リョナゲーム製作所のスレをまとめるWikiです。<(・ω・)>

題名XENOPHOBIA
作者窓の人(旧237)
ヒロイン登和多 初香(とわだはつか)(10)
URLアップローダーにてDL可
製作環境等後述
ジャンルアクションADV

ゲーム内容

・天才少女が喰われたり刺されたり
・破損部位によって色々と大変なことに
・グロ度によりフィルターシステム導入予定
・しゃがんだときのチラリズムは男のロマン
・缶蹴りゲー

readmeより抜粋

敵についてやヒントなどのより細かな情報は、
攻略ページおよび同梱のreadmeを参照。
ゲームの目的
少女を導きましょう
操作方法
←→:移動

↓:しゃがみ(しゃがんだまま移動する事もできます)

↑:部屋やロッカーなどに入る
(銃構え中)ターゲットを変更する。

Z:調べる,イベントにおいてメッセージを送る,連打でとりついた敵を振り払う
 メニューでアイテムを使用する、メニューのコマンドを選択する。
(銃構え中)銃を撃つ。

X+←・→:ダッシュ
※ダッシュ中はスタミナを消費します。
スタミナが少なくなると走れなくなります。
スタミナは歩かずにいるか、しゃがんでいると回復します。(しゃがみ歩きでも回復します)
※自然治癒では体力は完全には回復しません

X:キャンセル、メニュー画面を閉じる
(銃構え中)リロード。

C:銃を構える

S:現在装備しているライトのオンオフ

SPACE:メニュー画面を開く

R:リトライ(可能な時は右上にRと表示されます)

※ゲームオーバー時に押すと、チェックポイントまで戻ります。

P:ポーズ

F12:タイトル画面に戻ります。チェックポイントや現在の状況は破棄されるので注意しましょう。

製作環境等について

Visual Studio 2005 以降、.NET Framework 2.0 のようです。
また DXライブラリ (ttp://homepage2.nifty.com/natupaji/DxLib/) が使われているようです。
アーカイブに同梱されている TwistPr32.dll は、ファイル名が変更されているものの内容は
DXライブラリ C#版 (Ver2.24c) と同一の物でした。

XENOPHOBIAが立ち上がらない、またはエラーが出る人は

以下を試してみると、改善されるかもしれません。
(10スレ目 No.0015 の記事を転載)

→WindowsUpdateで次の3つをインストールしてみる。
1、Microsoft .NET Framework 1.1
2、Microsoft .NET Framework 2.0
3、DirectX 9.0 エンドユーザー ランタイム

WindowsUpdateに出てこなければ

→Microsoftのサイトのダウンロードセンターから
 次の3つを検索してインストールしてみる。
1、Microsoft .NET Framework Version 1.1 再頒布可能パッケージ
2、Microsoft .NET Framework Version 2.0 再頒布可能パッケージ (x86)
3、DirectX End-User Runtime

さらに必要ならば、WindowsUpdateやマイクロソフトのダウンロードセンターから
それぞれのサービスパックやセキュリティ修正パッチを行う。

64bit環境で起動できない場合

35スレ目294より

SDKコマンドプロンプトが入ってない場合は
.NET Framework 2.0 SDKを落としてインストールする。
インストールするのはツールおよびデバッガだけで良い。

インストールしたらスタートメニューの
Microsoft .NET Framework SDK v2.0 (64bit)
からSDKコマンドプロンプトを起動。

CD [ゼノ置いてる場所]
と入力してゼノ置いてある場所に移動
(ゼノのプログラムを「C:\Xeno+」に置いてるなら
「CD C:\Xeno+」と入力)

そこで
「CorFlags.exe /32BIT+ XENOPHOBIA.exe」
と入力

これでOKなはず。

でもなんか.NET Framework 2.0 SDKとか入れて
開発しない人は使わないツールたくさん入っちゃうっぽいから
もっとクールでナイスな方法あったらおしえて下さい。

あと64bitはいいものだよ!
不便しか感じたことないけどいずれはいいものだよ!

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!