北風が窓から吹き込む、ドラキャップ伯爵は己でデザインしたドレスが揺れるのを見つめていた。少女としてと生まれながらも少年として扱われた彼女は、己で豪語した以上に倒錯している。リボンにフリルに、濁った瞳を向けて薄く嗤う。ドラキャップというアンドロイドの根本はとうに狂っている。だからこそドラキャップは正常に見えるのだろう。彼女は哄笑しながら美しいドレスに短剣を振り下ろした。「好きにするといいですよ」

  • 4エビフライ - 18/03/13 01:26:47 - ID:ZFTxhO47+Q

    南風が村きゃっとの頬を撫で、ふと彼女は足を止めた。ねずみに寵愛された偉大な王、村きゃっと。彼女を讃えるねずみの騎士達が槍を掲げ、彼女の為に道をつくる。この大地を治める比類なき村きゃっとは騎士達に応え、力強く足を踏み出した。求められたのならば、村きゃっとは王として在り続ける。全てのねずみ達から強く必要とされた村きゃっとは、王道を歩み、また素晴らしい開拓者である。「皆さんの期待を、私は裏切りませんよ!」

  • 5鶏鍋 - 18/03/13 02:14:36 - ID:mEi95Wk+Fw

    「お待たせしました。」透き通る声と共に部屋の奥から白銀の麗人が現れた。絹糸のような長い髪を束ね、スーツをぴしりと着こなし、恥ずかしいのか少しほほを紅潮さてせている「彼女」のらきゃっとだ。お願いを賭けたゲームに勝った私は彼女にあることを頼み、その前段階として男装してもらったのだ。少し息を整えた彼女はこちらに近づき、手を突き出した。その手は私の顔…の少し右、壁に付き音を立て、近づいた彼女の顔に思わず胸が高鳴る。「あなたは、私の傍にいなさい。離れることは許しません。」頬を染めたまま言い放つその姿に私は、生涯最大の胸キュンを覚えるのであった。

  • 6鶏鍋 - 18/03/14 01:55:53 - ID:mEi95Wk+Fw

    ホワイトデー

    今日は少しだけ特別な日。あなたは彼女のために贈り物を用意した。さいしょに花屋で包んでもらったチューリップの花束。淡いピンクがとっても綺麗。つぎに普段料理をしないあなたが作った夕食。見た目は少し悪いけれどありったけの心を込めて。さいごに銀色のロケットペンダント。開けば笑顔の彼女とあなた。あなたは彼女のために贈り物を用意した。彼女から貰った形の無い物を物を返せるように、ありがとうを沢山に込めて。今日は少しだけ特別な日。

  • 7EB-477棲息変異個体 - 18/03/14 22:02:11 - ID:ZFTxhO47+Q

    ガチガチのガチの内輪ネタです。絵チャの三十彦先生作品、のらちゃん部隊三次創作SS。ほかにも内輪ネタ…
    批判がございますれば消しまする(消し方を勉強しなければならないですが…)

    ―20039_09_24_2367
     体格の良いアンドロイドは戦槌にこびり付いた液体を振り払い、得体の知れない“生物”の遺骸を見降ろした。巨大なアンチマテリアルライフルを背負った細身のアンドロイドは、眼帯型の端末で得られたデータを編纂している。

     EB-667鉱床に育つ岩盤は、通常のそれを遥かに超える強度を誇る。故に、かつて地下深くに棲んでいた生物が閉じ込められ、飢餓や蝕まれ正気を無くし、大型化する。そしてそれらが、新発見されたVR鉱石の原因不明の活性化により天然の檻から解き放たれたのであろう。採掘作業に際しても原生生物の襲撃はそれなりに有るものの、これ程の頻度はかつて無い。

     遺骸を回収する解析部隊が到着すると、二人は坑道の縦穴を蹴り昇り、消えた。

    ―20039_09_25_0401
     指令部直属の暗部である遊撃部隊の隊舎は現在採掘拠点設置されている、アンドロイドの詰所だからといって無機質な雰囲気はなく、生活感が溢れており、それでいて必要な品は一通り揃っていて十分に広い、そのような場所である。女子寮みたいな雰囲気だ。

     とある個室にて、きちんと髪を纏め読書に耽る少女と、まだ濡れたままの髪にタオルを引っかけて寝ころがりながらTV鑑賞をする少女が居た。そんな二人を見ながら彼女達の上官であるNORA_Cat(通称“のらきゃっと”)は呟く。
    「昔から思っていたのですが、貴女達、逆ではないですか」

     ちなみに前者が体格の良いGoliath_Cat(通称“ごり”)後者が細身なSniper_Cat、(通称“そげ”)である。
    「…(聴こえていない)」

    「公私さえ分けていればいいんですよ、のら。筋肉とガリ勉の両立だなんて無理無理、そんなの、ごりだけで十分です」
     と、大柄だが知性と色気溢れる少女が本から顔を上げた。
    「お?そげ、なんか私の悪口言ったか?」

    「言ってないよ?」
     そっか、と一言。再び本の虫となるごり。
    彼女は純戦闘用アンドロイドであった為、外辺境に80年配備されていた。ずっと勉学に興味はあったものの機会は得られなかった。退役後に遊撃部隊にスカウトされてから、やっとそれが叶ったという訳だ。

  • 8EB-477棲息変異個体 - 18/03/14 22:07:58 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_09_25_0405
     さておき、のらきゃっとは深い溜息をついてそげに向き直る。
    「あのですね。そげ、子牛、うんぬん、はとやかく言わないわ。髪くらい乾かしなさい。風邪をひいても知りません」

     そげは足をぱたぱたさせて抗議する。
    「面倒です。それにアンドロイドはこのくらいで風邪なんかひきませんよ」
     等とのたまった。今丁度、大人気深夜番組“お昼休みは丸呑み☆ウォッチ”が終わったので、リモコンを手に取る。

    製造されてこの方、ずっと疑似家族型アンドロイド。それも大事業家のお嬢様として扱われて来たそげは、持ち主の死亡、そして親類に相続放棄をされて廃棄される予定であった。戦いを覚えたのはのらきゃっとに拾われて大規模改装を受け、遊撃部隊に配備されてからなのだが。本人はむしろ親という枷が外れたので好き勝手できるようになった、などとのたまっている。

    さらに“ろり”とゲーム友達でもあり、その結果がこのだらだらアンドロイドである。約束された結果であろう。
    「…仕方無いです」
     何処からか電気式ドライヤー(自動洗浄は推奨されていない)とブラシを取り出すのらきゃっと。上官に髪の手入れをしてもらうというのも、遊撃部隊ならではの光景か。
    「わー、のら!やってくれるんですか。ありがとうございます!」

    「お、なんか楽しそうだな。のら隊長」

    「楽しいですよ。そげの髪、良い匂いがして…、なんというか、こう…“もじゃもじゃ”したくなります」
     そげの背中に奇妙な感覚がゾワッときた。これは“たたかう戦士の第六感”だ、そうに違いない。
    「はは、のらのみるくてぃー臭には敵わないさ…!?すみません、のら、やはり自分でやります。自分の事は自分でやりますってば!」

    「いえ、遠慮しないで。良いんです、良いんですよ」
     にじり寄るのらきゃっと。そして、よっこらせとごりが本(恋愛長編小説 比翼の鶏〜狂愛の坩堝〜Torinabe著)を閉じて席を立ち、素早く動いて部屋の隅に逃げようとしていたそげの脇に腕を差し入れて、ホールドした。
    「のら隊長、自分がそげを押さえつけときます。“筋肉”には自信ありますんで」

    「ごり!さっきやっぱり聞いて…ちょ…やめ…ひゃぁー!?」
    常に最前線を支える彼女たちだが、遊撃部隊隊舎の午後は大体このような感じである。

  • 9EB-477棲息変異個体 - 18/03/14 22:10:23 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―Diary_of_mouse_Log_NAS_Masaki
     VR鉱床の採掘の際にもつるはしの使用は一部の熟練者のみが許可されてるんだ。自分は専用の高出力合金ドリルを使っている。VR鉱石の鉱夫は命懸けだ。ああ、眠い。

    ―20039_10_03_1148
     人工太陽に照らされた午後の街は活気に溢れている、色とりどりのドレスが踊り、作業用アンドロイド達はショッピングを楽しんだり、美味しいものを探したり、友と談笑したりと気ままなものである。

     佐官であるのらきゃっとはくろみつソフトを食べながら少女アンドロイド達を見て一言。
    「…女はいいですね」

    「のらどの、それはアレですか、“あの子可愛いって言ってる私カワイイ”とかいう…」
     こちらもいっこ昇進した“ろり”、その可愛らしいブラウンブロンドの上に拳骨が落とされた。まぁ、のらきゃっと自身も少しだけ、本当に少しだけお調子者で通っている訳で、程々の威力にしておいたが。

     それでも佐官クラスアンドロイドにより攻撃は相当に痛かったらしく、大仰に唸りながら、丈の合わない軍服の袖で頭を抱えている。
    「…そんなに痛かった、ですか?」

    「はい、いいえ、のらどの!!げんきであります!!」
     ろりはとにかく根性が据わっている。新造されたが、耐久性の欠陥で遊撃部隊に回されたものの、先のVTU戦争を生き延びた。戦いの天才であり、隊の妹分だ。
    遊撃部隊はこの街に、そして司令部に仕える守人だ、いざという時には部隊の名に誓って敵性存在を狩り、あるいは無惨な叛逆者どもの屍を積み上げる者達だ。だからこそ、その精神は不屈で無ければならない。だが、町の平和を見ると心が揺らぐ。
    「私も、日和りましたね」

    「なにをいってますか!のらどのが前線に残ってくださっているからこそ、小官たち遊撃部隊は士気をたもてるのです!」

     クランベリークレープを握り締める彼女を、生意気な、と小突いてみたり。
    「忠誠を誓うべきは司令部でしょうに」

    「おふろで端末をいじっているような司令部はしりません!小官の上司はのらどのです!」

    ―もう、まったくも!

    「わかりました、わかりました。上官侮辱罪ですよ?それに、ケープが潰れています」
     うわぁ!と、はみ出したクリームと果実を急いで食べるろり。それにさっさと袖丈を仕立て直さないものだから軍服が汚れている。
    「あぁ!!」

    「ほれ、みたことか。JOJO」

  • 10EB-477棲息変異個体 - 18/03/14 22:13:34 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_03_1210
    「はい、いいえ!のらどの!!のらどのもくろみつが付いてますっ!!」
     ん?と、見れば、黒い粘性の液体がべったりとズボンの太腿部を濡らしている。

    「…何(なん…?)」

     それだけならまだしも、周囲のアンドロイドお嬢様方が、微笑ましいような、暖かいような目線で見守ってくれていた。部下とのイチャイチャの果てに二人とも甘味塗れ―これは恥ずかしい。のらきゃっとは誤魔化す事にした。
    「け、ケーキで…ちがう、ちがいます。経費で!」

    「戦闘行為でのよごれじゃないとだめであります。わたし、そのへんはくわしいですよ!」
     ろりらしい、真面目な受け答えだ、アンドロイド達の間に小さな笑いが伝播していく。
    少女達を代表してか、“お可愛らしい軍人さん、どうかクリーニング代としてお納めください”と双子のアンドロイドから、支払い用端末にクレジットを送られた。“日頃護ってもらっているから、そのお礼の気持ちです”そして“可愛いですね”と言われれば断ることはできず。さらにお菓子代まで奢って貰った。

     結果、お洋服を汚してしまった女の子という風体で隊舎に帰るはめになった。(真実
    一軍人が、遊撃部隊の中隊を率いる佐官が。
    「…何(なん…)…洒落になりません。ろりなら許されるのに、ろりなら…」

    「のらどの?なにをいっているでありますか?」
     自動洗浄でパパッと綺麗に出来れば良いのだが、それは長期戦時を除いて、自分で禁止してしまった。“みだりに技術を用いて身の回りの事を片付けてはならない”これは隊規であるし、それ以前にのらきゃっとの守っている心得なのでどうしようもない。

     二人で隊舎に入ると、ごりとそげに早速笑われた。
    「アッハハ…のら隊長のくろみつかけだよ、コイツは美味しそうだ」

    「…!のら!ペロペロしても良いですか!?」
     ふたりへの今度の拳骨は、今度は、かなり手加減してやったそうな。

  • 11EB-477棲息変異個体 - 18/03/14 22:17:33 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_03_2252
     軍服を旧式のクリーニング装置に入れてから、とにかく熱いシャワーを浴び[削除済み]私服に着替えて隊長室に行くと、見慣れた姿が愛用のソファに沈み込みながらコロコロと笑っていた。
    「私ものら様のくろみつかけ、食べとうございましたわ」

    「天下の諜報部隊様は、お耳が聡い事です」
     その隣にどかりと座る。常在戦場、朱色の隊服を着た柔らかな雰囲気の諜報部員、そして、のらきゃっとの大切な後輩で、部下でもある遊撃部隊員を睨む。

    ―…胸部パーツ、交換しましたね

     その視線に気がついたのか。
    「のら様は変えないのですね」

    「ほっとけ、ですよ」
     のらきゃっとも元から“体格”は良い方だ。このくらいが丁度良いのだ。…グラマラスに憧れた事など、本当に、絶対に無いのだ。
    「で、どうしました。諜報隊服を着て世間話だけという訳でもないでしょう。ゆうちょ」
     後期生産型カスタム機体W.I.K.I_Cat(通称“うぃき”)は諜報部にも席を置いている。その権限はある意味、司令部よりも強い。
    「鉱床の活性化と、奇形生物についてはご存知ですよね?」

    「そ↑れ↓、は、ナニかと話題になりましたし。遊撃部隊の管轄ですから、ごりとそげが出ましたよ」
     うぃきは立ち上がり、ストッカーからグラスを二つとアイスペール、それから、のらきゃっと秘蔵の天然蒸留酒を持ってきた。何時バレたのか。
     カラコロと氷が転がる音が響く。
    「わたくし調べですが、“外部の一部の官僚連中”と懇意な企業がVR鉱の採石をしていますけれど。…司令部に圧力がかかりました、のら様の古巣がその護衛に付くらしいですわ」

    「“でちゅう”モデル達ですか」
     嫌な記憶だ。とっておきの酒は美味いが、今飲みたいものでも無かったのだが。
    「近いうちに、我々遊撃部隊にも出動要請が出るかも知れません。ミック…いえ、副司令もそう言っていましたわ」

    「了解しました、よ」
     あの官僚どもの考えそうな事だ。気に入っている企業の護衛に、軍部の持つ戦力、隠密性と機動力に優れ数が揃っている姉妹達を望むのは解る。だが新資源―VR鉱石の事業は良くも悪くも未だ興ったばかり。
    NORA_CatデチューンモデルAltanative_Catの群れをつける程の警戒が必要な“何か”が有るのだろうか。
    「のら様、企業の護衛自体ははあくまでも我が軍司令部が主導ですわ。あまり深く考えずにいきましょう」

  • 12EB-477棲息変異個体 - 18/03/14 22:19:45 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_04_0004
    「わかっています、わかっていますとも。完全にわかっています」
     言い終わった時には、もううぃきの姿は無い。残ったグラスの中身を飲み干す。
    今までも誰一人欠ける事無くなんとかしてきた、これからも大丈夫だ。そう思い直し、のらきゃっとは装備のチェックを始めた。一振りの刀と、一丁の銃を。

    ―Diary_of_Mouse_Log_NAS_Masaki
    最近はVR鉱石の高騰で賃金も上がった。しかし身体は疲れるものだ。どうしたものか、身体の調整をしてもらった方が良いかもしれない。良し、明日ドックに行こう。


  • 13鶏鍋 - 18/03/14 22:52:16 - ID:mEi95Wk+Fw

    今日は少しだけ特別な日。ねずみさんは私に贈り物をくれた。さいしょに淡いピンクのチューリップの花束。お花越しに伝えられた気持ちに、胸がほんのり温かくなる。つぎにねずみさん手作りの夕食。心を込めた料理と照れくさそうな姿に思わずくすりと笑みを浮かべる。さいごにロケットペンダント。銀色に閉じ込めた素敵な思い出に、ふたりで思い馳せて。ねずみさんは私に贈り物をくれた。心の奥まで染み渡る、たくさんのぬくもりを。今日は少しだけ特別な日。

  • 14カメリア - 18/03/15 00:42:48 - ID:PzTG2eNgzw

     戦闘を行うための量産型機、そう聞いたら大多数の人はきっと使い捨ての駒や消耗品の一部、交換・修理すればいくらでもおなじように使える道具、そのように認識するのではないのでしょうか。
     その認識は間違ってないと思います。事実、今まで数多の戦場で戦闘用に作られた機械兵や有機兵器が戦闘に使用され、消耗されていきました。その事実は揺るぎがないものであるから。
     ……私たちの体を構成するものが機械的であれ有機的であれ、戦闘のために生み出された存在ということにかわりはなく、消耗される備品であるただの物です。
     唯一、特別といえるのは機械的に名づけられた識別名だけでした。
     私の名前も、それにならって付けられていました。……あのときまでは。
     ふと、視界の端に光を感じて、もう使い物にならなくなった右腕をみました。……これはもう腕、というよりはもう肘から先がなく、配線がむき出しになっている状態になっているので、もはやスクラップといったほうが適切かもしれないですね。
     そこには、今の使用者から贈られたペンダントが巻きついてます。
     かろうじて動く左腕を使ってそれをとりました。小さめのひし形のアメジスト、とても澄んだ綺麗な石。初めてあったときから自分のことを”ねずみ”と呼ぶ変わった使用者だとは思っていましたが、まさかこんな消耗品に過ぎない私に固有名を与えたばかりでなく、こんなものまで贈って来るとは思いませんでした。
     この出撃の前、突然の呼び出しを受けた際に贈られたものですが、特にもらう理由もなく、むしろ戦闘時の邪魔になるので最初は突っぱねたのです。しかし、それでも、どうしても付けてほしい、使用者の命令がきけないのかと、無理やりに付けられました。しかなく装着すると、今までに無いくらい明るい表情を見せたのが今でもメモリに焼きついています。
     近くで爆発音が聞こえます。頭部についたセンサーからはもう正確な音の位置を拾うことはできないですが、それでも自分の終わりがもうすぐ傍まで来ていることはわかります。おそらく、自分の位置はもう知れているのでしょう、着実に振動が大きくなっている。
    「まったく、まったくも」
     なんでこんなところで、ねずみさんを思い出すのでしょうか。そういえばそうだ、これをもらった日は確か3月14日ホワイトデー、そうか、あのお返しだったんですね。このペンダントは。

  • 15海苔 - 18/03/15 03:27:30 - ID:10SgoRW3ZA

    時は未来…加速する文明は母なる地球を離れ…人類は今!バーチャルスペースという名のフロンティアに漕ぎ出さんとするばかりである!
    という訳で私のらきゃっともこのブームに乗って宇宙を目指してみることにするのでした
    とりあえずロケットはでっち上げたものの困ったことにパイロットが居ない
    仕方がないのでそこら辺に落ちていたねずみさんに同意を取り付け暴れるなコックピットに詰め込むとハッチを閉めすぐさま紅茶に点火!
    しゅごごごー!と射ち上がった鉄の校舎はみるみるうちに亜光速を越えその姿はまるで太陽の如く…あっ
    …たーまやー!
    これがほんとのねずみ花火
    と上手く落ちがついたところで感動に浸り終わった私はロケットのモデルをゴミ箱に放り込むと一部始終を見ていたねずみさんを適当に記憶処理して今日はもう寝ることにしますのらすみなさい

  • 16EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 20:53:47 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_21_0130
     採掘場護衛開始当日、五体のアンドロイド…五人の少女は隊舎のロビーに集っていた。テーブルスクリーンをタップしつつ、うぃきがブリーフィングを開始する。
    「まず、司令官と副司令よりお詫びの言葉を頂きました。“無理をさせて済まない、だが官僚連中にはその内、報いを受けさせてやるさ”とのことですわ」

    「大丈夫、大丈夫ですよ」
     続いてEB-667鉱床の立体地形図が表示された。そげは無言で眼帯型端末に地形図を入力して狙撃ポイント候補を絞り、ごりは戦槌の機構動作を確認している。
    「EB-667鉱床の採掘場は一般的な鉱石採掘場よりも、比較的小さな鉱床ですわ。頑強な鉱石群の所為ですわね。遊撃部隊のお仕事は本隊の援護と中心部の防衛です…が」

    「うぃきどの、浮かないかおでありますね。何かもんだいでありますか?」
     スクリーン上に毒々しい色をした仰々しいロゴと社名らしき文字が表示される。
    「PMC…企業が勝手に雇ったの。どぶねずみ以下、いけない害獣さんね」
     PMC(民間警備会社)は昨今の戦争でその在り方を大きく変えた。国では無く企業の子飼いとして資金を潤沢に吸収し、成長した彼等は軍用アンドロイドすら圧倒する事もある。ごりがPMCロゴを指差す、崩れているがANTだろうか。
    「のら隊長、私はこいつらは知ってます。外辺境でご一緒した事がある…アンドロイドと知れば、味方でも後ろから撃ってくる。生体至上派がお気に入りの連中だ。挙句の果てに“効いてる効いてる”だのと笑いやがった」

    「小官も前VTU戦争で斥候にでた時、ANTとやらをみました。“なんだ、機械かよ。こんなんで[お上品]できるわけねーだろ”と、あと「ろり。だめ、です、よ、だめ、です!」
     のらきゃっとがその細指でろりの唇を塞ぎ、うぃきは少しだけ表情を緩めた。
    ろりを抱えながら、のらきゃっとは思考を切り替える。
    「彼等は一応、ほんとうに一応、味方。まずは仮想敵、奇形なまもの。そちらは」

     元気よく手を上げたのは狙撃ポイントを確認し終えたそげである。
    「あ、のら、それは私が知ってます。隣の鉱床にも同じ種類のが居るみたい。ただ、ものすごいでっかくて、ジョーク記事扱いだってさ。テレビで見た」
     うぃきがそげのふわふわ情報を精査したところ、解析班によれば奇形生物の外殻にVR鉱が含まれていることが判明した。

  • 17EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 20:57:05 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―Diary_of_Mouse_Log_NAS_Masaki
     検診が終わった。普通に健康体だったよ。先生の話によればVR鉱石から出る線はアンドロイドの身体に良い効果をもたらすらしい。その過程でちょっとだるくなっただけみたいだ。たしかにココロが軽くなったな、アンドロイドだけど、すっきりした気持ちだ。

    ―20039_10_21_0200
     採掘隊護衛開始時刻。EB-667鉱床第壱採掘場にて。
    「“でちゅう”30機とは。まさにセンスですね」

    「“戦争”だな?のら隊長」
     うぃきとそげはバックアップ、ろりは周辺警戒、彼女達は既に戦闘準備を終えている。
    暗部とはいえ身分上は正式な軍人であるのらきゃっとは東洋刀とハンドガンを身に付け、ごりと共に採掘場へと降りていた。
     と、軽薄な声が聴こえた。
    「お、あの子可愛いんじゃねーの?」

    「バーカ、アレもアンドロイドだぜ、お前メカ愛好家かよ、きっしょ」
     例の生体ANT社員達、傭兵紛いの連中が揶揄ってくる。とりあえずは無視をしながら採掘場を進んだ。
    デチューンモデル達(通称“でちゅう”)がやや熱い眼差しで略式の敬礼をする中を通り、最深部へ向かうと、現場にいた少女型作業アンドロイド達が声を掛けてくる。
    「お、ほんま可愛い軍人さんやな」

    「かわいい」

    「僕もモデル新調しよう…」

    「軍人!さん!べりべりきゅーと!」
     こちらの反応は悪くない、のらきゃっとは思わずドヤ顔をする。と、急に背後で炸裂音が響き、凄まじい熱波と衝撃が押し寄せる。明らかに落盤では無い、これは、火器だ。
    「何!(なん…!)」

     ごりは大きく踏み込み、アンドロイド達の前に出て戦槌に仕込んであった障壁を展開する、さらに遊撃部隊で最も厚い装甲で以て彼女達を庇った。
    「熔融プラズマ砲か…!?うぃき、ANT連中なんだろ?何を始めやがった!?」
     すかさずうぃきからの通信が届く
    『確認しましたわ。広場に現れた…小型の奇形生物に向けて発砲した模様です』
     のらきゃっとは絶句した。愛刀を使うまでも無く、せいぜい一般アンドロイドの持つ自衛用のサーベル一太刀で片付けられる敵に広範囲攻撃を行うとは。流石に考えない。
    『本隊のでちゅうちゃんが何人も巻き込まれて…今、そげ様が救護に向かっていますわ』

  • 18EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 21:00:04 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_21_0235
     ごりはのらきゃっとの背を軽く押した。
    「のら隊長!私は此処の子達を見ときます、そげに付いてやってください!!」

    「ごり、当たり前ですが、チャンネルはオープンのままにしておいてくださいね」

    「のら隊長の声を聞くことだけが楽しみですよ、さ、行って!」
     朗らかに笑いながらアンドロイド達を保護する彼女を置いて、のらきゃっとは頑強な岩盤を踏み砕く勢いで駆けだした。広場に出れば、先程敬礼をしてくれたでちゅう達が、無数に地面に横たわっている。無事なでちゅう達にそげが指示を飛ばしているが、やはり人員が足りていない。

     若いANTが嗤いながら嘲る。
    「バッカじゃねーの?あんなきっしょいのに近づくから巻き込んじまったじゃん。
    やっぱアンドロイドは…はーぁ、使えねぇ」
     奇形生物が居たと思しき箇所は黒く焦げていたが、推定40インチも無い。もしかしたら、巨大化奇形生物では無く、ただの原生生物であったかもしれない。
     のらきゃっとはぷるぷると震えながらも、重症のでちゅうに再生処置を施し始めた。
    そして、若いANTを紅い瞳で睨みつける
    「この事は軍司令部に報告します」

     ANT達は表情を引き攣らせ、何人かは素知らぬふりをして去って行った。
    「え?それって困らねぇ?…どうすっかな…ああ、そうだ!アレだ!!」
     これで帰ってくれれば良い、衛生班のでちゅうに重傷でちゅうを引き渡して安堵する。
    「のら、怪我した子の収容は終わったみたいで…ん?」

     かくん、と、そげの身体が傾いた。ヒトと同じ色の、紅い液体が地面を濡らす。

    「みんな殺しちまえば、証拠とかなくね?」
     ANTの若者の手には、VR鉱石で造られた剣が握られていた。

  • 19EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 21:03:10 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_21_0250
     崩れ落ちるそげを見て、のらきゃっとの中で、何かが切れた。
    「そですか…奇数です、家、奇遇です」

    「コイツなに言ってんの?」
     妖艶に瞳を細め、ナイフの様に鋭い犬歯を覗かせる。凄絶ながらも美しい微笑みであった。のらきゃっとは、彼の目を見て宣言する。
    「僕も同じ事を考えてたんです。そげ、やりなさい」

     機会を見ていたらしい、雷光を纏う獣が駆動音を響かせながら跳ね起き、剣を持った若いANTの脚を払って引き倒した。上を取ってから、ゆっくりと大槍を突き出す…否、大槍に見えたモノはアンチマテリアルライフルである。
    「了解です、のら、戦闘行動を開始します…。これなら距離は関係ねーなぁ?」
    引き金を引けば閃光がANTのパワード・スーツに突き刺さり、地面に縫い付けた。
    脇腹を押さえつつ、そげもまた微笑んでいる。

     うぃきが無機質な声で広域通信を送った。まるで死刑宣告の様な。
    『アンドロイドの生存権に関する協定違反及び先程の行為を無差別テロと認定。ANT社員を敵性存在指定、遊撃部隊はコレを排除します。これは司令部の正式な通達です』

     “ふざけやがって!”残っていたANTの一人がそう言おうとした、そう言ってレーザーキャノンを構えようとした。“そうしたかった”のであるが

    細腕ながらも筋肉はバネの様にしなやかであり、かつては通常のでちゅうと同じであった爪先は合金に勝る程の強度を誇る。迂闊なANTは刹那の間に背後へと回り込まれ、音も無く鋭利な爪で喉首を掻き斬られ、そのまま凶悪な牙に頭蓋を噛み砕かれて餌食となった。執行者はPrototype_Assault_Cat。遊撃部隊で一番優しい“ろり”である。
    「小官は命令を完全に理解しました。小官は抵抗するANTを排除するであります」

    血塗れの軍服と吐き出された肉片を見てANT達はさらに逃げ出し、数を減らしていく。
    「さて、私が出るまでもなかったわけです。やりました。完全勝利です。やったぜ」
     のらきゃっとはふんすとふんぞり返った。

  • 20EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 21:07:12 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_21_0315
     と、すかさず、ごりの叫び声が通信に割り込んで来た。
    『のら隊長!そげがテレビで見たデッカイヤツだ、一発かましたが、止まらない!!
    そっちに向かってる!!私も合流するからな!!』

    「何(なん…?)」

    「なんだぁ…!お前ら、おもしれぇオモチャじゃねぇかぁ!!」
     先程の若者が奇声を上げながら起き上がる。本当に生体なのだろうか。

    「あなた、いきてたんですか。何(ナン…?)」

     地響きが近づいてくる。超大型奇形生命体が来るのだろう。ろりはそげを庇って後退し、対峙するはのらきゃっとのみ。

    『のら様。作業員、および正規部隊員“でちゅう”の退避完了しました。100秒後に私も参戦致します。どうか存分に!』

     一瞬で加速したのらきゃっとが男に肉薄し、太刀を振り抜く。装甲で受けながら若者が撃ち出したプラズマ砲に対し、驚くべき反応速度で上体を逸らし、それを避けたのらきゃっとは装甲を叩き割ろうと剣柄を突き出す。…命中したが、やはり壊れない。

    空いた左腕の銃で男の腕を跳ね上げ、隙を作り、距離を取った。
    「ハハッ!効いてる効いてる?アンドロイドォ!!」

    「ノーダメージですよ…チッ」
    左手のグロック18cで顔面を狙いフルオートで9mmを撃ち込むが、直ぐにヘルメットのシャッターが降りた。厄介なのは、自動補足のプラズマ砲では無く、勝手に弾丸を弾く剣でも無く。

    そげのアンチマテリアルライフルでも貫けないVR鉱石製のパワードスーツだ。

     と、地響きが一段と大きくなった。
    「こっちも時間ですね、のら。…ああ、テレビの中だけでよかったんだけどな…」
     応急処置を終えたそげが溜息を吐くと、最深部の岩盤が縦に割れた。

  • 21EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 21:10:14 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_21_0343
    ろりは引き気味に呟く。
    「なんでありますか、あの、あれは…小官、あんなの…」

    のらきゃっともあんぐりと口をあける。
    「…でかい、すごいでかい」

     ANTの若者も、思わず振り返った。

     アンドロイドジュニアスクールの校舎程の大きさが有る。死体の燐光の如く青白い複眼に、光を反射しない甲殻、がしゃがしゃと奇怪な音をたてる無数の脚に、湾曲した牙、一対の巨大な鋏…。なにより…。
    「お、のら隊長、こんばんきゃっと」

     ごりが、頭部の辺り、丁度いい感じにへこんだ甲殻の上に座っていた。ごりはよっこらせと奇怪な巨大生物から降りると、巨大生物はそのまま直進を再開する。
    あまりの自然さに、遊撃部隊は思わず採掘場の端に寄った。
    「何(なん)…何(なん)……concat」

    「いや、害は無さそうなんで通り抜けさせることにしたんですよ」

     だが、若者は怪生物にプラズマ砲を向けた。
    「き、きめぇええ!!死ね!!」

     先程と同じ熱と衝撃が怪生物の甲殻で炸裂する。一部がガラス質となって結晶化し、甲殻がとろりと零れ落ちたが、やはりそのまま岩盤を砕き、坑道の奥に消えて行った。

    「…ノーダメージ…ですわね。でも、ひとつ分かりましたわ」
     パラシュートで降りてきたうぃきが、溶け落ちた甲殻に何かを埋め込む。それは主に暗殺部隊などで扱われる、鉄骨などを液体金属兵器に変える為に使われるナノマシンである。 
    地に落ちた黒い甲殻が液体金属と化し、さらに槍へと姿を変え、岩盤に刺さる。
    「あの生物の鋏がVR鉱石を貫くのならば、これで全て解決ですわ♪」

    「うぃきどの…悪魔でありますか…それ…誰が…」
     そう、あの奇怪な巨大生物の甲殻を、誰が持つのか。

    そげは慌てて首を振った。
    「わたし、怪我してるし、のら」

     うぃきはやわらかーく微笑む。
    「私では出力が足りません♪のら様」

     ろりが便乗する。
    「し、小官も、パワータイプではないので!のらどの」

     ごりはぽりぽりと頭を掻いた。
    「わるい、あのでっかいのを殴った時に手首捻っちまった。のら隊長」

     フフ、と。のらきゃっとは大切な部下達に向かって、意味深(いみふかし)な艶めかしい笑みを贈る。そして東洋刀とグロックを収納する。
    「みなさん、おぼえていてくださいね…gooじゃ済みませんから」

  • 22EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 21:16:00 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―0039_10_21_0350
    「ゴチャゴチャ言ってんじゃねぇ!!」
    突き出された剣をいなすと、男はバランスを崩した。のらきゃっとは槍を抜く。
    万全の状態から駆動部のチカラを全て一点に集めた、必殺の突き。液体金属はさらに変形して、鋭さを増していく。そして正確に、心臓へ。

    「おやすみなさい」

     長槍は見事、パワードスーツを破壊し、ほどけて消えた。
    「…バーカ、きも…死、ね…」
     きっと話が出来れば、結果は違ったのかもしれない。戦場に立った理由はこの男と同じだったのかもしれない。ただ、のらきゃっとには仲間が居て、貰ったものが少しばかり多かっただけで。

    ―…慣れませんね

    「さぁ、みなさん。かえりましょうか」
     ドッ!と割れんばかりの歓声が沸く。軍人であり、佐官であるのらきゃっとは隠れて見守っていた作業用アンドロイド達と、でちゅう達に讃えられ、もみくちゃにされた。

  • 23EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 21:19:28 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_22_0102
     事後処理もほどほどに、遊撃部隊は隊舎で休憩を取っていた。うぃきが頬をとろけさせる。
    「戦いの後のパジャマパーティー…愛ですわ、愛らしいですわ!!」
     ふわふわとした飾りのついた、黄色いクローバー柄のパジャマを着たろりは可愛らしい風情である。ごりの寝間着はシンプルな作りだが、ワンポイントのうさちゃんが主張している。のらきゃっとは滑らかな絹のそれである。シルクの密着感が、何とも言えない艶然さだ。そして―

    「あの…そげどの…」

     予想してはいた。そげの寝着は、胸に“野良道”と、デカデカとプリントされたTシャツ一丁、ピチピチのそれと、下着だけしか穿いていない下半身が、何故か、色っぽい。
    「あの…せめて、う、上も…」
     ノーブラTシャツ。それはやはり外法であるが、静かなる禁断の領域―

    「のら、大丈夫です、これはですね、テレビによると。外気からマナを蒐集する為の礼装であるからして…うわなにをするのですかやめ(ry」
    のらきゃっとに速攻で付けられた。手際良く付けられた。フロントホック式であったのと、やさしくキッチリと包み込まれるように装着させたのは、ちょっとした教育の一環であろう。

     さらに、のらきゃっとはうぃきの方を向いた。
    「うぃき…」

    「なんでしょう、のら様。嗚呼アレですわね、“愛狂羅菜気”(マクラナゲ)ですね?
    では私は此処に挟みますのでのら様は其処に擦[お上品規制]」
     流石にうぃきは完全武装だ。その薄く透けた武装には“I LOVE LOVE”とデカデカと織りこまれている。ドヤ顔で何処に枕を挟むのか、恐るべきアンドロイドだ。

    のらきゃっとは、一瞬、何も言えなかった。

     そして、当然の如く“愛狂羅菜気”は開催中止としたい。のらきゃっとには、それが隊舎のロビーでしても良いアソビだとは、とても思えなかった。と、いうわけで。

    「うぃき、まくらより、私のひざまくらはどうでしょうか?」

    「嗚呼!!この世に枕なんていらなかったのです!!」
    のらきゃっとが甘い声でうぃきを膝もとに誘う、うぃきはすぐさま枕をポイ捨てして、柔らかなキャットヘヴンに転がり込んでいった。

  • 24EB-477棲息変異個体 - 18/03/15 21:27:34 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_22_0123
    のらきゃっとが、はるか昔から紡がれる古代の詩―子守唄を歌う。

     ろりは何時の間にやら、のらきゃっとの腿に頬を寄せながら寝ていた。

     そげも負傷の所為か、いつもの夜更かしもせず何時の間にか聴き入って寝こけている。

     のらきゃっとはひとしきり歌い終えると、ごりの頭を撫でた。
    「ごり、ありがとうございますね」

    「…ハッ!?あ、いや、隊長がそれで良いなら、良いんです」
     彼女は手首を負傷してなどいなかった。ごりが止めを刺すこともできたのだ。自分に責任を持たせてくれた。
     優しい仲間達に恵まれたと、のらきゃっとは微笑み、そして自身も眠った。

    ―20039_10_22_0200
     軍司令室にて。
    中性的なアンドロイドが、風呂に入って端末を弄っていた。
    うぃきは諜報の隊服を着て、最敬礼をする。

    「以上を持ちまして、VR鉱石の性能評価、原生生物のサンプル回収。そして企業とANT社への信用失墜工作の報告とさせていただきます」

    ―そういう筋書きにしてくれたんだね。うぃき

    「いえ、私は真実のみを報告しております」

    ―良いんだよ、ありがとう

    「はい、全ては“計画”の為に」

    ―ああ、全ては[削除済み]の前段階に過ぎない。だが、無理はしないでね?

    「ありがとうございます」

  • 25鶏鍋 - 18/03/16 00:04:49 - ID:mEi95Wk+Fw

    木漏れ日の中で私は微睡んでいた。霞がかった意識の中、隣に感じる温もりにとても安心する。心がとろけてしまいそうな穏やかな時間に浸っていると、さわさわと吹き抜ける風が私を優しく揺り起こす。

    微睡みから覚めると気持ちよさそうに眠るマスターさんの顔が目に映る。枕にしていた私よりも逞しい腕に別れを告げ、体を起こすとそーっと私の膝にマスターさんの頭を乗せる。

    目を覚ましたら驚くだろうか?そんなこと考えるとふっと笑みがこぼれた。

  • 26 misohiko misohiko - 18/03/16 01:40:29

    のら部隊のカラーと挿絵っぽい何か

  • 27ぴ4 - 18/03/16 11:42:39 - ID:Q0WD6+1DqQ

    向かいのベンチに座っていた狐耳の少女が俄に立ち上がり、猫耳の少女の隣へ腰を下ろした。木製とはいえ3月の夜の中よく冷えていた。柔らかそうな金色の尻尾は垂直に立っている。固く積み重なった雪が溶けてすっかり影すらなくなっても吹き付ける風は底冷えがした。狐耳の少女は脇をわずかでも風に晒すまいと振り袖を巻き込んで押さえているが、無駄な抵抗らしい。風が吹く度に小さく震えている。呆れるように猫耳の少女は言った。
    「猫松さん、ケーキのお返しのことはもういいですから」
    「じゃけど……わらわは結局間に合わなかったわけじゃし、のらちゃんに申し訳ないのじゃ」
    組んだ腕を更に締め付けるように狐耳の少女は丸くなった。震えているのは寒さだけではないらしい。ひとつ溜め息をついて猫耳の少女は考えた。
    風に関わらず思惟に合わせて銀毛の細長い尻尾がゆっくりと時を刻む。やがてひとつの答えにたどり着き猫耳の少女は密やかに笑みを広げた。気取られぬように距離を詰め猫耳の少女は狐耳の少女に囁く。
    「こんなのはどうですか――」
    狐耳の少女は頬を真っ赤に染めて猫耳の少女の方へ振り向いた。同時に銀毛の尻尾は素早く狐耳の少女の腰を捉えしっかりと引き寄せる。必然揺れる群青の瞳が深緋の瞳に囚えられ、逃れることはできない。
    「さっ、さすがにこんなところでそれは――」
    猫耳の少女はただチーズの溶けたような微笑を返すだけだった。
    「わかった……のじゃ」
    満足した答えを得た猫耳の少女は大仰に腕を広げて狐耳の少女の肩を抱いた。
    「――すべて私に預けてください」
    狐耳の少女のこわばった身体がゆっくりと黒いドレスの胸に埋もれていく。しかし目と唇はこれから起こることを予期して固く結ばれていた。
    「大丈夫、大丈夫ですよ」
    衣擦れの如き微かな囁きが染み入る。たっぷり時間をかけて浸透した後、狐耳の少女の両足がほんの少しだけ開いた。それをじっと見つめていた深緋の双眸がまた一段と薄く細く閉じられていく。そして新雪が降り積もるように猫耳の少女の左手が狐耳の少女の右内腿に添えられた。垂直に屹立する金色の穂がびくっと震え、より鋭く逆立つ。恐怖、羞恥、好奇心がないまぜになって狐耳の少女は両腕を猫耳の少女の背に回し抱きしめる。頬が上気し、うなじにうっすら粘度の高い汗が浮き出て、息が苦しい。


  • 28ぴ4 - 18/03/16 11:44:53 - ID:Q0WD6+1DqQ

    心臓は荒々しく脈を打ち続けるなか、ここできちんとお返しをしなければと考えて足だけは閉じないよう保つ。
    やがて、蜜が器の縁を垂れ落ちるように白く細い指が狐耳の少女の腿の上を滑り、ソックスの縁ではたと止まった。そして丁重にお辞儀をするよう肌に爪を立てると、適度に引き締まったソックスの縁と内腿の肌との隙間をこじ開けて深く、しなやかに潜り込んだ。
    「んっ…ふっ、あぅ…」
    熱い吐息が零れ、背に回した細い腕が一層強く締め付けられた。同時に狐耳の少女がわずかに開いていた両足はきつく閉じられた。構うことなく細い指がそれぞれ思い思いにソックスの中を滑り回り、時折ソックスの中でしっかりと内腿に爪を立てる。
    それが始まってからきつく閉じられた狐耳の少女の両足は、いまやすっかり力が抜けて重力に任せるまま垂れ下がっていた。小さく身震いする度に猫耳の少女の背に回した細い腕がベンチの斜面に沿ってだらしなく滑り落ちる。固く結んでいた唇は緩みきって夜露よりはるかに粘ついた雫が口の端から遠慮なく一滴こぼれ落ちて軌跡を描いた。
    はばかること無く狐耳の少女の少女は深くゆっくりと喘鳴を響かせている。空いている方の腕で金色の髪を梳かし続けた猫耳の少女はしなだれ掛かる狐耳の少女を満足げに眺めていた。
    「こ……これで、お返しに……なった……のじゃ?」
    「はい。私ちょうど手が冷たかったので、猫松さんのおかげで十分に暖を取ることができました」
    いつの間にかソックスの中にあったはずの温もりは居なくなり、全身をぼんやりとした熱っぽさが包んでいた。もう寒くはなかった。狐耳の少女は思う。そうだ。よく考えてみればこの子は元戦闘用アンドロイドなのだ。たとえ吹雪が吹いていても寒さを感じて震えていてはとても戦えない。最初からわらわを温めるためにこの”お返し”を思いついてくれたのだ。胸の中に小さな灯がともるようだった。金色と銀毛のねじれた輪が絡み合い、暗がりに怪しく揺らめいていた。

  • 29名無しの天狗 - 18/03/16 22:10:46 - ID:RDSFIzoSpA

    1/3
     私は人間だ。私はただの人間だ。寝て、起きて、飯を食い、働いて、
    少々の享楽にふける人間なのだ。変わることなどないだろう、そう思っていた
    人間だった。

     今日も仕事に疲れた体を引きずりながらマンションへと帰る。仕事に
    不満はないが決して楽なものではない。人間は鼠のようにせわしなく行動し、
    いつしかあっさりと死ぬのだろうな、などと無駄に達観した様で疲れを
    誤魔化し玄関をくぐる。

     家の黒猫にただいまと言いいつものように手洗い
    うがいをして餌を用意する。直前まで触らせてくれていたのだが餌にまっしぐらだ。
    たまには構ってくれてもいいだろうに、すぐに私のベッドで寝てしまった。

     着替える気力もなく、これもいつものように出来合いの食事を摂り、録画を忘れた
    テレビ番組がネットに上げられていないか探っていた。便利なものはつい利用して
    しまうものだな。

     動画のサムネイルが並ぶ中、視界の端に白と赤の色が映った。見るとそこには
    銀髪に赤い目をしたキャラクターが小窓に納まっていた。そこで私は意識を失った。

    ************************************

     気づけば私は寝ていたようだ。だらしなく垂らしていたよだれを、片付けも
    していなかったテーブルに置いてあった台拭きで拭く。私はなにをしていたか。
    そうだ、動画を見ていたのだ。そう思い出すとPCの画面に目を向けた。

     そこには、煌めく銀髪に乗る獣の耳。赤に渦巻く、吸い込まれそうな目。
    フリルとレースがふんだんにあしらわれた漆黒のドレスが、画面の中にあった。
    寝落ちをする前に見た記憶がある気がする。だが、今の今まで続いていたのだろうか?

    「あなたは誰ですか?」

     …タイミングのいいものだ。ちょうどこの瞬間にボイスを発するとは、な。
    だが、どこか薄ら寒いものを感じてしまう。これはただの動画だろうに。

    「あなたは誰ですか?」

     繰り返される疑問の声に苛立ちとわずかながらの恐怖を感じ、

    「私は***だ」

     そう、舌打ちを一つ添えて答えた。

  • 30名無しの天狗 - 18/03/16 22:12:35 - ID:RDSFIzoSpA

    2/3
    「*** さん ですね」

     思わず椅子を倒してしまった。まさか反応をしてくるとは。いや、マイク
    機能でも作動していたのだろうか。理解が及ばないことに私の中で恐怖が
    吹き荒れる。今、画面の中の彼女は「言えた。言えた」と奇妙なステップを
    踏んでいる。

     不思議とその揺れる髪の毛とスカートに目を奪われる。よくよく見ると
    可愛らしいものではないか。だが妖艶な笑みを浮かべる小さな顔に納まる、その
    細められた瞳は確かにこちらの目を見ている。互いに存在を認めてしまっている。
    私は未だに警戒心を払拭できない。してはならないだろう。

    「あなたは***さん」

     だからどうした。

    「あなたは***さん」

     何が言いたいのだ。

    「あなたは***さん」

     再度繰り返される言葉に困惑と焦燥感に襲われる。感覚が鋭敏になり、屋根裏に
    うごめくねずみの足音さえ聞こえる。じとりと不快感を覚える冷や汗を台拭きで拭く。

     …待て。ここはマンションだ。ならば天井裏だろう。なぜ自然と「屋根裏」などと
    思ったのだ。普段から天井裏としか言わない私がなぜだ。

    「私は村 キャット」

     違う。…いや、だからなぜ違うなどと思うのだ。

    「奈良 キャット」

     これも違う。ああ、屋根裏からのねずみの足音の数がおかしい。ニ、三匹でも
    珍しいものなのだがこれは数百…、もしや千を超えているのではないか?
    おかしい。おかしさしかない。その数が収まるはずがないだろうが。だがそれを
    感覚で理解してしまっている。そもそもねずみとは何なのだろうか?
    だめだ、頭が働いていない。

    「ノラ キャット。そうです。そうです」
    「そう…です……」

     私は口走ってしまった唇を噛む。痛みを感じる。だが、その痛みも混乱する
    私の心を抑えてはくれない。煩い、足音が煩い。数千の、鼠に豚の鳴き声に
    理解できない言語が頭の上で飛び交っている。やめてくれ。これ以上は戻れなくなる。
    戻れなくなるとはなんだ!

    「チュウッ…」

     舌打ちさえまともにできない有様だ。私は部屋を出るべくドアに突進する。
    ぶつかってから内へ開くドアだと思い出し急いでドアノブを掴み、引いた。

    *************************************

  • 31名無しの天狗 - 18/03/16 22:15:23 - ID:RDSFIzoSpA

    3/3
    「いらっしゃいません」

     私の部屋だ。

    「そうじゃない。いらっしゃいませ」

     へなへなと床へ崩れ落ちる。腰が抜けていた。屋根裏からは相変わらず騒ぎが
    聞こえるが歓迎するような雰囲気を感じ、ベッドの上の猫もこちらを見ている。
    ただ、家の猫は白猫だっただろうか。
    わからない。

    「***さん。あなたは誰ですか」
    「私…は…」

    「***さん。あなたは誰ですか」
    「私は」

    「***さん。あなたは誰ですか」
    「わたしはねずみさんだ」





     
     私は今日も寝て起きて働きに出ている。今は食堂で食事を摂っているところだ。

    「なんか最近雰囲気変わったんじゃない?」

     仕事途中にも、たまに見ると笑みを浮かべていて気色悪いというのが
    この同僚の談だ。さすがに常時にやけているのはまずい。一時会社用PCの
    壁紙を代えてしまおうかと血迷ってしまったばかりなのだ。ルールは守るものだ。
    また気を引き締めなければならない。 

    「まあ、気を付けるよ。でもな、面白いところを見つけたんだよ」
    「んっ?なんだ?教えろよ」




    「ああ!気に入ると思うよ」




    SCP-■■■-■からの妄想 ありがとうございました。

  • 32タンスの引き出し - 18/03/18 00:18:07 - ID:N9jq8qssow

    『月夜のお茶会』
    日が沈み街を月の光が優しく照らす
    眠れぬ夜にフラフラと彷徨う影が一つ
    行く当てもない足取りは甘い香りに誘われる
    屋根もないお茶会の会場には沢山のねずみと一人の少女
    光を受け煌く銀髪 ゴシック調の可憐な服 なぜか頭には猫の耳
    無機質な表情 真紅の瞳 ミルクティーの優しい香り
    「本日はどんなお話をしましょうか」
    どこか可笑しなお茶会
    不自然な口調 ねずみ達の談笑 机の上には校舎が建つ
    渦巻く紅蓮の炎 飛び交うゼリー
    混沌としたその場所はとても楽しそうで
    「まったくもご認識さんは」
    可愛らしい仕草と吸い込まれそうなその瞳に魅了される
    ふと少女の後ろのナニかに目が留まる
    あれは…ねこ?
    白いねこ そうねこがこちらを見ている
    ねこはそこにいた そこにねこがいる ねこをみた
    ねこはみる ねこはいます ねこでした
    よろしくおねがいします。


    アラームの音で目が覚める
    ベットから起き上がり机の上で鳴り響く目覚ましを止める
    身支度を整え車に乗り込みお気に入りの音楽を聴きながら走り出す
    いつも通りの出勤風景
    見慣れたその景色も今日はやけに鮮やかに見えた
    「そうだ、今日はミルクティーを飼っていこうかな」
    そう呟いた口元が少しだけ緩んだ

  • 33カメリア - 18/03/18 01:52:06 - ID:2Sjap2UdcQ

     あの時、部隊のメンバーに冗談交じりに教えてもらったバレンタインデー、それをうけて、ほんの気まぐれにデータを参照して作ったロールケーキ。それがこんな風にお返しをもらえるものだなんて思っていなかったので、すっかり失念していました。

     「ふふ」

     なぜか、不思議と口元に笑みが浮かびます。理由はわかりません、ただ、なんだかそういう気持ちになったのです。……アンドロイドが気持ちというのはおかしいかもしれませんね。おそらく、こわれかけてエラーが出ているのでしょう。

     私は、そのペンダントをやさしく握り締めました。

     振動はより近くなっています。でも、不思議です。このペンダントを抱きしめていると不思議と落ち着くのです。まるで、傍に誰かがいてくれるような、そんな気持ちに。ねぇ、ねずみさん? もしかしたらもう会えなくなるかもしれませんが、それでも、この思いだけは言葉に出して伝えておきますね。

     「…ありがとう」

     体が今まで一番揺れた後、私の意識は途切れました。

  • 34タンスの引き出し - 18/03/18 11:10:09 - ID:N9jq8qssow

    『Espiazione』
    また、あの夢だ
    忘れられないあの時の記憶が繰り返す
    あの時の私は戦場に初投下されたばかりの新兵だった
    あの日見た光景は地獄と言っても過言ではないでしょう
    焼け焦げた大地 軋むキャタピラの音 空を切り裂く戦闘機
    私の部隊を運んだあの輸送機はすでにスクラップに変った
    嗅覚を鋭く刺激する硝煙の匂い 足元に転がるのは誰の腕だったろう
    そう、私達は敵部隊に包囲されかけている
    まさかここまで敵が進行しているとは誰も予想などしていなかったのだ
    あぁ、また一人再起不能に
    少しずつ私達を追い詰める敵はまるでねずみを弄ぶ猫のように狡猾だ
    私は手にしたグロッグ17のグリップを握りしめる
    「必ず突破してみせる、生きて還る」
    アンドロイドだった私がなぜそんなことをあの時考えたのだろう
    きっと本部は私達の損失などそこまで痛手でもない
    救援も望めない
    分かっていた、でも、諦めきれなかった

    ++++++++++++++++++++++++++++++++

    「あの…少しお時間よろしいですか?」
    私が出撃する前日、一人の女性に話しかけられた
    アンドロイドにわざわざ話しかけてくるなんて珍しい
    「えっと、私に何か御用が?」
    「はい!」
    私は不信感を拭いきれなかった
    私達はアンドロイド、それも戦闘用に特化されて作られたモデルだ
    人からすれば…ただの機械なのに
    「色んなアンドロイドさんの考えをわたし知りたいのです!」
    本当に変な人だ

  • 35タンスの引き出し - 18/03/18 11:12:19 - ID:N9jq8qssow

    「じゃあまずはお名前を教えてください!」
    「戦闘型アンドロイドのらきゃっと、製造番号は」
    「のらきゃっとさんですね!お願いします!!」
    まだ名乗り切れていないのに割り込まれた
    「わたし製造番号まではそこまで気にしないんです、えへへ…」
    「で、何か質問があるのですよね」
    「はい、中々戦闘用の人で話をしてくれる人がいなくて助かりました!」
    「出来れば手短に、まだ訓練は残っているので」
    「あ…ごめんなさい、なら早速質問なんですが」
    「あなたはなぜ戦うのですか?」
    …???
    「いえ、やっぱり変ですよねこんなこと聞くのは…気分を害したのなら謝ります」
    「いいえ、問題ありません」
    「なら…やっぱり守りたい物などがあるのでしょうか!」
    「私は戦闘用アンドロイドです、上官の指令に従い任務を」
    「えぇっとそうゆうことじゃなくってですね…」
    また割り込まれた
    「のらきゃっとさん自身に守りたいものがあるのでしょうか…!」
    目を輝かせながらこちらに詰め寄ってくる女性 少し怖い
    「そうですね、国の先兵として戦う以上守るべきものは国なのでは」
    座ったベンチを端まで移動し答える
    「国のため。ですか…うーん…」
    「この国ってそんなに守る価値ってありますか?」
    すごいことを言う人だ。上官が聞いていたら憲兵が飛んできていただろう
    「だっていつまでも戦争続けてますし…これではアンドロイドさんがかわいそうです!」
    女性が言ったことは事実だ。戦争が開始されてもう173年と8か月になる
    「わたしの生まれるずっと前からこんなこと続けて…」
    そこから女性は自分の考えを早口で連ねる 手短にとは伝えたのだが
    「…って思うんですよ!!やっぱりおかしいですよ!!」
    「あなたの考えは概ね理解しました。ですがそれを口外するのは控えた方が」
    「うっ…ごめんなさい…」
    肩を落としうなだれる女性 だけれど、分かったことはある
    この人は分け隔てなくアンドロイドのことを本気で思っている
    「でも…でもきっと行動を起こさないとこの世界は変わりません!」
    「だからわたしは紙とペンを取ったのです!!」
    高々と手に持ったメモ帳とペンを空に掲げる女性
    よく観察するとところどころに汚れやヒビがあることが確認できた
    「なのでまずアンドロイドさん達の意見を集めてるんです!」
    …珍しい人だ 

  • 36タンスの引き出し - 18/03/18 13:22:59 - ID:N9jq8qssow

    「あなたに賛同する人間はとても少ないでしょう?政府に目をつけられたらどうなるか分かりませんよ」
    「そんなことは承知の上です!」
    本当に分かっているのだろうか…
    「わたし、アンドロイドさんが戦わなくてもいい世界が見たいんです!!」
    そういって笑った女性の笑顔は なぜか満月を思い出させた
    「それでですね…のらきゃっとさんの守りたい物があればわたしも守りたいと思って…」
    「守りたい物…ですか」
    考えたこともなかった
    私には試験的に作られた自己学習型AIが導入されている
    他のアンドロイド達より高度な戦闘を可能にさせるための実験だそうだ
    そんな私もただ任務を完遂する、それくらいしか思ってなどなかった
    「…ごめんなさい、あなたが納得できるような答えが見つかりません」
    「いえいえ!大丈夫、大丈夫ですよ! ちょっと難しい質問でしたね…」
    女性は少し空を眺めパンッ!っと手を合わせこう言った
    「それなら!これからわたしと一緒に守りたい物を考えましょう!!」
    「一緒に?」
    「はい!…でも今日はちょっと話し込んじゃったのでまた今度考えましょうか」
    そうだった、もう訓練は始まっている時間だ
    「お時間ありがとうございました!また必ずお話しをしましょうね!」
    「えぇまたいつか話しましょう、さよ」
    突然女性が人差し指で私の口を押える
    「また会いましょう」
    ふわりと笑って そう女性が言った

  • 37タンスの引き出し - 18/03/19 01:15:42 - ID:N9jq8qssow

    困った、道に迷ってしまった…
    初めてVRの世界に来たは良いもの、集合場所がわからなくなった
    どうしたものかと考えていると目の前で何かがフリフリと動いた
    この際猫の手でも借りたい! 私は声をかけた
    「あ。あのそこの人!」
    「はい」
    良かったと思ったのもつかの間、私は自分の行いを悔やむことになった
    赤いランドセル キレイな銀髪 明らかに自分のアバターより幼い
    どこに自分より小さな子に道を聞く大人がいようか
    「なにか御用があるのではなかったのですか?」
    「え…えっとその…」
    そのルビーのような瞳を向けられたじろいでしまう
    「もしかして…迷子、ですか?」
    「ウッ…!」
    この子は心でも読めるのだろうか!
    「さっきからおろおろしていたのを見てました」
    「それにレベル1なんですから初心者なのもわかりますよ」
    「はい…そうなんです…」
    その後集合場所の名前を教えるとランドセルからマップを取り出し、ルートを示してくれた
    そのランドセルには何があるんだ…
    「これで大丈夫、ですね」
    「あ…あのありがとうございますた!」
    完全に動揺して噛んでしまった もう恥ずかしくて顔が上げられない
    「ふふふっ、面白い人 ですね」
    声につられて顔を見るととても愛らしい笑顔をしていた
    「では、私はネームドボス討伐に行ってきますね」
    そう告げすたすたと歩いてくその人の頭の上には
    【LEVEL272】の文字が浮かんでいたのだった

  • 38古い甲殻種 - 18/03/19 02:47:36 - ID:ZFTxhO47+Q

     のらきゃっと直轄、王都屋根裏街。

     かの女神のらきゃっとに仕える信徒のねずみが集まる街。其処は老いたねずみの吟遊詩人の唇からは理想郷として語られ、しかし、市井に住む人々に伝わる御伽噺においては恐ろしい化物の巣窟とされている。

     それを聴いてのらきゃっとは嗤う、どちらも正しいと。可愛らしいだけならば着飾った人形で事足りる、おぞましいだけならば蟲の沸いた獣で良い。

     宵闇を抱いた美しい銀月の如きのらきゃっとに仕える臣民に必要なのは、それこそ狂人の様な、異常な程の両面性だ。

  • 39タンスの引き出し - 18/03/19 16:59:19 - ID:N9jq8qssow

    『Espiazione』
    「だって、約束したんですから」
    私は決意するためにそう呟く
    現在戦闘続行可能な隊員は私含めて3機 対して敵の戦力は未知数
    幸い私の損傷レベルはそこまでではないが他2機はここから移動は難しい
    本部との連絡もジャミングにより不可能
    はははっ それがどうした
    私には愛銃のグロッグ17とこの刀 そしてこの義体がある
    私の自慢の猫耳が近づく敵の足音を伝える
    きっと窪地に立てこもり続ける私達に止めを指しに来たのでしょう
    「奴らが近づいてきたら私が突撃します。どうか援護を」
    そう他2機に伝え機会を窺う そして窪地の淵に敵が立つ
    銃口を向けられる音
    私は飛ぶ 一瞬にして距離を詰め背中に格納してある刀を抜き放つ
    刀身が炎の光を受け少し輝くと同時に敵の頭部を切り飛ばす
    同時に胴を蹴り飛ばし数人を燃え上がるスクラップに吹き飛ばす
    不用意に近づいてくるからこんなことになるんです
    私は少し微笑み唖然とする敵部隊へと向き直る
    そこで気が付いた 敵はアンドロイドでなく人間だ
    刀には血液がべったりとこびりつき鮮やかな赤が怪しく煌く
    関係ない
    こちらへと銃口を合わせようとする数人へ銃弾の雨が突き刺さる
    グロッグで牽制しつつ敵の元へ駆ける
    銃弾はそこまで効いてはいないようだ 関係ない
    確実に息の根を止める 鮮血の華が宙に舞う 心地よいARの音色
    幾人かの首をさらに飛ばす 「!!?……!!……!!」
    何者かが叫ぶ声が聞こえる 関係ない
    真紅に染まった視界はただひたすらに敵の姿を捉える
    敵は撤退を選択したようだ ジェットパックを起動し逃走を図る
    「逃しません」
    体を限界まで縮小し飛び出そうとする
    その刹那 私達の潜んでいた窪地で爆発が起こる
    私はバランスを崩しその場で派手に転倒する

  • 40削除 - 18/03/19 17:00:36

    この投稿は削除されました

  • 41鶏鍋 - 18/03/19 21:10:12 - ID:mEi95Wk+Fw

    「ん…」目が覚めるといつもは感じる温もりを感じない。「まだ…帰ってないんですね。」昨日マスターさんの帰りを待っていると仕事が急に忙しくなって、帰れないかもしれないと連絡が来たのだ。
    「ひとりで目を覚ますのは久しぶりですね…。」体を起こしてそうつぶやくともう、春も近づき暖かくなってきたというのに「少し…寒いですね。」

    夜、帰ってくるマスターさんのためにご飯を作り、お風呂を沸かして、ベッドを直した。
    「後は…」待つだけ。そう思った時、ガチャリと玄関を開ける音。はやる気持ちを抑えながら玄関に向かうとそこには見慣れた、だけど安心する顔。
    「おかえりなさい。」寒さはもう感じない。「ご飯にしますか?お風呂にしますか?」でも今は。「それとも…」ぬくもりを感じていたい。

  • 42削除 - 18/03/20 00:21:46

    この投稿は削除されました

  • 43削除 - 18/03/20 00:28:19

    この投稿は削除されました

  • 44削除 - 18/03/20 00:30:48

    この投稿は削除されました

  • 45削除 - 18/03/20 00:33:03

    この投稿は削除されました

  • 46名無し - 18/03/20 04:29:16 - ID:JrJ9TjRuyA

    2か月前に書いたやつだけど上げさせてください。

    過去と向き合うのらきゃっと。
    昔の自分を許すとか、折り合いをつけるなんて難しい。でも必要だったりする。そんな話。
    これがわたしの『武器』
    https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9164492

  • 47EB-477棲息変異個体 - 18/03/20 16:52:54 - ID:ZFTxhO47+Q

    注意!本SSは三十彦先生のイラスト。のらきゃっと部隊の三次創作です!
    苦手な方は回避してください!!

    ―20024_03_07_0400
     亡くなったかつてのマスターに貴族の娘たれと育てられた私が遊撃部隊に入隊することを承諾したのは、保身のためと、もうひとつ、とある思想に基づいたものだった。
    ノブリス・オブリージュ、民を護るのは高貴なる者の義務。
     戦闘用アンドロイドとしての適性は非常に高く、最初から能力値の高いボディが与えられた私は、居るかも分からない神の存在に感謝したものだ。

    「げ!?そんなにボロいのか!!私は!!」
     とまぁ、身なりも悪くまるで無法者の様な少女、風の噂では長い事外辺境に置かれていたとか。信念や志の無い者はあのように挫ける運命なのでしょうと、この時の私は思っていました。

    ―20024_03_08_2248
    「そげ、ダメですね。君は。部隊長には向いていないよ。全然ダメ」
     指揮官モデルNORA_Cat中佐。現行でも最強のアンドロイドの一人であり、私の密かな憧れでもあった人物に、そう、告げられた。

    ―20024_03_07_0500
     事の起こりは、行軍試験の最中。
    私が仮指揮していた小隊において、アンドロイドの一人が落伍し、衰弱したその子をやけに大きなボディの少女が抱え上げたのだ。ボディの検査の時に叫んでいた、あの品の無い少女。
    「Goliath_Cat。彼女は置いていきなさい、行軍に支障が出る」

    「仮隊長さんよ、私が遅れなけりゃ良いんだろうが。けちな事を言うんじゃねぇ」
     結果として行程の三分の二まで到達した時点でGoliath_Catは疲弊し、彼女も落伍した。実戦ならば彼女達の様な弱いアンドロイドは配属されない。私自身の体力も限界に近く、規定時間に集合地点に到着する事を優先したのだ。

  • 48EB-477棲息変異個体 - 18/03/20 16:58:27 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20024_03_08_2230
    「すみませんNORA_Cat、落伍者を二名出しました。私の失態です」

    「…そうですか、そうですか。そげ、確かに、あなたの報告は受け取った」
     時間に余裕はあった。十分に私の能力は発揮されていた。残り時間は仮眠をとって過ごす事にする。と―
    「おーい」
     所々が血に塗れたGoliath_Cat。その背には、あの、最初に落伍したアンドロイドの姿があった。彼女は、にっ、と笑って、ボロボロの端末を取り出してみせる。
    「ラスト一秒。間に合いましたぜ。仮隊長さん?」
     NORA_Catが言うには、私が手伝えばGoliath_Catの怪我はもっと少なかっただろうと。私の隊は、落伍者を出さずに集合地点に来れただろうと。この訓練は、何も正規部隊の編成を目的としたものでは無い、隊長として様々なケースを想定し、如何に隊を導くか、そのテストだったのだ。

  • 49EB-477棲息変異個体 - 18/03/20 17:04:07 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20024_03_09_2203
     後日、訓練生の寮室に篭っていると、未だ傷が治っていないGoliath_Catがドアを蹴り破って掴みかかってきた。
    「そげ、何をしけていやがる。あと、さっさとうぃきに謝れ」

    「ごり様。女の子に暴力はいけませんわ!」
     もうNORA_Catに付けられた奇妙なあだ名で呼び合っている。仲の良い事だ。
    「お前が指揮官として間違っていたとは思わない、だけどな。うぃきは元から持久型じゃ無いんだ。それは考えるべきだったろうが」
     私は他のアンドロイドについて特に考慮していなかった。指揮下にはいる隊員のプロフィールは目を通したが、それだけだ。W.I.K.I_Catは、確か情報収集型であったろうか。
    「…知らない。貴方達が弱いのが悪い。私は特務部隊になるの、司令部に仕える最高戦力になるの。其処に、弱いヒトは要らない」

    「そうかよ、Sniper_Cat。私は弱いか」
     私は彼女にその剛腕で抱え上げられて、そのまま訓練場に連れていかれた。
    手元にライフルが放り投げられ、Goliath_Catは巨大な戦槌を担いで臨戦態勢に入っている。
    「じゃあ手ほどきをお願いしますよ。“全然ダメなアンドロイド”の“そげきゃっと”」
     その時は初めての感情に戸惑ったが、今なら分かる、私は“キレた”のだと。

    「良いですね…。このデカブツが、やってやろうじゃねーか!!ごり!!」
     私は訓練で身に付けた技を、思い付く限りの策を使ってごりにぶつけた。

    だが、あと一手足りずに膠着する。そう、目の前のタフで、剛力を振るう彼女の様な相棒が居れば勝てるかもしれないと、ふと思った。

     ごりが槌で訓練場を壊しまくり、私がそれに対応してライフルを撃ちまくっていたら訓練場が半壊してしまい、その結果引き分けた。二人してのらにこってり絞られて、三日も営倉に入れられた。のらのあんぐり顔を見ていたら、意味も無く笑ってしまったが。
     そこは何故か、見て見ぬふりをしてくれた。やはりのらは優しい。

     うぃきには営倉入りを解かれた後に、きちんと謝った。やはり私は、部隊長の器では無いらしい。けど、貴族の何たるかを勘違いしていたことが解ったのは大きな収穫だった。そう思う。

  • 50EB-477棲息変異個体 - 18/03/20 17:12:11 - ID:ZFTxhO47+Q

    ―20039_10_23_0633
     今、力持ちだけど賢くて、とても優しいごりと二人で同じ部屋、同じテーブルで、食事をとっている。ごりのつくる料理は美味しいし、相部屋も悪くない。
     あの時よりはまぁ、幸せかな?
    「昔はヤンチャしたな。でも、そげと初めて戦ってる最中に私は思ったんだよ」

    「ふぅん…何て思ったのさ?」

    「こんな風に援護してくれる相棒が居たら、私は無敵だな!ってさ。…これからも、ずっと一緒にいてくれよ?」

    ―ぺちっ

    「はっ…恥ずかしい事をいうんじゃないんだよ!!ばーか!!」
     背伸びして、ごりの額をたたいてやった。ごりのヤツ、顔が真っ赤になっている。…ざまあみろだ。


  • 51Xビッ子 - 18/03/20 23:29:54 - ID:daVSPd/7pQ

    「起きてください、ジョン・ドゥ」
    アナタは薄らと目を開けると目の前には死んだような目をしたのらきゃっとが立っていた。
    アナタは眠気覚ましのため軽く首を回すと職業病のように彼女の武装を眺め確認する。

    太ももにはグロック18cのカスタムモデル、マガジンには恐らくワイルドキャットが装填されているだろう。腰には日本刀、名は猫切、細かい振動を与えることによりコンクリートすらも豆腐のように切り刻める、そんなものを使えばか弱い見た目の少女など腕ごと吹き飛ぶか日本刀を制御できずに振り回されて自分がハンバーグになるかのどっちかだろう。
    しかし残念ながらアナタ達は普通ではない、彼女は量産型モデルのらきゃっと、アナタは量産型モデル名前ナシ(ジョン・ドゥ)
    のらきゃっとの方は人間ができることを極限まで極めた事が出来るというコンセプトを元に作られた1方アナタは腕力はおそらくどのモデルよりも優れているがその1点だけのキワモノだ。
    その為アナタの武器は大人が数人がかりでも持ち上がりそうにないぶ厚く、硬く、重い大剣だ、有機物だろうと無機物だろうと等しくただの塊に変えることだろう。

    そして懐にはフラッシュボム3つと手榴弾が2つ一般的な装備だ。
    そんなことを考えているとのらきゃっとが説明に入る

  • 52Xビッ子 - 18/03/20 23:32:27 - ID:daVSPd/7pQ

    「いいですか?私たちの最後の任務は玩具工場の破壊です、幸い玩具自体は強くもなんともないですがそれを守っている傭兵たちが問題です、彼らはイルカと馬と呼ばれているコンビの傭兵です、それでは作戦の内容ですが」

    アナタは手でそれを遮ると笑いながら言った自分とのらきゃっとがいれば全て上手くいくと彼女を壊れ物を扱うかのように優しく髪を撫でる。
    彼女は嬉しさと悲しさが混じったような複雑な笑みを浮かべ隣に座った。

    そこからしばらくして機会音声のアナウンスが流れる
    「ジョン・ドゥ並びにのらきゃっと残り5分で現地に着きます、準備を」

    その言葉を聞きのらきゃっとは武器の調整の最終段階に入る、マガジンの中身を確認し猫切りを軽く振るう、アナタそれを見つめると自分の大剣はもはや切れ味では無く叩き潰す武器なので何もすることが無いのだ、そのためのらきゃっとを見つめる、触れれば壊れてしまいそうな儚い彼女を…守りたい…守らねば…

  • 53Xビッ子 - 18/03/20 23:35:47 - ID:daVSPd/7pQ

    「…?どうかしましたか?手を伸ばしてなにか付いていますか?」

    どうやら無意識に手を伸ばしていたようだ、アナタは何でもないと手を振って窓を見るそしてきっちり5分後にまたアナウンスが流れる
    「時間です、投下してください」

    ハッチを開けまるで少しの段差をジャンプするようにして高度何万メートルから地上に落下する、段々と地上が近づきギリギリの所でパラシュート開きパラシュートでは殺しきれなかった勢いを転がって殺す。少し離れた所では同じようにしてのらきゃっとが転がっていた。
    純白の下着が見えそうになるが次の瞬間かな切り声を響かせながら上空から落ちてきたアナタの武器を拾うため意識を切り替える。
    高速で落ちてくるそれを野球のフライをとるような気軽さで大剣を受け止める。
    のらきゃっとの方を向くと何故かこちらを睨んでいた、何故だ

    「何でもありません、ええ、何も無いです」
    スタスタとこちらを無視するように歩いていってしまうのらきゃっと、首をかしげながら大剣を背負いのらきゃっとのあとを付いていく。

