現代社会をベースにしたペルソナCoC、その世界観とルール構成

鍛錬の場とは


S.A.I本部にあるペルソナ使いやS.A.I隊員が使う広い場所。
練習用の銃などもあり、日夜S.A.I隊員はここで鍛錬を行っている。

また、ここには擬似的に霧と同じ空間を作る装置があり、ペルソナ使いはペルソナを出す事も可能。
更に人工的に作られたシャドウを生み出す装置もあり、操作責任者(基本的に正隊員であれば誰でもよい)がいる場合、戦闘シミュレーションなども可能となっている。
そのため、ここを利用し鍛えようというペルソナ使いも多い。

鍛錬卓のルール

BPはアルカニストは10、ワイルドは6固定とし、シャッフルタイムは+1固定

各種グロウ系、ホワイトアルバム、その他報酬に影響するスキルは効果がない。
また、アルカニストボーナスも適用されない。

技能チェックは各一回のみ

重複はせず、どの技能も一回のみ。

SAN減少はなく、SAN報酬もない

ただし、HP0以下によるSANチェック自体は行う。その後、SANの減少値によってLPが追加で減少する。
LP0になった場合、その戦闘に復帰する事はできない。

以下がその表である

ただし、SANを減らすようなORスキルやAFを使った場合は減少が適用される。

マッカ報酬はないが、出てきたNPCのコミュ報酬は発生する。

NPCの数に規定はない。ただし、人手不足によってNPCを救援に入れるのは禁止。
また、コミュ報酬もR1.0以下のNPCのみ報酬発生する。
この時の報酬は最大でもダイスは1d4、固定値は2が最大とする(1d4+2が最大)

セッション開催は一人のKPにつき月二回までとし、PLが参加できるのは月二回まで

別のKPによる鍛錬セッションが開催されても、その月ですでに二回他のKPの鍛錬セッションに参加してる場合は
そのセッションには参加できないので注意。

シャドウの強さの設定とドロップに関して

鍛錬セッションに出すシャドウは最低でも上級ランクとする。
また、通常のドロップ設定は適用されない(マッカやスキルカードはでない)が
SORのみ運判定時にスペシャル、もしくはクリティカルが発生すると手に入れることができる。
(上級・最上級はクリティカルのみ)
なお、鍛錬卓も卓である以上、募集ページのないものや参加申請のないものは無効とする。
プロフィールや持ち物、その他キャラシートやペルソナシートは必ず確認する事。

KPへのチケット配布について

通常卓同様、規定時間に合わせた「BPチケット」がKPには支給されます。
ただし、PLに対して「マッカ報酬」が発生しないため、KPに対しても「マッカチケット」は配布されません。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu1

参加者情報

どなたでも編集できます