アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 THE STAGE 2018

“超高校級の絶望”による『人類史上最大最悪の絶望的事件』によって,かつて世界は崩壊までおいつめられた。そんな絶望に満ちた世界を救うべく,“未来機関”が結成される。 江ノ島盾子を倒した苗木誠たち78期生は,未来機関に所属することになった。 そこで世界の復興のため活動を続けるが,苗木は「絶望の残党」をかばったとして反逆の罪に問われてしまう。 苗木の処分のため集まった未来機関一同だったが,モノクマによって監禁され,「最後のコロシアイ」を突きつけられる。希望が希望を殺す絶望の物語が始まる。

概要

2014年の『ダンガンロンパ THE STAGE』をはじまりに展開されている、いわゆるダンガンロンパの舞台版。通称「ダンステ」。
2014年に『ダンガンロンパ』、2015年に『スーパーダンガンロンパ2』、2016年に『ダンガンロンパ』の再演、2017年に『スーパーダンガンロンパ2』の再演と、2018年現在毎年展開されているロングコンテンツ。
2018年は『ダンガンロンパ3』が舞台化される。

あらすじや登場人物を見た限りでは『3』名義ではあるが実質『未来編』の舞台化のようなものだと思われる。

制作発表会での発言
今回の舞台は「未来編」と「絶望編」のどちらがシナリオの中心となるのかが疑問点だったが、脚本・演出を担当した西森英行氏によると「どちらのストーリーも拾っている」とのことだ。
ベースとなるのは「未来編」で、これまでの「ダンステ」シリーズのような論破していく爽快感やオシオキシーンがない代わりにサバイバルゲームとしての要素を強め、サスペンス感を出していき、その中で「絶望編」で語られていた各キャラクターの過去を含め、初代を含め、全部のシリーズの歴史に触れていくような作品に仕上げたという。
こちらの制作発表会レポートより引用

制作発表会にて語られた内容はこちらのファミ通版レポートが詳しいので参考にしてみるといいだろう。

シナリオ監修について

過去の舞台のシナリオ監修にはシナリオ監修・小高和剛(スパイクチュンソフト)といった原作者である小高氏の名前があったのだが、今回の『3』舞台はシナリオ監修の欄がシナリオ監修・企画協力 スパイクチュンソフトとなっている。
現時点で小高氏はTwitter内では宣伝はおろか触れてすらおらず、自身が出演したニコニコ生放送『ゲーム界隈井戸端会議#大忘年会』内では出演しているクリエイターの一人が「ダンガンロンパの舞台を見て自分の作品も舞台化したいと思った」と発言した際、「ダンガンロンパ(3)もまた舞台化するらしいですよ。」とどこか他人事のように語っている。

今回、小高氏はシナリオ面に関わっていないのかもしれない。

前評判

今回の舞台化は主に『未来編』キャラのファンが喜びの声を挙げている。メインターゲットもそのあたりとなるだろう。
『3』はアニメ終了以降ほとんど展開がなかったため、『未来編』キャラのファンからすれば久しぶりに『未来編』キャラの新たな一面が見れるという事で非常に嬉しいお知らせだったであろう。
その反面、『絶望編』キャラ…すなわち『2』キャラのファンからは賛否様々であり、その他の作品ファンからの関心は薄い。

舞台版は公演時間の都合でシナリオの変更やカットが多いが、時間の短さを考慮した場合は概ね評判がいい事、『3』のシナリオの粗さはファンの間で未だに指摘されるためか、舞台化に当たってのシナリオ改変でストーリーが良くなる事を期待しているファンもいる



※公演開始は2018年7月20日です

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます