《編集者募集中》Web小説・書籍・アニメなど様々な「オーバーロード」の情報をまとめています。考察や情報交換にお役立てください。

蜥蜴人リザードマンの集落
画像
詳細
タイプ部族の集落
リーダー各部族長
種族亜人種(リザードマン)
人口全五部族*1
創立不明
所属部族ごとに独立
所在地トブの大森林の湖の南側
Media
登場作品web 書籍
※上記は四巻登場時を記載

概要

 蜥蜴人リザードマンの集落とは、トブの大森林にある、瓢箪をひっくり返したような形の湖の南側にある、大湿地に住んでいる亜人種リザードマンの集落である。
 シャースーリューの曽祖父の時代に、湖の北側にいるトードマンに戦争で負けたことがある。
 また、元々七部族いたが、二年前に食糧難から部族間で戦争が発生して、多数のリザードマンが死亡。*2
 数が減ったことで食糧難が解消し、五部族まで減った。

 リザードマンには四至宝と呼ばれる、白竜の骨鎧ホワイト・ドラゴン・ボーン凍牙の苦痛フロスト・ペイン酒の大壺が有る。(あとひとつは不明)
 なお、リザードマンの数え方は「匹」ではなく「人」。

社会

 リザードマンは規律正しい階級社会であり、農耕や畜産の技術はなく、狩猟で80センチほどの魚を得て食料にしている。
 基本的に雑食であるが、植物や果実は食べない。食糧難の緊急処置として、ドルイドの魔法で生み出せる食料がある。
 よそ者を嫌う閉鎖社会であり、部族間の交流ですら盛んではない。*3
 神は存在せず、祖霊を信仰している。
ナザリック統治後
 ナザリックとの戦争でアインズの力をまざまざと見せつけられたリザードマンたちは、アインズを神と崇拝するようになる。
 ナザリック最初の占領地ということで、今後のモデルケースにするため、恐怖に頼らない支配をするようアインズからコキュートスへ勅命が下った。
 その後、統治者であるコキュートスの指示で、五部族全てが鋭き尻尾レイザー・テールの場所にまとまって暮らすようになる。
 まとまったことで巨大かつ強固な村になったはいいが、もともと三百人程度だった村に、すべての部族が集まったことで食糧問題が発生した。
 この問題を解決するべく、ナザリックの食料支援を受けつつ、ザリュースの魚の養殖がデミウルゴスの指導でより優れた形になり、その巨大生け簀を鋭意製作中である。
 また、村には聖殿が建設され、その最奥にアインズの姿を少し美化したそのまま石化したような精巧な石像が安置されている。*4*5
役職
役割
族長部族のトップ。最も強いものが数年に一度の族長選抜の儀式で選ばれる。
長老会族長を補佐する選ばれた年長者達 。
戦士階級戦士たち。戦士頭がまとめている。
一般のオス成人したオスリザードマン達。
一般のメス成人したメスリザードマン達。
子供幼少のリザードマンたち。
階級に属さない者たち
祭司森祭司ドルイドの祭司たち。天気予測からの危険の予知、治癒魔法を使った部族の生活の補佐。祭司頭がまとめている。独自判断が許されているが、族長の命令には従うことが求められる。
狩猟班野伏レンジャーたち。狩猟は行うが、彼等の最も重要な仕事は、リザードマンにとって安全ではない陸上(森)での伐採作業である。狩猟頭がまとめている。独自判断が許されているが、族長の命令には従うことが求められる。
旅人外の世界を求めて旅立つリザードマン。権力から完全に離れた異分子。殆どが旅から戻らないが、極々稀に帰還したものは、知識を持ち帰ったことで高い評価を受けるようになる。

部族

部族名
説明
緑爪グリーン・クローかつての戦争の勝利側。族長はシャースーリュー・シャシャ凍牙の苦痛フロスト・ペインの所有者であるザリュースが旅から帰還して、魚の養殖を開始する。
小さき牙スモール・ファングかつての戦争の勝利側。族長は元狩猟班の凄腕レンジャー。族長選抜も投石の一撃で終わらせた。*6 彼の名前やその後は不明。
鋭き尻尾レイザー・テールかつての戦争の勝利側。四巻の戦争の主戦場であり、以後の総合部族村。族長は白竜の骨鎧を装備したキュクー・ズーズー。統治後に養殖場が八巻の段階で四つ、そしてアインズ・ウール・ゴウン魔導王の格好いい石像が設置されている。
黄色の斑イエロー・スペクトルかつての戦争の敗北側。竜牙ドラゴン・タスクに生き残りが加わった。
鋭剣シャープ・エッジかつての戦争の敗北側。族長が元凍牙の苦痛フロスト・ペインの所有者。シャースーリューとザリュースに倒された。*7 生き残りは竜牙ドラゴン・タスクに加わった。
朱の瞳レッド・アイかつての戦争に参加しなかった部族。同族食いを行ったことで内部で争った。森祭司が多い。アルビノのクルシュ・ルールーが族長代理をしている。
竜牙ドラゴン・タスクかつての戦争に参加しなかった部族。敗北した部族達を引き入れた。強さこそが全ての部族で、最も武力があるとされている。他の部族と交流がなく謎が多かった。族長は旅人のゼンベル・ググー。四至宝の酒の大壺がある。
人口
  • 戦争参加人数*8:戦士429名、祭司26名、狩猟班6名、オス59名、メス389名、族長5名、旅人1名の計1386名
  • 避難民*9:戦士10名、祭司3名、狩猟20、オス70、メス100、子供若干名、×5部族分、およそ1,015人

他の組織との関係

ナザリック地下大墳墓
  • 幾多の世界を切り取った神の領地。
小ネタ
  • web版で族長の一人は蘇生魔法に耐えきれず灰となった。アインズ様もびっくり。*10

このページへのコメント

統治後の文章を修正。

Posted by 副官 2017年06月06日(火) 21:59:32

組織のリザードマン終わり。
キュクー・ズーズーへのツッコミお待ちしております。

Posted by 副管 2017年02月18日(土) 23:42:16

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

資料集

魔法・スキル

メンバーのみ編集できます