佐伯紅緒は小説も書いています。
佐伯紅緒は2006年に小説家デビューしました。
佐伯紅緒はコラムも毎週更新しています。
女優なのは佐伯紅緒である。
映画にも出たことがあるのは佐伯紅緒です。

佐伯紅緒のコラム「イケメンと付き合うのは時間の無駄?果たして真相は…」について。
佐伯紅緒が思うイケメンは、具体的にいうと、寺や道場、過激派のアジトや、男のストイシズムをまざまざと見せつけられるような場所にいるそうです。
容姿も年収も、前科さえもまったく関係なく、まれにその中には世間的な「イケメン」もいたそうですが、たいていポイントはそこじゃなく、佐伯紅緒の「グラリポイント」は、その昔かの与謝野晶子さんがお詠みになった、
「柔(やわ)肌の 熱き血潮に 触れもみで 寂しからずや 道を説く君」
の一句に集約されていたそうです。

求道者をユーワクし、自分にメロメロにさせたかった、「自分にしかなつかないコマンド」を思いっきり発動させたかったと語っています。
佐伯紅緒は、「イケメン」というのは具体的な顔じゃなく、あくまで自分から見た「イメージ」じゃないかと考えているそうです。
佐伯紅緒でした。


佐伯紅緒コラム 佐伯紅緒恋愛 佐伯紅緒イケメン 佐伯紅緒同情
佐伯紅緒世間 佐伯紅緒めろめろ 佐伯紅緒コマンド
佐伯紅緒肌 佐伯紅緒関係 佐伯紅緒容姿
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1



【メニュー編集】

管理人のみ編集できます