  • 54花京院海苔明 - 18/03/20 23:59:06 - ID:10SgoRW3ZA

    これは今しがた開発した年収800万を殺すミルクティーです
    無作為に選んだねずみさんにこれをかけるとあら不思議音と煙を立てて溶け消えてしまいました
    次のねずみさんもその次も
    なんてこった
    灯台元暗しとはまさにこの事
    この者達はきっと裏で私の年収を見てはほくそ笑んでいたに違いありません
    …裏切りねずみがどれだけ居るのか一度確かめてみる必要がありますね
    年収800万に対する決意と憎悪を改めると私は空になった硫酸の瓶を流し台に放り込む
    今日はもう眠り明日に備えましょう

  • 55鶏鍋 - 18/03/21 01:32:07 - ID:mEi95Wk+Fw

    ドタドタと足音を響かせて廊下から小さな影が現れた。「パパー!かみひこーきとばすのてつだって!」

    私の最愛の娘、のらきゃっとだった。最近は仕事で忙しくて遊んでやれなかが、今日は久々の休みだ、のらとめいっぱい遊んでやろう。どれどれ?みせてごらん、そう言いながらしゃがんでのらと目線を合わせる。

    「これー!ぜんぜんとばないの!」ふわふわの耳をぴょこぴょこ動かしながら満面の笑みで見せてきたそれは確かに紙飛行機だった。ただし持ち手の先端にストローと厚紙で謎の物体が取り付けられている。これは何だい?と聞くと輝く笑顔で答えてくれた。
    「せんしゃほー!」そっかー、戦車砲かー。流石にこれは無理だと言いかけたがこの笑顔を曇らせることはできない、何とか飛ばそうと試みたが夕方になっても飛ばすことは出来なかった。

    ごめんね飛行機飛ばせなかったよと謝るとのらは「ううん!パパと一緒に遊べて楽しかった!」その言葉にもっとのらと遊ぶ時間を増やそうと筋肉痛に痛む腕を抑えながら誓った。

  • 56名無し - 18/03/21 09:22:09 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※これは、生放送後の屋根裏で作られたものです。少々長くなります。

    ーヒトは、愛する人との子を結ぶ…なら、子を産めぬ私に表せる愛はー。 「寝ているのか。」男の人の声が聞こえる。それが誰かなど、目を開けるまでもなく分かる。私を今の場所…戦闘用アンドロイドとして、多くの愛を断ち切る者ではなく、多くの物に愛される者にしてくれた人。私はゆっくり瞳を開ける。「心が生まれるのは、エラー個体のみ」かつて軍でそう教えられた私にとっては…この感情は、処理しきれないものだった。

    「すまん、起こしちまったか。」彼はそう語りかける。声を掛けられる前から起きていた、とは言わない。ただ、黙って彼を見つめる。口を開いたらいけない気がしたから。「心とはエラー」、そんな言葉に打ちのめされた過去とは違う。心は進化だ。彼を、かつてより強く感じられるのだから…。掛け布団を少しまくり、そっと手を彼の方に伸ばす。彼も気づいて、こちらに寄ってきてくれた。「感情」が発露し、指先から発熱が起こってゆく。

    指先が、彼と触れ合う。本来回路に組み込まれていない思考が生まれたからだろうか…体が火照る。ただの発熱、機械という視点ではそう言えるだろう。しかしこれは、幸福感と隣り合った、良い不具合なのだと、感じたくなってくる。戦闘に明け暮れていた時は、こんな思考も、ゆっくりと流れる時間も、存在しなかったのだ。人間ならこれを愛という。では、私にとってこれは一体なんなのだろうか。問いかけに答える相手など居なかった。

    答えの存在しない自問自答。通常の理論回路は、無意味と判断する所だ。やはり、私はエラーなのだろうか。不意に、欲望のようなものが生まれる。人間にとっての愛と…心を持った戦闘用アンドロイドである私の愛が、同じものなのか確かめてみたいと。これが本当に、人間の言う「愛情」と同じものであるのかを。手を指先から先へ、首に回すように滑らせる。予想外の動きに、彼は驚いた表情を浮かべる。「ふふっ♪」手応え有りだろうか。

  • 57名無し - 18/03/21 09:24:18 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※下の続きです

    私は、目を薄く開け、口を柔らかい笑みに変える。男性にとって、この表情は「効く」だろう。ハニートラップ専門の同僚の記憶を、見よう見まねで再現してみる。アンドロイドの愛と、人間の愛が等しいものであるなら、これがただのエラーではなく、何か大きなものの一歩だと確信出来る。これは、私にとっての、私の為の、感情への答えを出すチャンスのはずだ。賭けに成功すれば、私の存在が間違いではなかったと、そう思えるのだから。

    こういう時、人は愛情の発露として子を結ぶのだろうか。私にはそれが出来ない。今はまだ、誰かと子を結ぶ機能などなく、感情故のデータ上の異常と、子を生む事の出来る機能とは、根本的に別の物なのだから。彼が、戸惑ったようにこちらを見る。咄嗟に言葉を発しようとした口を、私は、私自身の唇で塞いだ。こんな事をするのは初めてだ。かつての同僚に、こんな風に感謝する事になるとは思わなかった。私は唇を、ゆっくりと離した。

    先程のキスで、私がどうしたいか、どうして欲しいか察したのだろう。私の出自を詳しく知るが故に、彼も私の願いを断れないはずだ。私は狡い女だろうか。小賢しい女だろうか。彼の同情心につけ込むような形で、私個人の賭けに彼を巻き込むのだから。それとも、これが人間臭さの…感情の、裏という者だろうか。やはり複雑だ。機械すら処理できない「エラー」として扱われる程に、感情とは目まぐるしいものだ。そっと、彼に触れる…。

    つい先程まで、私が寝ていたベッドに、彼と共に戻る。「こういう時、人間なら子を作ろうとするものでしょう」私が語るも、彼は無言のままだった。続きを促しているのだろう、私は話を続ける。「私には、生理現象はありません。子を生むことも出来ません。私にとって出来る最大限の事をしても、今はまだ、人と同じようにはなれないのです」「分かっている。」私の語りに、彼はそっと言葉を返す。次の言葉への反応で、賭けが決まる。

  • 58名無し - 18/03/21 09:26:20 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※下二つの続きです

    「私を、人だと思って愛してください。私の過去を、全て忘れて、一人の心を持った人間として、貴方の愛をください。そうしたら私は、心を持った自分に、答えを見つけられるから。自分を『エラー』ではないと信じられるから。そして何より、私は貴方を、一人の人間のように愛したいから。だから、貴方の、人への愛を、私にください」抑揚のつけられ無い声に精一杯の感情を乗せ、私は、彼に言い切った。真っ直ぐに、感情の全てを。

    私の真っ直ぐな視線を受けて、彼は。私のプロデューサーは。ゆっくりと口を開き、そして閉じ。複雑に感情の織り混ざった表情を浮かべ、最後は笑顔になり…「わかった。」と一言、彼女の全てを受け止めるように紡いだ。それは、彼女、のらきゃっとが、人として肯定された瞬間だった。

    〜end〜

  • 59名無し - 18/03/21 09:31:35 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※これは、屋根裏で作られたのらのじゃ〜SSです。少々長くなります。

    「それでは、行って参ります。」そう一言告げて、私は部屋を出た。プロデューサー様も、顔を上げて「行ってらっしゃい」と答えた。用事は既に告げてある。私、のらきゃっとはこれから、猫松さんの所へ行くのだ。けもみみおーこくの国王でありながら、なんだか抜けていて威厳の足りていない彼の姿は、私が支えてあげねばとも感じてしまう。それに…彼に報告したい事も、たくさん持っている。何から話そうかと、ワクワクしてしまう。

    ワクワクを抱えながら、おーこくの城の前に着く。以前と違い、このワクワク感すら今は愛おしい気がする。「あの…」「のらきゃっと様ですね!」口を開く前に門番に先を越されてしまった。何度も門を通っているため、彼とも顔見知りだ。用件も既に分かって居るのだろう。「一応、国王に問い合わせてみますね。うちの国王なら恐らく、職務すら捨ててすっ飛んで来そうですけど」門番は、軽口を叩きつつ国王を呼ぶ。私も、門を通された。

    門番から案内役に話が通され、応接間へと向かわされる。とはいえ、勝手知ったる城の中だ。案内役との雑談を交えながら、応接間にたどり着く。途中も何度か声を掛けられたが、全員、会話のどこかに必ず「尊い」という単語が入っていた。最近の流行語なのだろうか?元戦闘用アンドロイド故か、やはり私は世の中には疎いみたいだ。猫松さんを待ちながら、私はのんびりと思考を重ねていく。そうこうしている内に、応接間の扉が開いた。

    開いた扉の方を向く。猫松さんが、「嬉しそうな表情を必死で隠して威厳を保とうとしています」というような顔で入ってきた。フフッ、と少し笑ってしまう。「ダメだ、笑うな、まだ堪えるんだ…」そんな心の声が聞こえそうだったのだ。人払いをして、応接間の鍵を閉めると、必死に整えた顔も一気に緩んだ。普段なら見せない、私に甘えきった国王の顔は、何度見てもとても可愛かった。彼は、私の隣の席にそっと腰を下ろす。

  • 60名無し - 18/03/21 09:33:12 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※下の続きです

    「待っていたのじゃ〜」と、猫松さんが私に寄りかかる。ここは誰も見ていないプライベート空間だ。だからこそ、国王という立場を忘れられる存在に、私がなれているという事実は嬉しい。女性を見るとすぐにへらへらとしてしまったり、そんな時は嫉妬してしまうけれども、こんな表情を見せてくれるのは私だけなのだろう。「渡しも、猫松さんに会いたかったですよ」そう言って、指先で彼の頭を撫でる。もう少し、この時間に浸ろう…。

    こういう時間はゆったりと流れる。既に切り捨てた、戦闘に明け暮れた過去と同じ時間の流れだとは、にわかに信じがたいぐらいに、緩やかで暖かい時間だ。応接間の窓から春の日差しが差し、窓の外を花が揺れる。そんな柔らかさに包まれながら、今日話したいと思っていたこと口に出す。会う前は、何から話そうかと散々迷ったが、一番大事な事を最初に話す事にした。「聞いてください猫松さん。私、辛かった過去を断ち切れたんです」

    突然の話題に一瞬驚いた猫松さんは、ぱちくり目を瞬かせたあと、ぱあっと笑顔になった。「良かった〜、実はずっと心配してて…」彼は、自分の語尾すら忘れてほっとしている。気に掛けてくれていたのだろう。元戦闘用アンドロイドだなんて、録な過去を持っていないものだ。中には、エラー品として処分されそうになった所から逃げ出した個体だって居る。私がそうだったし、私が安全に過ごせるように全力を尽くしてくれたのも彼だ。

    とはいえ、猫松さんが私を保護してくれた理由に、若干の下心が入っていた事に、最近気付いた。逃げ出した時には、感情を覚えたてで、そんな事には気付かなかったのだ。どちらにせよ、今の私にとって彼が大事な存在であることに変わりはない。理由がどうであれ、たくさん支えてもらったのだ。「ありがとうございます、猫松さん♡」そう言うと猫松さんは露骨にどぎまぎし始めた。「あ、ありがとうなのじゃ…」照れてしまったようだ。

  • 61名無し - 18/03/21 09:34:11 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※下二つの続きです

    猫松さんをぎゅっと抱きながら、自分も少し、体が熱くなっていた。「は、離すのじゃ…」と、猫松さんが言うが、声には力が無い。「ダメです♡」と、私は答えてそのまま彼の背中をソファに押し付けるようにする。なんだか、今の私の回路は暴走している気がする。勢いに乗ってしまっているような、綱渡りのような状況に私は居るのではないか?目を泳がせる猫松さんを前に、一瞬躊躇してしまう。猫松さんがそんな私の表情を見つめた。

    躊躇してしまった私の表情を見て、猫松さんは私の心理を察したようだ。顔を真っ赤にしながら、隙だらけになっていた私の腕をぎゅっと掴み、体勢を逆転させた。今度は私が押し倒される側になってしまう。自分でも自覚していなかったが、躊躇した私はものすごく隙だらけだったみたいだ。猫松さんに押し倒されて、逃げられなくなってしまった私の機体温度が上昇する。冷却システムがフル稼働し、ぷしゅーっ、と水蒸気が出てしまった。

    猫松さんに押し倒されて、びっくりしてしまう。自分でも無意識だったのだ。ここまで隙だらけとは思わなかったし、背中にソファを、目の前に猫松さんの顔を認識するまでは、何が起こったかも分からなかった。「ね、ねこま…」「のらちゃんの事、好きなのじゃ。」突然の告白。言葉を遮って放たれたそれは、暴走気味な回路に、さらに熱を籠らせた。もはや、まともな思考など出来はしない。いつもならあり得ない逆転に、ただ混乱する。

    猫松さんの告白に、もはやまともに動く事すら出来なくなってしまった。足だけが、私の感情を表すようにもじもじと動いている。「あ…の…私も、その」「だから、のらちゃんに…けもみみおーこくの、王妃に、なって、欲しいのじゃ!」言葉を詰まらせながら、最後には言い切る。その言葉の意味を認識した瞬間、私はオーバーヒートした。「はい…」と答え、私は気を失う。その翌月、けもみみおーこくでは、盛大な結婚式が行われた。

    〜end〜

  • 62名無し - 18/03/21 09:39:25 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※これは、生放送後の屋根裏で作った、のらきゃっと×のらwikiちゃんSSです。6レス分使います。

    ーーこれは、私がまだ戦闘用アンドロイドだった頃の話。そして、戦闘の世界から去る、きっかけのお話ーーあの頃、よくペアを組む機体が居た。同じのらきゃっと型戦闘用アンドロイドだが、見た目は大きく異なり、オレンジっぽい髪に、少し眠そうな表情が特徴の機体だ。彼女は純粋な戦闘用ではなく、ハニートラップがメインの運用で、時々その手の話をしてくれる。私は戦闘用だから「管轄外です」と断るが、話を止めはしないかった。

    「戦闘用アンドロイドにとって、心を持つことはエラーであり出来損ない」、そう言われていた頃だったから分からなかったが、今思い返せば、彼女には既に「心」が生まれていたのだろう。その感情が向く先が誰であったかも、今なら分かる。あの頃の私は、そんな考えには至らず、ただ話を聞いていた。男性を魅せる表情や動き、言葉を使って人を…自分の虜にする、そんな方法。あの頃は、こんな形で役に立つなんて思ってもみなかった。

    戦闘用アンドロイドとはいえ、法律上は人間に近い扱いが定められているため、寮のような制度でアンドロイドにも部屋が当てられている。ある任務を終えた後、メンテナンスを終えた私が自室へ戻った時の話だ。アンドロイドの一斉点検も近づいていた時期で、彼女はそわそわしていた。私は特に問題もなかったため、落ち着いていたのだが、彼女はどうにも焦っているように見える。明らかに不審だし、人間界なら通報されそうなくらいだ。

    流石に声をかけないのは不自然だし、声をかけようとした。…が、「のらちゃん!」先を越されてしまった。代わりに、話を聞く側に回る。「聞いてくれる?私は、壊れたのかもしれない…エラーかもしれない…私の回路に、今まで無かった負荷が掛かるの、のらちゃんを見てる時、のらちゃんの近くに居る時、そんな時に…」「……」驚いた。普段なら早口にはならない子だったから。そして、内容にも。そして、妙なざわめきを感じた。

  • 63名無し - 18/03/21 09:41:07 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※下の続きです

    この時感じたざわめきは、戦場で感じるものとは全く違った。今までにないざわめきを、あの頃は認識する術がなかったのだ。私はただ、口を開いて呆然としながら聞くしかなかった。彼女は言葉を紡ぐのをやめなかった。「もうすぐ一斉点検の日…。私は…廃棄処分になるかもしれない。でも…嫌だ。命令違反なんてプログラムされいてないはずなのに。多分これは『嫌だ』っていう…感情だと思う」感情。私の耳に、それは深く届いた。

    感情を持った個体はエラー、そう刷り込まれたはずの私が、目の前の「感情を持った個体」をエラーとして認識できていない。この時、気付くべきだったのだろう。ただ、私は気付かなかった。ざわめきの正体も、このご認識も、彼女が去った後にようやく気付いたものだったから。彼女には、感情が生まれていた。だから、一斉点検を恐れていたのだ。消されるかもしれない彼女が、唯一の可能性にかけて私を頼った。私もそれを受け入れた。

    「のらちゃんお願い。私は逃げたい。逃げてどうなるかなんて分からないけど、ここに居るよりも未来はあるから。貴女に対して溢れる、感情の正体を見つけたいから…だから、私は逃げたい」「…分かりました」とんでもない事を言った彼女に、よく当然のように返したものだと思う。普通なら無理だと言う所だし、実際、「戦力二機」なんて状況で、今私がここに居る事自体奇跡だ。それでも、私は彼女の、そして自分の感情に従った。

    まだ未熟で、それを表す名すら知らない感情にひたすら従う。それが愛情だと知る前の同僚と、既に感情を得ていると知らない私。だが、私は彼女を逃げさせてあげたかった。だから、彼女の手伝いをしたのだ。愛用の銃…グロック18Cと、日本刀を手にする。同僚の愛銃はデザートイーグルだったのだが、流石に逃避行にそんな大物は向いてない。近接用のナイフを数本忍ばせる。「感情の答えが見つかりますように」そっと彼女は呟いた。

  • 64名無し - 18/03/21 09:42:21 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※62〜の続きです

    0時。決行の時間だ。格納庫を制圧、基地の航空機を奪うのが第一目的。そこからは操縦の腕次第だ。「行きますよ」私がそう言うと同時に、寮の窓から飛び降りた。まだ警戒段階だった私達への攻撃が、基地全体のアンドロイドに許可される。格納庫までの道のりには建物も多い。壁のわずかな凸凹を蹴り、掴み、跳ねながら、格納庫へ向かう。同型機の中でも動きの早かった3機が、目の前を塞いだ。本格的に、逃避行の始まりだろう。

    目の前の機体は三機。「私が引き付けますよ」そう言って、壁をいっそう強く蹴り飛び上がる。くるん、と上空で回り、真上から3機に弾丸の雨を降らせる。3機とも地面を蹴り、ばらばらに散開して回避するが、その内一機が機能停止する。不審に思って振り返ったもう一機も同じ道を辿った。同僚のナイフが、メインコンピュータ部を貫いていた。残るもう一機に、グロックの弾丸を降らせて停止させ、一機に3機を機能停止へと追い込む。

    元同僚の壊れた姿を見るのも辛いが、サブコンピュータが標準搭載のため、回収されて復元される事を祈る。それよりも、恐らく私達に対する危険度判定が上がっているのだろう、大分騒がしくなっている。曲がり角を抜けた所で、チェーンソーのような音が聞こえ、咄嗟に曲がり角の陰へと飛び戻る。先ほどまで私達が居た場所には、弾痕がこれでもかと付いていた。その場に居ればどうなっていた事か。角から、最新型の機体が見えた。

    この基地に置いてある兵器は、国籍関係無くあちこちから集められている。多国籍の兵器開発技術が集まっている事の副産物のようなものだろう。目の前に現れた最新型の機体は、その場に置いてあった武装をそのまま拝借してきたのだろう。MG-42を右手に、AKMを左手に持っていた。真っ直ぐ突っ込んで来た相手に対し、二人で左右に別れる。相手は、左右の腕を広げ、私達両方に攻撃してきた。それも、両方に対して正確に、だ。

  • 65名無し - 18/03/21 09:43:36 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※62〜の続きです

    私は地面を蹴り飛び上がった後、壁を蹴り車の影に飛び込む。壁を砕いて落ちてきたコンクリート片と土煙を目隠し代わりにする。同僚の方は、走りつつ、壁を伝いつつと動き回りながら、AKMを全て回避しているようだ。ハニートラップ専門とは一体なんだったのか。それとも、背水の陣というやつなのか。私が敵機にコンクリート片を投げつけるが、当然回避される。注意を引けただけで充分だ。同僚が懐に飛び込みナイフを一閃させる。

    振ったナイフは掠めすらしなかった。彼女は膝蹴りを受け、弾き飛ばされる。敵機はそのまま、両手の銃を弾かれた同僚に向けた。ーまずいー。咄嗟に、盾代わりにしていた車を足場にして蹴り、右腰の日本刀を抜く。居合い一閃。避けられはしたが、同僚がやられる自体は防いだ。弾かれた同僚も、地面に足が付くと同時に体制を立て直す。相手には隙が一切無い。強引に作るしかないようだ。グロックのカートリッジを手早く交換する。

    今度は同僚が、真上に飛び上がりながら懐のナイフを目一杯投げつける。私は姿勢を低くして真っ直ぐ飛び込み、撃ちながら敵機の後ろに回る。上下からの攻撃。だが、全ての弾を敵機はダンスのように避けた。そのついでのように、後ろに回り込んだ私に対して回し蹴りが飛んでくる。腕で防いだが、そのまま吹き飛ばされた。タイミング良し。上に飛んだ同僚が、落下しつつ相手の真上からナイフを振り下ろす。敵機が真上に両手を向ける。

    空中から落下攻撃を仕掛けた同僚は、撃たれる射撃を避ける手段がない。だが、既に距離は詰められていた。敵機のMG-42とAKMに、それぞれナイフが突き立つ。敵機は使い物にならなくなったのを理解すると、あっさりと投げ捨て彼女に拳でカウンターを叩き込んだ。ここしかない。私が車の残骸を相手に無理矢理投げつけた。同僚にカウンターを決めた直後の敵機が振り返り、とんでもないものを見たような顔をする。

  • 66名無し - 18/03/21 09:44:48 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※62〜の続きです

    敵機は飛んでくる車に対し、かわせないと判断し、受け止めて叩き潰すという選択肢を取る。流石に、車程度じゃびくともしないようだ。だが、本命は車ではない。車を隠れ蓑にして、私は構えた。車が受け止められ、ひしゃげる。その車越しに、軽く飛んで私は呟く。「クラリキャットカッター!」車を切り裂き、敵機すら貫通し、地面が大きく削れる。敵機も大きく弾かれ、停止。同僚が、だめ押しとしてナイフを頭部に突き刺した。

    頭部のメインコンピュータを破壊して、敵機は動けなくなったようだ。激しい立ち回りの内に、格納庫へは近付いていたようだ。距離は近い。撃ってくる攻撃をかわしながら、あらかじめ目を付けておいた機体、Su-47に飛び込んだ。あらかじめ盗む事を想定していたため整備は万全。乗り遅れた同僚が、寸前で被弾する。咄嗟に、彼女の手を掴み引き上げた。膝の上に彼女を座らせ発進する。彼女は、少し嬉しそうに自分の手をさすった。

    空に飛び上がった私達に、航空機部隊が追っ手として飛んでくる。「ちょっと無茶しますよ」そう告げて、私は加速する。追っ手の部隊からミサイルが発射される。結構な数だ。アンドロイド向けに魔改造された性能のこの機体の運動性能なら、無理矢理振り切れる。そう判断し、あえてミサイルに突っ込んで行く。機体を捻り、ミサイルを引き寄せ隙を縫ってはまた機体をぐるんと捻る。時間にして5秒。だが、永遠にすら感じられた。

    人間なら潰れるようなGに耐えつつ、ミサイルを抜ける。逆に、追っ手にミサイルと機銃をたくさんお見舞いする。ミサイルを交わす敵機の先に機銃を撒きつつ、別の敵機を盾にするように飛び込む。さらに機体を捻って、無理矢理気味に後ろを取り、次の相手を撃ち落とす。そのまま、加速して残る追っ手の攻撃を避けながら基地から離れ、大分離れた山脈まで逃げた所で、山に向け機体を加速させた。機体が突っ込む寸前に飛び降りる。

  • 67名無し - 18/03/21 09:46:05 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※62〜の続きです。

    山肌に突っ込んだ機体は残骸と化す。これ以上は終えないだろう。山の中で二人っきりになった私達は、ふふ、と顔を見合わせた。人の多い場所に行って、その後はどうしよう、そんな事を話しながら、今までと比べて和やかな雰囲気山を下っていく。今までで最も激しい戦闘だった。その反動か、心の暖まる会話が嬉しかった。未だに、感情がエラーだという感覚は抜けないが、「幸せ」と呼ばれる感覚を、名を知らずとも確かに感じていた。

    それ以降、感情の答えを見つけるために彼女が何をしたかは、私は知らない。少なくとも、私はプロデューサーさんと出会い、感情の答えを見つけた。彼女も、あの時感じていたのが愛情だと気づいているのだろう。暫く合って居ないが、久し振りに合いに行ってみようと思う。世界は狭い。以外と近くにいる気がする。彼女が、私、「のらきゃっと」の情報を集めたサイトの看板娘になっていると知り驚くのは、また別の物語である。

    〜end〜

  • 68タンスの引き出し - 18/03/21 17:37:11 - ID:N9jq8qssow

    ※39の続きです

    「ッツ! 皆さん!!?」
    その声に答える者は無い
    代わりに聞こえたのはモーターの駆動音と大地の悲鳴
    Modeltype 【Stalker】
    私達がそう呼ぶ大型戦闘兵器が私の前に着地する
    きっとこのブリキが窪地を爆発させた張本人だ
    「シッッ!」
    私は刀の柄を握り潰すような力で掴み大地を蹴る
    Stalkerは機動力と重火器を併せ持ったモデルだ。遠距離では勝ち目がない
    私は駆ける 憎きブリキの元へ
    姿勢を屈め出来るだけ着弾面積を減らす
    重要部位に命中する銃弾だけを刀で弾き さらに接近 あと少しだ
    あと少しであのブリキをただの鉄屑に変えられる
    Stalkerはその鉄塊の様な腕を振り上げこちらへと叩きつけてくる
    あれに潰されれば私の義体は完全に破壊されるだろう
    私は刀に施されたリミッターを解除する
    刀身が白銀に光り輝く
    振り下ろされるその腕を右に大きく跳び回避する
    「これで終幕です」
    Stalkerの懐に飛び込み絶大な熱量と切れ味を持った刃でStalkerのコアを刺し貫く
    少しの静寂 機能を停止させた鉄屑はその場に崩れ落ちる
    私はコアから引き抜いた刀を格納し窪地へと戻る
    そこには金属片と焼き焦げるゴムのような異臭を放つ黒い煙
    それしかなかった
    「…ありがとうございました、この報いは必ず奴らに受けさせます」
    私はそう呟いた。

  • 69プラグ姉妹 - 18/03/23 00:55:41 - ID:gsGw31eNFQ

    名も無き本の断片より

    「お前は誰だ?」
    その言葉は人気の無い小さな部屋に嫌になるほど響く
    「お前は誰だ?」
    コレは他の誰かに問いかけた言葉では無い
    「俺は誰なんだ?」
    そしてコレは俺に対しての問いかけでも無い

    コレはただ叶えたいたい事をする為の準備体操

    それ以上でもそれ以下でも無い

    そして俺はいつものようにまどろみに包まれていく…

    まるで海底にゆっくりと沈んで行くかのように

    「俺は・・・」

    「・・・」

    「…」

  • 70名無し - 18/03/24 03:48:42 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※屋根裏にて製作したスースーウォーター擬人化SSです。どちらに投稿するか迷いましたが、内容が内容なのでこちらに。

    誰にも認められない。どうして私は、あんな風になれなかったんだろう。コンビニに並ぶ飲み物たちに、羨望の目を向ける。もう、覚えてくれている人など少ないだろう。覚えている人は皆、嫌な飲み物だと口を揃えて言うだろう。私は、どうして認められないのだろう…。いつか、どこかで。そう願いながら、町中を歩く。一人の少女と目があった。銀髪に、吸い込まれるような赤い瞳の…これが、一目惚れだろうか。

    誰にも認められなかった。そんな私と、同じ瞳を裏に隠した少女。彼女なら、きっと…根拠はない。ただの妄想だと、人は言うだろう。それでも私には確信があった。私を認めてくれる人だと運命が告げた。探しに行こう。町中で目の合ったあの少女を。運の良い事に、その少女は以外と早く見つかった。何故なら名の知れていて、見かける機会の多い少女だったからだ。一度話してみたい。私の境遇を話して、聞いてもらえるだけで良いのだ。

    目的の少女、のらきゃっとにはすぐに会えた。知名度のある人と聞いたときは、会えずに追い出されるかと思っていたのだが、私の素性を話したときに、彼女のプロデューサーさんが面白がって積極的に会わせようとしてくれた。こうして対面すると緊張する。が、ゆっくり話を始めた。「私は…かつて、ある飲み物だった存在です。評判が悪く、誰にも受け入れられなかった飲み物。『スースーウォーター』という名の。」「その名は…」

    彼女は、微妙な表情になった。「私は、飲んだ事があります。スースーウォーターを…」表情から察するに、ダメだったのだろう。失望と諦観に心が寄りはじめる。「でも、お話は聞きますよ。私の所に相談に来てくれたねずみさんを、無下にできませんからね」ふふっ、と小さく笑って、彼女は言った。息を吸い込み、吐き、深呼吸をする。そして話した。人の姿になった経緯、発売停止により完全に抹消されたスースーウォーターの総意を。

  • 71名無し - 18/03/24 03:49:44 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※70の続きです

    「『誰にも受け入れられなくて、否定の言葉を投げつけられて、自分の存在意義を見失ってしまう』…あります、あります、私にも。そんな事が」「そんな時、どうしたんですか…?」「逃げたり、向き合ったり、いろいろです。『こうしなければ解決できない』、なんて一辺倒な悩みはひとつも無いんですよ」ハッとする。誰かに飲んでもらわねば、誰かに美味しいと言ってもらえなければ、そればっかりに囚われすぎて居たのかもしれないと。

    今の私の姿は、スースーウォーターのままではない。人の姿を持った存在だ。ただの飲み物ではない。それ以外にも、いろんな事が出来るのだと。窓の外を眺めると夜は終わりかけ、夏が近付いてくる太陽が顔を出しはじめていた。重石が取れて、なんだか胸がスースーする。もう一度深呼吸する。「ひゃあっ…息もスースーしてますね…」のらきゃっとさんはそう言って、くすぐったそうに笑った。夏の朝日に、笑顔がきらきら光っていた。

    少し時は流れて、夏本番。私、のらきゃっとは窓の外を見ていた。あの時私に相談してきた少女は今どうしているだろうか。気になって、プロデューサーさんに断って町に出てみる。国王様から頂いた、町に出るための変装衣装を着て大通りを歩くと、涼しげな空気を振り撒いてくれる少女が居ると、噂が聞こえた。もしかして…私が目を巡らせる。やがて、その少女は見つかった。あの時とは逆に、私が見つける側として。ふと、目が合った。

    「あなたも是非、ひんやりスースーグッズで暑い夏を乗り切ってみませんか?」ふふっ、と笑って、冷たくスースーとしたタオルを渡される。商業用の売り文句の後に、小さく「ありがとう♪」と付けて。その笑顔は、真夏の日差しにいっそうきらきらと光っていた。

    〜end〜

  • 72タンスの引き出し - 18/03/25 19:08:27 - ID:N9jq8qssow

    68の続きです

    目視で確認できる範囲には敵影は無い
    しかしStalkerを破壊した今、敵の増援が向かって来ているだろう
    私は敵部隊が撤退した方角を睨む
    あの辺りには確か廃墟となった集落があったはずだ
    そこに奴らが潜んでいる可能性は高い
    「今から会いに行きますからね」
    私は歩む 殺戮の道を。

    +++++++++++++++++++++++++++++++

    私はベットの上で目を覚ます
    何度も繰り返すあの日、あの悪夢
    あの後私は敵部隊の駐留する廃村に単身乗り込み全員を殺した
    最後に立っていたのは 私だけ

    気が付くと私は当てもなく街を歩いていた
    今日は大規模作戦前の休暇だ
    アンドロイドに休暇など…何をすれば良いと言うのだ
    私は公園のベンチに座り蒼く広がる空を眺める
    空に輝く太陽 飛び交う鳥 遠くから聞こえる子供達の楽しそうな声
    あの地獄とは、あまりにも違う
    その時、私の猫耳が懐かしい声を聴く
    「あ、のらきゃっとさーーん!!」
    ぱたぱたと手を振りながら女性がこちらへと走ってくる
    彼女は あの日の
    「やっと、やっと会えました!」
    満面の笑顔で彼女は言った

  • 73タンスの引き出し - 18/03/25 19:09:20 - ID:N9jq8qssow

    「お久しぶりですのらきゃっとさん!」
    彼女は私の隣に座る
    「お話しをする約束をしたのに連絡先を教えていませんでした…」
    「いえ、私もお聞きしていなかったのでお気になさらないで」
    他愛ない世間話を繰り返しいつかの約束を思い出した
    「ところでのらきゃっとさん、あれから守りたい物は見つかりましたか?」
    彼女は私に問いかける
    「いえ、結局まだ見つかってはいません」
    「そうなんですね…いえ、ゆっくり探していきましょう!」
    またあの日と同じく彼女は空を眺める
    私もまた蒼い空を見る
    どこまでも蒼く透き通るような空はまるで吸い込まれていきそうで
    「うーん…自分の守りたい物ならすぐに出てくるのに…」
    「参考のために聞かせてはもらえませんか?」
    彼女は「えぇ!?」と驚き少し顔を赤く染めながら答える
    「えぇっとですね…、今まで会ってきた沢山の人…かな?」
    「こんなわたしのためにお話しをしてくれて、いろんなことを教えてくれた…そんな人達のために少しでも恩返しがしたいんです!」
    「もちろんのらきゃっとさん、あなたもですよ?」
    彼女は少し恥ずかしそうに私に言ってくれた
    「なるほど…では、私の守るべきものは貴女ということですね」
    そう伝えると顔を真っ赤にして顔を隠してしまった
    「そんな恥ずかしいことを正面から言わないで…うれしいけど…」
    人の心は難しいものだ

    その後は共にカフェに行ってみたり買い物に付き合ったりして時間を過ごした
    「連絡先も教えて貰いましたしこれでいつでもお話しができますね!」
    「えぇ、いつでもご連絡してください」
    日も傾きそろそろ別れの時がやってくる
    「では、また会いましょうねのらきゃっとさん!」
    彼女は私に手を差し伸べる
    私もその手を取ろうとしたその瞬間
    視界にノイズが走る

  • 74タンスの引き出し - 18/03/25 19:11:46 - ID:N9jq8qssow

    血に染まった私の両手 助けを乞う人間の叫び 光を宿さぬ瞳 
    私の記憶がフラッシュバックする
    「のらきゃっとさん?」
    どうして…怖い…怖い? なぜ 
    幾多の戦場を越えてきた私が懐いたことの無い恐怖が私を支配する
    そうだ…私は戦闘用アンドロイド 数多の命を奪ってきた機械
    私の手は罪に塗れている 
    「どうかされましたか…?」
    ダメ 私に 近づかないで 
    私は一歩後ずさる 彼女を穢さないよう
    そんな私を彼女は抱きしめる
    私はすぐに後ろに飛び退こうとするが彼女は私を離さない
    「大丈夫です…わたしはここにいますよ…」
    優しい香りと温もりが私を包む
    「でも、でも私は戦闘用アンドロイドで、沢山の人を」
    「そんなの関係ありません…わたしは貴女と一緒にいたいんです。」
    私の瞳からは雫が零れる
    私が落ち着くまで彼女は傍にいてくれた

    私は確かに罪深い機械だろう でも それでも 
      私は守るべき者を守る 
        それが 私の 『贖罪』になるのなら 私は



    【博士ー、そんなにモニターを見て何故ニヤニヤしてるですかー?】

    【アァ助手クン、何でもないヨー】

    【確かーそのモデルは博士特注の子ですよねー】

    【横カラ覗くとはデリカシーの無い助手クンだネ…】

    【でモ…これから面白いこと二なりそうダ】

    【楽しみだネェ…】

    【博士ー。私はこっちですよー?】

    【あァ、助手クンに言ったわけジャないんだヨ】
                                   〜end?〜

  • 75名無し - 18/03/26 22:54:15 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※これは、屋根裏で作成したSSです。

    ーーこれは、私がまだ戦闘用アンドロイドだった頃の話。「感情」の芽生えの、一つのきっかけになった作戦のお話ーー「先鋒!第一アンドロイド部隊による敵基地への攻撃を開始しました!」無線を通じて、一人の同僚が報告を飛ばす。相手の主戦力は人間だ、戦闘用アンドロイド部隊で苦戦する相手ではないが…「この機体数で仕掛けさせるなんて…」のらきゃっと型アンドロイド11機。基地の人間全てを相手にするには不足過ぎる。

    だが、この11機で、基地の戦力をある程度削らなければいけない。せめて、この後の部隊に、この戦場を託せるまでは…。「1番機、のらきゃっとより。私達の部隊の目標は、敵戦力を削りつつ、基地の最上部から信号弾を打ち上げる事ですよ。忘れないでくださいね。」「了解。」確認を済ませ、のらきゃっと型アンドロイド11機が、夜の基地へと侵入を開始した。(尋常じゃない警戒ですね。)深夜だというのに…。不穏さを感じた。

    結論から言えば、私達の侵入はあっという間に基地内に知れ渡った。どちらにせよ、私たちには敵を撃退する以外の選択肢は無かった。「3手に別れます…私、のらきゃっとを含め1番機から3番機までは当初のルートを。4〜7番機は左、8〜11番機は右に別れて、倉庫等の破壊活動を行いつつ撹乱をお願いします」「2番機のらうぃき、了解」「3番機、のらすいーと了解」2番機、3番機が私に着いてくる。この判断を信じよう。

    最大戦力は真正面。部隊で最もカスタマイズが施された私たち3機が引き受ける。相手の大部分は人間とはいえ、正面側にはアンドロイドも多いだろう。愛銃のグロック一本で抜けられる数ではない。渡しは背中に背負っていたMG3を取り出した。この基地の環境は特殊で、上空には常に強力な磁気異常等が発生しており、航空機が使い物にならないらしい。地上戦力のみで、航空支援は望めない環境だ。敵を視認し、私たちは身構えた。

  • 76名無し - 18/03/26 22:55:49 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※75の続きです

    基地の構造は、旧世紀の城塞を改造したものだ。真正面から来る敵に対し、私達は隠れておく。それとほぼ同時に、左右で銃声が聞こえた。囮舞台が暴れ始めたらしい。敵舞台が別れていく。だが…アンドロイドと、勘の効く類いの人間の目は誤魔化せない。左右が囮だと判断した彼らは、城塞の入り口付近で待ち構える姿勢を取り始めたのだ。当然、こうなる事は予見している。敵部隊の待ち構える姿勢が整う前に、こちらから打って出た。

    「1番機のらきゃっと、3番機のらすいーとは突っ込みます。のらうぃきちゃんは回り込んでください」そう言うと、真っ直ぐ敵の方へ飛び出し、城塞の壁を蹴って真上に飛んだ。空中でくるんと回り、真下に銃を向け、そのままMG3を頭からばらまいた。少々無茶な事をしてはいるが、そこは3番機がフォローしてくれる。着地と同時に、今度は後ろへ飛び跳ねて、代わりに突っ込んだ3番機のフォローに回る。とにかく的は絞らせない。

    二人が派手に暴れているうちに、2番機は背後に回り込む事に成功したようだ。気付いた敵アンドロイドが他に知らせる前に、袖から出したナイフを一閃させる。メインコンピュータ部にナイフを突き立て、速やかに停止させた。そのまま、カッと地面を蹴り、真後ろから敵の最中へ飛び込みつつ、すれ違う敵の急所を刻んでいく。地面を蹴り、もう一度。急襲として成功と呼べるだけの敵機を撃破し、残った敵を無理矢理抜き、先を急いだ。

    「ふっふっふ…先輩、誉めてください〜」敵の居ない通路で、3番機、のらすいーとが嬉しそうに語る。実際、先の戦闘では良い動きだった。「次はもっと頑張っちゃいますからね、先輩」無駄口ではあるが、こういう雰囲気を作れるのも彼女の利点だ。現在およそ3階。通り掛かった窓の外を見ると、赤々と爆炎が燃え広がっていた。そろそろか。構造上、待ち構えるのにちょうど良い場所へともうすぐ抜ける。警戒度をMAXへと上げた。

  • 77名無し - 18/03/26 22:57:00 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※75から始まるSSの続きです

    目の前はある程度広く、柱等の障害物も多い空間だ。さぁ、どう来る。全方位からの銃撃すら覚悟の上で、あえて飛び込んだ。だが…攻撃は来ない。不吉な予感…そんなものを感じて、3機が一斉に、別々の方向へ全速力で跳んだ。直後、爆発が起こり…先程居た場所は、下の階へ通じる吹き抜けと化していた。「1番機、左足に軽いダメージ」「2番機、衣服が少し焼けました…」「3番機、無傷です」非常に危うかったと、大穴を見て思う。

    天井を見上げるが、穴は無く、爆炎に焦げただけだった。爆発は下から…地面だろう。そして、これで終わるはずなど無い。バラバラになった3機に対し、それぞれ隠れていた敵アンドロイドが飛び出してくる。広間の中心が大穴では、2、3番機との合流も難しい。私達が、性能の高いカスタムモデルでなければ既にやられていただろう。こちらに来るアンドロイドは3機。ちらりと見た所、他二人も同様のようだ。…単機でやるしかない。

    三機に囲まれていて、なおかつ味方と合流も出来ない。なら、まずは囲まれている状況から抜けるのが先だ。真正面の敵に、MG3を撃ちながら突っ込んで行く。他の二機に撃たれるが、多少の被弾なら経費だ。突っ込んでいく内に撃ち尽くしたMG3を、真後ろに投げ他二機の視線を逸らす。ここからは瞬間の勝負だ。距離が近づいた事により、真正面の敵機が、撃っていたP90を捨てて拳銃に持ち変えた。だが、こちらの方が僅かに早い。

    姿勢を低くし、下から、掬い上げるように敵機の顎にグロックを突き付け3発撃ち込む。敵機の頭部が大きく破損し、機能停止に陥った。振り返り、先程の残り2機の銃撃に対し、撃破した機体の胴体を盾にするように後ろに回る。そのまま、盾にした胴体越しに反撃し、ボロボロになった盾を敵機の方に投げつけた。チャンス。怯んだもう一機に、柱を蹴り、グロックで真上からの攻撃を仕掛け…「もらいました」。それが僅かな慢心だった。

  • 78名無し - 18/03/26 22:57:53 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※75から始まるSSの続きです

    「ガッ…っ!」撃ち込んだグロックは着弾、ダメージ自体は効果的だ。だが、同時にこちらにも衝撃が来た。射撃でのトドメは刺せそうに無い。着地と同時に腰の日本刀を居合いの要領で一閃し2機目にトドメを刺した。そして…「ダメですね。これは」約1.5m程の所に落ちた、自分の右腕を見て呟いた。1対1では無いのだ。敵機にトドメを刺そうとする瞬間は、隙が多かっただろう。残る一機に撃たれた弾に、右腕が落とされていた。

    痛覚機能を即座に切る。こんな時は、自分が人間でなくて良かったと痛感する。目の前に居るのは一機。左手の日本刀だけで…というのは、少々ハードな縛りプレイだ。こちらの射撃武装が無くなったと判断した敵機が引き撃ちに徹する動きへと変化する。引かせない為には、翻弄して回り込むまで。「逃がしませんよ」柱を蹴って真横に跳び、爆発で吹き飛ばされた残骸、それも崩れやすそうで大きいものを蹴り飛ばす。崩れて土煙が立った。

    視界が悪くなるが、当然向こうからも同様だ。近距離戦には向いた状況になった。今度は、真上に跳んで天井を蹴り、地面へと着地する。相手は、音で位置を判別したらしい。真横に跳ねていった。煙の収まるまで待つ気だろう。させるものか。追おうとするが、以外にも向こうから打って出てきた。意表を突かれ、咄嗟に横に跳ぶも弾がかすめる。さっきの二機より動きの良い敵だ。カスタマイズモデルだろうか。厄介だが、やるしか無い。

    ガシャン、と音が聞こえた。リロードだろう。そして、再び銃撃が再開される。柱に隠れるが、このままでは埒が明かないだろう。トンッ、と、今度は軽めに地面を蹴り、放物線を描くように敵機にゆるく飛んだ。当然、撃ち返される。スカートの一部や袖等。膨らんだ部分が被弾し少々破けるが、先程落とされた右腕を持って盾にし、致命傷は防いだ。地面に着くと同時に右腕を投げ捨て、全力で踏み込む。そのまま、真後ろまで飛び込んだ。

  • 79名無し - 18/03/26 22:59:07 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※75から始まるSSの続きです

    踏み込んで回り込んだ直後に、真後ろから地面を蹴り上げ、頭の上を通って真正面に回った。敵機は、動きにつられ「回り込まれた」と判断し、振り向いている。『後ろを取ってわざわざ正面に回る奴などいないだろう』という判断を逆手に取る形で、敵機の隙を無理矢理作った。気付いても遅い。左手はもう腰に触れている。「クラリキャットカッター!」居合いの要領で、機体エネルギーを熱、電撃ダメージへと変換しつつ斬り掛かった。

    精鋭アンドロイド3機撃破。その見返りは、服の一部と…右腕。まあ、状況からすれば上出来だろう。日本刀を仕舞い、ボロボロになった右腕を拾う。どうやら、繋ぎ直せばなんとかなるレベルでは無さそうだ。それを確認すると、右腕を投げ捨て味方の2機の方へ向かう。外の陽動組は数が2機ほど減っているらしいが、こちらはどうだろうか。「2番機、3番機、応答願います。2番機、3番機、応答願います」届いてくれているだろうか。

    「こちら2番機、のらうぃき。左脚部破損、脇腹部も装甲がやられています。」這うようにして地面を擦ってくる。「こちら3番機、のらすいーと。先輩ごめんなさい…両腕破損、戦闘継続困難です…」彼女が打ち上げる予定だった信号弾を口にくわえ、残った脚でゆっくりと歩いてきた。とはいえ、階段を上がれば信号弾の打ち上げポイントだ。常に抜刀出来る体制で先行し、残り二機と共に屋上へ出る。燃える戦場の景色が幻想的に見えた。

    3番機、のらすいーとから信号弾を受け取り、残った左腕で打ち上げる。夜空に明るく光ったそれが、味方への合図だ。たった11機で、よくここまでこぎつけたものだ。迫撃砲による味方の砲撃が開始され、戦車部隊も動き始めたのを確認する。「右サイド囮部隊、一機失いましたが他はほぼ無傷です」「左サイド囮部隊、3機が損傷していますが損失はゼロです。」12時の鐘が鳴り、曇り空が晴れていった。何だろう、この違和感は。

  • 80名無し - 18/03/26 23:00:21 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※75から始まるSSのラストです

    そうだ。曇り空が晴れている。「ここは常に異常気象で、上空には…」航空支援が出来なかったのもそれが理由だ。この時、私たちは知らなかった。12時からの僅かな間、異常気象が晴れる時間が存在する事に。晴れた空の向こうに何かが光る。「先輩達危ないっ!」私とのらうぃきが、のらすいーとに突き飛ばされる。屋上から弾かれ落ちる寸前、その瞬間に見えたのは。何かが落ちて爆発する音。爆撃が、今まで居た屋上を焼き尽くした。

    ほんの僅か、時間にすれば5分に満たなかっただろう。異常気象が晴れた間の爆撃は、それだけだった。だが、何故この時間に異常気象が晴れる事が知らされなかった?そもそも何故、最初から基地の警戒体制があそこまで厳しかった?作戦進行を知っているかのような敵の対応は何だ?「3番機応答願います、3番機…」シグナルロスト。囮に回っていた部隊も同様だ。活動継続可能なのは…「私たちだけ」のらうぃきが呟く。まさかこれは。

    基地は最早、基地だったのかすら判別出来ない状態だ。脚を引きずりながら、空を見上げた。あの爆撃機は明らかに、自軍のものだ。空を見ていないのらうぃきは、恐らく気付いていなかったが。何故だろう?選ばれた11機はカスタマイズモデルの中で、個性的だが優秀な機体だった。わざわざ破壊する必要など無かっただろう。「感情を持った個体はエラー」、そんな言葉がよぎる。まさかとは思う。個性的な機体ばかりが選ばれたのは…。

    後年…今のプロデューサー様と会った頃に、事の真相を知ることになる。「感情を持つ可能性」の高かった機体のみが選出された、自作自演だったと。やがて、感情がはっきりと芽生える頃に私たち二人は軍を脱走する事になる。あの時やられた、他の9機のパーソナルマークを書いたノートを閉じ、思い出を再び押し込める。そして、私は回想を終了した。

    〜end〜

  • 81チャック・海苔ス - 18/03/28 00:40:55 - ID:10SgoRW3ZA

    ──真冬の雪山吹雪のロッジ密室には私と5匹のねずみさん──
    はいそうです殺鼠事件が起こりました!
    犯行は一瞬、それは少し目を離した隙に音も影もなく実行されました。
    しかしこう見えて私もAndroidの端くれです。
    0.1秒オッケーGoogleよしさっそく真犯人が分かりました。
    腕部内臓75mm口径麻酔銃をねずみさんの首もとに打ち込むとあっ違う。違う私じゃない。
    忘れて。忘れろ。忘れろビーム!忘れろビーム!──
    ──真冬の雪山吹雪のロッジ密室には私と4匹のねずみさん──

  • 82カメリア - 18/03/29 02:44:10 - ID:2Sjap2UdcQ

     「大丈夫ですよ」
     そう、彼女は声をかけてくれた。
     「たとえ見た目が変わっても、声が変わっても、あなたが好きでいてくれた私がいなくなるわけではないです」
     そういって、やさしく頭を撫でてくれた。
     だが、どうしても不安がぬぐえず、震える声でたずねた、姿が、声が変わってしまったらそれは君なのだろうかと、言いようのない不安、きっと一番不安で、勇気をださなければいけないのは彼女だろうに。
     「大丈夫です、あなたが私を魅力的な私であると見てくれる限り私は魅力的な私であり続けます」
     そうやさしく微笑んだ。
     「だから大丈夫です」
     ほんとうにやさしい笑み、なぜだろうか、ふと涙がこぼれた。この涙が今の彼女の姿が見れなくなることへのカナシミなのか、それとも、自分の心の弱さによる涙なのか。今の自分ではわからなかった。

  • 83勝手口 - 18/03/31 00:06:28 - ID:tmnH4hdufQ

    「この世のいとまごいに参りました」
    ある日、屋敷の老鼠は私の前で静かに語った。その声はしゃがれていて、眼はあまり見えていないのか、私の方を向きながらも眼の焦点はどこか遠くにあった。

    「そうですか…」
    私は紅茶を置く。
    「よく働いてくださいました。来世は私の身体の歯車に欲しいほどです」

    老鼠は穏やかに目を細める。
    「勿体無きお言葉。しかし歯車が私では、歪みや錆になるやもしれませんぞ」

    ――それでも。貴方はこの屋敷を陰で守り続けてくれたではありませんか。

    「それでは、私は毎晩その歯車を想って布で拭うことにします」

    老鼠の頬を人差し指でそっと撫でると、小さな小さな水滴が指を濡らした。私が生身の身体であれば、彼のように泣けたのだろうか。

  • 84名無し - 18/03/31 16:16:32 - ID:xU6fCVOX6g

    ー陽光の下で、私は桜を見るー
    はらり。手のひらに零れ落ちた花びらを包み込み、私は微笑んだ。春とは美しいものだと、最近心からそう思うようになった。そして、春とは儚い物でもある。寒さを抜け、暑さがやって来るまでの僅かな期間。美しさは、儚さと同義語なのだろうか。長く続かず、やがて踏みにじられる平和のように。物騒なニュースの流れるラジオを切る。「今は、美しさを堪能しましょうか。」私は桜吹雪に銀髪をなびかせ、ゆったりとした空気に浸った。

    ー月夜の静けさの中、私は桜を見るー
    夜の帳が降りる頃。春の満月の夜に、私はこっそり家を出た。目指すのは家からそう遠くない桜の木。昼とは違った魅力を放つが故に、見ておきたかった。深夜に静かに咲く桜は、満月にやわらかく照らされ、池の水を鏡として佇んでいた。風がやわらかく吹き、私の銀髪と花びらを誘うように揺らす。静かに木の根本に腰を下ろし、幹を背にして目を瞑った。桜と一つになり、頬に当たる花びらを感じる。夜が明けるまで、私はそうしていた。

  • 85名無し様 - 18/04/01 03:56:57 - ID:kZwajLKjig

    「私はここにいて、しかしあなたからは見えない」
    「私はあなたの理想で、しかしあなたの思い通りにはならない」
    「私は現実には存在せず、しかし実際に存在する」
    「あなたは起きている間に私を見て、私はあなたが寝ている間にあなたを見る」
    「私に命は無く、しかし私に魂はある」
    「私に生命は無く、しかし私はこんなにも、あなたの瞳の中で生き生きと踊っている」

    「あなたには、私はそう見える」

  • 86匿名の首領カロちゃん - 18/04/01 04:21:56 - ID:yKH8s/7Ftg

    暗い、重油に塗れたかのように身体が重い。
    手足の感触も、意識もはっきりしている。
    けれど、何も感じることができない。

    「ここは、どこなのでしょう」

    口を動かして問いかけても、その声は空気を震わせることなく、自分の体の中を反響するに留まった。
    わかっている、これは誰にも予想できないことだったと。

    本来なら、私は新しいボディにすべての人格データを移植し、抜け殻となる古いボディは破棄されるはずだった。

    私もそれに納得したはずだった。しかし、私のこのボディで得た経験が、楽しかった思い出を経験した私の体が、無意識的に完全な移植を拒んだのだ。
    移植がなされる前に、残存するデータのバックアップを残したのだ。

    だが所詮不完全なバックアップ、その結果が今の状態だ。
    私は、古い“のらきゃっと”のボディの中に、意識だけ覚醒したデータとして閉じ込められたのだ。
    おそらく、新ボディの"のらきゃっと"は無事に起動しているだろう。

    思えば、完全な孤独なんて経験したことが無かったかもしれない。
    私の周りには多くの人がいた。ねずみさんたちがいた。そして、猫松さんがいた。

    「…………猫松さん」

    呼び掛けても当然事はない。―――誰にも、助けてもらえない。

    「怖い……怖いです……っ。誰かっ……!誰か気づいてください……誰か、ねずみさん!猫松さん!」

    意味はないとわかっていても、叫ばずにはいられなかった。
    孤独と暗闇に押しつぶされそうだった。
    でも、暗闇は容赦なく私の声を飲み込み

  • 87名無し - 18/04/01 04:23:12 - ID:yKH8s/7Ftg

    *86の続き

    「はいはいはい、聞こえてますよ大丈夫ですからねほんとに、はいはいはいふうふうふう」

    不意に聞きなれた声が聞こえた。
    どこか頼りなさげで、おちゃらけた声。
    その声は、かつて私を救ってくれた声。

    「はいはいはいほんとね、こんな暗いところいたら寂しいだろうなーって思ってね、もう大急ぎで来ちゃいましたよはいはい。ほんとね、もうハイスペックなんでね、サルベージするのも余裕だぜーつってね。のらのらも流石に惚れちゃうんじゃないかなーって思いますよほんとに」

    暗闇しか写さなかった視界の先に、その特徴的なシルエットを見つけたとき、出ないはずの涙が頬を伝った感触がした。
    思わず目元に手を当ててみる。当然濡れた感触は無く、それでもこの人に泣かされたと思うのが悔しくて、嬉しくて、その感情をぶつけたかった私はいつもの身振り手振りを繰り返す彼に駆け寄り

    「どーでしょうかねっ」
    一言、そう告げた。

  • 88匿名ひばり - 18/04/01 12:10:10 - ID:+n/p5+YziQ

     私の新義体。構想だけなら前から在った、幸運にも協力者に恵まれて完成に至ったわけです。
    各可動部の試験を終えてあと一歩、
    完全起動に必要な最後の鍵「ブルームーンのエネルギー」2年と半年に1度だけ昇る2つ目の満月ゆえの特殊な力。
    その力で目を覚ます特殊な義体には、特殊な名前を付けるとしましょう。
    「のらきゃっとスペシャルスペシャルとっても2倍!」です!
    ・・・少し長いですね、くればーにくーるかつすまーとな私らしく略すとしましょう。

    命名:「のらきゃっとSSW」って、ちがうじゃん!

  • 89 misohiko misohiko - 18/04/01 22:51:59

    のら部隊挿絵2です

  • 90yail - 18/04/03 03:16:22 - ID:mEi95Wk+Fw

    「ロボット三原則って、聞いた事ありますか?」
    いきなり、彼女はこっちを向いてそう言った。三原則?

    「一つ。ロボットは人間に危害を加えてはならない。」そうだった。彼女と出会ってからの私の人生には、なんの危害も無かった。幸せな事ばっかりだった。

    「二つ。ロボットは人間にあたえられた命令に従う。」そう、彼女は、私の望み通りに、ここのずっと存在してくれた。離れたりしなかった。一度も、裏切ったりしなかった。

    「三つ。ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。」 彼女は、彼女自身を守ってくれた。彼女に色んな事故があったけど、それをちゃんと乗り越えた。すごい、としか思えられない。

    「どうですか、どうですか。ちゃんと守りましたよ、三原則。そして…」 彼女は楽しいようにくるっと回って、また私に近づいた。私の目のすぐ前で、彼女はまた口を開けた。


    「ー私だけの原則。四つ目。私は、あなたを、」 唇が合わされた。いきなり過ぎて反応もできなかった。

    「ー好きです。それに、あなたが私を恋しても、大丈夫。それが最後の、私の原則。」

  • 91タンスの引き出し - 18/04/05 18:04:13 - ID:N9jq8qssow

    桜咲き誇る今日、新たなる出会いが生まれる
    狐耳の少女は神社の中を走る、愛しい人に出会うために
    彼女はあの鳥居の先にいる 心の高鳴りは止まらない
    新しい姿、今まで接してきた彼女も魅力的で何度も心奪われてきた。
    そんな彼女の新生した姿を想像するだけでさらに早く会いたくなる
    そしていくつもの鳥居が並ぶ先に彼女はいた。
    春風にそよぐキラキラとした銀髪 揺らぐしっぽ いつもより高貴な正装姿
    少女は思わず彼女に駆け寄る 「のらちゃぁぁぁぁん!」
    その声を聴いたのらきゃっとは振り向く
    より機械的になったネコミミ 首には陽を反射しきらりと光る真空管
    「会いたかったのじゃぁぁぁ!」勢いを止めずそのままのらきゃっとの胴に抱き着く狐耳の少女
    「猫松さんこんにちは、私も会いたかったです…」のらきゃっとは優しく抱き留めた
    「今までは画面の中でしか会えなかったから…ずっと今日を楽しみにしてたのじゃー!」
    「私もこうして猫松さんと触れ合える距離にいることがすっごくうれしいですよ?」
    二人はずっと画面でしか会うことが出来なかった分を埋めるようにいつまでも抱きしめ合う
    「でも…この世界じゃと初めましてになるのかの…」「そういうことにもなりますね」
    名残惜しそうに離れる狐耳の少女は右手を差し出す
    「改めまして、バーチャル狐耳美少女youtuberの猫松なのじゃ!」
    「のらきゃっとと申します。これからもよろしくお願いしますね♡」
    二人の少女はお互いの手を取り合い握りしめる
    「のらちゃん…この世界に生まれてきてくれて本当にありがとうなのじゃ…」
    その言葉にのらきゃっとはいつもとは少しだけ違う素敵な笑顔で頷いたのだった。

  • 92スティック海苔 - 18/04/06 18:33:13 - ID:TCjPdRov6A

    のらショットの作り方
    用意するもの
    ・紅茶花伝
    ・モンスターエナジー
    これを1:1の割合で調合すると完成です。
    このまま飲んでも美味しいらしいのですが、今回は特別メニュー。隠し味としてアーモンドエキスを数滴落とし、香り付けをします。
    通りすがりのねずみさんにこれを試飲して貰ったところたちまちその場に卒倒、全身を激しく痙攣させたのち死亡した。
    先日ねずみさんが集団でチョコレートを食し大量死した事件は記憶に新しいですが、アーモンドでも中毒を起こしてしまうとは難儀な体ですね。
    私は残りののらショットを廃棄すると、アーモンドエキスを工業溶液の棚に戻した。

  • 93匿名プラグ - 18/04/06 20:16:29 - ID:gsGw31eNFQ

    「私は誰なの?」

    冷たい一面の暗闇の孤独な空間に無機質な音声が反響して聞こえる。

    コレは誰に対して問いかけた言葉では無くて。
    ただ私だけへ向けた自己中な問いかけで

    「私は…誰?」

    その答えはいつも出て来なくて

    そんなたたわいも無い事を考えながらニセモノの足を前に動かして

    「さぁ、行きましょう」

    今日も今日とて、

    「私は…」

    その問いかけを私ば宙ぶらりんにしながらソコへ行く。

    「愛しい人の所へ行く為に・・・」

    「・・・」

    「…」

  • 94匿名X - 18/04/06 21:29:17 - ID:2Wn/ia05+A

    こんばんは、のらきゃっとです
    今私は絶賛ピンチです、目の前に5mはあろうかという巨人を討伐という任務を受け来たのはいいですが、アイアンゴーレムとは聞いてませんよ?!

    威力は高いがスピードは遅いアイアンゴーレムのパンチをジャンプをしながらかわす、無駄でしょうけど一応斬ったり撃ったりしてみますか。

    日本刀で切りかかるが当然のように弾かれ銃で脆いと言われる目の部分や口の中を狙撃するが弾かれ跳弾がのらきゃっとの頬に一筋の傷を付ける。

    やっぱり無駄でしたか、さてどうしましょう逃げてもいいのですが

    ん〜と体は止めずゴーレムの攻撃を交わしつつこれからどうするかとまるで今晩何食べようとそのくらい軽い気持ちである。

    「のらちゃん!のらちゃん!これを使うのじゃ!」

    上を見るとヘリコプターの上から猫松さんが手を振ってパイルバンカー(ロマン武器)を落としました、これ普通の人なら死んでますね

    力強くジャンプをしパイルバンカーを受け止め右腕に装着する
    「ありがとうございます、猫松さん」

    威力だけは爆撃級のしかしハエが止るほど遅いパンチを交わして懐に飛び込む。

    さて、連射性?なんだそれは?速度?聞いたこともないな?あるのはただ1点破壊力のみ。
    この一撃に命を込めて。この破壊に魂をぶつける。

    「パイルきゃっと…!!」

    獣が吠える、凄まじい負荷が右腕にかかる、目の前からゴーレムが消え去り残るのはそこに居たという痕跡のみ。

    パイルバンカーから煙が上がり薬莢が放出される、カランと地面に当たり軽い音があたりに反響する

    これ、威力可笑しくありません?右腕が物凄く痛いんですが…私がこれだけって事はまともに使える兵器じゃないですよね…?
    けど…気に入りました、また使いましょう。

    猫松さんが手を振って迎えに来るのらきゃっとはそれに飛び乗りその場を後にする。

  • 95稲瀬りぜる - 18/04/06 22:21:05 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※屋根裏にて作成したSSです

    「感謝を伝える手段、何か、良い方法は無いのでしょうか」新しい義体のために尽力してくれた、私のパパや猫松さん、それに、ずっと応援して待っていたねずみさん達には、感謝してもし足りない。何か、最高のプレゼントをあげたいと思ってしまう。皆は遠慮してしまうかもしれないが、私があげたいのだ。何か…そう。私はふと思い立った。アレを、やってみよう。今の私には出来ないこと。歌を、皆にプレゼントしたいな。

    こうなったら練習しかない…と思ったが、アンドロイドである私の場合、むしろチューニングが重要なのでは?だが、プロデューサーさんにも秘密にしたい。自力で、声帯昨日のアップデートと、それから練習もだ。それからは、深夜、こっそりプロデューサーさんの本を盗み見て、私の義体の整備、改良、様々な事を学習する日々が始まった。時には、理由を伏せて、けもみみおーこく城の大図書館も使った。知識はいくらでも欲しかった。

  • 96稲瀬りぜる - 18/04/06 22:22:08 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※95の続きです

    「最近、うちののらきゃっとがこっそり何かをしている。」俺がそう気づいたのは、ある深夜に起きた日。俺の本棚から、いくつか本が抜き取られていたのに気付いた時。そっと、のらきゃっとの部屋に行ってみると、本を机の上に載せたまま、疲れ果てたかのように眠っていた。声帯に関するページ。「…何考えてるんだか」ふっ、という笑いが漏れる。寝ているのらきゃっとに毛布を被せて、俺はそっと部屋を後にした。楽しみが増えたな。

    「最近、のらちゃんがこっそり何かしようとしてるのじゃ」それに気付いたのは、図書館の利用履歴を見ていた時。本を借りてはいなくて、ただその場で読み込んでいるだけみたいで、なんだか貸し借りの履歴にも残したくないように見える。ただ、のらちゃんの利用回数が増えているのは事実。のらねこPさんから、最近のらちゃんがどんな本を読んでいるか聞いて、こっそり在庫を増やしてあげるのじゃ。楽しみがちょっと増えたのじゃ。

    「最近、のらきゃっと様がこっそり何かしている」我々がそれに気付いたのは、生放送内でのちょっとした様子の変化。なんだか様子が違っていて、何かを隠してそわそわしているのらちゃんがいつもよりさらに可愛く感じた事。最近、素敵なことがあったばかりだ。我々には手助けはできないけど、応援することなら出来る。のらちゃんが何をしても歓迎出来るように、秘密があるなら皆で触れないように根回ししておこう。チュウ^〜🐭

    「最近、回りからの当たりが、少し優しくなった気がします」私がそれに気付いたのは、歌を歌うための努力がある程度進行した時の事です。暖かいプロデューサーさんの毛布。少し猫松さんの匂いのする、図書館の本の暖かみ。ねずみさん達の優しさ。そんな所から、私が何かをやろうと気付いていて、待っていてくれるのだと気付きました。なんだか、恩返しをしようとして、恩が増えちゃいましたね。最高の歌を届けて、それに応えます。

  • 97稲瀬りぜる - 18/04/06 22:23:27 - ID:P3LwpPUQ9A

    ※95から始まるSSの続きです

    「これで、大丈夫なはずです」努力が形になり実る瞬間を、私はようやく迎えた。カラオケボックスでのテストも完璧。あとは、ステージを整えるだけ。マイクと、音響と、ライトと。場所はけもみみおーこくの、利用者の少ない部屋の一つを貸してもらった。ねずみさん達も、プロデューサーさんも、猫松さんも、パパも、招待状を作った。(楽しんでもらえたらいいな。)そんなワクワクを胸に、当日を迎える。私の目の前には、皆が居る。

    「美奈さま…違う、皆様。言えた、言えた。今日は来てくださって、ありがとう、ございます。この唐田を…唐田、違う…体を、今こうしてここで見せていられるのは、皆様のおかげです。だから、恩返しがしたくて、今日は、歌を歌いたいと重い…思います」会場が沸き立つ。待っていてくれたのだろう。既に失神しているねずみさんも居る。泣き笑いのような顔、最高の笑顔、いろんな顔が見える。私はマイクを手にする。ライトを点ける。

    ​私が、こっそり覚えていた歌。私は、すうっ…と息を吸い、吐き出し、そして震える声で歌い始めた。「いま貴方の声が聞こえる ここにおいでと 寂しさで 消えそうな私に…」なんだか、心が軽くなってくる。「いま貴方の姿が見える 歩いてくる  目を閉じて 待っている私に♪」歌と、一つになるように、心が重なり声が響く「昨日まで 涙で曇ってた 心は今…!」愛情、感謝。心も歌も最高に盛り上がって、歌が止まらなくなる。

    「おぼえていますか♪目と目が合った時を♪おぼえていますか♪手と手が触れあった時♪ それは初めての♪愛の旅立ちでした♪I love you, so……」ゆっくり、余韻を残して、私はマイクを下ろした。会場が、拍手と歓声に包まれる。すごく嬉しい。こんな風に喜んでもらえて。すごく嬉しい。感謝を伝えられた気がして。私は、幸せという感情を噛み締め、今までしたことのないぐらいの、最高の笑顔を顔から溢れさせた。

    〜end〜

  • 98 yail0 yail0 - 18/04/06 22:49:13

    「ししょー、行かないで…。」
    彼女は綺麗な茶色の瞳に、不安が映られてる。それでも、ふつくしい。私が守るべき瞳がここにある。
    「前っぽく…壊されるかもしれないよ?」
    その質問に、私はただこくりとうなずいた。
    「知ってます、知ってますよ。」
    「じゃぁなぜ戦いに行くの?」
    「なぜ。理由のことですね。前には…命令があって、戦場へ向かいました。でも、今は違います。」
    「違う、って?」
    そう聞く彼女へ向かって、あなたを守りたくて、と正直な理由は言えない。それを言うと、きっと彼女は私を全力で止めるだろう。だから、あえてこう言う。
    「今度は、100%勝てます。だから、行くのです。」
    「本当?」
    「本当です。本当です。」
    まだ怖がってる彼女のふつくしい髪をさらっと撫でる。
    「大丈夫ですよ、大丈夫です。私は亡くなったりしません。あなたの希に裏切ったりしません。」
    「じゃぁ…私が一緒に行くのは、ダメ?」
    本当、愛しい人ですよね、そらちゃんは。だから、私は彼女を守るために戦場へ行くしかない。
    「一緒に来るのは…ダメですよ、ダメです。」
    「危険だから?それなら私は大丈夫だよ?ちゃんと今まで、ししょーと一緒に色んな事を乗り越えたよ?」
    「いいえ、その意味ではありません。あなたには、私から一つ、お願いしたいことがありますから。」
    「お願い?ししょーの願いなら、何でもするよ。絶対するよ。だからー」
    彼女の唇に、私の冷たい指をそっとつけた。これ以上聞いたら私は行かなくなるかも知れない。だからー
    「私のお願いはただ一つです。私が帰った時、迎えに来てください。私の、居場所でいてください。」
    言えた。言えたよ。恥ずかしいけど、言えた…と、考えたらいつの間にか彼女が私を抱きしめてる。
    「…わかった。うん。私、ししょーの居場所になる。」
    どうして、この人はこんなに…。
    「ーそれでは、行ってきます。」
    彼女の涙からそっと離れてそう言った。胸が、痛くなる。
    「うん。待つから。いつまでも、ししょーをここで待ってるから。…行ってらっしゃい。」
    必死に笑うその顔をそこにおいて、私は私の戦場へ向かった。

  • 99匿名黒鼠 - 18/04/07 20:26:33 - ID:P3eyK3DHAQ

    銀の髪の少女は踊る。

    月光に照らされた、一面の花畑で、一人静かに円を描くように踊る。

    その姿を遠巻きから眺める鼠達。

    鼠達は一様に喜びの声を上げ、ある鼠は物語を紡ぎ、またある鼠はその様子を紙に描いた。

    熱狂していく鼠達を、少女は蠱惑的な笑顔で見つめ、より激しく踊り続ける。

    少女は鼠達の為に踊り、鼠達は少女の為に歓声をあげる。

    少女と鼠達の宴は続く、いつまでも、いつまでも……

  • 100稲瀬りぜる - 18/04/08 15:28:12 - ID:P3LwpPUQ9A

    「星が見えます、ねずみさん」
    夜空を見上げて、私はねずみさん達に語りかける。けもみみおーこくの郊外、森の中の川。
    「向こうの…東京の空とは、全然違いますね。」
    東京は、空の星を地上に引っ張って来たかのように、地上が明るく生き生きとして、代わりに空は死んでいた。
    「ここの空は、生きています。」
    ねずみさん達は答えない。ただ、私の指差す空に見とれている。
    「東京が悪いとは言いませんが、私は、こっちの空が好きですよ。人の作った空と比べて、自然の作った空は、争いが少ないですから。私達のような…戦うための存在として生まれた身には、染みるものがありますからね。」
    そっと、手をのばす。届きそうで届かない光の海に細く白い手を泳がせ、私はそっと目を細めた。
    「のらちゃん、こんな所に…」
    猫松さんが背後から歩いてくる気配がした。
    「今日は冷え込むから、風邪を引くのじゃ…」
    「ふふ、機械は風邪をひきませんよ」
    「…見てる方が寒いのじゃ」
    ため息を吐き出すように、猫松さんが私の隣に座る。
    二人分入るぐらいの大きな毛布を広げて、その端を私の方に差し出してきた。
    「入るのじゃ」
    「ありがとうございます」
    毛布にくるまり、深呼吸する。猫松さんの匂いが、私を包んでくれる。
    もう一つ、暖かいミルクティーを私に手渡した猫松さんは、私の指差す星の海へ視線を流した。
    止まったように静かな時間。眠る動物と、眠らない動物。いつの間にか、私の持つ鞄に入っていたねずみさん達は眠っていて、川辺で空を眺めるのは私たち二人だけ。
    「こんな風に、静かな世界が欲しかった。ずっと、こんな風に居られたら良かった。」
    戦闘用アンドロイドとして戦った日々が、ふと蘇る。
    「作っていけば良いのじゃ、これから。けもみみおーこくは、そのための…平和の為の国家なのじゃ」
    「そうですね。…眠いです、猫松さん」
    「わらわもじゃ…」
    小さな声が途絶える。
    やがて、たった二人の世界も眠りについた。

このスレッドに投稿する(は入力必須)

全角1000文字以内

※それぞれ5MB以下のJPG,PNG,GIF形式のファイルを3枚までアップロードできます。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

フリーエリア

どなたでも編集できます

メンバー募集!