リョナゲーム製作所のスレをまとめるWikiです。<(・ω・)>

題名リィブベイト
作者ZNZNさん、じゃぎさん、にjnさん(合作)
ヒロインリュッケ
URLアップローダ
製作環境等AdobeFlashPlayer
ジャンルアクション

概要

  • ジャンプで避ける横スクロールアクション。タイムアタック要素がある。

説明

ステージを1つ1つクリアしてワールドの最後にいるボスを倒してください。また、ステージによってはクリアした際に条件を満たしていると別のステージにいけるようになるものがあります。
雑魚キャラは踏みつけることができる敵とできない敵といます。踏みつけることで高くジャンプできます。ただし、主人公は非力なので倒すことはできません。
マップにはハートや1UPが落ちており、ハートを取ると最大5まで回復できます。1UPを取ると残機を1つ増やせます。
敵にぶつかるなどしてダメージを受けると画面右上のハートが減少、0になるとリョナシーンへ。残機があればチェックポイントから復活できるがない場合はゲームオーバー。

ストーリー

薄暗い森の中、一台の荷馬車がぬかるんだ道を奔っていた。その荷台の鉄格子から漂う獣の香りと陰気な森の所為か運転者も顔を顰めている。まぁ運んでいる『荷物』のことを考えると当然のことと云えるが…
当代の『魔王』が『勇者』に討伐され魔物と人間との均衡…パワーバランスは崩れたといえる。特異な力を持つ魔物もその首領を失えば烏合の衆でしかなく、人間の容赦ない魔物狩りが始まった。今や弱い部類の魔物にとって人間は脅威でしかなく彼らは森の奥に身を潜めひっそりと暮らしているのが現状だ…今日も一つの魔物集落が兵隊に壊滅させられた。大人の雄達は刃物と呪文に貫かれ、雌、子供は鎖に繋がれ荷台で震えている。これから麓の街で奴隷、ペットもしかすると慰み者や食糧として売捌かれることとなるだろう…
その時、馬車が激しく横に揺れた、黒い塊が荷台の側面に激しく衝突したのだ。その正体は三本の鋭利な角…雄牛の魔物トライブル、縄張りに入ったモノを容赦なく叩き潰す危険な部類の魔物だ。何度も何度も突進し眼下に動くものが無くなると、満足したのか森の奥へと帰っていくトライブル…暫くの静寂。
運よく助かった一匹の若い雌が目覚めたとき辺りには馬車の破片と引き裂かれた人間、馬そして同胞の肉片が散らばっていた。暫くの放心の後我に返った彼女は昨晩の惨状(こと)を思い出す。目の前で焼かれた父と切り裂かれた母のことは脳裏に焼き付いていた。内容物を全て吐き出した後彼女は妹のことを思い出す。散り散りなって逃げた妹は荷台にはいなかった、きっとまだ生きている、私を待っている。幸いにも自身を繋ぎ止めていた鎖は千切れている、彼女は妹を想いながら危険な魔物が蠢く森を走りだした。

キャラクター

・リュッケ
  主人公。人間に近い容姿の獣人。身体能力が高い以外の特徴はない。家族想い。

操作方法

左右キー:横移動
Zキー:ジャンプ(2段ジャンプ可、長押しで高く跳べる)、決定
Xキー:テキストスキップ
Rキー:タイトル画面に戻る






タグ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!