福岡市中央区の心療内科・精神科「メンタルクリニック桜坂」です。福岡県内で唯一、日曜も診療を行っている心療内科・精神科クリニックです(完全予約制)。地下鉄七隈線「桜坂駅」・バス停「雙葉学園入口」から徒歩3分です。無料駐車場は70台完備しております。

自律神経失調症とは、はっきりと明確化した病気ではありません。
不定愁訴症候群と呼ばれることもあります。

器質的異常(体のはっきりした病気)はないけれど、
自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れ、
不定愁訴(いろいろな一定しない身体的不調)を訴えます。

福岡市中央区の心療内科・精神科 「メンタルクリニック桜坂」


自律神経失調症になりやすいのは、20歳代の方が多く、
次いで30歳代、20歳以下に多くみられます。
また、更年期の男性・女性とも自律神経失調症となりやすいです。

福岡市中央区の心療内科・精神科 「メンタルクリニック桜坂」


自律神経失調症の症状として、一番多いのは「全身倦怠感」です。

その他の、具体的な症状としては、
神経・筋系の不定愁訴としては、「めまい・頭重感・頭痛」、
循環器系の不定愁訴としては、「動悸」、
消化器系の不定愁訴としては、「胃痛・胃部不快感」、
などが多くみられます。

これらの複数の症状が、重なって出現することも多いため、
患者さんは何ヶ所もの医療機関を受診しますが、検査では
異常が出ないことが多いです。

そのため、患者さんは「こんなに調子が悪いのに、異常がないはずがない」
という不安から、ドクターショッピングをするようになります。

福岡市中央区の心療内科・精神科 「メンタルクリニック桜坂」


自律神経失調症の症状は、季節の変わり目に悪化しやすく、
特に春先に良くないことが多いです。
また、いろいろなストレスが悪化の原因になりやすいです。

福岡市中央区の心療内科・精神科 「メンタルクリニック桜坂」


器質的異常(体のはっきりした病気)を除外診断した上で、
いろいろな自律神経失調症状がみられれば、
自律神経失調症と診断できます。

福岡市中央区の心療内科・精神科 「メンタルクリニック桜坂」


うつ病でも、気分の落ち込みを主とする、
精神症状よりも、自律神経失調症状のほうが、
目立つ場合があり、これを仮面うつ病といいます。
この場合の治療は、うつ病の治療に準じます。

福岡市中央区の心療内科・精神科 「メンタルクリニック桜坂」


治療としては、漢方薬も含めてお薬をつかうことも、
有効な場合があります。

ただし一番大切なのは、
「症状を消してしまうのを目標とするのではなく、
 症状とうまく付き合いながら日常生活を、
 送れるようになることを目標とすること」
です。

福岡市中央区の心療内科・精神科 「メンタルクリニック桜坂」

フリーエリア


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加

Powered by SEO対策 RSSプラス



はてなに追加

MyYahoo!に追加

del.icio.usに追加

livedoorClipに追加


ブックマークプラス by SEO対策





みんなの検索サイト!



















↑クリックで投票!
By Wikiranking.jp



track feed
福岡市中央区の心療内科・精神科
「メンタルクリニック桜坂」






Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー





無料アクセス解析




管理人のみ編集できます

閉じる
福岡市中央区の心療内科・精神科「メンタルクリニック桜坂」です
福岡市中央区の心療内科・精神科「メンタルクリニック桜坂」です。福岡県内で唯一、日曜も診療を行っている心療内科・精神科クリニックです(完全予約制)。地下鉄七隈線「桜坂駅」・バス停「雙葉学園入口」から徒歩3分です。無料駐車場は70台完備しております。