長岡市ソフトバレーボール連盟はソフトバレーボールを通じ会員相互の親睦を図ることを目的とする。

長岡市ソフトバレーボール連盟規約
第1章 名称及び所在地
第1条  本連盟は、長岡市ソフトバレーボール連盟(以下「連盟」という。)と称する。
第2条  本連盟の事務局は、会長の定めるところに置く。

第2章 目 的
第3条  本連盟は、本市のソフトバレーボール愛好団体を統括し、加盟団体相互の連携、協力を促進して、ソフトバレーボールの健全な普及・発展を図ることを目的とする。

第3章 事 業
第4条  本連盟は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
(1)本市において実施されるソフトバレーボール大会の主催・主管・後援。
(2)ソフトバレーボールに関する講習会・研修会の開催及び指導員の派遣。
(3)ソフトバレーボールに関する諸団体との連携、協力。
(4)その他目的達成のために必要な事項。

第4章 組 織
第5条  本連盟は、長岡市内に所在し連盟の趣旨に賛同するソフトバレーボール愛好団体をもって組織する。
(加盟及び退会)
第6条  本連盟に加盟及び退会しようとする団体は、会長にこの旨を申し入れ総会の承認を得なければならない。
第7条  加盟団体として不適当なものは総会の承認を得て、会長が退会させることができる。
(代議員)
第8条  本連盟に加盟する団体は、代議員1名を選出し総会に出席して議案の審議にあたる。
(会 費)
第9条  加盟団体は別に定める会費を納入するものとする。

第5章 役 員
第10条 本連盟に次の役員を置く。
    会長1名、副会長若干名、理事長1名、副理事長若干名、常任理事若干名、事務局
    長1名、事務局次長若干名、事務局員若干名、監事2名。
(役員の選任と任務)
第11条 会長は、常任理事会で推薦し総会の承認を得る。会長は本連盟を代表し、会務を
      掌理する。
第12条 副会長は常任理事会で推薦し総会の承認を得て、会長が委嘱する。副会長は会長
     を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。
第13条 理事長は常任理事会で推薦し総会の承認を得て、会長が委嘱する。理事長は連盟
     の常務を処理執行する。
第14条 副理事長は常任理事会で推薦し総会の承認を得て、会長が委嘱する。副理事長は
     理事長を補佐し、理事長事故あるときは、これを代行する。
第15条 常任理事は、会長が加盟団体会員のうちから、またその他会長が必要と認めるものを選任し、総会の承認を得て委嘱する。
第16条 事務局長・事務局次長・事務局員は常任理事会において推薦し総会の承認を得て、会長が委嘱する。 事務局長は事務を総括し、本連盟の業務を処理する。事務局次長は事務局長を補佐し、事務局長事故のときは、これを代行する。事務局は本連盟の総括的事務処理のほか、会計事務・登録事務・その他理事長から要請された事項についての事務処理を行う。
第17条 監事は、加盟団体会員のうちから常任理事会で推薦し、総会の承認を得て会長が委嘱する。監事は、本連盟の予算執行について監査する。 
(役員の任期)
第18条 本連盟の役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
第19条 役員に欠員が生じたときは、第8条に基づいてこれを補充する。この場合の任期は前任者の残任期間とする。但し、総会の承認を得た時はその限りではない。
(顧問・参与)
第20条 本連盟に顧問・参与を置くことができる。
第21条 顧問・参与は、本連盟の功労者のうちから総会の承認を得て会長が委嘱する。

第6章 会 議
第22条 本連盟に次の会議を置く
(1)総会
(2)常任理事会
(総 会)
第23条 総会は、会長、副会長、理事長、副理事長、常任理事、事務局長、事務局次長、事務局員、監事、代議員をもって構成し、本連盟の次の事項について審議し決定する。
(1)規約の改廃
(2)団体の加盟及び退会
(3)事業報告及び決算
(4)事業計画及び予算
(5)役員の選出
(6)その他本連盟の運営に必要な事項
第24条 総会は会長が招集し、年1回以上開催する。また議長は会長が務める。
(常任理事会)
第25条 常任理事会は、会長、副会長、理事長、副理事長、常任理事、事務局長、事務局次長、事務局員をもって構成し、総会に提出する議案の調整、総会から委任された事項の審議と執行及び緊急を要する事項の処理にあたる。
第26条 常任理事会は会長が必要に応じて招集し、議長は理事長が務める。
(決 議)
第27条 会議は、2分の1以上の出席をもって成立し、議事は出席者の過半数の同意を得て決する。
(専 決)
第28条 簡易また緊急を要する事項については、会長・副会長・理事長・副理事長で協議・執行し、次回総会で承認を得る。

(議決権の委任)
第29条 会議に出席する常任理事、代議員は議決権の行使を委任することができる。

第7章  会 計
第30条 本連盟を運営するに必要な経費は、加盟団体の会費、事業収入その他収入をもってこれに充てる。
第31条 本連盟の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第8章 附  則
1 この規約は、平成18年4月1日から施行する。
2 この規約は、平成22年4月18日に規約改正を行い、その日より施行する。
3 この規約は、平成25年4月21日に規約改正を行い、その日より施行する。

長岡市ソフトバレーボール連盟  細 則

(加盟団体会費)
1 本連盟の規約に定める加盟団体会費は、年2,000円とする。

(慶 弔)
2 本会役員本人の弔事には、香典10,000円を供することとする。
3 その他慶弔事には、通常任意団体として考慮すべき範囲内で行う。
 (表 彰)
4 全国大会出場チームのうち、原則、推薦出場は除いて、1チーム5,000円の
  激励費を授与する。
 (専門委員会と業務分担)
5 役員は次に掲げる専門委員会に属して、各項目の業務を遂行する。
総務委員会
イ) 本連盟の発展の為の業務改善、運営に関すること。
ロ) 外部団体との連携調整に関すること。
ハ) 年度予算・決算・監査報告に関すること。
ニ) その他総務に関すること。
審判規則委員会
イ) 審判講習会等の企画実施に関すること。
ロ) 競技規則の周知・伝達に関すること。
ハ) 審判員・記録員の要請と資質向上に関すること。
ニ) その他審判規則に関すること。
指導普及委員会
イ) リーダー養成に関すること。
ロ) リーダー資格者等の資質向上を図ること。
ハ) あらゆる世代層にソフトバレーボールを広げ、普及・振興を図ること。
ニ) その他指導普及に関すること。
広報委員会
イ) 外部団体との連携による広報活動に関すること。
ロ) ホームページ作成検討及び運営に関すること。
ハ) 連盟の広報誌作成検討及び運営に関すること。
ニ) その他広報に関すること。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!