Substance Designerのチュートリアルをまとめたい

概要

入力した一つ、もしくは二つのテクスチャのRGBAの値を指定した通りにシャッフルします。

用法1 各色情報抽出


この場合、入力の赤の値だけを抜き出してグレーの画像にしています。
ラフネス、メタリック、AOなどを、それぞれR、G、B、Aに割り当て、一つのテクスチャとして扱う場合があります。
そういったときに、それぞれの要素を抜き出すことが可能です。
ただ、そういった使い方の場合は、RGB-A Split もしくは RGBA Split を使った方がいいでしょう。

用法2 二つのテクスチャのRGBA値を混ぜ合わせる


この場合、入力1(上側)のテクスチャのRGBと、入力2(下側)のテクスチャのアルファを使って不透明のノーマルテクスチャを作っています。
  • 均一カラーノードを用いて透明度を消すやり方はよく用いられます。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます