アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

第十二支部支部長。希望ヶ峰学園69期生。 元・超高校級のレスラー。 未来機関所属前はプロレスラーとしても活躍していた。 恐ろしい牛の顔のマスクをしているが、性格も口調も穏やかで丁寧。 ただし、怒らせると怖い。

「いい人から死んでいく」のいい人。
周囲からあまりいい目で見られていなかった苗木達の助けになってくれるも、3話にて退場となってしまった。

評判

上にも書いたように、ファンからはいい人と言われている。
『3』は脚本に粗が多いせいか、出番が多いほどキャラクターのボロが目立つ。そのため3話で死んでしまうゴズはボロというボロがあまりなく、批難の対象になることも少ない。
今作ではなにかと敵意を向けられがちな苗木の味方をしてくれる数少ないキャラであるため、良い印象を抱くファンも多い。

が、逆に言うならば出番が多ければボロが出ていたかもしれないということ
出番が少ないということはキャラクターの様々な一面を見る機会がそれだけ減るということであるが、出番が多かったら多かったでボロが出ていたかもしれない…と考えると複雑である。

しかしながら、彼にもまた熱心なファンがいるのは事実であり、出番が多い=人気になる、ということではないのだろう。

疑問点

ゴズの素顔

ゴズのマスクの下の素顔は作中では明かされていない。(ゴズの遺体を確認した霧切は顔を見たと思われるが。)
しかし、Blu−ray特典であるプロジェクトノートでは素顔のデザインが公開されている。
なかなかかっこいい中年男性といった感じである。

ゴズの腕力

2話にて苗木と共に逃げる際、床をパンチで破壊するという荒業をやってのける。
さすが元超高校級…といったところだが、これほどの腕力があるなら塞がった出口くらいどうってことないのでは?と思わないでもない。

ゴズの名前

「グレート・ゴズ」という名前は本名というよりリングネームの類のような印象を受けるのだが、実際はどうなのだろうか。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます