《編集者募集中》Web小説・書籍・アニメなど様々な「オーバーロード」の情報をまとめています。考察や情報交換にお役立てください。

漆黒
画像・紋章など
詳細
タイプアダマンタイト級冒険者チーム
リーダーモモン
種族人間
構成人数2人+1匹
結成不明
拠点エ・ランテルの冒険者組合
リ・エスティーゼ王国
Media
登場作品書籍

概要

 漆黒とは、リ・エスティーゼ王国、城塞都市エ・ランテルを拠点に活動している、王国三番目のアダマンタイト級冒険者チームである。
 元々はチーム名のないチームだったが、リーダーのモモンが常に漆黒の全身鎧を着用しているため、周りが通称として『漆黒』と呼んでいたものをいつしか本人たちも使うようになった。*1
 南方のとある国からやってきた者たちで、強大な二匹の吸血鬼を追ってエ・ランテルで登録を行った。

 メンバーは戦士と魔法詠唱者、そして後から加わった騎乗魔獣を連れているたった三人のチームだが、組合に登録してから僅か数日で、人類の切り札、最高位であるアダマンタイト級に上り詰めた。*2
 ありえないようなスピードで数多の偉業を達成しているため、彼等の話を聞いた大抵の者たちは誇張されたものだと疑うが、本人たちの貫禄のある振る舞いを見ることで納得している。
 特に、モモンの名誉や金銭を優先せず、仲間や仕事を尊重するカリスマ性のある態度は多くの人物に好印象を与え、彼等さえいればどんなモンスターが来ても怖くないと、エ・ランテルでは非常に評判がいい。
 長い人生で、多くの真のアダマンタイト級と言われる者たちを見てきたパルパトラ・オグリオンは、「その中でも別格、真の中の真というべき存在」という評価をしている。*3

 冒険者は本来国には関与しないが、エ・ランテルが魔導国に譲渡されたその日、モモンとナーベは市民を守るため共に敢えて配下に加わった。
 魔導国が手出ししない限りは反乱しないように市民たち伝え、結果、エ・ランテルは平和的に統治が進んでいる。
web版
 web版には登場しないが、モモンという同名の別人が、カーミラという名の吸血鬼を1人で追って冒険者になっている。
 なお、こちらはアインズ・ウール・ゴウン辺境侯が師匠である。

強さ

 戦士と魔力系魔法詠唱者のみ(+一匹)だが、構成メンバー的にほぼ不可能である、石化の魔眼を使うギガントバジリスクの撃破。
 また、推定難度200のヤルダバオトを撃退したことで、その一騎打ちを間近で見ていたイビルアイから神人ではないかと疑われている。*4
 魔封じの水晶のような希少なアイテムも所持しているため、どこかの王族ではないかとも言われている。

達成した偉業(登録後およそ二ヶ月以内*5

  • 数百年に渡りトブの大森林を支配していた大魔獣『森の賢王』を力で捻じ伏せ従属させる。 登録直後、カッパープレート。
  • エ・ランテル墓地から突如発生した数千に及ぶアンデッドの軍勢を突破し、テロ集団ズーラーノーンと思われる首謀者を撃破。 ミスリルプレート授与
  • 強大な力を持つ吸血鬼『ホニョペニョコ』と大地が変容するような熾烈な争いの末にこれを討ち滅ぼす。 この事件でアダマンタイトプレートが与えられたと思われる。
  • 北上してきたゴブリン部族連合の殲滅。
  • トブの大森林で、超希少薬草の採集に成功。
  • 遭遇したギガント・バジリスクを討伐。
  • カッツェ平野から流れ込んできたアンデッド師団を滅ぼす。
  • 突如王都を襲撃した、推定難度200の『ヤルダバオト』と一騎打ちの死闘を演じ、王国を救う。

メンバー、

他の組織との関係

  • リ・エスティーゼ王国 …… 王都の悪魔襲撃を解決した功績を讃えられ、直轄領の通行税一部免除と、王から短剣が下賜された。*6
  • エ・ランテル …… 登録を行った街。魔導国に反乱を起こさないよう市民に釘を刺すのと同時に、法国の陰謀も警戒するよう伝えた。
  • 蒼の薔薇 …… 王国のアダマンタイト級冒険者チーム。王都の悪魔襲撃では作戦行動を共にした。
小ネタ
  • 追っている吸血鬼の一体はホニョペニョコ。二体目の外見などの情報は現在不明。

このページへのコメント

>通りすがりさん

なるほど、たしかに。
そういうことだったんですか。合点がいきました。
では、ランボッサ3の項目で「貴族だから短剣あげたんだよ」という内容を作ろうと思います。 ありがとうございます。

Posted by 副管tanaka203 2017年01月03日(火) 20:16:28

短剣と爵位がセットで与えられた。とありますが
ティアないしティナの説明を見るに短剣と爵位がセットで与えられたのではなく
モモンに爵位を与えるような事態になった際に対する貴族達からの反対を抑え込む屁理屈のため小道具
いわば事前の仕込みであって実際に密かに爵位をこの時点で
与えてるわけではないのではないでしょうか?

Posted by 通りすがり 2017年01月03日(火) 19:39:54

ナーべ神人疑惑そこにあったんですね。ずっとモモンだけかと思ってたんで探しもしませんでした。
パルパトラの発言そこですか。どっかで見たように思ったんですが見つけられなかったので……

Posted by ギンガ 2017年01月03日(火) 09:54:02

指摘ありがとうございます。
解答します。

1.ホニョペニョコ戦のあとアダマンタイトになった〜。みたいな文章に変更します。

2.ナーベ神人は6-389です。こちらは注釈を追記します。

3.真の中の真は、7-202です。
私もこれどうしようかなと思いつつ記載しました。文章をちょっと考えてみます。

Posted by 副管tanaka 2017年01月03日(火) 07:54:09

記述の確認が三つあります
1.「組合に登録してから一ヶ月程度で、人類の切り札、最高位であるアダマンタイト級に上り詰めた。」
アダマンタイトになったのはホニョペニョコを倒してすぐじゃないんですかね。魔樹を倒したのが一ヶ月に満たない時期、そのあと重宝されいくつか仕事をして(ドラマCD)半月ぶりにナザリックに帰ってアルベドと話して(4-004)、3-420はリザードマン戦のしめに出向く場面かと。

2.「イビルアイから二人は神人ではないかと疑われている。」
これ神人(プレイヤーの血を覚醒させた者)を疑っているのはモモンだけじゃないですか。

3.「彼等こそが真の中の真のアダマンタイト級冒険者」
"真の中の真の"は何かおかしくないですか? "アダマンタイトの中の真の"かなと思いました。

Posted by ギンガ 2017年01月03日(火) 01:41:41

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

資料集

魔法・スキル

メンバーのみ編集できます