《編集者募集中》Web小説・書籍・アニメなど様々な「オーバーロード」の情報をまとめています。考察や情報交換にお役立てください。

帝国魔法省
詳細
タイプ行政機関
リーダーフールーダ・パラダイン
種族人間
メンバー近衛・魔法詠唱者など
創立不明
所属バハルス帝国
所在地帝都アーウィンタール
Media
登場作品web 書籍

概要

 帝国魔法省とは、バハルス帝国の帝都アーウィンタールにある重要機関の一つである。
 帝国における魔法の真髄であり、魔法武具の生産、新魔法の開発、魔法実験による生活レベルの向上研究などが執り行われている。
 先代皇帝以来最も力の注がれている機関であり、警備に当たるものたちも選りすぐりの兵士が巡回警備している。
 最奥の塔の最下層である地下五階ほどには、捕獲したデス・ナイトが拘束されている。
 魔法省長官は別にいるが、総責任者は帝国最強の大魔法詠唱者フールーダ・パラダイン*1

警備体制

 広大な敷地は高い塀に囲まれ、幾つもの物見塔が建てられている。
 警戒する部隊は騎士団で最精鋭である第一軍の者たちと、魔法詠唱者の混成部隊が巡回にあたり、上空も皇室空護兵団ロイヤル・エア・ガードや、飛行魔法を使用する高位魔法詠唱者が警備している。
 また、敷地の最奥の塔、デス・ナイトが拘束されている塔では、皇室地護兵団ロイヤル・アース・ガードと実戦経験豊富な魔法詠唱者たちや、四体の石動像ストーンゴーレムが入り口を固めて守護している。
 副責任者は、フールーダが直接指導した弟子である「選ばれし三十人」の一人。*2
 

研究

名称
説明
魔法武具の生産騎士たちに与えるための魔法武具を生産している。最精鋭の者たちに優先的に与えられている模様。*3 一般流通するものも作っているかは不明。
新魔法の開発詳細不明。
魔法実験による生活レベルの向上詳細不明。帝都にあるマジックアイテム中心の北市場では、口だけの賢者考案のマジックアイテムが売られている。ロバー曰く「帝国の魔法技術は大したもの」ということなので、それらは帝国製である模様。*4 ただ、帝国の魔術師組合が作った可能性もある。
アンデッド研究アンデッドの自然発生する原理を研究している。帝国近郊にあるカッツェ平野というアンデッドが大量発生する土地への対策とも言える研究。
アンデッドの労働力食事と疲労とは無縁の労働力であるスケルトンで畑仕事を行い、余ったマンパワーを主に強兵に回すための研究。だが、神官たちという反対勢力があるため極秘裏に行われている。帝国の食糧事情が非常に良いことも反対理由を生むの原因の一つ。*5 また、アンデッドは未知の部分が多く、不安を抱くものも多い。
デス・ナイトの支配五年前にカッツェ平野で自然発生したデス・ナイト。*6 フールーダとその高弟が攻撃を行い捕獲に成功した。敷地最奥の塔の地下五階ほどに、幾重もの厚い扉で封印と言えるような厳戒態勢が敷かれている。フールーダはありとあらゆる手段を用いているが、支配できなかった。*7

他の組織との関係


小ネタ

このページへのコメント

他のwikiとかを見て、テーブルで一括化させるか、見出しで区切るかどっちが見やすいか検討中。
王国のほうでも試します。

ご意見などあれば是非雑談スレにでも。

Posted by 副管 2017年04月17日(月) 02:02:02

魔法省終わり

スケリトルドラゴンに石動象の追加(webと大きさ表現と名前が違ったので分けた)
古田と帝国の記述をちょっといじった

Posted by 副管 2017年04月01日(土) 22:14:07

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

メンバーのみ編集できます