トイプードルを飼うにもいろいろな注意が必要。トイプードルがどんな犬なのかから、しつけの仕方、適切な食事など、わかりやすく解説!

よく「小型犬だから部屋の中で動いてるだけで大丈夫」などと言う人がいるが、大間違いだ。小型犬といえども、部屋の中程度の広さなのかで運動しても、大した運動にはならない。まあ、部屋が1キロくらいアル人は別だけど。


ちゃんと外に散歩へ連れていこう


小型犬のトイプードルといえども、ちゃんと外で散歩させなくてはダメ。それなりの距離をゆっくりでいいので歩かせてあげよう。週に一度でもいいので30分以上、歩くといいだろう。散歩を怠ると太りやすくなってしまう。小型犬は内蔵に脂肪がつくと最悪死に至ることもあるので、運動させることはとても大切な事なのだ。

太陽に当てる


トイプードルは皮膚が弱い。なので、定期的に太陽に当てて免疫力をあげてあげる必要がある。陽に当てない生活を続けていると、免疫力の低い犬になり、病気にもかかりやすいのだ。

温度管理


運動には直接関係がないけど、トイプードルは人間よりも温度に敏感だ。特に子犬の場合は、15度〜28度の間で管理しよう。クーラーや、ペット用ヒーターなんていうものあるので、それらを利用するといいかも。成犬になれば、寒さには強くなるが、暑さには相変わらず弱いので、30℃以上にならないように気をつけよう。間違っても、真夏にクーラーもつけずに部屋に放置して出掛けるなんてことをしないように。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

管理人/副管理人のみ編集できます