アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

希望の学園と絶望の高校生

施設にある人物たちが降りたつ。それは、プログラムから目覚めた希望ヶ峰学園77期生だった。かつて「超高校級の絶望」として世界を崩壊に追い込んだ彼らが、なぜ目覚めたのか、そして苗木たちのもとに現れたのか、彼らは今も“絶望”のままなのか……希望のためのコロシアイがついに幕を閉じる。

苗木:ううん。可能性の問題じゃないんだよ。ほんの少しの可能性しかなくても、
その未来を作ろうと懸命に前に進むこと自体が、彼らにとっての未来なんだ。

日向:こうして事件は終わった。そしてここから日常が始まるんだ。
それは事件なんかよりもっと不条理で荒唐無稽で理不尽で、きっとずっと難しい。
答えが出る謎なんてないし、ちゃんとした結末があるのかさえ疑わしい。
道というよりは、どこまでも広がる海のようで、どこにでもいけるし、どこにも行けないかもしれない。
それでも俺は生きていく。日向創として生きていく。
『スーパーダンガンロンパ2』エピローグより

おそらく希望編最大の見せ場であろう目覚めた77期生の活躍は賛否両論であった。
実に4年もの間、ファンそれぞれが思い描いていた「『2』のその後」が完全に否定された瞬間である。

希望編制作発表とタイトルロゴ

制作発表

絶望編11話終了後、希望編の制作が決定したと公式アナウンスされた。
希望編の制作に喜ぶファンもいる一方で、今までのアニメの出来にすっかり失望してしまいイマイチ盛り上がれないどころか公式との温度差を感じるファンも多かった。

なお、「制作決定!」との宣伝をしている頃にはとっくに制作をしている、などといったことはこの手のものでよくあることであり、実際小高氏も「アニメは希望編から作った」と発言している。

タイトルロゴについて

『希望編』のタイトルロゴには『1』と『2』の主人公である苗木と日向が同じ方向に指を差すポーズをとったシルエットが描かれており、ダブル主人公によるダブルロンパが見れるのでは?という予想があった。
一方で、アニメで何度も嘘やハッタリに翻弄されたためか、どうせこれも嘘だろう。と考えるファンも少なくなかった。
結果、ダブルロンパどころかロンパすらなく、苗木にいたってはまともな活躍すらほとんどなかった。

公式の発言

希望編はご都合主義

小高:『2』は余韻がある美しい終わり方だったのでどうしようと思ったんですが、『1』『2』といろいろあったんだから、最後はハッピーエンドにしたいなと。ご都合主義だと言われるかもしれないけど、嬉しいご都合主義だよねと会議でも話したと思います。
このラストに持っていくために『未来編/絶望編』を作っていったので、『3』は希望編のためにあるものというか。
アニメの作り方としては特殊で最後に話を集約しすぎていると思いますが、『希望編』を観たファンの皆さんの反応は気になりましたね。
オトメディア 2016年 12月号より 2016年11月10日発売(アニメ放送終了後)

好き嫌いがわかれるであろう77期生の復活を嬉しいご都合主義と勝手に決めつけている。
ご都合主義…すなわち、江ノ島の言う「希望は予定調和」そのものである。

78期生の死について

―小高さんの中で、『希望編』のその後のビジョンはあるのでしょうか?
小高:ないですね。ただ、旅立っていった77期生は生きているからこそ罪を背負わないといけないので、大変だと思います。世界中から嫌われているわけですからね。
時々、死んだ『1』のメンバーが可哀想という感想をいただくんですが、生きている方がしんどいこともあるよと思うことがあります。
オトメディア 2016年 12月号より 2016年11月10日発売(アニメ放送終了後)

「可哀想」と発言するファンは、「生きている方がしんどい」などという言葉で納得できるような気持ちで発言しているわけではないと思います。

賛否両論

今回の作品はこの希望編から書き始めたと言っても過言ではありません。このラストにしたいがために、それまでの未来編と絶望編の全てを組み立てていったところもあります。もちろん、この結末に賛否両論あるのは承知の上です。いまは放送前ですが、そうなっているのは容易に想像できます。それは、、この作品のプロットを書き始めた時点からわかっていたことですが、それでも作り手としてはこの選択が正しいと思っています。僕は希望ヶ峰学園シリーズに幕を下ろすなら、どうしてもハッピーエンドで終えたかったのです。
週刊ファミ通 2016年10月20日号より 2016年10月7日発売(アニメ放送終了後)

小高和剛 ‏@kazkodaka 9月1日 これは本気なんだけど、ダンガンロンパ3は究極のファンアイテムを目指して作られております。 今までのファンがずっと手元に置いておきたいと思える作品を。ホンマやで。

賛否両論になるのはプロットの時点でわかっていたならどうしてこんな発言をしたのか?

77期生復活

『2』というゲーム

この『3』を視聴した後『2』をプレイした場合、どうせ77期生は後で復活するという気持ちが消えない。
デスゲームという作品で、死んだキャラが後で復活するとわかっていると、キャラの死の重みというものが薄れてしまう。
コロシアイを茶番と感じてしまうファンもいるだろう。

『2』ファンと他シリーズファン

もともと『2』にて77期生が仮死状態と判明する結末は、『無印』ファンなどの間で『2』キャラは目覚める可能性があるが『無印』キャラはどうあがいても生き返らないと言われていることもあった。
しかし、『2』は目覚めの可能性を提示したのみで、その後を描かないというスタンスをずっと貫いていたため、なんとかギリギリ許されていたのだろう…という状態ではあった。

そして今回の希望編である。
77期生はカムクラの才能を保持した日向によってあっさりと目覚め、希望編のラストで大活躍。
これにより、77期生は目覚めてずるいと思ったファンもいたのではないだろうか。
『2』ファンからすれば無限の可能性のあった未来をご都合主義で破壊されたようなもの。
『2』ファンのすべてが77期生の目覚めを期待していたわけではない。おそらく、目覚めてほしい、ほしくないという意見よりもその後を確定させてほしくないという意見が多かったのではないだろうか?

『2』以外のファン、とくに死亡しているキャラのファンからすれば、コロシアイに巻き込まれたという同条件(77期生が絶望と考えると同条件とも言い切れないが)なのに、その後にここまで扱いがあるのは不公平に見える。
もともと、シリーズ完結編にも関わらずロクな出番も与えられていないというのに(出番があったらあったでキャラクターを破壊されるだけかもしれないが)。
もちろん、だからといって死亡キャラのファン全員が死亡キャラを復活させてほしいと願っているわけでもない。
ファンのその後
そして、今後シリーズが続きキャラが死ぬたびに、この作品のキャラは死んだけど77期生だけは復活したんだよなという気持ちを抱いてしまうことになる。
下手するとその扱いの差を77期生にぶつけ、77期生を批難する声も上がるだろう。
小高氏はこうなってしまうことは考えなかったのだろうか?そのようなリスクをキャラクターに背負わせてでも77期生を復活させるのが最良だと思ったのだろうか?
…考えていたのなら希望編に限らず『3』はもっと素晴らしいものになっていただろう。考えていたのにも関わらずこの結末を強要したのなら、それこそ77期生に非難の声が向くようにしたと邪推してしまうレベルである。

77期生の活躍

希望編のほとんどのパートは、77期生が活躍するシーンである。77期生の復活を望まなかったファンからすれば非常に退屈で盛り下がる場面が延々と続くわけだ。

罪を背負う77期生

今回の事件の黒幕は未来機関のトップ・天願だったわけだが、77期生達は”このゲームを仕組んだのは僕達だ”という映像を残し、すべての罪を背負い去っていく。
これは、世界の実質的トップである未来機関が内部抗争程度のことで崩壊しかけ、大衆からの信用を損なうことを避けるための措置。
なのだが、このゲームは大衆に向けて放送されていないため、当然大衆もこの出来事を知らない。庇って隠蔽する理由もない。
なので非常に無意味なことのように思うが、支部長クラスの人間が何人も死んだことについては大衆に隠しようがなく、いずれは公にしなければならないことを考えると、その際に例の映像をこの事件の黒幕の声明として使用するのだろうか?と考えることもできる。

表向きでこの事件の黒幕となっている77期生は、もともとは苗木が庇った存在である。
苗木が庇った存在が事件を起こした黒幕であり、その黒幕を庇った苗木が希望を背負い学園長になるという不思議な状態になっている

希望編の結末とサブタイトル

希望編のサブタイトル、『希望の学園と絶望の高校生』はファンならピンとくると思うが、シリーズ第一作目にあたる『ダンガンロンパ』のサブタイトルである。
『ダンガンロンパ』におけるこのサブタイトルは希望の名を冠する学園と、そこに潜む絶望の名を持つ高校生(江ノ島)のことを指すと思われる
第一作目のサブタイトルが最終作で再度使用される、という仕様は創作の世界ではそれなりに見かける手法であり、この手法自体には感動したというファンもいるのではないだろうか?

希望の学園

希望編における”希望の学園”とは、物語の最後に出てきた「希望」を背負った苗木が新たに開校した学園のことを指すのだろう。
ちなみにそんな希望の学園の学園長である苗木の仲間には殺人鬼がいたりするのだが、そういうところから悪評が広まりそうな気がしないでもない。

この希望の学園だが、どのような形態の学園なのか不明。普通の学園なのか、再び”超高校級”の肩書きを与える制度なのか。
とある作品の設定を信用するならば再び超高校級の才能を持った生徒を集めた学園となったと思われる。

絶望の高校生

希望編における”絶望の高校生”とは、最後に絶望を背負い去っていった77期生達のこと。
推定年齢20歳を超える77期生がどういうわけか高校時代の服装をしているのはこのためと思われる。
サブタイトルを第一作目と合わせたかったから
狛枝に関しては、2の0章で船に乗っている時点でジャバウォック島にいるときと同じ服装をしていたことが明かされているが、他のキャラクターはなぜ学生のときの服装に戻ったのか不明。
不明だし不自然ではあるが、サブタイトルがそうだからという脚本の都合としか言いようがない。

そして、この第一作目の主人公が希望を背負い、第二作目の主人公が絶望を背負うという結末自体は比較的評価されている。
俗にいう終わりよければすべて良しという考えを持つファンにはなかなか美しいものに見えたのではないだろうか。
しかしながら、『3』は過程が非常に乱雑である
希望編から作ったと言われているだけあり、ありとあらゆる不自然な描写は”希望編に繋ぐため多少強引になった”と説明するしかない。
過程を重視するファンからすれば、たとえ結末だけが綺麗にまとまっていたとしてもイマイチ盛り上がれない部分である。これがやりたかったのか

その他の疑問点

御手洗のアニメ

御手洗は未来編最終話にて30分の希望の洗脳アニメを全世界に流す。※洗脳アニメが30分なのは、一般的なアニメがCMも含めるとだいたい30分編成だからと思われる。
このアニメは物語の途中で御手洗が映像を流すのを止め、世界中の人々がアニメで洗脳される事態は免れた。
が、アニメは残り5.36秒のところで止められたため、30分のうち29分55秒ぶんの映像が世界中で放送されたということになるこれはもはやほぼ洗脳されたようなものなのではないか
30分フルで見ることによってはじめて洗脳状態になるのだとしたら、最初からアニメを見はじめた人にしか通用しないということになる(途中で見るのをやめてしまうパターンも想定されるが、”一度見たら目を逸らすことができない”という設定が作中で何度か出ているためその点は問題ない)。
いい感じに終わっているが、洗脳アニメをほぼすべて見てしまった世界中の人々の様子が不安だ。

設定補足

未来機関元超高校級部隊一覧

77期生が相手をしていた超高校級部隊まとめ。
『絶望編』の生徒会と違い、一人ひとりに超高校級が設定されている。
  • 辺古山と戦っていた男性…超高校級の円盤投げ
  • 田中と戦っていた男性…超高校級の鷹匠
  • 終里と戦っていた男性…超高校級の大道芸人
  • 罪木に倒された女性…超高校級のネイリスト
  • 小泉と澪田に倒された女性…超高校級の射撃部
  • 日向の前に立ち塞がった5人…超高校級のスピナー ストリートファイター 弓道部 柔道家 棋士

V3の結末について

ニューダンガンロンパV3の結末についてのネタバレを多少含んでいます。注意してください

このページへのコメント

流れていた御手洗の洗脳アニメはバッファ中待機画面だと思えば何とかなりそう
この画面にも人を惹きつける効果があり、視聴中に御手洗が命令すれば朝日奈のような軽い洗脳も可能って位の
30分経ったら本格的なアニメ再生開始だったんじゃないかなあ

Posted by 名無しさん 2017年09月27日(水) 02:28:30

逆にV3の方がアニメ3に喧嘩売ったって考えもあるんだよな

Posted by 超高校級の名無しさん 2017年09月14日(木) 18:48:00

「2は2で終わった話だし、あのキャラ達の物語はあれでお終い。」
「2のキャラが嫌いな訳じゃなくて、たとえば2のキャラのその後を描こうとしても軽くは出来ない訳ですよ。 深く掘り下げないといけないので。また別の作品としてゼロから組み立てないと無理なんですよ。 ただの軽いファンサービスで終わらせたくないので。」
↑は結局大嘘でしたね。希望編において何一つ守られていません。
心変わりしたのか、それとも元々反故にするつもりだったのか。どちらにしてもクリエイター以前に社会人として最低だと思います。

Posted by ペトリコール 2017年05月08日(月) 03:01:07

一応ネットに流れてる考察の一つに『才囚学園バーチャル説』があるから(3章の動機、エリア拡張の際の非現実的な演出、何故か誰も重傷を負わずに帰ってくるデスロード等々)俺はこの真実を信じてみる。

Posted by 名無し 2017年03月14日(火) 17:49:32

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます