すごく親切に作ってある様な気がします。
字が大きいし、画面内のデザインもいいですね。
結構年配の人でもOKの気がします。
端末の大きさも許容範囲内!

Win系とは全然違う感覚、キーボードがないのは辛いけどそのうち慣れるんじゃないでしょうか。
メール方式は通常のPCと同じ(POP、SMTP)です。
SoftBank社からは、*****@i.softbank.jp と言うアカウントが支給されます。
他のアカウントも追加出来ます。
残念ながらメールの着信通知はなく、メール開いた時か一定間隔で取りに行く方法かどっちかみたいですね。
それと、どうしてもパケット放題のコースになり基本料が若干上がってしまうのかな、これはしょうがないですね。


では、多言語機能を使って簡体字メールに挑戦したいと思います。

1. まず簡体字キーボードを追加してみる


おー、簡体字がある! すごい、いっぱいの国の言葉がある。びっくり!      


おー、何と手書き辞書もある。とりあえず両方ONにしてみる。

設定は以上で完了です。

2. 簡体字を入力してみる


普通にメールを開けて本文のところに入力してみます。
ちょっと分かりにくいですが、地球のマークみたいなボタンをの押すと入力が切り替わって簡体字(中文)ってのが出て来ました。
後は普通にピン音入力ですね。
ちゃんと、簡体字表示されてます。

3. 来々メールを送ってみる


宛先を入れて、送信ボタンをぽちっと

MSNメッセンジャーで上海のアシスタントに確認した。
「メール来た?」
 ・
 ・
 ・
「来たよ、返信したよー」

4. 送信を受け取る


ちゃんと、簡体字で返事が来ました。めでたしめでたし!!
これで、日本携帯での簡体字メール送受信が可能になったわけです。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます