Substance Designerのチュートリアルをまとめたい


防波堤にあるアレ




必要なもの

block.fbx
ポリゴン粗い


概要

まずはモデルから位置テクスチャをベイクします。
それをBottom To Topにつなげて頂点のY座標を白黒に変換し、Ground Dirtへ割り当てます。
そこから元のテクスチャとブレンドすれば、UVの形状に関わらずブロックの下側が濡れたような表現を作ることが出来ます。



Ground Dirtによって作られたマスク。
3つのブロックオブジェクトのUVに特に工夫している点はなく、それぞれが回転して配置されているが、全て地面に近い方のみマスキングされている。


まぁ3つのブロックを一つのUVにまとめる事はなかなかないと思うけど、単純に一つのブロックを濡らすだけに使ってもいいと思います。


完成データ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます