リョナゲーム製作所のスレをまとめるWikiです。<(・ω・)>

このページでは2016/10/15リリースのカナデロオグver0.050iについて攻略記事を書いています。
新verリリース時に大きく内容が変わる場合がありますので、ご了承ください。

基本的な攻略のしかた

このローグライクゲームは、倒されてもアイテムは全て持ち帰り可能
また、モンスターが落とす「因子」を触手服に取り込ませ侵食を上げる
(=触手服の強化)ことにより、ベースの能力を少しずつ強化することが出来る。
侵食を上げると触手服活性化時のデメリットも増大しますが、活性化させなければOK
倒されてしまうとLVは1に戻りますが、触手服の強化状況はそのままなので地道に
因子を取り込むことにより少しずつ冒険が楽になる。
また、剣を振りまくっていると「剣術マスタリー」、射撃しまくっていると
「射撃マスタリー」が上がり、攻撃面が強化される。これも倒れても失われない。
探索中のLvは、そのフロアに出てくる敵の平均目安を目指してアップしていこう。
あとは、ダンジョン内での立ち回り(=プレイヤースキルの強化)次第…

画面の説明

立ち回りテクニック

‖榛未聞況睚法を使おう
かなでは剣を扱う「まほとじ」モードと射撃専門の「あくとじ」モードを切り替えて戦うことが出来る。
射撃はMPを最大MPの2%消費するので、基本はまほとじモードのみでも構わない。MP回復薬に余裕がある
なら、遠くから射撃→寄ってきたら斬撃、でほぼ敵を完封できる。
また、どちらのモードにもCキーで選べる「スキル」があり、ノーリスクで高威力/範囲の攻撃を放つことが可能。
スキルは一度使うとどれも一定時間(60歩くらい)経過しないと使えない。
ベアクラッシュと爆裂弾は通常ザコなら一撃必殺、出し惜しみせずにどんどん使おう。
モード通常攻撃内容
まほとじ
斬撃
馴染みのキーブレードを用いて斬り付ける、
前後左右の1マスが有効範囲。
普通の近接攻撃、物理トラップ(矢・ニードル床)を
誤作動させられる。
射撃に比べ、命中率高めでMPなどの消費も無し、
基本となる攻撃。
あくとじ
射撃
ぽぺぺ銃で音属性の何かを撃ちだして射撃、射程3。
壁や段差などの障害物があり敵が見えないと狙えない。
射撃マスタリーLvで射程が伸びるということは無い。
撃つと最大MPの約2%を消費するため、MP回復薬に
余裕が無ければ乱用はできない。
床の魔法陣に撃つことで誤作動を引き起こせる、
壁の魔方陣は無理なようだ。
範囲内であれば縦横直線方向でなくても狙える。
マスタリーLvにもよるが、斬撃より命中率が低い。
モードスキル名内容
まほとじ
ベアクラッシュ
単体に強力な斬撃、射程は通常斬撃と同じく1マス。
通常の3倍程度のダメージを与える。必中。

回転斬り
前後左右のマスに同時攻撃、
通常斬撃程度のダメージを与える。
Lvが上がると通常斬撃より強くなる。
あくとじ
爆裂弾
最も近い敵に強力な弾で攻撃。
通常射撃の3倍程度のダメージを与える。
射程も少し長く(4マス)、地形も貫通して撃てる。
ターゲットがいなかった場合はスキルゲージを
消費せず、ターンも経過しない。
MP消費なし。必中。

バレットレイン
4マス以内の敵全てに同時攻撃。
通常射撃と同程度の攻撃力に命中率。
地形も貫通して撃てる。
ターゲットがいなかった場合はスキルゲージを
消費せず、ターンも経過しない。
MP消費なし。

能力を強化しよう
HP・MP・攻撃力・防御力・行動速度はそれぞれ以下のように計算される。
Lvによるベース値 × 触手服や装備接頭辞による補正% + 装備と修正値による能力プラス
また、与ダメージの計算の際には、攻撃力に剣術/射撃マスタリーの補正が乗る。

Lv上げ、触手服の強化、良い装備の吟味が全体の能力向上に繋がる、いずれもバランスよく伸ばしてゆけば雑魚にはまず負けない。
Lvはダンジョンを出ることで1に戻るが、触手服強化と手に入れた装備、そしてアビリティは残る。

HPの時間経過による回復も、最初はまったく無いのではと勘違いするほど遅いが、触手服の強化などで
もりもり回復してゆくようになる。
逆にMPの自然減少も加速させてしまう効果が一部触手服にはあるので、運用には気をつけよう。

