聞いてほしかったのかもしれない……私の罪を
メインデータ
名前クルシュ・ルールー
crusch lulu
種族亜人種(リザードマン)
異名白鱗の美女
役職朱の瞳レッド・アイ族長代理
リザードマン部族代表(内部監視)
住居朱の瞳レッド・アイ族の家屋の1つ
属性中立
カルマ値:50
種族レベル蜥蜴人覚醒古種リザードマンアウェイクン・エルダーブラッド 
1.Lv
職業レベルドルイド
スピリット・シャーマン
サモナー*1
ドラゴニック・アデプト
8.Lv
5.Lv
2.Lv
1.Lv
サブデータ
誕生日身長
年齢性別メス
趣味家族夫:ザリュース
子供が一人
登場web 書籍声優雨宮 天
備考戦争後にザリュースと結婚。人気投票28位
◎イラストは、pixiv「クルシュ・ルールー」を作者の梅おにぎり様から許可を得てお借りしています。二次配布、無断使用などは禁止です。

種族 Lv.1 職業 Lv.16 合計 Lv.17


概要

 クルシュ・ルールーとは、蜥蜴人リザードマンの部族の一つ、朱の瞳レッド・アイの族長代理を務めていた、アルビノの白いメスのリザードマンである。
 リザードマンがナザリックに統治された後、ザリュースと結婚して、自分と同じくアルビノの子供を出産した。*2
 web版では統治後の状況が不明。

外見

 一般的なリザードマンの外見と違い、アルビノであるため、全身が雪のように白い鱗で覆われている。
 紅玉ルビーを思わせる真紅のつぶらな瞳で、何故かまつ毛のようなものが生えている。
 スラリとした身体には、赤と黒で紋様が書かれており、その意味は、成人、多種の魔法の習熟、未婚、の意味がある。*3*4
 アルビノなので日光に弱く、外で活動するときは、雑草の生えた短冊状の布と糸を垂らした服を着ている。
 その姿を見たゼンベルシャースーリューから、「植物系モンスター」とからかわれている。
 なお、リザードマン全員に言えることだが、彼女はほぼ全裸である。

性格

 かつての食糧難で、同族食いを主導した元族長の真意を見抜くこと無く反旗を翻したことに、自責の念を抱いている。
 責任感が強く気丈な性格をしているが、ザリュースに突然告白されて狼狽したり、感情のままに尻尾がバタバタとのたうち回っている。
 自分には縁がないと思っていたようで、言い寄られることに耐性がないらしい。

強さ

 朱の瞳レッド・アイでは、時折何らかの才能を持つ者が生まれ、クルシュは祭司の才能を持って生まれた。*5
 ザリュースの目利きではリザードマンの祭司頭よりも優れた森祭司ドルイドの力を持つ。
 治癒や支援魔法を多く習得し、イグヴァ=41と戦うザリュースとゼンベルをサポートしている。
 第三位階の召喚魔法を使えるが*6、それ以上の位階魔法が使えるかどうかは不明。

作中の動向

 アルビノという肉体的に劣る存在は、リザードマンでは好まれない存在だが、朱の瞳レッド・アイでは何らかの才能を持って生まれる為、族長に次ぐ権力を持つことになる。

 作中では、コキュートスが送った宣戦布告の先触れが、全リザードマンの部族村に送られる。
 ザリュースが緑爪グリーン・クロー代表の同盟の使者として、朱の瞳レッド・アイの村に到着して代表者同士で話し合いをする場面で登場。
 そして、クルシュに一目惚れしたザリュースが結婚を申し込み、酷く困惑させられる。
 話の流れで、かつてのリザードマン全体の食糧危機で朱の瞳レッド・アイは同族食いを行い、その首謀者の族長に反旗を翻した経緯をザリュースに告白して泣き崩れている。
 その姿を軽蔑すること無く受け入れたザリュースに好意を抱き、以後行動を共にすることで、互いの思いを確かなものにしていく。
 開戦後は、ザリュース含む族長たちとともに切り札として待機し、低位アンデッド軍の切り札のイグヴァと戦うザリュースとゼンベルを魔法でサポートして、勝利に大きく貢献。

 アインズ率いる桁違いなナザリック軍の登場にリザードマン全員が恐怖する中、アルビノという族長の中で最も評価されていない彼女は、生き残るリザードマンの代表になることを族長たちに告げられる。
 だが、見せしめの為に殺されに行こうとするザリュースに対し、持ち前の気丈さを発揮して、子を孕むべく残された時間で大いに励む。
 戦いが終わり、リザードマンの代表としてアインズと面談して、秘密裏の内部監視の役目と引き換えにアインズがザリュースを復活させた。
 
 その後、ザリュースと結婚してアルビノの子供を出産している。
 考察になるが、「そろそろ生まれるからということで帰らせた 11-037」とあるので、エ・ランテル統治中の春に生まれたものと思われる。
 なお、妊娠発言が7巻(10月)。

装備

  • 不明

武技

  • 不明。無し。

関連項目

その他

  • ebtenの五巻特典で、トートバッグになった。外部リンク
  • 治癒魔法が使えるので、中の人繋がりで「きれいなアクア様*8」などと呼ばれた。
  • Twitterアイコンプレゼント&リツイートキャンペーン開催されて、立ち絵と植物系モンスターがアイコンになった。公式
  • 問題の待望の交尾シーンは原作を遥かに超えた長いシーンとなって既読組も含めて視聴者の度肝を抜いた。しかも声優の喘ぎ声付きである。
  • 文教堂・アニメガ限定のアニメ2期全巻購入特典で抱き枕カバーになった。残すはフィギュア化のみ。
  • クルシュさんのお子さん、うまれたよ オーバーロード元ネタ考察サイト Tomb of the Overlord様

このページへのコメント

トートバックをトートバッグに修正しました。

0
Posted by  ginga ginga 2018年09月03日(月) 19:10:15 返信

カーム・エモーションズは回復じゃなくて強制的な鎮静剤みたいな魔法かな
むずかしいなぁ

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2018年06月13日(水) 00:33:52 返信

調べたんですが、ライオンズハートの元ネタ(D&D)であるライオンハートは恐怖に対する完全耐性の効果になってました

混乱はよくわかりませんでしたが、カーム・エモーションズやレストレーションとかが混乱回復っぽいので、オバロもそれに準じていればライオンとは別の魔法だと思います

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2018年06月13日(水) 00:30:38 返信

再放送みてて一応追記したんですがどうなんでしょうね
ライオンは今の所恐怖しか回復したことないですし……

wikiの説明には「恐慌状態を〜」となってますがこれは「恐怖に対する完全耐性を〜」に修正します

1
Posted by  tanaka203 tanaka203 2018年06月12日(火) 23:31:13 返信

混乱から心を守る魔法ってライオンズ・ハートだと思ってたんですが……どうなんですかね。

0
Posted by  cocoa cocoa 2018年06月12日(火) 22:28:14 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

資料集


メンバーのみ編集できます