アニメ『ダンガンロンパ3』の問題点・疑問点などをまとめたwikiです

『ニューダンガンロンパV3』の主人公を巡ってのファンの反応のまとめ。
最初にまとめだけ言ってしまうと、主人公が最原に交代という展開自体はファンの間で広く予想されていた

2015年12月2日


2016年12月2日に開催された『ダンガンロンパ プロジェクト発表会』内のプロモーションビデオにて、キーボ、百田、春川、モノクマが描かれたキービジュアルが公開される(当時はキャラ名が不明)
ロボットを連想するビジュアルのキャラクター(キーボ)が中央にいるため、今作はこのロボットが主人公なのでは?と囁かれる。
しかしながら、ロボットが主人公であることに対しての反応はまちまちで、当時は不安視する声もあった。

ちなみに、2016年2月21日に開催されたSNS、ブログ、その他WEBへの詳細レポートUPをお断りした超クローズドイベント・『希望ヶ峰学園購買部プレゼンツ 猫丸と眼蛇夢の部屋』にて参加者に対し、この中に主人公はいないと発言した。
実際、このビジュアルには赤松も最原も見当たらない。
キービジュアルの人選について
―ちなみに、本作の発表時のビジュアルでキーボを主人公のように見せていたのは、意図的なものだったのですか?
小高:あれは小松崎くんに好きなキャラクターを書いていいよとお願いしたら、ああなりました(笑)。
まず、「主人公は別にいなくてもいいんじゃない?」と。主人公の赤松楓は地味なので。
とはいえ、いきなりイロモノを出してもという意見もあって。ただ、ロボットのキーボならテーマがサイコクールの『V3』にピッタリかなと。
週刊ファミ通 2017年1月26日号 2017年1月12日発売

2016年9月13日


2016年9月13日に開催された『2016 PlayStation Press Conference in Japan』内にて、『ニューダンガンロンパV3』に登場する16人のキャラクターと新マスコットのビジュアルが公開される。
この動画の公開により、ダンガンロンパ本スレからは”もはや期待は無意味”という空気の漂っていた『ダンガンロンパ3』の話題が一瞬で消え去り、V3の話題一色となる。
動画内では赤松楓(CV.神田沙也加)という女キャラがクローズアップされ、彼女が今作の主人公であることを連想させる紹介がされた
上記の動画内では赤松楓が主人公であることを明記していないが、直後に公開された赤松楓役神田沙也加さんコメントムービーで神田氏が主人公赤松楓役をやらせていただきます、神田沙也加です。」と発言している。

ファンの反応

初の女主人公であることから、赤松への反応は賛否両論。
とくに、小高氏は自身と仲がよかったり気に入っている人間を積極的に作品に関わらせる傾向にあるため、今回もそのパターンなのではないかと指摘された。
性別
今まで正式ナンバリングは男主人公で、男主人公で各キャラクターを攻略するというのもダンガンロンパの楽しみのひとつであった。
たとえば『2』のアイランドモードでは日向を操作することによって気になっている女性キャラクターと交流を深めることができる、いわゆるギャルゲーのような感覚を味わうことができる。
女主人公の場合、女が男を攻略する、いわゆる乙女ゲームとなってしまう。
キャラクターボイス
今までのダンガンロンパは、正式ナンバリングがまだ2作しかないものの無印の苗木誠が緒方恵美氏、2の日向創が高山みなみ氏と、いわゆる超有名女性声優が担当するという法則性があった。
それに比べ神田沙也加氏は大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』にて主人公・アナ役を演じたものの、歴代のダンガンロンパ主人公役と比べるといまいち声優としての実績がなく、演技力等が不安視された。
実際、上記の動画内で聴ける赤松の声はいまいち評判がよくなかった。
ビジュアル
また、赤松のビジュアルは主人公の証とも言えるアンテナこそあるものの音符デザインのヘアピン音符柄のスカートと、明らかに音楽系の才能持ちであることを語っており、主人公は無個性という法則からも外れている。

主人公交代説

このように、赤松から主人公らしさを感じないという声が多く、結果主人公交代説が出回った
しかしながら、神田氏の主人公発言や初の女主人公を期待する層からは否定されることもあった。
ダンガンロンパの1章
ダンガンロンパの1章は意外なキャラが死亡するのがある種のお約束となっているため、次意外性を突くとしたら主人公の死なのでは?と予想された。
キーボ主人公説
最初に公開されたビジュアル通り、キーボが主人公であるという説。
キーボにも主人公の証であるアンテナがあり、初報ビジュアルで目立っていたことに由来する。
最原主人公説
上記の動画の38秒あたりに、帽子を脱いだ最原が一瞬映っており帽子の下に主人公の証のアンテナがあったことに由来する。
キャラクターデザインも極力個性を抑えられたものとなっており、歴代主人公と並べても違和感のないビジュアルであった。

実際、ファンの予想通り最原は真の主人公だったわけだが、上記の動画に帽子なしの最原の立ち絵が紛れているのはミスなのか、ヒントのつもりで意図的に仕込んだのかは不明

―池袋のナンジャタウンで、誰が生き残るか予想をしていましたが、春川魔姫が1位で、2位に最原、3位に赤松と続いていたので、ファンの方はなんとなく、察しているのかなと思っていました。
小高:僕も最原の順位が高くて、不思議に感じましたが、あとで最原が帽子を取っている立ち絵がPVで流れてしまったと聞いて。
『ダンガンロンパ』シリーズの主人公は、シンボルとしてアホ毛があるので、それでバレてしまったのではないかと思います。
寺澤:PVに出たこと、知らなかったの?
小高:知らなかったですよ。あとで佐々木に聞いて、「そうだったのか…」とガッカリしたので(笑)。
寺澤:わりと早い段階で出ちゃったからね。
佐々木:そうでしたね。残念ながら…。
―そうですね。主人公として発表されていた赤松が3位だったのも、主人公だから大丈夫と信じる人がいる一方で、主人公でも死ぬんじゃないかと疑う人がいて。
おもしろい順位だなと思いました。
小高:赤松は、死ぬという予想がもっと多かったと思います。
でも、PVを見たり、体験版をプレイしたりするうちに、カットインが用意されていたので、「さすがに死なないだろう」という意見が増えてきて。
いずれにせよ、加害者として学級裁判でおしおきされると予想した人は少ないんじゃないかな。
『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 超高校級の公式設定資料集』より引用 2017年4月28日発売

※「流れてしまった」とのことなのでミスの模様

2016年10月18日

2016年10月18日、全キャラクターと声優の組み合わせが「先出し週刊ファミ通」にて発表された。(登場声優名のみはすでに発表されていた)
そこで、最原終一を超大御所である林原めぐみ氏が担当すると発覚した。
もともと主人公説があり、歴代主人公を演じた緒方氏・高山氏と並べてもなんら違和感のない林原氏が演じるという事実から、最原真主人公説は一気に広まった
しかしながら、雑誌等で赤松が主人公であると数多く表記されていることを根拠に、この説を否定する層もいた。

と、ここまでが最も主人公交代説が栄えていた時期である。

2016年10月20日

最原の声優が発表された二日後、該当のファミ通が発売された。

その記事内にはパニック議論についての紹介があり、”超高校級のピアニスト”である楓は、その能力を持つがゆえに、複数の発言が飛び交う中でも、発言を聞き分けられる。との記述があった。
この超高校級のピアニストの赤松ならではのゲームシステムの存在が、赤松が主人公であることの最大の根拠のようなものとして扱われた。


ファミ通以外でも同様の記述がある。
実際のパニック議論
このパニック議論で声を聴き分ける能力は赤松ならではのものと思われたが、最原やキーボも普通に聞き分けている。

2016年12月20日・12月22日

神田氏インタビュー
2016年12月20日の先出し週刊ファミ通にて、赤松楓役の神田沙也加氏へのインタビューがファミ通に掲載されることが発表された
わざわざ神田氏を呼んでインタビューをしていて、主人公ではないということはあり得るのだろうか?と言われ、このインタビューの存在がキッカケで主人公交代説はほぼ消え去った
この段階で主人公交代説を唱えると、ここまでくればいい加減交代はあり得ないだろうと言われるレベルになっていた。
なお、実際のインタビュー内でも神田氏が赤松を主人公であると発言している。


さらに、この記事内にはおまけモードである『だんがん紅鮭団』にて赤松を操作できることを連想させる画像があり、これもまた根拠の一つとなった。
体験版
2016年12月20日は、『V3』体験版の配信日でもあった。
体験版内では赤松が主人公であることが過剰なまでに強調されており、逆に不安になった、という声もある。

2017年1月12日

2017年1月12日、『ニューダンガンロンパV3』の発売日。(実際は発売前にフラゲ情報が広まり、もう少し早い段階で判明していたのだがこの場では省略する。)
赤松楓が1章のクロであることが判明。2章からは最原が主人公となる。
1章という早い段階での退場かつ、『だんがん紅鮭団』での操作は不可能
1章で主人公と思われるキャラが退場する展開は、色々な意味で衝撃的な展開である。

だんがん紅鮭団での操作についてはこのように語るスタッフもいる。

佐々木:でも、実現できなくて悔しかったところもありますよ。たとえば、赤松を主人公にした”ダンガン紅鮭団”とか…。
1章にも自由行動があるので、各キャラクターふたつずつ、赤松用の親密度も用意しました。
ダンガン紅鮭団で赤松用のイベントを最後まで収録できればよかったのですが、さすがにスケジュールなどが厳しくて、見送りました。
河野:アイディアとしては、赤松と最原を選択して、遊べるようにしたいというのはありましたね。
『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 超高校級の公式設定資料集』より引用 2017年4月28日発売

雑誌の記載について

ファミ通では何度も赤松が主人公であると紹介しており、赤松の操作を楽しみにしていた層からすれば、有料の雑誌の情報が嘘なのはやりすぎなのではないかと言われることもある。
作品のテーマが嘘であるため問題ないとする声、テーマが嘘だからと言ってもやっていいことと悪いことがあるとの声など様々ある。

ちなみに、公式設定資料集で小高氏は赤松をダブル主人公の女性側と語っており、あくまでも主人公として扱っている。
なお、V3発売前の雑誌の赤松に関する”嘘”については一連の”仕掛け”と表現している。

公式スタッフは『V3』の6章への批難を話題にすることはしょっちゅうであるが、主人公が1章で交代してしまうことへの批難にはあまり触れない傾向にある。
話題にできないレベルで「やりすぎた」と感じているのか、やましいことをしているつもりはないのかは不明。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます