Substance Designerのチュートリアルをまとめたい



地味ですが基本となるテクニックが色々詰まってます。ブラーを使い分ける事によって、さまざまな大きさの凹凸を作っています。







Anisotropic Blurは方向を指定して色を伸ばすノードです。使い勝手が非常に良いので重宝します。



法線とグレースケール変換により、入力ノイズの濃淡をオミットし、角度のついた部分だけを抽出できます。

完成データ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます