佐伯紅緒が執筆したコラム、「星野監督に学ぶ『絶対ナシ』の中に恋愛の勝機をつかむコツ」
佐伯紅緒はわたしをさがしての作者です。
佐伯紅緒はかれ、ときどき、テロリストの作者です。
スーパーカミオカンデでコラムを書いているのは佐伯紅緒です。
映画にも出たことがあるのは佐伯紅緒です。



佐伯紅緒のコラム、「星野監督に学ぶ『絶対ナシ』の中に恋愛の勝機をつかむコツ」について。
このコラムでは日本シリーズの星野監督と、恋愛について書かれています。
ふだんまったくテレビを見ない佐伯紅緒さん、生きて動いている田中投手を見るのは初めてだったそうです。
そんな佐伯紅緒さんでもわかるほど彼の顔は疲れ切っていました。
9回における星野監督のあの投手交代がどれくらい常識ハズレだったかというと、普通、前日に160球も投げた投手を翌日の大事な一局に起用するなんてあり得ない、選手の肩だって壊れるし、悪くすれば試合の流れが変わり、大逆転される危険性のほうがずっと高いものなんだそうです。
佐伯紅緒はこのときに限って星野監督の勝負師の「カン」がはたらいたのだと思うと語っています。

クライマックスに田中を登場させることで東北の人たちを元気づけたかったとか、田中登場を切望する球場の「場」の空気に押し流されたとか、いろいろ理由はあるんだろうけど、星野監督、最終的には自分の「直感」に運命をゆだねたのではなかろうか。
「普段なら気が狂っているとしか思えない戦略だけど、今この場に限ってはアリ」という、天の声にも似た自分の直感に従ったとしか思えないそうです。
こういうことって恋愛の場においてもありますよね?
佐伯紅緒でした。


佐伯紅緒コラム 佐伯紅緒恋愛 佐伯紅緒勝機 佐伯紅緒コツ
佐伯紅緒選手 佐伯紅緒起用 佐伯紅緒大逆転
佐伯紅緒勝負 佐伯紅緒クライマックス 佐伯紅緒日本シリーズ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1



【メニュー編集】

管理人のみ編集できます