Path of Exileの攻略情報Wikiです。

Templar(テンプラー、僧侶)


 Templar(テンプラー、僧侶)は Strength(力)と Intelligence(知性)に優れたハイブリッドの Class(クラス、職業)である。Melee? Weapon(近接武器)の中では特に Staff(杖)や Mace(メイス)の扱いに優れている。また Shield(盾)の扱いにも優れている。ダメージを与える Spell?(魔法)や Minion(ミニオン)、Totem(トーテム)も使いこなすことができる。属性ダメージスキル、特に Fire(火)ダメージを与えるスキルを容易に使うことができ、Critical Strike(クリティカル)によって大ダメージを与えやすい。AoE?(範囲)スキルや Aura?(オーラ)スキルの使用も得意としている。高めの Life(ライフ)、Armour(装甲)、Energy Shield(エナジーシールド)による防御を得意とする。

Ascendancy Class

Inquisitor
エレメンタルダメージに注力し、クリティカルストライクや耐性貫通を得意とする。Consecrated Groundの扱いにも長ける。
パッシブ説明補足
Instruments of Virtue最近、Spellを詠唱 (Cast) していた場合、Spellダメージ +30%AttackもSpellも自発的に使用する必要がある。Cast On Critical Strike等のTrigger経由での誘発したスキルは使用したとみなされない。同様に、TotemTrapの設置は攻撃でも詠唱でもない(その設置物が攻撃/詠唱することは無関係)。
Whirling Bladesで移動して詠唱したり、Lightning Warpで移動して攻撃すると活用できる。
最近、Spellを詠唱していた場合、Attackダメージ +50%
最近、攻撃 (Attack) していた場合、攻撃速度 +20%
最近、攻撃していた場合、詠唱速度 +30%
Sanctify被ヒットした際、25% の確率で Consecrated Ground を生成し、8秒間継続する。Consecrated Ground 上では(デフォルトで)ライフ再生 +4% を得る。
殺害した際、25% の確率で Consecrated Ground を生成し、8秒間継続する。
あなたの生成した Consecrated Ground は、あなたと味方の与ダメージを +40% する。
Pious PathConsecrated Ground 上では、Elemental Status Ailments に対して無敵になる。Elemental Status Ailments は Ignite, Chill, Freeze, Shock を指す。なお、燃焼 (Burning) は無効化しないので、Righteous Fireや敵のSearing Bond等からのダメージは受ける。
マナ再生は最大値に基づく量のため効果が高い (increaseではなくベース値への修整)。
Zealot's Oathと合わせると、合計 8%/秒のES再生になる。
Consecrated Ground 上では、マナとエナジーシールドが最大値の 4%/秒 再生する。
Consecrated Ground 上では、攻撃と詠唱の速度 +25%。
Augury of Penitence近くの敵が与えるエレメンタルダメージ 8% lessどちらも乗算割合なので効果は大きい。「近く」が表す距離はどの程度?(未検証)
近くの敵が受けるエレメンタルダメージ +16%
Righteous ProvidenceElemental Status Ailments になっていない敵に対して、クリティカル確率 +100%上と同様、Burning と Ignite の違いに注意。例として、Righteous Fire 範囲内の敵は Ignite してはいない。Flame Surge (燃焼中なら 50% more) とは記述が異なる。
Elemental Status Ailments になっている敵に対して、クリティカル倍率 +45%
Inevitable Judgementクリティカルストライクは敵のエレメンタル耐性を無視する。「無視」とは「耐性を 0 として扱う」ことを意味する。処理の最後で適用されるため、他の耐性を上下させる手段は意味が無くなる。滅多に無いが、耐性がマイナスの場合はむしろダメージが減少する。終盤のボスは 45% 以上の耐性を持つため、ダメージ上昇効果は 100% more に迫る。Elemental EquilibriumFlammability でも類似の効果は得られるので、それらの手間やビルドへの制限を比べて選択したい。
このダメージが反射されてもプレイヤーの耐性を無視することは無い。ただ、与ダメージが大きくなりやすいことには注意。
非クリティカルストライクは敵の耐性を 10% 貫通する。
Hierophant
マナの量と再生を高め、マナによるダメージの減少を得意とし、複数のトーテムを扱う能力に長ける。
防御系のパッシブは Mind over Matter + Eldritch Battery の構成に向きそうだが、途中のパッシブのマナ最大や再生UPが勿体なくもある。
パッシブ説明補足
Illuminated Devotionに装着したスキルは、エレメンタル属性を 20% 貫通する。3か所が実質 5-Link になることを活用したい。
手袋に装着したスキルは、効果範囲 (Area of Effect) +20%
に装着したスキルは、ダメージの 2% をライフとして吸収する。
Pursuit of Faithキャラクターまたはトーテムのダメージ +4% / 最近の殺害数斃した数だけ効果は重複する。
トーテムが設置中の場合、攻撃と詠唱の速度 +8%
Ritual of Awakeningトーテムの同時保持数 +2トーテムの本数ごとに総ダメージは 92%, 168%, 228%, 272%, 300% と効率が落ちる。Minion系のスキル (Summon Raging Spirit等) やダメージ以外の用途なら欠点を回避できる。
トーテムダメージ 8% less / トーテム本数
Conviction of Powerキャラクターまたはそのトーテムの殺害時、15% の確率で Power Charge を得る。他の手段や個数上限に達した後で Power Charge を得た場合にも Endurance Charge を得る判定は行われる。貧乏人用の Voll's Devotion? になり得るか?
Power Charge を得た際、25% の確率で Endurance Charge を得る。
Divine Guidance最大マナ +150Mind over Matterと同様の効果である。エナジーシールドに対するダメージや継続ダメージは変換されない。
被ヒット時、ダメージの 10% をライフよりも先にマナに受ける。
Sanctuary of Thought最大 Mana の 25% を最大 Energy Shield として得る。前提条件が Divine Guidance なので、どうしても被ダメでESが減少する(通常でもMind over Matterでも)。常にコスト無料というわけにはいかない。
スキルのマナコスト -50%
エナジーシールド最大時、スキルのマナコスト -50%
Guardian
自分自身を含め、パーティ全体を防御的にサポートする。
パッシブ説明補足
Radiant Faithリザーブした (Reserved) ライフの 160% を、あなたと味方に Armour として与える。ライフとマナの両方をリザーブできる、Low-Life型のビルドに向く。例: 2000ライフ / 800マナのリザーブならば Armour+3200 / ES+120
リザーブしたマナの 15% を、あなたと味方にエナジーシールドとして与える。
Unwavering Faithキャラクターのキャストした Aura? は追加で、味方に対して物理ダメージ軽減 +1% の効果を与える。効果は Aura ごとに加算される。こちらも、たくさんのAura?を展開できるLow-Life型のビルドに向く。対象は自身を含めた味方なので、Blasphemy?等の敵対的オーラには効果は無い。
キャラクターのキャストした Aura は追加で、味方に対してライフ再生 0.2% の効果を与える。
Harmony of Purposeあなたと近くのパーティメンバーは Power, Frenzy, Endurance Charge を共有する。
近くの敵は Power, Frenzy, Endurance Charge を得られない。
Prayer of Glory最近、Warcryを使用していた場合、味方の攻撃速度, 詠唱速度, 移動速度 +15%。Warcry のクールダウン時間は4秒であり、最近 (Recently) の間隔と等しい。タイミングが合えば切れ目なく維持できる。
Warcry を瞬間的に使用できる。
Warcry をコスト無しで使用できる。
Time of Needあなたへの呪い (Curse) の効果 -25%値だけを見れば ライフ再生 6%/秒 相当と、かなり大きい。
5秒おきに、呪いとエレメンタル状態異常 (Elemental Status Ailments) が解除される。
5秒おきに、1秒をかけて最大ライフの 30% を再生する。
Bastion of Hopeブロック率 +5%。一定時間ごとではあるもの、平均してブロック率 +15% を得られると考えれば十分な防御性能といえる。
5秒中の1秒間、ブロック率 +50%。
あなたが最近ブロックしていた場合、あなたと近くの味方はスタンしない。

ビルド

名称メインスキルバージョン用途
(最新バージョン用は登録されていません)

旧バージョン用

初期ステータス

StrengthDexterityIntelligence
231423

Passive Skill(パッシブスキル)

  • Strength と Intelligence を上昇させやすい。Life 系のノードはそれなりにある。Mana に関してはマナコストやリザーブの量を減少させるノードが多い。防御では Armour、Energy Shield をそれなりに上昇させやすい。all Elemental Resistance を上昇させるノードが非常に多く、Chaos Resistance を上げるノードもある。
  • Staff、Mace、Shield のノードが非常に多い。クリティカル率を上げやすい。また Weapon Elemental Damage のノードの上昇量が大きい。
  • Area のノードが多い。
  • Elemental Damage のノードが多く、特に Fire 系を強化しやすい。
  • Aura 関連のノードが多い。
  • Totem のノードが多く、Minion のノードもそれなりにある。

クエスト報酬

クエスト報酬で入手できるスキルジェムサポートジェムは以下の傾向がある。
  • Strength ジェムの Melee スキルのほとんどを入手できる。
  • ほとんどの Minion と Totem スキルを入手できる。
  • 多くの Fire スキルと AoE スキルを入手できる。
  • 入手できないジェム: 物理スペル (Ethereal Knives, Blade Vortex, Bladefall), 弓スキル, Frenzy Charge関連スキル

このページへのコメント

Radiant Faithは自然とそういう環境になるLowLifeビルド(特にAuraBOT系)での運用を想定しているんじゃないかな

Posted by なお 2016年06月25日(土) 13:10:30

Radiant Faithの効果は要するに
「何らかの効果でリザーブされたLifeやMana分のArmourやESを得る」
という効果 複数積めばその分重複して効果が大きくなるが、
性質上やり過ぎは破滅に繋がるので注意
また、AoEかつ結構広域ではあるものの、
範囲増加系のパッシブの効果を受けないみたい…
大抵他種のAuraに勝手にDisciplineがついてくるような物になる

Posted by  2016年06月25日(土) 06:26:13

Hierophantに関して
Ritual of Awakeningのみだと補足の通りですが、実際に運用する際はPursuit of Faithも込みで使うことになるのでトータルでは多少マシになります。
(雑魚戦なら20キル分くらいは簡単にスタックする)

実用面で言うと雑魚戦では分散配置して殲滅速度を上げたり、ボス戦ではトーテムを一度に破壊されて本体が狙われるリスクを下げたりといった感じで
使い勝手自体は悪くありません。

Posted by なお 2016年04月08日(金) 05:09:50

初期ステータスは32ではなく23ですね

Posted by a 2015年03月11日(水) 03:49:54

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

エリア・クエスト攻略

どなたでも編集できます