「ダークソウル2」(DARK SOULS II) 攻略サイト Wiki です。攻略情報、および最新ニュース、制作秘話、裏話などをお送りします。

1月6日(月) レセプションパーティー参加レポート


◆ プロローグ


レセプションパーティー、招待状の配送から数日・・
親友にバックスタブをして手に入れた招待状を握り締め、男はこうつぶやいた。

ますらお『すまないリョウヘイ・・お前の当てた招待状は、この俺が使う・・!』(実話)


◆ レセプションパーティー


・・ということでダークソウル Wiki の管理人としての情熱で
友達から招待状をもらい、さらに2名で参加可能という条件を活かして2名で
レセプションパーティーに参加した時のレポートを書かせていただきます。



◆ レセプションパーティー会場まで


19:30〜 都営大江戸線&日比谷線 六本木駅に到着。
2番出口地上から約15分ほど歩いた所に「ダークソウルカフェ」として今回コラボしている
「OZ Cafe」を発見!

六本木駅からだと結構歩くのと、ファミリーマートが2つあるので間違えやすかった・・
曲がり角にダークソウルの看板が設置されているのでそれを目安に曲がるとわかりやすい。



角を曲がってすぐにダークソウルカフェの看板を確認。
入り口には1月の厳冬の気温の中、フロムの社員の方が立っておりました。


◆ レセプションパーティー会場


入店すると火防女アナスタシア風衣装に身を包んだお姉さんにテーブルを案内される。
このお姉さん、とっても美人でした。あとでわかりましたが1月6日にしかいないそうです。



座席数はカウンターを含めておよそ50席ほど。
カウンターは使っていなかったので、40人分くらいの席が使われていました。


テーブルに座ると、本日のメニューとランチョンマット、コースターが置いてある。
コースターやランチョンマットはレセプションパーティー当日しか使わない。
とのことで、帰りにもらいました。



ドリンクオーダーを、鎧に身を包んだ戦士タイプのお姉さんにとってもらう。
早速注文したのは「エスト瓶」!



やっぱこれだよね!ソウルに染みるわ〜!
というエスト瓶の中身は、どうやら海外のビールでレモンビール味でした。
うまい。

店内には既に招待状を受けた様々な生身の不死人達がいて
レセプションパーティーに招待された喜びをかもしだしていました。

当日の食事メニューは、本日のメニューに記載されている内容で
コースメニューとなっており、コース以外の料理は1月7日以降からじゃないと
注文できないようになっていました。





1月7日からのメニューにも相当力が入っており
説明文もかなりのクオリティ。ダークソウルのアイテム説明の口調で
料理の味について刻々と明記されていました。
今度来た時にまたレポートしたいと思います。

◆ オープニング


コースメニューが配られる中、レセプションパーティーの説明が始まります。
司会のフロム社員の方のマイクの案内で、レセプションパーティー参加の祝辞と
この日に初公開となった、ダークソウルのオープニングムービーがプロジェクターで
再生されました。

ムービーが流れる前に画面が見えるところにぞろぞろと移動する招待客。
みんな期待の目をスクリーンに集めます。

ムービー再生!
このムービーは撮影禁止となっていたので残念ながらお見せできませんが
近々ホームページ上でお目にかけることができるそうです。お楽しみに♪
  • 1/17追加


ムービーの再生が終わると、拍手が飛び交います。
さらに、プロジェクターのスクリーンが閉じられ、背後に控えていた
『篝火』のオブジェクトがお目見えとなりました。

篝火の周りにはダークソウル体験会や告知ムービーで頻繁に登場した
生まれ:ウォリアーの甲冑と宝箱、盾やソードなどでした。



その武器を手に取り、フロム社員の方が説明を始めます。

「今回、ここに置いてある武器や防具は、順番に好きなように着ていただいて
 写真撮影などしていただければと思います。
 本日のレセプションパーティは、1部、2部とありましたが、1部の学生さんなどに
 大変好評でした。是非一度着ていただいて記念写真をお持ち帰りください」

・・こんな感じのアナウンスをしていました。

そのアナウンスを受けて、はじめは緊張気味でしたが
一人が鎧を着て記念撮影を摂り始めると、ぞろぞろと列ができていきました。

その列に、ますらおと友人のマッチョも並びます。
憧れのウォリアーになった気分で、様々な写真を撮影しました。


◆ 招待された人々(ゲームプレイヤー or 不死人)


管理人のますらおは2部からの参加だったので
1部の人達の様子はわかりませんが、2部の参加者の大半の人達は
20代後半〜30代の方々だったのではないでしょうか?



みなさん、社会的に一人前の雰囲気がして
結構店内にはダンディな大人の雰囲気がしていました。
そんな中、ダンボールの兜を被るのは結構緊張しました。
中にはダークソウルのぬいぐるみを作ってきた人もいて
既に製品として販売されそうなすさまじいかわいさ&クオリティの人形を見せてもらいました。
もし発売したら即買って枕元に置いておきたい (^^)



あとは日本人ではないけど日本語ペラペラの方や
すごくかわいい彼女(奥さん?)を連れてきている人もたくさんいて
にぎわっていました。


◆ 感想


今回レセプションパーティーに参加するということで
この攻略 Wiki に日頃から来ていただいているファンもいるかもしれない
ということで、目立つように一通りダンボールの兜を被って遊んだあと
攻略 Wiki 管理人の名刺を配らせていただきました。



参加した方のほぼ全員が Demon's Souls の時から
当 Wiki を知っていただいている方ばかりで、管理人だと名乗ると
「いつもお世話になっています!」と感謝の言葉をかけてもらえました。

管理人名利に尽きる。幸せな気持ちにさせてもらいました(^^)
皆さん嫌な顔一つせずに快く名刺を受け取っていただき、ありがとうございました。
この場を借りて感謝いたします。


フロム社員の方に名刺を渡した時は
「あー!あの Wiki の!いつもお世話になってます!
 たまに社内で武器のパラメータとかわからなくなることがあって
 たびたび社員の間でも Wiki の数値を参考にさせてもらってます!ww」

と笑って対応してもらいました。
攻略 Wiki というと、ちまたに販売される攻略本や、ゲーム攻略を簡単にしてしまって
ゲームの評判が落ちかねない、ある意味企業にとっては邪魔になるような存在に
感じられているのかと思っていましたが
まさか開発者の人の役にもたっていたなんて思いませんでした。(笑)

冗談かもしれませんが、フロムソフトウェアの開発現場でも
情報がまとまっていないことがあって混乱することがあり
そのたびに Wiki の情報を参考にしたりして助かることもあったようです。
ちょっとした笑い話になってよかった。


名刺を配り終えた後は、引き続きダークソウルカフェのコース料理や
お酒を楽しみ、さらにダンボールの兜で遊んだあと閉店時間がやってまいりました。

◆思う存分遊ぶ管理人



帰り際にお店からお土産として
「特製ポスター」と、体験会でも配られていた「クリアファイル」をもらいました。

ポスターは、店頭販売のときにも貼られていたやつで
以下のようなデザインでした。



発売まであとわずかとなってきましたが
非常に楽しみですね!! (^^)
今年は年始からレセプションパーティーのようなイベントに参加できて
幸先よさそうな気持ちで一杯になりました。

発売まで待ちきれない!という気持ちのある方は、是非
ダークソウルカフェに足を運んでみてください。
◆ OZ - cafe -

http://www.darksouls.jp/pc/darksoulscafe/

それでは、また今度、アンバサ!!

このページへのコメント

↓ワロタwみんな亡者になってしまったか

Posted by あああああ 2015年10月17日(土) 15:29:44

まだ皆の目が希望に満ち溢れていた時の記事

Posted by  2014年10月24日(金) 22:01:07

忘れ去られた記事

Posted by 。 2014年10月24日(金) 21:57:48

レポートありがとうございます!
参加してない身としては表面的にですが楽しさが伝わりましたw

Posted by  2014年01月14日(火) 10:46:54

とても面白かったw

Posted by いつもお世話になってます 2014年01月13日(月) 19:36:24

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Count

スポンサードリンク

Menu

エネミー考察

おすすめ商品

スポンサードリンク

管理人のみ編集できます