アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

#10 Death,Destruction,Despair

宗方との最後の戦いを受け入れる苗木。これまでの思い出が蘇る中、どんなに悲しいことがあってもただひたすら前に進むことを決意する。その強さは、まさに希望そのものであった。宗方もまた、過去を振り返り、すべてを終わらせるべく苗木のもとへ向かっていた。そしてついにふたつの希望がぶつかりあう。

苗木、数少ない活躍の回。

疑問点

OPの生存者数

霧切が死に、OPでおなじみの「残り生存者数」の表記に関心が寄せられた。実際の表記は6人
全話の放送を終えた今考えると苗木、朝日奈、宗方、御手洗、逆蔵、霧切ということなのだろうか?
この残り生存者数はよくわからない部分が多い。

宗方VS苗木

宗方のNG行動
この10話にてようやく宗方のNG行動が確定となるが、宗方のNG行動は未来編2話の時点で視聴者はすでに予想されていたものであり、今更感がある
たいしたことがない謎のつもりなら早期に明かしていると考えられるので、脚本家的にはこの9話でなるほどそうだったのか!と思わせるように描いていたと思われる。
歩く宗方
緊迫した状況にもかからわらず、宗方は流暢に歩いて苗木を追う。
苗木のNG行動は「廊下を走る」であるため、走ってすぐに追いついては脚本通りに物語が進まないためか。
苗木の作戦
苗木の狙いは、宗方をドアのある部屋に連れ込むこと。
こうすることで、「扉を開く」がNG行動の宗方は苗木を殺すとドアを開ける人物がいなくなる=部屋から出られない=苗木は殺せないという状況を作りたかったようだ。
しかしながら、苗木のやり方は宗方の仲間である逆蔵の存在を想定していない
逆蔵が外部から扉を開ければ、その時点で破綻する作戦である。
しかも、逆蔵が宗方に裏切られて致命傷を負った(死んだ?)ことを知るのは本人達を除けばすでに死んでいる流流歌のみ
苗木は月光ヶ原が壊れてしまったことを把握している描写はあるが、逆蔵がどうなったのかはまったく知らない
なぜ苗木は逆蔵の存在を想定しなかったのだろうか?

おそらく、逆蔵を考慮に入れると尺が足りなくなるから、あるいは脚本家も苗木が逆蔵の状況を知らないのを忘れていたのだろう。

襲撃者の正体

この9話にて、天願の口パクの謎が明かされる。
曰く、「襲撃者は1人ではない。あえて言うならこの場の未来機関全員だ。」
直後に今回のゲームとは関係なくすでに絶望堕ちしている雪染の話をしているため誤解しやすいのだが、襲撃者=絶望とは言っていない
つまり、宗方はただの誤解で逆蔵を絶望と認定してしまい刺したということになる。逆蔵は刺され損である。
宗方の襲撃者=絶望という先入観が招いた結果なのだろう。
それにしても、天願はなかなかややこしい言い回しをするものである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます