《編集者募集中》Web小説・書籍・アニメなど様々な「オーバーロード」の情報をまとめています。考察や情報交換にお役立てください。

「このイグヴァが御身に勝利を」
メインデータ
画像
名前イグヴァ=41
iguvua=41
種族異形種(アンデッド)
異名被験体=41番
役職モルモット
リザードマン襲撃軍の前線指揮官
住居?
属性極悪
カルマ値:-500
種族レベルなし。(死者の大魔法使い)
職業レベルなし。
サブデータ
誕生日?身長?
年齢?性別
趣味?制作者アインズ
登場web 書籍声優?
備考モンスターとしては22レベル(スキルの効果で能力が増幅前の初期レベル)
種族 Lv.? 職業 Lv.? 合計 Lv.22(アインズのスキルによってステータスが強化されている)


概要

 イグヴァ=41とは、アインズによって人間の死体を素体にして作られた、死者の大魔法使いエルダーリッチである。
 リザードマン殲滅戦の切り札としてコキュートスに前線指揮官の役目で与えられた。
 
 予想になるが、「イグヴァ」というのは恐らく使った素体を判別するもので、「41」というのは製造番号と思われる。
 web版では、「リッチ」というモンスター名そのままだったが、書籍では名前が与えられた。

外見

 豪華だが古びたローブで骨と皮の体を包み、片手には捻くれた杖を持っている。
 骨と皮の腐敗し始めた顔に邪悪な英知の色を宿し、体からは負のエネルギーが発生し、靄のように全身を包んでいる。*1

性格

 アインズに直接作られたことに強い自負を持っている。
 対決したザリュース達を見下し、強者として驕る姿はあったが、極めて冷静に相手を分析して戦いを進めている。
 だが、ザリュース達が自分の攻撃で死なないことを、「創造主(アインズ)への侮辱」と捉えて激昂している。

強さ

 魔法詠唱者のモンスター。
 モンスターであるため、種族や職業レベルは存在しない。
 アインズに生み出されたため、スキル効果で通常のエルダーリッチよりも、ステータスがかなり強化されている。
 そもそもエルダーリッチ自体が異世界ではかなり強い存在であり、アインズのスキル効果もあったため、コキュートスの分析では「(リザードマンに)間違いなく勝てる」と判断されていたほど。*2

 魔法を使うモンスターであるため、8つ前後の魔法手段がある可能性が高い。*3
 ファイヤーボールなら150発は撃てる。*4
 近接戦闘は本来不得意だが、一騎打ちであれば、戦士であるザリュース相手でも勝利することが出来るらしい。*5

作中の動向

 作中では、リザードマンと戦争するための低位アンデッド軍の前線指揮官兼切り札として、コキュートスの指揮下に入る。
 しかし、「低位アンデッド軍で正面から戦え*6」というアインズの命令を最優先したコキュートスは、リザードマンたちが組織的な行動を始めたにもかかわらず、情報収集を怠ってしまう。
 
 開戦後、低位アンデッド軍の劣勢が続き、敗北を悟ったコキュートスは、切り札であるイグヴァの投入を決断する。
 イグヴァは、コキュートスの「リザードマンに力を見せつけろ」という指示を受け取り、本来なら盾役であるはずの血肉の大男ブラッドミート・ハルクを他所にやり、イグヴァは真正面からリザードマンを滅ぼす為に進みだした。
 リザードマン達を次々と葬っていったものの、ザリュースたちの連携と底力の前に敗北する。
 消滅する最後の瞬間までアインズへの忠誠心を見せた。

 だが、アインズとしてはただの使い捨ての実験個体でしかなかった。

装備

  • 捻くれた杖
  • 豪華だが古びたローブ

他キャラクターとの関わり

アインズ・ウール・ゴウン
  • 創造主。絶対なる忠誠を捧げ、その御手によって生まれたことを誇りに思っている。
コキュートス
  • リザードマン殲滅戦の総指令官。彼の指示を元に現場で軍を動かしていた。
イグヴァルジ
  • 死んで力を手に入れることが出来た人。(記述はない)

その他


◎注釈(注釈タグを使うと自動でページ下部に作成されます)

このページへのコメント

はわわわ……修正しときました
ありがとうございます

Posted by 副管 2017年02月12日(日) 08:00:39

スキルの「相手に負のエネルギーを流し込む」ですが
1-067〜068にあるエルダーリッチのスキル「ネガティブ・タッチ」ですよ。
サイレントマジックも使ってます。
あと開栓は開戦の誤字でしょうね。

Posted by ギンガ 2017年02月12日(日) 00:50:33

イグヴァ終わり。

別件ですが、赤いキツネさん、リンクの変更ありがとうございます。
お疲れ様です。

Posted by 副管 2017年02月12日(日) 00:11:31

ざっとイグヴァに関して見ましたが、考察はなかったです。
私と同じくものさしでステータス測った人がいたくらいで、何故30レベルなのかというのは不明でした。
旧大百科も表記されているので、恐らく大百科管理人独自の考察があった可能性が高いかなと。

暫定的に、イグヴァに関しては「30レベル相当」という記述は削除します。
新考察、感想返しなどの公式情報待ちで。

Posted by 副管 2017年02月11日(土) 23:03:56

なるほど……。
私はてっきりアインズ様のスキル効果で「30レベル相当」という記述がどっかにあるもんかとweb版とか探しましたが、そういうことでしたか。
ちょっと大百科のほうに考察があると思うのでコメント漁ってきます。

Posted by 副管 2017年02月11日(土) 22:45:19

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

メンバーのみ編集できます