ダンガンロンパシリーズのSSのまとめwikiです

【あらすじ】

 ――カムクライズルの話をするのは、私にとってかなり気の重いことです。未だに整理がついていません。

 私に無関心な人なんて、今まで嫌というほど見てきたけれど――彼はいつも、この世界の全てに興味を持っていないんじゃないか、とさえ思えるほどの冷たい表情をしていました。

 私の通っている私立希望ヶ峰学園は通称"希望の学園"と呼ばれています。それはこの学校が"超高校級"の才能を持つ生徒のみを集め、その才能を発揮する場を与えているから……「才能こそが希望」、それが希望ヶ峰学園の第一の理念です。

 でも、私にとっての希望とは、この"超高校級の保険委員"の才能なんかじゃなくて……ただ、私のことを見てくれる、たった一人のひとがきっとどこかにいる、ということでした。

 それはきっと普通の女の子が普通に持っているお姫様願望のようなものなのでしょう。けれど、普通でない人生を歩んできた私にとっては、その「普通」こそが生きる糧なのでした。


 ――だけど、その私が。私どころか、この世の全てに興味を持たない"死神"であるところの彼に惹かれたのはどうしてなんでしょう。

 そうです、私は彼に惹かれていたのです。私に愛を与えてくれる人より、彼から与えられる愛を求めたのです。それは私の人生で――初めて自分 からなにかを求めた瞬間でした。

 けれど、彼はもういません。だからこれはきっと、失恋の話、ということになるのでしょう。



【完結スレ】
罪木蜜柑「カムクライズルは笑わない」
七海千秋「夜を視るもの、セブンス・シー」

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます