現代社会をベースにしたペルソナCoC、その世界観とルール構成


特殊変化系

武器や防具に該当しない、特殊な変化をさせる物。
ペルソナの姿をよりその姿に近くする事で、その姿に該当した技能での行動が可能になる。
車両化・騎乗化はひとまとめに<騎乗化>とする。
スキル名ランク属性消費範囲威力効果回数命中率バステ・即死基本付着率効果
騎乗化4自動効果-自分----ペルソナを各種騎乗できる乗り物へ変化させる。習得後、形状や技能、効果を決める。
騎乗化習得時に形状と技能と効果を指定します

変化補助系

スキル名ランク属性消費範囲威力効果回数命中率バステ・即死基本付着率効果
同時発現4自動効果-自分----異なる変化スキルを二つまで同時に発現させる。ペルソナが解除される状態になれば両方とも消える。
真・同時発現5自動効果-自分----ペルソナ変化系の別スキルを同時に三つまで発現可能になる。
騎乗化の心得4自動効果-自分----対応する騎乗化に必要な技能にペルソナの速/2を判定に加える。
騎乗強化<機動向上>5自動効果-自分----騎乗化の際、イニシアティブに+20を加える。
騎乗強化<攻撃向上>5自動効果-自分----騎乗化での攻撃判定を行う際に、そのdbでのダメージロールに+1dbを加える。
騎乗強化<装甲強化>5自動効果-自分----騎乗化中、耐久dbを常に一段階上昇する。
騎乗強化<同時騎乗>5自動効果-自分----他者一人を騎乗したペルソナに乗せる事ができる。同乗者は命中対象からいなくなるが回避行動は取れなくなる。行動自体は可能だがペルソナによる行動しかできない。ダメージは騎乗化したPCだけが受けるが、ダウン発生時は両者共にダウンする。騎乗化したPCが倒れた際は自動的に同乗も解除される。

形状

大きさはペルソナのSIZと同等。人よりも一回り二回り大きい程度(大きくても3mまで)
いわゆるガンダムなどのロボットや戦車、航空機などの大きすぎる乗り物は不可です。
空中を浮く事もできますが、高度はあまり保てません。また、どの形状も原則として一人乗りとします。

技能

技能は騎乗化した際、判定に用いる技能となります。
基本的に操縦、運転、乗馬の三つとなります。

効果

騎乗化の共通内容
騎乗化における防御行動について
本体回避ができなくなります。その代わり、ペルソナの速もしくは該当する技能での回避が可能ですが、技能回避は一回のみです。(本体回避と同等)
形状に関わらず、耐久dbや耐性は常に反映されます。また、一部の行動判定を各種技能で補う事も可能です。(庇い判定など)
また、HPやMPを消費する行動には各種スキル効果が反映されます(ブースタや各種心得、オーバースキルなど)。カジャ系やンダ系に関してはdbの上昇・下降は消費行動に関係なく反映されますが、スクカジャ・ンダは消費行動にのみ反映されます。
騎乗化<攻撃型>
騎乗化<攻撃型>の攻撃の注意
属性を二つ選択し、その属性による攻撃が可能。消費MPを「最大で3」まで選択し、威力は選択した消費MP*db。dbは物理dbもしくは魔法dbどちらかを参照。命中判定は選択技能もしくはペルソナ技能。
この攻撃は「スキルによる攻撃」として扱う。SP利用なども可能。また、この攻撃を行う時、威力に+25%を付与する(各種ブースタと同様効果。各種ブースタ等と重複可)
属性はペルソナの系統に依存する必要はないが、弱点属性の系統、及び回復・万能系統を指定することは出来ない
物理dbを参照にした場合は物理属性、魔法dbを参照にした場合は魔法属性となります。
また、この騎乗化は防御宣言ができず、防御状態になることもできません。ダウン耐性を元から40%を持ちます。
騎乗化<防御型>
系統による属性攻撃が可能。物理dbもしくは魔法dbどちらか参照で威力は1db固定。消費はMP1。命中判定はペルソナ技能。
また、耐久db*2を参照にした物理攻撃も可能。命中判定は選択技能(<操縦>or<運転>or<乗馬>)。
この攻撃は属性は万能固定、消費は無いがブースタなどのスキルは適応されない。
この騎乗化は防御宣言ができず、防御状態になれない代わりに常に耐久dbの結果が+50%されます。また、ダウン耐性も元から60%を持ちます。
また、スペシャル・クリティカルによる「貫通効果」(耐久dbを無効化)を無効化する。
騎乗化<機動型>
系統による属性攻撃が可能。物理dbもしくは魔法dbどちらか参照で威力は1db固定。消費はMP1。命中判定はペルソナ技能。
技能回避が複数回可能。二回目以降は-10%の補正がかかります。
また、この騎乗化中に本体による攻撃が命中した際、該当技能(<操縦>or<運転>or<乗馬>)の判定に成功する事でペルソナの物理または魔法dbの追加ダメージが発生します(回避可能)
この追加攻撃は属性は万能固定、消費は無いがブースタなどのスキルは適応されない。
また、この騎乗化は防御宣言ができず、防御状態になることもできません。ダウン耐性を元から20%を持ちます。

変化系共通の注意

魔封を食らうとペルソナは消えないが、それぞれの特殊効果が消えてしまう。
武器化であれば威力もなくなってしまうので注意すること。
また、武器化や防具化、騎乗化はペルソナ自身による行動の制限がかかる(ペルソナを動かすことができないため)事も注意。
なお同時発現がない状態で複数の変化系を習得した場合、どれを使うかを自ターンで宣言する必要がある。宣言でのターンは消費しない。

騎乗化の補足

騎乗化の『防御行動』について

騎乗化では宣言を含めた「防御」行動を行うことができません。
これは行動消費によるものだけではなく、スキルによるもの(<シールド〜>、<騎士の盾>など)も含めて不可能、となります。

騎乗化<攻撃型>の攻撃の注意

騎乗化<攻撃型>の消費MP1~3を選択して行える攻撃は、『元々選択していた消費MP依存』となります。
そのため、その他スキルや特殊な状況による効果によって消費が変動した場合でも威力に変化はありません。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu1

参加者情報

道具ルール


旧アイテム表の物は購入できません。
使用・売却の際に参考にしてください。 なお、新アイテム表と同じ物は新アイテム表を優先します。

どなたでも編集できます