ダンジョンで手に入るカードの中には、短時間能力をブーストしてくれる効果があるものがある。
使いきりでそんなに強力でもないのだが、数が集まっていればボス戦で景気よく使うのも良いだろう。

N匹ち備を揃えよう
色々アイテムの種類が多いし、接頭辞も多くて判んないよ!って言う場合は、とにかく修正値の高いものに
替えて行くと良いだろう(現状、最高は+3の模様)。
接頭辞は、よさげな物であれば大体何でもOK。MP減少を抑える"賢い"、経験値増加の"学習の"
攻撃力増加の"剛力の""鋭利な""精密な"、素早さ増加の"俊足の"あたりが付いてれば良いだろう。
攻撃重視か防御重視かで、以下のような装備パターンが推奨される。
部位攻撃重視防御重視

マジックリング

その他のリング

首輪

首輪以外

なんでもOK

ぅ▲ぅ謄爐鮟犬疝効活用
ダンジョン内では、HP・MPいずれも切れると詰む、回復手段は落ちている薬やりんごがメイン。
これらをいかに多く持っているか、が長く探索を続けられる秘訣。
指・腕・首への装備品も拾得できる、見つけたらどんどん鑑定して、良いものに取り替えていこう。
カード系は切り札になる効果を持つものもある、効果をよく理解して、回復アイテム枠と相談した数を持とう。
因子系アイテムは手に入れ次第すぐに使うこと。バッド系効果のアイテムや状態異常回復系アイテムは現状持っている
意味はほとんど無いので、すぐにマナに変換してしまおう。

ッ呂陵を生かす
段差の上からの攻撃は、与・被ダメージで少し有利になる。
また敵は基本的に2段以上の段差があると攻撃できないので一方的に射撃もできる。
ローチやヒプノマスクは、背面を見せていると捕縛攻撃を行ってくる。基本は1vs1になるように。
複数の敵と対峙した場合は通路や壁を有効利用しよう。
また、ニードル床や弓矢トラップは敵も掛かる。覚えておくと少し有利に戦いを進められるだろう。

パラメータについて

結構長いので折り畳み

ダンジョンの概要


始まりの迷宮
基本データ
最初に挑む事になるダンジョン。
罠もまだ少なく、何度も挑戦すれば必ずクリアできる程度の難易度。
未鑑定のアイテムは使ってみないと分からない、とりあえず使ってみよう。
深度4Fまで
出現敵マイコニド・スライム・ローチ(時間経過後)
ボス敵巨大スライム
モンスター
マイコニドスライムローチ
1FLV1〜2LV1〜2LV1〜3
2FLV2〜3LV2〜3LV2〜4
3FLV3〜4LV3〜4LV3〜5
攻略の詳細
スライムと対峙する時は、捕縛攻撃を行われることがあるので素早く振り
解けるように、レバガチャの準備をして戦おう。
各フロアでローチが沸き始めるまで粘ってLVを上げ、ボス戦に備えよう。
巨大スライムと対峙する時は「おいしいりんご」などをいくつか確保しておく。
1vs1でのダメージレースになるのでHP・MP回復手段が切れると詰む。


岩の迷宮
基本データ
敵バリエーションが増えるが、新しい種類のアイテムも出てくる。
ここから「マナ変換」と「鑑定」「解呪」能力も使えるようになる。応用編。
深度5Fまで
出現敵マイコニド・スライム・マンドラゴラ・スネイル・人面蟲・ローチ(時間経過後)
ボス敵人面蟲コロニー
モンスター
マイコニドスライムマンドラゴラスネイル人面蟲ローチ
1FLV4〜5LV4〜5LV2〜3LV2〜4
2FLV5〜6LV5〜6LV3〜4LV3〜5
3FLV7〜8LV5〜6LV5〜6LV5〜7
4FLV6〜7LV6〜7LV6〜7LV6〜8
5FLV2〜4,7
攻略の詳細
全てのアイテムを鑑定して、不要なものをマナ変換していては若干マナの収支マイナス。
装備品は修正値によって鑑定要求マナが大きく変わるので、修正なしか+1か+2かは
慣れれば大体分かるようになる。
修正値が現在装備中のものより低い、と判断できるようになったらすぐに変換して
マナの足しにしてしまえば、大分マナに余裕が出来るはず。
後半出てくるスネイルは、爆裂弾を温存しておいて見かけたらぶっ放そう。
爆裂弾が切れてたらダメージ覚悟で近づいて斬るなり遠くから撃つなり。
ボスの人面蟲コロニーは、新しく手に入ったカードの強化と、壁を使った戦法で攻めよう。
もちろん十分なLV上げと、潤沢な回復アイテムも必要。


森の迷宮 その一
基本データ
現在の最新ダンジョン。
「行方不明の女の子"アルネ"を捜せ」とストーリーで示唆されているが、現時点ではどれだけ探しても見つからない。
深度5Fまで
出現敵マイコニド・スライム・ベノム・マンドラゴラ・スネイル・ヒプノマスク・
テンタクルズ(時間経過後)
ボス敵ゴーレム
モンスター
マイコニドスライムマンドラゴラスネイルベノムヒプノマスクテンタクルズ
1FLV6〜7LV6〜7LV4〜5LV2〜3LV2〜4
2FLV8〜9LV8〜9LV6〜7LV4〜5LV4〜6
3FLV9〜10LV7〜8LV7〜8LV5〜6LV5〜6LV5〜7
4FLV10〜11LV8〜9LV8〜9LV6〜7LV6〜7LV6〜8
攻略の詳細
毒を与えてくるベノムが厄介、といっても毒のダメージはさほどでもなく、捕縛攻撃の
方がHP・MP・EP全部に影響があるため厄介、スライムと同じように対応すればよいだろう。
このあたりから敵も強くなってくるため、因子集めも重要になってくる。
時間経過後にしか現れないテンタクルズも、無理の無い範囲で倒して因子を集めよう。
もし倒されてしまっても、Zボタンですぐにメニューに復帰することにより各種バッドアビリティの
LV上昇は殆ど防ぐことが出来る。陵辱シーンが見たいなら別のセーブデータを作ろう…
ボスのゴーレムはこれまでのボスに比べ攻撃力・タフネスが段違い。加えて攻撃を受けることにより
「怒り」モードに移行、攻撃力が増す。
時間経過で怒りモードは解除されるので、鈍足のカードや転移のカードをうまく使って逃げながら戦おう。
流星のカードも多段HITするためそれなりに有効。

アイテム

それなりに長いので折り畳み

接頭辞による装備付加効果

豊富なので折り畳み

雑魚敵


マイコニド
種族植物弱点属性跳躍1段
最序盤から現れる雑魚敵、特殊攻撃は無く組し易い。
攻防タフネス素早さ共に突出せず、戦闘に慣れるには持って来いの相手。
1段までの段差を登れ、1段差まで攻撃できる。炎属性が弱点。
ドロップ普通のりんご[1]、普通のりんご[2]、きのこの小片、きのこの胞子

スライム
種族スライム弱点属性なし跳躍なし
マイコニドと同じ階層に現れるが、少し厄介な相手。
マイコニドよりややタフ、そして特筆すべきは捕縛攻撃。
下半身に纏わり付き、HP・MP・EPにダメージを与えてくる。
対峙する時はすぐにレバガチャに移行できるよう気をつけて戦おう。
段差は登れないが1段差までは攻撃できる。なお、敵より高所に位置取れば
捕縛攻撃を受けないので、段差を上手く活用すること。
ドロップ治療薬[1]、魔力の薬[1]、スライムの小片、スライムの核

ローチ
種族弱点属性なし跳躍2段
始まりのダンジョン・岩のダンジョンでタイムオーバー時に現れる敵。
素の能力はスライムと同程度だが、素早さが高い。
そして、こちらが後ろを見せていると捕縛攻撃を行ってくる。
HP・MP・EPにダメージを与え、攻撃が長引くと卵を産み付けられるので
一刻も早いレバガチャによる脱出が不可欠。
2段までの段差を登れ、1段差まで攻撃できる。
ドロップローチの触覚、ローチの羽、ローチの卵

マンドラゴラ
種族植物、獣弱点属性なし跳躍2段
攻撃力・素早さが少し高く、特殊攻撃は持たないもののちょっと強く感じる敵。
岩のダンジョン以降に出現する。2段までの段差を登れ、1段差まで攻撃できる。
ドロップ普通のりんご[1]、おいしいりんご[1]、魔女のりんご[1]、
マンドラゴラの根、マンドラゴラの葉

スネイル
種族弱点属性なし跳躍なし
岩のダンジョンから現れる遠距離攻撃を行ってくる初めての敵。
射程は4マス、だがパラメータはそこまで高くなく、特に敏捷性は低い。
爆裂弾で遠くから大ダメージを与えて瞬殺するか、ダメージ覚悟で接近しよう。
攻撃の空振りで少し近寄ってくれる性質がある。
段差を登れないが、溶解液は一段差まで飛ばしてくる。
ドロップ蝸牛の触覚、蝸牛の殻の破片、蝸牛の溶解液

人面蟲
種族弱点属性なし跳躍2段
岩のダンジョン4F・5Fに現れる。
特殊攻撃は持たないもののパラメータは低くない。
人面蟲コロニーから無限に召喚される。2段までの段差を登れ、
1段差まで攻撃できる。
ドロップ普通のりんご[1]、おいしいりんご[1]、魔女のりんご[1]、
人面蟲の尻尾、人面蟲の目玉、人面蟲の唾液

ベノム
種族スライム弱点属性なし跳躍なし
スライムの色違い、やってくることも能力もスライムと大体同じ。
ただし攻撃全てに毒の付加効果があり、戦闘後も少しダメージを受けてしまう。
が、毒のダメージはさほど大きくないため、自然治癒任せでもあまり困らない。
毒を食らうとスピードも遅くなるように見えるが、演出だけであって
特に行動速度が低下すると言うことはない。
段差は登れないが1段差までは攻撃できる。なお、敵より高所に位置取れば
捕縛攻撃を受けないので、段差を上手く活用すること。
ドロップ魔力の薬[1]、叡智の薬[1]、毒薬[1]、ベノムの小片、ベノムの核

ヒプノマスク
種族スライム?弱点属性なし跳躍浮遊
森のダンジョン その1から出現する敵。
ローチと同じく背面からの攻撃には捕縛攻撃を行ってくる。
頭部に取り付き脳と精神にダメージを与え、「精神汚染」状態に陥れてくる。
「精神汚染」状態は、見た目は面白いものの、HPやMPの正確な値
が判らなくなるのでかなり深刻。常に正面で戦えるよう、1vs1を意識しよう。
浮遊能力を持つためこちらが高いところにいても平気で高さを合わせてくる。
高度が高いときは弓矢トラップやニードル床を作動させないなど、
特殊な性質を見せる。
段差に関しては、高いところには浮遊の性質ゆえ無制限に攻撃可能、
ただし2段下には攻撃できない。
ドロップ魔力の薬[1]、ヒプノマスクの破片、ヒプノマスクの触手

テンタクルズ
種族??弱点属性なし跳躍地中潜行
森のダンジョン その1でタイムオーバー時に現れる敵。
少し特殊な移動(地中に潜り最大3マス移動)をするほか、攻撃が全て捕縛攻撃。
さらに2体・3体・4体同時捕縛攻撃を持ち、捕縛数が多いほど指数関数的に
脱出が困難になってゆく。
能力も低くなく、かなり厄介な相手。1段上には攻撃は届かないが、
2段下には普通に攻撃してくる。
ドロップテンタクルズの表皮、テンタクルズの分泌液、テンタクルズの肉片、
テンタクルズの精液

ボス敵


巨大スライム
種族スライム弱点属性なしHP396
そのまんま、巨大なスライム。ユニットサイズは2×2。
スライムがとてもタフになった感じの能力。
ただし、捕縛攻撃はスライムと部位が違い、A部位ではなくX部位。
1vs1でのダメージレースになるので、回復アイテムを大量に
用意して戦おう。接近する前に爆裂弾を打ち込むとなお有利。
捕縛攻撃にすぐ対応できるよう、レバガチャの準備も忘れずに。

人面蟲コロニー
種族弱点属性なしHP320
時間経過でどんどん人面蟲を生み出すコロニー。
攻撃・移動能力は持たず、ひっきりなしに人面蟲を生み出すので、
コロニーに続く道を切り開くように蟲を倒し、素早く接近しよう。
壁を使うと4方向から蟲に囲まれることは無いため、多少楽になる。
大勢の蟲に噛み付かれながら戦うことになるので、回復アイテムは必須。
カードが手に入っていれば惜しみなく使おう。
流星のカードが複数あれば結構楽に戦える。
人面蟲が発生する箇所は固定なので、一撃で倒せるようになれば、
MPの許す限り剣を振るだけの作業、通称:人面蟲狩りが出来る。

ゴーレム
種族??弱点属性なしHP531
2×2のデカユニット、攻防タフネスに優れる。
特筆すべきはある程度ダメージを与えると「怒り」モードになり
攻撃力・素早さが増加する点。
特に捕縛攻撃が激烈になり、素早く振りほどけないと
100近くダメージを貰うことも。
「怒り」モードになったら遠くに退避するため、転移のカードを
いくつか用意しておいたほうがいいだろう。
他の敵も同じだが、視界から外れるほど離れると動かなくなる。
しばらくすれば怒りは収まるので、遠くで回復しながら
ゆっくり待てばよい。

休憩について

周囲に敵がいない状態では、休憩コマンドが実行できる。
とはいっても。ただのターンの早回しなのでタイムオーバーは近づくしMPは減るし、普段と行動しているのと余り変わりはない。
異なる点としては…
・敵がスポーンしない
・毒のスリップダメージが発生しない
・体内の寄生オブジェクトが活動しない(休憩終了直後に一気に動きますが)
・体内の寄生オブジェクトを掻き出す事ができる(出産マスタリーのLvに応じて確率上昇)
といったことが挙げられる。

治癒薬や生命の薬がないときに、緊急のHP回復手段として使える。高まったEPを落ち着かせるのにも。
スキルゲージの回復にも役立つ。
また、因子アイテム「ローチの幼虫」を獲得するためには、休憩して孵化した幼虫を掻き出す事が必要。
(ダンジョン外に出れば寄生オブジェクトは消失するが、因子アイテムは手に入らない)

タイムオーバー時や、ボスフロアではたとえ敵を遠ざけていても休憩には入れない。
そのため、通常のフロアで休憩できる回数は理論的には6回程度が限度。探索時間も合わせると2回くらいしか休めないだろう。

タイムオーバーについて

ボスフロアを除く全てのフロアでは、画面右下のタイムゲージがなくなるとタイムオーバーモードに移行する。
BGMが変わり、特定の敵しか出現しなくなり、また「休憩」も出来なくなる。
タイムオーバー時に現れる敵は、時間経過ではなくターン経過により1次関数的にレベルが上昇する。
(例:初期レベルが2,3,4の場合、2,3,4→3,4?,6→4,6,8→5,7?,10→…→100,150,200)
またスポーン頻度も徐々に上がっていく。

強敵の割に得られる経験値は低いが、がんばって稼ぐことも可能。バッドアビリティのLV上昇に注意しつつ
因子集めに励もう。特にローチDの因子「ローチの幼虫」は、犯されて卵産み付けられたあと、ダンジョン内
で孵化させて休憩モードに入って掻き出して触手服に取り込ませる…と言った煩雑な手順が必要。
副次的に剣術/射撃マスタリーも上げられる、Lvは持ち帰り出来ないので、レコード更新くらいしか出来ないが…

状態異常について

敵からの攻撃やアイテムの効果によって、状態異常にかかってしまうことがある。
状態異常には以下のようなものがあり、殆どは時間経過で治る。
一部を除き、各状態異常にはレベルが存在する。レベルが高くなるほど、状態異常の効果は強く長くなる。
状態異常効果
一定ターンごとにHPが減っていき、また、HPが自然回復しなくなる。
毒薬の使用や、ベノムの攻撃などにより発生。
発情EP攻撃を受けた際の上昇量が増加し、また、EPが自然減少しなくなる。
媚薬の使用などにより発生。
魔力循環不順触手服が活性化し、またMP減少速度が上昇する。
魔女のりんごにより発生。
精神汚染UIの表示に乱れが生じ、MP減少速度が上昇する。レベルが高いと表示の乱れが悪化。
ヒプノマスクの捕縛攻撃により発生。
スロウ行動あたりの経過ターン数が増加する。
鈍足のカードを使用する/投げて当てる事により発生。
クイック行動あたりの経過ターン数が減少する。
俊敏のカードを使用する/投げて当てる事により発生。
ATKブースト攻撃力が増加する。
剛力のカードを使用する/投げて当てる事により発生。
DEFブースト防御力が増加する。堅牢のカードを使用する/投げて当てる事により発生。
スタン一定ターンの間、身動きが取れなくなる。レバガチャでゲージの減少が早められる。
「絶頂」後の「腰砕け」により発生。
捕縛攻撃中に複数回絶頂させられると、スタンも長くなる。
媚薬禁断症状触手服の特定の効果によってのみ生じる、特別な状態異常。 MP減少速度が上昇する。
この状態異常のみ、ダンジョンから出ても解除されない。

罠について

そこまで凶悪な効果を持つものは無いが、壁の罠は通路にも設置されるので注意。
一部の罠は敵も掛かる。掛かっても効果が有用な罠もあるので、活用しよう。
説明

ニードル床
床から針が飛び出る。最大HPに応じて、10〜20%程度のダメージ。
一度発動したら5ターンほど作動が止まる。
上に敵を誘導するか、素振り(斬撃)、アイテム投げを行うことで
誤作動させることが出来る。
これで敵を倒した場合、しっかりと経験値は入ってくれる。
作動しなければ完全にただの床なので、完全回避は難しい。

鎖トラップ(床)
最初から見えているオレンジの魔方陣。
乗ると床から生えた魔法の鎖に束縛される。敵は引っかからない。
転移の罠と魔方陣の外観が同じため、乗ってみるまで判別できない。
鎖の拘束はレバガチャで脱出可能、HP等にダメージは受けない。
発動しても消滅せず、何度でも効果を発揮する。
あくとじの射撃で誤作動させられ、数ターンの間消すことが可能。

鎖トラップ(壁)
壁に設置されるオレンジの魔方陣。
隣接すると壁から生えた魔法の鎖に束縛される。敵は引っかからない。
発動まで不可視で、敵が近くにいると悲惨。壁の近くを歩くときは気をつけよう。
鎖の拘束はレバガチャで脱出可能、HP等にダメージは受けない。
発動しても消滅せず、何度でも効果を発揮する。
あくとじの射撃で誤作動させられない。

ランダムの罠
最初から見えている黄色の魔方陣。敵が乗っても発動せず、一回で消滅する。
これもあくとじの射撃で消滅させられる。効果は以下の5種がランダム。
・何も起こらない ・周囲に敵が現れる(必ず隣接マスに現れるわけではない)
・Lvが1上がる ・手持ちアイテムが何個か未鑑定になる
・手持ち未鑑定アイテムが何個か鑑定済み状態になる
Lv1Up効果や、敵召還による経験値取得を狙ってわざと踏むのもあり。

弓矢トラップ
壁から矢が飛び出る。最大HPに応じて、10〜20%程度のダメージ。
射程は6マスと結構長い。一度発射したら5ターンほど作動が止まる。
射線上に敵を誘導するか、素振り(斬撃)、アイテム投げを行うことで
誤作動させることが出来る。
これで敵を倒した場合、しっかりと経験値は入ってくれる。
一応最初から可視状態で設置されているものの、非常に見分けづらい。
ただし、上方向または左方向の壁にしか設置されていないため、そちらの方向に注意していれば結構見つけることが出来る。

転移の罠
最初から見えているオレンジの魔方陣。
フロアのどこかに飛ばす、転移のカードと同じ効果。敵は掛からない。
捕縛の罠と魔方陣の見た目が同じため、乗ってみるまで判別できない。
予め判別しておけば、緊急避難用として利用可能。
発動しても消えず、何度でも効果を発揮する。
あくとじの射撃で誤作動させられ、数ターンの間消すことが可能。

ターンについて

カナデロオグでは、かなでの行った行動によって消費されるターンカウントが異なる。
このターンカウント消費量は行動毎に常に一定で、SPD(行動速度)をどれだけ上げても消費される
ターンカウント自体が変わることはない。
消費されるターンカウントが大きいほど、敵のターンの到来が速くなる。

敵が2回移動してきたり、逆にこちらが行動しても動かなかったりするのは彼我のSPDの値に差があるため。
大体どんな敵でも、SPD差≒LV差があると実際の行動の速さに影響が出てくる。
その為、敵より早く動きたいのであればSPDの強化が有効となる。

かなでの行動ごとのターンカウント消費

通常時
かなでの行動消費されるターンカウント
攻撃1.0
スキル
宝箱を開ける
移動0.8
アイテムを使用1.2
アイテムを投げる
アイテムをマナ変換
アイテムを鑑定
装備の呪いを解く
モードチェンジ0.3
ターンスキップ0.2
休憩49.0
行動不能時(捕縛攻撃、鎖トラップ拘束、スタン、ダウンなど)
状況消費されるターンカウント
行動不能時0.1〜
鎖トラップに捕まる瞬間0.4

ターン経過によって起こる様々な効果
効果必要なターンカウント
スキル再使用可能49.0
強敵出現300.1
トラップ再作動可能5.1
スタートからトラップ作動可能まで1.1
毒LV1のスリップダメージ4.3
毒LV2のスリップダメージ3.6
毒LV3のスリップダメージ2.9
毒LV4のスリップダメージ2.2
毒LVMAXのスリップダメージ1.5

触手服について


かなでのベース能力を強化してくれる有難い装備…と思いきや、MPが無くなるとと大人にしかった触手が
活性化し性的な責めを行うようになってくる。MPを回復させればすぐに大人しくなるが、そのためMPの
回復手段はダンジョン内では切らすことが出来ない。触手に責められながらでも一応探索は出来るものの、
長くはもたないだろう…

触手服にはモンスターが落とす「因子」アイテムを取り込ませる(=アイテムとして使用する)ことにより、
侵食を上げる(=強化する)ことが出来る。
強化を行うとHP・MP・ATK・DEF・SPDやHP自然回復などのベース能力強化幅は増えるが、触手服活性時
の責めが苛烈になったり、自然に消費するMPも少し多くなったりと、いい事ばかりではない。
基本、触手服の活性化を起こさないよう、MP管理に気をつけたり魔女のりんごを避けるよう心がけよう。

現行バージョンでの因子最大Lvは15、それ以上上がらない。なお、ダンジョンの外では侵食のレベルを下げることもできる。
触手服活性化時のマイナス効果を低減させたり、強化能力を下げて制限プレイを味わったり、なんかも可能。

プラス効果(ベース能力強化)
効果内容対応因子
HPブースト最大HPを○○%上昇マイコニドA・スライムB・ローチC・人面蟲C・
テンタクルズC
ATKブーストATKを○○%上昇スライムB・ローチA・人面蟲A・ベノムB・テンタクルズB
DEFブーストDEFを○○%上昇マイコニドB・スネイルB・人面蟲B・ベノムA
SPDブーストSPDを○○%上昇ローチB・マンドラゴラB・ヒプノマスクA
治癒力強化HP自然治癒速度を○○%上昇スライムA・スネイルA・マンドラゴラA・テンタクルズA
経験値アップ獲得経験値を○○%上昇ローチD・スネイルC・ヒプノマスクB・テンタクルズD

マイナス効果(魔力消費増大・触手の責めバリエーション変化)
効果内容対応因子
魔力消費増大魔力自然減少速度を○○%上昇スライムB・スネイルA・テンタクルズD
活動頻度上昇触手服活性時の活動頻度上昇マイコニドB・スライムA・ローチA・
ローチB・スネイルB
x調教体表面への責めが激化ローチA・スネイルC
v調教膣への責めが激化ローチC・マンドラゴラA・テンタクルズC
A調教尻への責めが激化ローチB・マンドラゴラB・テンタクルズB
U調教尿道への責めが激化スライムA・人面蟲A
N調教乳房への責めが激化ローチD・人面蟲B
B調教脳・神経への責めが激化マイコニドB・スネイルA・ヒプノマスクA・
ヒプノマスクB
催淫液濃度上昇分泌液の効果上昇マンドラゴラA・人面蟲C・ベノムA・
テンタクルズA
催淫分泌増加分泌液の効果・頻度が上昇マイコニドA・人面蟲C・ベノムB
毒液注入毒液を分泌、毒状態にするベノムA・ベノムB
溶解液注入溶解液を分泌、HPにダメージスネイルC
苗床調教(スライム)スライムを体内に注入スライムB
苗床調教(ローチ)ローチの卵を体内に注入ローチC・ローチD
中毒性付与一部の分泌液に中毒性付与マンドラゴラB
脳改造(条件付け)特定の行動に性感を感じるようになるヒプノマスクA
脳改造(性感上昇)性感をより強く感じるようになるヒプノマスクB

各種アビリティについて

かなでの身に着けた技術、および肉体の変化などをこのゲームでは「アビリティ」として表現している。
アビリティはダンジョンを出ても失われないが、一方でいらないアビリティを無くすことも出来ない。
性的な攻撃を貰うことは抵抗力の減少にじわじわと繋がっていくので、今のセーブデータを
大切にしたいのなら、極力それらからかなでを遠ざけることが必要。

プラス効果(ベース能力強化)
種類効果
剣術マスタリーまほとじの攻撃力・命中率が上昇する。
まほとじの状態で敵に斬撃を行うことで上昇する。
射撃マスタリーあくとじの攻撃力・命中率が上昇する。
あくとじの状態で敵に射撃を行うことで上昇する。
出産マスタリー休憩時に寄生オブジェクトを排出する確率が上がる。
寄生オブジェクトの排出に成功することで上昇する。

マイナス効果(性的に堕落)
種類効果
○○性感マスタリー○○部位を責められた時、EPの上昇が激しくなる。
対応した部位で達することで上昇する。
苗床マスタリー
(スライム)
スライムを体内に宿した際、活動の頻度が上昇する。
触手服からスライムを注入されることにより上昇する。
苗床マスタリー
(ローチ)
ローチの卵を体内に宿した際、幼虫に孵化するまでの時間が短くなる。
ローチの卵を産み付けられることにより上昇する。
媚薬中毒媚薬を摂取しない期間が続くと「媚薬禁断症状」が発生するようになる。
触手服から中毒性のある催淫液を塗りこまれるか注入されることにより上昇する
快楽暗示(剣)剣を振ると僅かにEPが上昇するようになる。
触手服から脳改造(条件付け)をされると上昇することがある。
快楽暗示(銃)銃を撃つと僅かにEPが上昇するようになる。
触手服から脳改造(条件付け)をされると上昇することがある。
娼婦催眠性感を刺激された際の興奮値の上昇量が増加する。
触手服から脳改造(性感上昇)をされると上昇する。

鑑定値テーブル


消耗品

未鑑定のアイテムも、グラフィックで種別や残り使用回数がわかる。
このテーブルと値を付き合わせれば、マナを消費しなくてもおおむね識別は可能!
ただし、名前を付ける事は出来ないので結局鑑定したほうが面倒でなくて良いかも。
バッド系アイテム(毒薬・媚薬・魔女のりんご)の鑑定値だけ覚えておいて、鑑定前にマナ変換してしまうのが良いだろう。
変換マナ鑑定要求マナ
未鑑定時鑑定済時ダンジョン外ダンジョン内
アイテム名1回2回3回1回2回3回1回2回3回1回2回3回
普通のりんご345356234346
おいしいりんご6871057710
魔女のりんご91312179121318
治癒薬466578356479
生命の薬9121411151881113121619
魔力の薬6897101257971013
叡智の薬121519152025111518162227
解毒薬6897101257971013
毒薬7991269913
鎮静剤6897101257971013
媚薬6897101257971013
解呪のカード17221624
流星のカード21272030
剛力のカード21272030
堅牢のカード21272030
俊敏のカード21272030
鈍足のカード21272030
転移のカード21272030

簡易鑑定メモ
薬の「未鑑定時」の「変換マナ」から、以下のように分類できる(使用回数1回/2回/3回)。
4/6/6 → 治癒薬
6/8/9 → 魔力の薬、解毒薬、鎮静剤、媚薬
7/9/- → 毒薬
9/12/14 → 生命の薬
12/15/19 → 叡智の薬
りんご系の場合、魔女のりんごは妙に変換マナが高いので判別可能。また「使用回数3」のりんごは
現状「普通のりんご」しかないので使用回数1〜2のりんごはうっかり食べないように。
カード系の場合、「解呪のカード」かそれ以外のカードかまでしか判定できない。

装備品

接頭辞による影響を無視すると、マナは以下のようになる。
装備修正値変換マナ鑑定要求マナ
未鑑定鑑定済ダンジョン外ダンジョン内
首輪なし(0.0〜+0.4)8〜1110〜147〜1010〜15
+1(+0.5〜+1.4)12〜1815〜2411〜1816〜27
+2(+1.5〜+2.4)19〜2625〜3418〜2527〜37
+3(+2.5〜+3.4)27〜3335〜4426〜3339〜49
なし(-0.1〜-0.4)[呪い付き]12〜1516〜1912〜1418〜21
-1(-0.5〜-1.4)[呪い付き]15〜2220〜2915〜2122〜31
首輪以外なし(0.0〜+0.4)23〜3230〜4222〜3133〜46
+1(+0.5〜+1.4)34〜5445〜7233〜5449〜81
+2(+1.5〜+2.4)57〜7775〜10256〜7684〜114
+3(+2.5〜+3.4)79〜99105〜13278〜99117〜148
なし(-0.1〜-0.4)[呪い付き]29〜3638〜4728〜3542〜52
-1(-0.5〜-1.4)[呪い付き]38〜5850〜7737〜5755〜85

変換値・鑑定値の算出について

特殊演出リスト

表示する

よくある質問

表示する

このページへのコメント

岩の迷宮までクリアしてたのにスキル攻撃について知らなかった……そんなものあったのか

Posted by 名無しのリョナラー 2016年12月17日(土) 05:49:13

解析班すげぇ……お疲れ様です

Posted by 名無しのリョナラー 2016年12月17日(土) 05:19:32

一部データおよびレイアウトを修正・追記させてもらいました。
また、ページが長くなっていると感じたので、よくある質問を折りたたみ表示にさせていただきました。

Posted by ircad 2016年11月24日(木) 21:22:28

以前調べましたが、床トラップで死んでも敵の攻撃で死んだ時と同じでうつ伏せに倒れるだけでしたよ。

Posted by マ 2016年11月20日(日) 13:45:26

反映しました。
確認してないですが、ニードル床では特殊演出ないんでしょうかね?

Posted by nenkoni 2016年11月20日(日) 12:10:56

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!