Path of Exileの攻略情報Wikiです。

Scion(サイオン、御曹司)


 Scion(サイオン、御曹司)は Strength(力)、Dexterity(器用さ)、Intelligence(知性)を併せ持つハイブリッドの Class(クラス、職業)である。平均的なステータスを持ち、様々なスキルを使いこなすことができる。このクラスのみ最初から使用できず、他のキャラクターでプレイを進めることで使用可能になる。パッシブスキルは、初期位置の近くのノードは他クラスと比べて若干弱めだが、ジュエルソケットへはアクセスしやすい。

Ascendancy Class

他のクラスと異なり、Scionは Ascendant ただ1つを習得することになる。
Ascendant
他の Ascendancy Class の特徴を表したパッシブから選んで取得する。他ベースクラスの開始地点からパッシブを取得することもできる。
Uber Labyrinthまでの合計8Pを使うと、2つの Ascendancy Class (3 + 3 pts) の他に、パッシブポイント / 基礎パラメータ / ベースクラスからのパッシブを取得する権利のいずれかを得ることになる。
クラスパッシブ説明補足
MarauderBerserker最近殺害していた場合、与ダメージの 1% を Life として吸収 (Leech) する。被ダメージ増加のデメリットがある。殺害が必要だがライフ吸収は攻撃/スペルやダメージ種別を問わない。
被ダメージ +5%。
最近Savage Hit を受けていた場合、攻撃と詠唱の速度 +25%。
与ダメージ 10% more
ChieftainIgnite の確率 +15%キャラクターだけでなくトーテムが殺害しても炎ダメージボーナスが得られる。
Totem の存在中、ダメージ +30%
最近、殺害していた場合、物理ダメージの 15% を炎ダメージとして追加で得る。
Totem の存在中、ライフ再生 (Regenerate) +2%
JuggernautArmour +30%確実性には欠けるが、Unwavering Stance の代わりになる。
Chill しない。
被ヒット時に 10% の確率で Endurance Charge を得る。
Endurance Charge が最大数の場合、Stun しない。
TemplarGuardianブロック率 +3%パーティプレイでのチャージ共有に真価がある。ソロプレイでもブロック率上昇と速度上昇は無駄にならない。
5秒おきに、キャラクターの CurseElemental Status Ailments が解除される。
キャラクターの詠唱した Aura? の効果を受けている味方の攻撃と詠唱の速度 +12%
パーティメンバーは Charge を共有する。
Hierophant最大マナ +25%兜なので最大4リンクに限定されるものの、ダメージペナルティが無いため用途によっては本家にも勝る。
最大マナの 10% 相当の 最大 Energy Shield を得る。
に装着したスキルならば、トーテム設置数 +1。
トーテム設置時に 20% の確率で Power Charge を得る。
Inquisitorエレメンタルダメージ +20%Elemental Status Ailments とは、Ignite, Chill, Freeze, Shock を指す。Arctic BreathArctic Armour が生成する凍った床は必ず Chill させるため相性が良い。一方、Searing BondRighteous Fire は燃焼 (Burning) ダメージを与えるだけで Ignite はさせないため、クリティカル率の上昇効果は受けられない。
Consecrated Ground から得られるボーナスは防御的なものであり、攻撃/防御/回復のすべてをカバーする本家には劣る。
Elemental Status Ailments の敵に対して、クリティカル率 +120%
殺害時に 20% の確率でConsecrated Ground を生成し、8秒継続する。
Consecrated Ground 上にいる場合、被エレメンタルダメージ -8%
WitchElementalist被エレメンタルダメージ -4%複数の同じ種類のゴーレムを召還していても効果は重複しない。異なる種類のゴーレムならば、それぞれの属性が強化される。
与ダメージは敵のエレメンタル耐性の 5% を貫通する。
レアまたはユニークの敵を殺害した際、4秒間、Elemental Conflux を得る。
属性の一致する Golem を召還している場合、その属性のダメージ +30%
Necromancer自身を含む味方の被物理ダメージ -4%複数のAuraを展開しても与ダメージ上昇効果は重複しない (Aura毎ではない)。
Offering スペルの効果 +15%
キャラクターの詠唱した Aura? の影響下にある自身を含む味方の与ダメージ +15%
最近消費した死体ごとに、キャラクターとそのMinionの攻撃と詠唱の速度 +2%
OccultistEnergy Shield 最大値 +20%ライフではなく Energy Shield の再生を得る珍しいパッシブ。「最大値 +20%」も、本家に迫る効果がある。
Energy Shield 再生 1%
キャラクターの詠唱した呪いの影響下にある敵は、カオス耐性 -15%
最近、呪った敵を殺害した場合、ダメージ +20%
ShadowAssassinクリティカル基礎値 +1%Maim は移動速度 -30% の効果のあるデバフ。
ライフが最大 (Full Life) の敵に対して、クリティカル倍率 +40%
ライフが最大 (Full Life) の敵へのヒット時に、10% の確率で Power Charge を得る。
攻撃 (Attack) によるクリティカル時に、敵に Maim を与える。
SaboteurTrap の投擲クールダウン時間を 20% 短縮。本家を全体的に弱めた効果。
Trap を投擲した際、20% の確率で Smoke Cloud を生成する。
ダメージ +5% / TrapとMineの設置数
最近、Mineを起爆していた場合、ダメージはエレメンタル耐性の 6% を貫通する。
Trickster最近、キャラクターの継続ダメージの影響下にある敵を殺害した場合、Life, Mana, Energy Shield の回復効果 +30%。こちらも本家を全体的に弱めた効果ではあるが、汎用性があるため活かしやすい。マナ再生だけなら本家に勝る。
Energy Shield が満タン時、回避の確率 20% more。
Energy Shield が満タンでない時、ダメージ +20%。
最近、Movement スキルを使用していた場合、マナ再生 +100%。
RangerDeadeye投射物の貫通 (Pierce) 確率 +30%当初に比べ弱体化されてしまった。Far Shot 効果も本家の more に対してこちらは increased なので寂しい。
攻撃に 15% の出血確率を付与。
投射物が発射元から離れるほどダメージが上昇し、最大 +30%。
スキルは追加の投射物を発射する。
Pathfinderフラスコチャージ率 +50%どんなビルドでもフラスコ効果は嬉しい。チャージ率だけなら本家に勝る。
フラスコ効果中、ダメージ +25%
フラスコ効果中、Freeze, Shock, Ignite, Bleed の回避率 +50%
フラスコ効果中、被エレメンタルダメージ -4%
Raiderエレメンタル状態異常の回避率 +25%Pacifism?等でFrenzy Chargeの最大数を0にすれば常にOnslaughtになる。
攻撃 Dodge 確率 +4%
殺害した際、10% の確率で Frenzy Charge を得る。
Frenzy Charge が最大数の場合、Onslaught を得る。
DuelistChampion近接 (Melee) 与ヒットの際、10% の確率で Fortify を得る。長期戦ではMovementスキルにFortify Supportをリンクするより信頼がおけるだろう。
与ヒットの際、20% の確率で挑発 (Taunt) する。
キャラクターが Fortify 状態の間、味方の与ダメージ +15%。
挑発した敵からの被ダメージ -4%。
Gladiatorブロック率の 30% を Spell にも適用する。スペルブロックに関しては、本家 (100%) に比べると劣るが、同じ効果のユニーク装備と組み合わせれば十分な効果を得られる。
ブロック率 +3%
攻撃での与ヒットの際、15% の確率で出血 (Bleed) させる。
最近、出血状態の敵を殺害していた場合、ダメージ +30%
Slayerレアまたはユニークの敵に対して、ダメージ +30%オーバーキル・ダメージの吸収は、どちらかというと On Kill での回復に近い。
オーバーキルダメージの 10% をライフとして吸収 (Leech) する。
ライフ満タン (Full Life) の敵を必ず Stun させる。
Culling Strike

ビルド

名称メインスキルバージョン用途
Basic Essence Drain BuildEssence Drain2.5CI/LL

旧バージョン用

初期ステータス

StrengthDexterityIntelligence
202020

Passive Skill(パッシブスキル)

パッシブツリーのスタート地点周辺に多いスキル、主要なスキルは以下の通りである。
  • Armour 以外の防御系ノードは豊富にある。Life のノードが非常に多い。
  • ジュエルソケットを数を多く取得できる。
  • Aura や Curse のノードは各クラスの間のエリアに多いため、比較的アクセスしやすい。
  • Minion や Totem のノードは各クラスの間のエリアに多いため、比較的アクセスしやすい。

クエスト報酬

クエスト報酬で入手できるスキルジェムサポートジェムは以下の傾向がある。
  • 幅広く数多いスキルを報酬として得られる。1キャラクターで取得/購入できるスキル数は、全ベースクラスの中で最多である。
  • 入手できないスキル: 呪いの一部 (Warlord's Mark, Poacher's Mark, Assassin's Mark)

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

エリア・クエスト攻略

どなたでも編集できます