《編集者募集中》Web小説・書籍・アニメなど様々な「オーバーロード」の情報をまとめています。考察や情報交換にお役立てください。

概要

この項目は、12巻のラストに登場したドッペルゲンガーが化けていたのは誰かを考察する項目である。
候補は、王兄のカスポンド、団長のレメディオス、副団長のグスターボの三人が有力視されている。
余談だが、12巻の内容そっちのけでこの話題がオバロ界隈で沸き立っているような……。
理由はコメントや掲示板にレスがあれば随時更新するので忌憚ない意見をお願いします。

ドッペルゲンガー投票先

リンク

前提

ドッペルゲンガーと状況について*1

  1. デミウルゴスの要望で貸し出した。
  2. 40レベルまで能力をコピーできる。
  3. 変身前の状態はコピー後より弱い。(素の状態が弱いと言う意味)
  4. カルマ値などの条件がついた武具でも遺産級(レガシー)未満までなら装備可能。
  5. 現在色々指揮しないといけない非常に忙しい立場をコピー中。
  6. アインズに一人で合うと言えば誰も文句は言えない立場をコピー中。
  7. アインズに無礼を働いた。(コピー中?)
  8. デミウルゴスの予定は、「その都市で防衛線を築くなら、85%近い死傷者がでるまで攻撃する」
  9. 現在都市に向かって亜人の大軍が進撃中。解放軍は対応に追われている。
  10. 他追加情報求む。

候補者

王兄カスポンド

聖王女カルカの兄で、候補者の中ではぶっちぎりの最高権力者。
王兄の命令なら誰も邪魔できないので最有力と予想されているが、ラストにポッと出てきたあからさまなキャラなので、ミスリード要員なのではとも思われている。
どういうわけか読者から王兄ではなく「兄王」と間違われることがある。
賛成理由
  • 最高権力者なので、5、6、の現場の状況に該当する。
  • 読者が深読みして他の候補者を探してるだけ。
  • オバロはミステリーじゃないしこんな引っ張るようなネタじゃない(13巻へ持ち越されてるが)
反対理由
  • 「今まで化けていた誰かがドッペルだった!」という物ではないので、そういったメタ的理由。
  • 7の「無礼を働いた」だが、それほど際立ったものは無い。粗末な格好だっただけ。
    • ナザリック所属者として、アインズに僅かな無礼も許さないと言う意味のなのかもしれない。
    • ドッペルのアインズへの謝罪の仕方が軽い。(もし団長がドッペルだったら深々と頭お下げただけでは本来済まない。)
  • 4の「条件付きの武器を装備可能」が関係ない。
    • これ自体がミスリードの可能性も当然ある。

団長レメディオス・カストディオ

脳筋正義の団長。
王兄がいるので立場的に指揮権は序列二位だが、頭脳労働が全く出来ないキャラクターであることと、このキャラがアインズに一人で会いに行くと言えば誰かに静止されるかもしれないという理由で反対意見も強い。
賛成理由で一番強いのは。ドッペルがカルマ値に関係なく武具を装備できる(聖剣を扱える)というもの。
賛成理由
  • ヤルダバオト(ラース)戦以降で入れ替わってる。性格が変わった。
  • 戦闘に関しては優秀。王兄ほどではないが現場の指揮権も一応ある。
  • 4の「条件付きの武器を装備可能」に該当。
  • アインズに数々の無礼を働いている。
  • アインズの単独魔導国入りを半強制的に決定した。
  • 12巻序盤のヤルダバオトとの戦闘が最後まで描写されていない。
  • 人格が狂気じみた正義に偏執する根拠や過程が十二分に散りばめられている。大どんでん返しの準備が出来ているキャラ。
反対理由
  • ヤルダバオトの真の姿を他国に広めると言う意味で生かされている。
    • 団長がドッペルなら真の姿を見せる意味がない。
  • アインズを未だに受け入れていない人物なので、一人でアインズに会いに行くというのが難しい。
    • 殺しに行くのかと疑われる可能性。
    • 会いに行くなら副団長が同行しようとする。(団長だけで作戦の打ち合わせなど頭脳的に不可能)
  • 4の「条件付きの武器を装備可能」だが、聖剣の装備条件が判明していないため理由になりえない
  • キャラクターステータスの役職が「解放軍団長」なので現在も本物である。
    • ドッペルに切り替わっているのなら、本人が就いていない役職が載っていることになる。
  • ナザリックのシモベが聖騎士のメンタリティをアインズに対して演じることが可能か?
  • 記憶がコピー出来ないし、人間を理解して演じることが考えにくい。
  • 団長がドッペルの場合、アインズへの謝罪の仕方が頭お下げただけでは本来済まない。軽すぎる。
  • ドッペルは恐らく記憶コピーができないし、聖王国の習慣や知識に基づいた発言がある。(幽霊船など)
    • ただし、入れ替わりが魔導国入り後なら可能性あり。蒼の薔薇の会談でしどろもどろだった団長がアルベドとアインズには終始丁寧口調を崩していない。

副団長グスターボ

レメディオスの頭脳という損な役回りをするキャラクター。
そのため、レメディオスをうまい具合に誘導しているのではないかという意見がある。
なお、グスターボは都市にヤルダバオトが出た時、城壁で騎士団を指揮していた。*2
賛成理由
  • レメディオスの手綱。
  • 指揮権は低いが、頭脳労働が出来る人でアインズのことも受け入れつつあるため、一人で会いに行くことも可能。
  • カリンシャの城壁は魔法で破壊されたので*3、その時に巻き込まれて死んでいる可能性。
  • 特別記述はないが、聖騎士が使う剣は魔法の力が込められているため*4、それがカルマ値などの条件があるなら4の「条件付きの武器を装備可能」に該当する可能性がある。
  • 王兄とレメディオスがドッペルでは面白くない。
  • 洞窟でアインズに作戦の相談をしに来たのは、アドリブ台本だったので、「(ナザリックにとって)もっといい作戦があるのでは?」「この作戦でいいのだろうか」というアインズへの確認として現れた。
  • 単独でアインズと何度も交渉しようとしている
  • 王兄無事の喜びは、デミが計画に狂いが出ても当初の予定通りに王兄を解放したから。自分(ドッペル)が用済みでなくなるわけではないことに気付いたから。
  • グスターボ = ゲシュタポ(秘密警察、スパイ)の隠喩。
    • Gustavo/グスターヴォはスペインや南アメリカで使われる男性名の1つ。
  • 愚か者(レメディオス)が何かしても対応できる人物。見張り。報告役。
反対理由
  • 魔導王が派遣されることを強く拒絶している(ドッペルならここまで強く拒絶する必要があるのだろうか?)
  • 候補者三人の中で、常識外れの物を見た時の反応が一番現地民っぽい(難度200やベッドの件とか)
  • カスポンドを見つけた時の喜びの反応が本物っぽい
  • アインズに聖王国の地図を見せないようにしようとした。
  • ドッペルは恐らく記憶コピーができないし、聖王国の習慣や知識に基づいた発言がある。(吟遊詩人からの話など)

その他説

ドッペルとデミウルゴスがどちらもいる。
低位の幻術では記憶や人格をコピーできない
これは裏返せば、上位幻術なら可能だということでもある
変身中は、あまり演技力を必要とせずに、オリジナルがするような態度をとれるのかもしれない

一方カスポンドも明らさまに怪しいのだけど、こちらはデミウルゴス
そう思って読むと、会談シーンはいつものアインズとデミウルゴスの漫才である
カスポンドの団長に対する態度も、別の意味で上司と部下のそれに見える
Posted by 名無し 2017年10月19日(木) 05:41:57
みんなドッペルゲンガー
団長本物の馬鹿だからそのまま計画に使うとイレギュラーが多過ぎて修正不可能になる可能性が高いからデミウルゴスはわざわざ生き残らせないと思うんだけどなぁ。
生かして利用するならケラルトとかのほうが行動予測しやすいだろうし。
個人的には団長も副団長も王兄もドッペルじゃないかと思ってるけど。
Posted by ななC 2017年10月21日(土) 21:21:26
可能性と考察
いろいろな可能性があるね。

幻術は、騙したり欺いたりする魔法だとすると上位だとしても記憶や人格まで誤認させる(その人らしくない言動も不審に思われない)とかじゃないかな。
でも幻術に特化して五感を騙すのが凄い魔法で本当ならそこまでは無理か。

アインズ様から学ぶためとかでデミウルゴスが近くにいるなら、人が変わった記述がない副団長になってる。
こじつけだけど、
メイドと単独聖王国行きの微妙な対応(もっと良い案があるし単独では失礼になる)、
ベッドに驚く(こんな所でお休みに…)、
意見を求める(アドリブを促す)、
地図を見せない(実はすでに資料として渡してあるので手間を省く)
とかの理由になる。

計画を狂わせる極度の愚者になりうる団長は、本来なら排除対象だけどアインズ様からそういった者への対処を学ぶためにも本人のまま。
支配の呪言で操り人形とかも面白そうだけど…

団長は、本人
副団長は、デミウルゴスの幻術(王国では調査不足で使わなかった?)
王兄は、ドッペルゲンガー(幻術も使える?)の変身(特殊技術?魔法?)
魔皇(in首都)は、憤怒の魔将

魔皇が死ぬ場合は代わりもいるけど、アインズが本当に死ぬならドッペルの最期は魔導王になるよね。
ドッペルは誰なのか、1体なのか複数体なのか、生き残ったのか果たして明かされるだろうか。
Posted by PKK 2017年10月24日(火) 18:39:28

このページへのコメント

何度も読み返してみての感想

レメディオス→本人
 聖王国に戻ってからのアインズへの暴言は、例え演技とはいえナザリックの者であれば、考えずらい。

グスターボ→魔道国に入国するまでは本人、魔道王に面会の申し出に出向いた時に捕らえられ、ドッペルと入れ替わった。
 アインズが使節団が宿泊する宿の前で待機していた時に、ネイアを宿の外に追い出した。
 アインズがヤルダバオトを討伐した際の報酬としてメイドを配下にしたいと要請した際にレメディオスの反対意見を説き伏せた。
 巻末のアインズとの対面の時も一人で合いに行くと言って、誰も咎めなかった。

王兄→デミウルゴス
 作戦会議の際のアインズ様とのやりとりが、いかにも怪しい。
 王兄が登場したタイミングで、アインズが幻術を見破る物がいないか、しつこく確認している。

Posted by ルプスレギナ大好き 2017年11月06日(月) 23:47:45

王兄に一票だなあ。オーバーロードの作風的にも、なんとなくそんな気がする
でも、ドッペルでも聖剣装備できるって設定見落としてたから団長=ドッペル説は面白かったわ

Posted by   2017年11月04日(土) 14:28:20

今回のドッペルは傭兵モンスターのほうなので、種族値云々の話ではなく「そういう能力があるモンスター」という扱いかと。

Posted by  tanaka203 tanaka203 2017年11月04日(土) 02:13:39

ドッペルゲンガーは種族値アップに際し外装を得るとあるので貴重な外装数を消費するのは王兄に化けたほうが今後利用価値があるのでは?
死んでもかまわない副団長は幻術などで代用してもかまわないのでは?と思いました

Posted by ドッペルは誰 2017年11月04日(土) 01:39:00

まあ、普通にカスポンドでしょ

グスタボは団長との付き合い長くて戦闘以外の相談役として頼り切ってるから、途中入れ代わりの隙はないだろう
野獣並みの勘の持ち主の団長がすぐ気づく
あと、人間的な感情が窺える無駄な行動や反応の描写が多すぎる
ドッペルなら少年の死体なんざ見向きもしないかと

Posted by マメ 2017年11月01日(水) 23:46:32

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

メンバーのみ編集できます