アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

超高校級の写真家 写真でさまざまな賞を受賞している現役のプロカメラマン。 人物写真が得意だが、自撮りは恥ずかしいからか好きではないらしい。 友達思いで面倒見がよくしっかり者のため、クラス以外にも友達が多い。 男子に対しては少し厳しめ。

『2』のトワイライトシンドローム殺人事件で重要人物とされていたこともあり他の77期生と比べると多少出番が多いが、出番が多いことが災いしてかキャラクターに違和感がある。

疑問点

委員長気質な小泉

『2』の小泉は男子に厳しいところもあるが、本来は常識的で真面目かつ面倒見が良いキャラクター。委員長タイプなんて言われたりもする。
そのため、77期生のクラスの委員長に相応しいキャラの候補として挙げられることがある(もちろん小泉だけではないが)。

だが、『絶望編』では委員長キャラからは程遠い七海が委員長であるため、当然小泉は委員長ではない。
こっちのほうが委員長らしいと指摘されるのを防ぐためなのかわからないが、上記のような常識的で真面目かつ面倒見が良い部分はほとんど描写されず、ただのツッコミ役になっている。(もともと出番が少ないからと言われればそれまでだが)
印象的な「ちょっと男子!」という感じのセリフもまったく言わない。
上記のプロフィールには”男子に対しては少し厳しめ。”と書いているが、少なくとも『3』で初めて小泉を知った人にはそう映らないだろう。

トワイライトシンドロームの小泉

関連項目…トワイライトシンドロームサトウ九頭龍菜摘絶望編第3話

小泉は『2』の動機・「トワイライトシンドローム殺人事件」内にて、菜摘を殺したサトウの共犯者とされていた
しかしながら『3』にてトワイライトシンドローム殺人事件は江ノ島のねつ造という後付けがなされ(詳しくは関連項目・トワイライトシンドロームにて)、共犯者ではないと発覚する。
『2』の時点では小泉の過去の罪が死という形で返ってきた、などという解釈もできたのだが、『3』をふまえると自分の知り合いが自分のことで勝手に盛り上がって勝手に事件を起こしたようにしか見えない。
九頭龍が小泉を殺しかけたキッカケは小泉の言葉にもあったとはいえ、たかがねつ造に振り回されて殺されただけのキャラクターになってしまった。

また、菜摘というヤクザの娘相手だからか気弱な部分が目立ってしまい、それに出番の少なさも合わさった結果キャラクターに違和感があると言われてしまう。
サトウの死後
サトウは小泉にとって大事な親友である。そのため、小泉の絶望堕ちのきっかけはトワイライトシンドロームなのではないか?と考えるファンが多かった。
しかしながら、その小泉は第5話で立ち直っている(トワイライト回は第3話)
いちおう作中ではそれなりの月日が経過していることはうかがえるのだが、視聴者目線だと実感がわかない。
小泉が親友の死から立ち直るまでの経緯は一切描かれず、七海が頑張ったおかげで済まされてしまう。
当然絶望堕ちのキッカケではない。(悲しいことに洗脳です)

また、絶望編9話では狛枝が「死ぬかもよ?」と警告しているシーンがあるのだが、それに対して「(死の)実感がないっていうか…。」と発言している。
よりによって、親友という自分の身近な存在を喪っている人間にこのセリフを言わせているのである。
スタッフも、誰に言わせてもいいだろうとそこまで考えていなかったのだろう。
小泉の大切な人
これは小泉に限った話ではないのだが、希望編にてAI七海の誕生の経緯が語られ、全員がもっとも会いたかった人が七海だったという事実が発覚する。
小泉は、大事な親友よりも委員長の七海に会いたいのだそうだ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます