《編集者募集中》Web小説・書籍・アニメなど様々な「オーバーロード」の情報をまとめています。考察や情報交換にお役立てください。

蒼の薔薇
 
詳細
タイプアダマンタイト級冒険者チーム
リーダーラキュース
種族人間四人+異形種一人
メンバー五人(全員女性)
結成?年
拠点リ・エスティーぜの冒険者組合
リ・エスティーゼ王国
Media
登場作品web 書籍

概要

 蒼の薔薇とは、リ・エスティーゼ王国の王都リ・エスティーゼの冒険者組合を拠点に活動している、女性メンバーのみのアダマンタイト級冒険者チームである。
 メンバー全員が色んな意味でヤバイ。
 

経緯

 リーダーのラキュースが叔父(?)が所属する朱の雫?の冒険譚を聞いて、貴族の令嬢であるにも関わらず奔走する。*1
 その途中でガガーランに助けられ、もう一人(恐らくリグリット)が加わり三人でチームを結成。*2
 その後、ラキュースを暗殺しにきたティアティナを返り討ちにして、二人を説得して仲間にする。
 そして、リグリットが引退するために、代わりのメンバーとしてイビルアイと条件付きの決闘を行い、皆でボコって半強制的にメンバー入りさせて現在に至る。*3
 朱の雫と蒼の薔薇の二チームが王国のアダマンタイト級冒険者で、後に漆黒の英雄モモンがアダマンタイトになることで王国の最上位の現役冒険者は合計三チームになった。

強さ

 チーム構成は、神官(大剣)、戦士、暗殺者(忍者)×2、魔力系魔法詠唱者の五名。
 ラキュースの主観ではチームは難度90ぐらいの強さがあるらしい。(イビルアイは150を超える)*4
 王国最強の冒険者として名高い。*5 特にイビルアイの強さは頭一つ抜き出ている。
 ラキュースの魔剣の他にも強力なマジックアイテムを多数保有している*6

 達成した偉業は不明だが、幾つもの偉業を成し遂げているらしい。*7
 また、スレイン法国の特殊工作部隊である陽光聖典が行っていた亜人狩りを食い止めて退けた事がある。*8
 メンバー同士の仲は非常に良好でお互いを信頼しあっており、暗殺に来たはずのティアとティナですら仲間のためなら命を捨てても良いと考えるようになった。
web版
 A+冒険者チーム。
 ほとんど同じだと思われるが、ラキュースの復活魔法の有無が不明。(記述がない。情報求む)
 強さもA+冒険者は難度61〜70なので、書籍のラキュースの自己申告である「90に届かないくらい(6-308)」とかなり違うため、書籍化で強化されたのではないかという考察がある。
 

メンバー、

他の組織との関係

小ネタ
-

このページへのコメント

強さ
>全員の水準が高く

根拠が無いわけではないですが、編集者(私)の主観が過ぎるので省きました。

Posted by 副官 2017年07月01日(土) 00:04:01

通りすがりさん
指摘ありがとうございます。

>イビルアイ
長くなるので誤字スレに持っていきます。

>リグリット
私個人の考えですが、十三英雄が解散しているから「元」でいいのではないかと思って付けました。
他の方の意見も聞きたいので、これの修正は一旦保留します。

Posted by 副官 2017年06月30日(金) 23:33:57

>イビルアイ
>元十三英雄の魔法詠唱者
となっていますがイビルアイは十三英雄(英雄譚に含まれない者も含め)で確定でしたっけ?
共に戦ったという記述は確かにあるのですが十三英雄だったとは作中では断言されてないような…

>リグリット・ベルスー・カウラウ
>元十三英雄
に関して個人的には「元」の表記はいらないのでは?と思うのですがどうでしょうか
今の世でいう十三英雄というのは(ひょっとしたら実際チーム名も十三英雄かもしれませんが )
魔神と戦い勝利を収めた英雄たちを指す異名や称号のようなものではないかと…

9-168でガゼフがリグリットを十三英雄と元を付けることなく述懐していたりしてますし
チームの変遷があっても十三英雄という立場は変わらないのでは?と思います

Posted by 通りすがり 2017年06月30日(金) 23:12:45

青バラ終わり

Posted by 副官 2017年06月18日(日) 02:45:42

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

メンバーのみ編集できます