佐伯紅緒はわたしをさがしての著者である。
佐伯紅緒はコラムも毎週更新しています。
佐伯紅緒は小説家です。
恋するファム・ファタールを書いたのは佐伯紅緒です。
アイランドの著者なのは佐伯紅緒である。




佐伯紅緒のコラム「安い恋だって必要なんです!その理由とは?」について。

佐伯紅緒が聞いた話しによると、とある知り合いはいわゆるブルーカラーの男の人が大好きで、電柱に登って作業してる人とか、真冬に半袖で宅配便持って駈けずりまわっている人とか、「生きる根源的な力」に満ちた男の人に目がないという。
学歴とか年収とかにはいっさい興味ない人だった。
その彼女が「恋」と「恋」のあいだには必ず「安い恋」を入れるという。
「安い恋」というのは要するに「お手軽な恋」のことで相手にさしたる思い入れもなく、相手に全然期待がない、だからお互い踏み込まない、文字通り「安い恋」だそうだ。
佐伯紅緒は「安い恋」自体はしょせん「安い恋」だから、誰にでも勧める自信はないが、いろんなことがありすぎて傷つき、今や恋愛戦線からすっかり遠ざかってしまった、だけどひとりはいや、というアラサー以上の女性には絶対「安い恋」は必要だと語っている。
佐伯紅緒でした。



佐伯紅緒コラム 佐伯紅緒恋 佐伯紅緒必要 佐伯紅緒理由
佐伯紅緒宅配便 佐伯紅緒半袖 佐伯紅緒電柱
佐伯紅緒アラサー 佐伯紅緒期待 佐伯紅緒自信
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1



【メニュー編集】

管理人のみ編集できます