Ruby の Mechanize の wiki のよてい

Mechanize::Form::Reset


リセットボタンひとつを表現するクラスです。
<input type="reset">
という HTML を元にしたもので、Mechanize::Form::Button を継承しています。

Mechanize::Form#resets (の抽出もとの Mechanize::Form#buttons)に配列として格納されています。
reset の名を冠していますが、Mechanize 1.0.0 時点ではフォームリセットの動作をするわけでもなく、ただのボタンです。Mechanize::Form#click_button に渡した場合は普通に name と value が追加されて即送信されます。
Mechanize 1.0.0 の時点では、フォームデータのリセット機能そのものがありません(agent.page.instance_variable_set(:@forms, nil) でオブジェクトごとリセットするのが妥当)。なので、立ち位置がわりと謎なクラスです。


Mechanize::Form::Reset.new(node, value=node['value'])

Mechanize::Form::Reset オブジェクトを生成します。ユーザーが使用することはありません。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます