アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

究極のファンアイテムとは…『ダンガンロンパ3』のこと。しいては『ダンガンロンパ3』を収録したBlu−ray BOXのこと。
この記事は、小高氏の「究極のファンアイテム」という発言の軌跡をまとめたものだ。

究極のファンアイテムの由来

上記の通り、『ダンガンロンパ3』を指す言葉。そして、『3』が収録されたBlu−ray BOXのこと。
小高氏はファンサービス、ファンへの恩返し、絶対楽しませる、後悔させない…等々、挙げたらキリがないほどに『3』の期待値を上げる発言をしており、自らの作品に自信満々の様子だった。俗に言うハードル上げというやつである。
実際、アニメ放送前からアニメ放送終了直後まではこの傾向が強い。

ファンの反応

この”究極のファンアイテム”という言葉はライターのTwitterを確認するほどに熱心なファン層には非常に有名な言葉で、この発言から『3』への期待値を高めたというファンが相当な数存在する

が、残念なことに『3』は長年作品を追ってきたファンにとってはイマイチな出来であり、この究極のファンアイテムという言葉はかえってファンを逆なでする言葉となってしまっている
『3』に対し、不満もあるが総合的には楽しめたと発言する視聴者の場合はこの作品を賛否両論と表現するのだが、こういう層からすら究極のファンアイテムは誇張表現だと言われることもある。

この発言を「ファンなら必ず楽しめる」と解釈をしているファンは、自分は公式スタッフにファンと思われていないファンの資格がない人間とショックを受けていたりもする。
究極のファンアイテム(皮肉)
『3』の内容があまりにも究極のファンアイテムからかけ離れているため、ファン間で脳内補足されたりもする。

究極のファン(だけが楽しめる)アイテム
究極のファン(ほど失望する)アイテム
究極のファン(小高氏限定)アイテム
(特典が)究極のファンアイテム ※BDBOX特典ドラマCDは評判がいいことから 
など

「究極のファンアイテム」関連発言集

『3』を究極のファンアイテムと表現する発言集。
もともと当wiki記事の公式発言集シリーズにも掲載しているものをひとまとめにし時系列順にしたもの。
このように並べてみるとわかると思うが、あんなに自信満々だった発言の数々も、アニメ放送終了後にはすっかり落ち着いており、究極のファンアイテムという単語を使わなくなった
最終的に、ファンサービスを徹底したわけではないと発言をしている。
読む際は、発言した日付にも注目してみるといい。

小高和剛 ‏@kazkodaka 初代ダンガンアニメでダンガン人口は増えました。新規ファンが増えました。 しかし3のアニメは今までダンガンロンパを応援してくれてた方をターゲットにしてます。皆さんが最高に興奮するものは何か考えた時に、これをやろうと思いました。 22:33 - 2015年12月2日
小高和剛 ‏@kazkodaka これがダンガンロンパファンへの恩返しです。裏切れる訳がない。全力で完結編を描きます。シリーズファンの興奮させる事がミッション!必ずやり遂げるのでお付き合いください! 22:34 - 2015年12月2日

―苗木の手錠も気になりますが、これまでの伏線が回収されるのかも気になります。
小高:全部回収できるかはわかりませんが、『3』であらかた片がつくので、応援してきてくれたファンの方には喜んでもらえると思います。『1』や『2』と同じく、『3』もナンバリングタイトルとして、持っておきたい究極のファンアイテムを目指しているので。

週刊ファミ通 2015年12月24日号より(2015年12月10日発売)

小高和剛 ‏@kazkodaka 来年はダンガンロンパが後にも先にも1番盛り上がる年にするのです!その為には皆さんの力が必要なので、一緒に盛り上げてください!その分、必ずや面白いモノにしますよ!!約束します!! 18:03 - 2015年12月31日

小高和剛 ‏@kazkodaka · 7月30日 本編もそうですが「俺がファンなら見たいモノ」を詰め込んでますので、何卒よろしくです。


※以下、アニメ放送中の発言です

小高和剛 ‏@kazkodaka · 8月16日 最高のファンアイテムを目指して作りました。

小高和剛 ‏@kazkodaka · 9月1日 これは本気なんだけど、ダンガンロンパ3は究極のファンアイテムを目指して作られております。 今までのファンがずっと手元に置いておきたいと思える作品を。ホンマやで。

小高:『3』は僕にとって究極のファングッズにしたいなって思っています。 なので、1巻買ったんなら全巻買ってね。最後まで買ってくれないとキャラクターたちが救われないよ!
ダンガンロンパ3 Blu−ray BOX プロジェクトノートより引用 2016年9月28日発売

最後の文章でなんとなくわかると思うが、プロジェクトノートの小高氏は七海千秋の贔屓を堂々と暴露したり、買わないとキャラが救われないと発言したりと、全体的にどうも調子にノリまくっている。
このプロジェクトノートが付属するBlu−rayBOXは2016年9月28日…すなわち希望編放送前に発売されたものだが、制作の都合上、希望編放送前よりももっと早くに受けたインタビューを収録していると思われる。
小高氏の耳にファンの感想というものが入ってこなかった頃の発言なのだろうか。


※以下、アニメ放送終了後の発言です。



小高和剛 @kazkodakaダンガンロンパ3を最後までご視聴頂いた皆さん、本当にありがとうございました!週2回放送という無謀な試みではありましたが、現場スタッフのお陰で、ダンガンロンパらしい挑戦的で挑発的で素敵な作品になったと思います。 #ダンガンロンパ 0:11 - 2016年9月30日
小高和剛 @kazkodaka 繰り返し見ることで新たな発見もある作品ですので、気に入ってくれたらブルーレイBOX1巻が発売中なので、是非よろしくお願いします!! #ダンガンロンパ 0:11 - 2016年9月30日
小高和剛 @kazkodaka 途中、大変な絶望もありましたが、投げ出さずに見届けてくれた皆さんには感謝しかありません。ダンガンロンパ3終了にあたっての感想などはtwitterだと長くなるので、来週発売の週刊ファミ通の絶対絶望小高に書いておきました。よかったらチラ見してください。 #ダンガンロンパ 0:13 - 2016年9月30日

放送終了直後の発言。究極のファンアイテムという発言はない。
放送が終わってすぐということで無難な内容である。投稿時間の間隔から考えるに、事前に用意していた言葉だと思われる。

小高和剛 @kazkodaka 特典盛りだくさんの「ダンガンロンパ3 The end of 希望ヶ峰学園」ブルーレイBOX1巻が発売中!来年行われるファンミーティングの優先販売抽選申し込み券も同封!6話収録しております!楽しかったあろ頃の学園生活をもう一度見てやってください。。。 10:16 - 2016年10月2日

心なしか、最後の「。。。」から気弱な様子がうかがえる。

今回の作品はこの希望編から書き始めたと言っても過言ではありません。 このラストにしたいがために、それまでの未来編と絶望編の全てを組み立てていったところもあります。もちろん、この結末に賛否両論あるのは承知の上です。 いまは放送前ですが、そうなっているのは容易に想像できます。それは、、この作品のプロットを書き始めた時点からわかっていたことですが、それでも作り手としてはこの選択が正しいと思っています。
週刊ファミ通 2016年10月20日号より 2016年10月7日発売(アニメ放送終了後)

ここにきて突然、賛否両論という発言が飛び出す。
今までの発言の中には一度も出てきていない表現である。
そもそも、小高氏は希望編を賛否両論だと発言しているが、『3』に対する否の意見はなにも希望編に限ったものだけではない。
わりと最初のほうから不満を持つ声は存在し、話数を重ねるごとにその割合が増えていっているレベルだ。
そもそも否定派は酷いときは『ダンガンロンパ』シリーズに見切りをつけるレベルで拒絶反応を起こしているわけだが、そのような作品を究極のファンアイテムとしてファンに提供したとはどういうことなのだろうか?

小高和剛 @kazkodaka おはっくまー!ニューダンガンロンパV3は予約しましたかー?ダンガンロンパ3のブルーレイかDVDは買いましたかー?まだの人はフォロー外すまで何度でも聞きますよーw 10:16 - 2016年10月25日

Twitterでの最後のファン煽り。『3』を忘れて『V3』に期待したいという層は『3』と『V3』は関係ないのにと考えたそうだ。

こんなアニメは二度と作れないという気持ちですよね。 『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』(以下、『2』)を飛ばして『3』をアニメでやったこともだし、ファンサービスを徹底してやったわけでもなく、週2本でストーリーをやりたいようにやるという。 こんなアニメはもう作れないなと。
オトメディア 2016年 12月号より 2016年11月10日発売(アニメ放送終了後)

今まであれほどファンサービスだと発言してきたのだが、ここにきていきなりファンサービスを徹底したわけではないと発言している。
希望編終了前〜アニメ放送終了後の間に小高氏の自信満々な態度は薄れていき、ファン煽りや誇張表現などはほとんどなくなってしまった。
推測であるが、希望編を終え、アニメに対するファンの最終評価を目にした結果なのではないだろうか。
撤回に関する推測
この唐突なファンサービス撤回だが、もともとファンサービスは嘘で、ファンに興味を持ってもらうための手段なだけ(いわゆる”釣り”行為)だったのか、本当にファンサービスのつもりだったのだが、予想外の評判の悪さに自らの保守に回ったのかは不明。
過去の発言を見るに後者のような印象を受けるが、過去作を否定し、たくさんのファンのいる過去作キャラの出番を新キャラで減らし、さらにはキャラの崩壊をさせたあの『3』のどのあたりをファンが喜ぶと思ったのだろうか?という点を考えるとどうもそう言い切りたくない部分がある。
* * *
そもそも、アニメで完結という時点でゲームこそダンガンロンパと考えている層を振り落としているのだが、その点についてはどう思っているのだろうか。
アニメならではなどと謳っているが、ゲームでやりたかったという意見は尽きるどころか放送後には増えている。

小高:でも、その後「ダンガンロンパ」シリーズでいろいろな作品をこなしていくうちに、「自分たちがおもしろく感じる作品を作れたらそれでいい」と割り切ることができるようになりました。 だから、悪口を言われてもそんなに響きません(笑)
コンプティーク 2017年2月号より 2017年1月10日発売

アニメ放送後、『V3』発売直前のインタビューにて。
かつてファンに対しファンサービス作品を目指したと発言していたが、今後は自分たちが面白ければそれでいいスタンスらしい。
今後のダンガンロンパシリーズで納得のいかない部分が出てきた場合はこの言葉を思い出してみよう。自分たちが面白ければそれでいい

――アニメについて、放送を終えた現在の感想があれば教えてください。
放送されていた当時は「V3」の制作も並行して行っていたので、アニメが終わっても一段落という感じにはならなかったですね。 今振り返ってみると週に2本のペースで、あれだけ濃い内容の作品を送り出せたなと達成感を感じますし、「ダンガンロンパ」だからできたことだと思います。 あれだけ実験的なことをできるコンテンツは限られると思いますが、実験的なことを楽しんでくれるファンの方がいたからことですね。
賛否両論を越えてでも作りたかったゲーム―「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」小高和剛氏にインタビュー(こちら)より引用 2017年2月18日公開

この記事は本来『V3』が賛否両論の現状を受けてのインタビューであるが、少しだけ『3』についても答えている。
この記事では『3』に対して、自分は達成感を味わっている旨を語っている。とりあえず残業を終え帰宅したサラリーマンのような心境なのだろう。
ファンは、実験的なことを楽しんでくれたと発言している。ストーリーへの感想には触れていない。
記事を見ればわかると思うが『V3』は賛否両論であることに触れており、それが記事タイトルになっていたりもするのだが、『3』への否の意見にはまったく触れていない
これは小高氏だけではなくどの作品に対しても言えることだが、公式スタッフというものは真に”マズイ”ものにはインタビューでノータッチな傾向がある。(無難な対応ではあるが)
やはり、小高氏的には『3』はもっと評判がいいつもりだったのではないだろうか?

――ファンに迎合するのではなく、自分たちのやりたいことをやろうと。
小高氏:個人的には今までだって、一度もファンの方々に迎合したつもりはありません。

上記のインタビュー記事から引用。ファンに迎合したことはないという小高氏。
”ファンサービス”だという『3』は、”ファンの方々への迎合”と同義なのではないのだろうか?

小高:ゲームの『ダンガンロンパ』も、つねにチャレンジしなきゃと思って作っています。もともとがテロみたいな作品なので。ぼくも正直ファンサービスはしたいし、したほうが楽だというのもわかってるんですけど。
岸:その一貫性がすごいよね。絶対にひるまない。アニメの『3』だって、キャラ人気に頼った作品にすることもできたのに、絶対にしないですから。
小高:ファン想いだからこそ叩かれる道を選ぶのかもしれません。もちろん、サービスに徹してお客さんを気持ちよくさせることはできる。でもお客さんのことを考えたとき、気持ちいいエンターテイメントにだけ触れている人生なんて絶対につまらないと思ってしまう。『ダンガンロンパ』をきっかけに、お客さんに新しい扉を開いてもらえたらうれしいです。
『ダンガンロンパ小高』より引用 (2017年3月30日発売)

言っていることだけを見れは普通なのだが、この発言はやはり過去の究極のファンアイテムファンのためという言葉とは繋がらない。
過去の発言は完全になかったことにしたい模様。

このページへのコメント

ダンガンロンパは大好きだけど、こういう風に自分の発言に責任を持てない人間が作ってると思うと悔しくて哀しくてなりません。

Posted by hulu 2017年02月25日(土) 20:31:58

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます