SHIN-NIKKEN株式会社(株式会社新日本技建)の会社概要

■会社概要

商号
株式会社 新日本技建
SHIN-NIKKEN 株式会社

設立
1999年9月

資本金
1億円 (グループ合計1億8,200万円)

代表者
植田 茅

従業員数
550名

事業内容
住宅塗料の開発、販売、施工、管理
塗装工事業、防水工事業、建設工事業、総合住宅リフォーム全般 店舗・事務所・ショップデザイン、企画、設計、施工、管理 増築・改築・内装工事業 耐震リフォーム・防蟻工事業
インテリア・エクステリアの販売、施工
住宅環境エコシステムの販売・施工・管理 住宅の企画、設計、施工、監理 不動産の売買、仲介、賃貸、管理 建設マネジメント並びに建設コンサルティング業務

登録資格
一級建築士事務所  大阪府知事(ロ)第21969号
ISO 9001 認証取得(SGS / J / Q676)本社統括本部
建設業許可  国土交通大臣(般-23)第22076号

本社
株式会社 新日本技建
〒590-0833  大阪府堺市堺区出島海岸通2丁11番12号
TEL 072-243-8111(代)   FAX 072-243-8881
URL: http://www.32-2417.com URL: http://www.snk-aps.com

本社
SHIN-NIKKEN 株式会社
東京本社 〒208-0011  東京都武蔵村山市学園3丁目18 - 3 TEL 042-590-2410 (代)  FAX 042-590-2420

支社

三河支社
〒444-0068  愛知県岡崎市井田南町6-1

札幌支社

〒062-0052  北海道札幌市豊平区月寒東2条16-1-91

支店


■北海道地方
  札幌支店/旭川支店/帯広支店/函館支店
■東北地方
  青森支店/八戸支店/秋田支店/盛岡支店/仙台支店   山形支店/郡山支店
■関東地方
  宇都宮支店/柏支店/千葉支店/武蔵野支店/東京西支店   町田支店/小田原支店/前橋支店
■中部地方
  新潟支店/長野支店/ 富山支店/金沢支店/甲府支店   名古屋支店/一宮支店/三河支店/静岡支店/岐阜支店   静岡支店/浜松支店(予定)
■近畿地方
  京都支店/北大阪支店/南大阪支店/和歌山支店   宝塚支店
■中国・四国地方
  倉敷支店/姫路支店/松山支店/徳島支店
■九州地方
  佐賀支店/大分支店/熊本支店/鹿児島支店/沖縄支店

系列会社

(株)新日本化研
SHIN-NIKKEN(株)

加入団体
(社)日本塗料工業会 (新日本化研)
株式会社 日本住宅保証検査機構

取引銀行
三菱東京UFJ銀行、大阪信用金庫、三井住友銀行、みずほ銀行、商工組合中央金庫、大阪市信用金庫、

主要取引先
(株)新日本化研、三菱電機(株)、(株)LIXIL、立川ブラインド工業(株)、パナソニック電工(株)、クボタ松下電工外装(株)、(株)INAX、ダイキン工業(株)、(株)オリエントコーポレーション、(株)アプラス、三洋電機クレジット(株)、(株)電通テック、セコム(株)、日本興亜損害保険(株)、(株)JTB、野村證券(株)、大和證券(株)、東京オートリース(株)、オリックス(株)、トヨタ自動車(株)、ダイハツ工業(株)、スズキ(株)

公開特許
特許第3358776号、特許第3982847号

登録商標
登録第4870988号「ハイパーテクト21」、登録第4566433号「ポリマーハイブリッドクリーン」、登録第4590474号「ポリマールーフガード」、登録第4805956号「ポリマーガード」、登録第4936664号「APS」、登録第4993854号「パーフェクトクリーン」、登録第5133349号「ポリマーガード」、登録第5118108号「ポリマーガード」、登録第5138396号「プレミアムクリーン」

登録技術者
一級建築士 2名
一級建築施工管理技師 2名
一級土木施工管理技師 3名
一級技能士(塗装) 47名
一級技能士(防水) 1名
一級技能士(鋼橋) 5名
一級技能士(大工) 1名
一級技能士(樹脂注入) 1名
二級建築士 3名
二級建築施工管理技師 9名
二級土木施工管理技師 3名
二級技能士(塗装) 33名
二級技能士(鋼橋) 2名
二級管工事施工管理技士 1名
二級建設機械施工管理技士 1名
職業訓練指導員 6名
建築仕上診断技術者 1名
職長・安全衛生責任者 10名
建築塗装指導員 2名
特定化学物質責任者 2名
有機溶剤責任者 8名
第一種酸素欠乏主任者 5名
足場組立主任者 3名
アーク溶接技能士 1名
ガス溶接技能士 1名
玉掛技能士 2名
クレーン技能士 2名
高所作業技能士 7名
粉塵特別教育 1名
研塵といし特別教育 1名
宅地建物取引主任者 3名

※平成23年3月現在

販売先
一般個人ユーザーを主体に住宅リフォーム全般を企画、設計、提案、並びに販売、施工、管理業務
平成16年度施工実績 8,321件

地域活動
「クリーンアップ・プロジェクト」活動の一環として私たちは環境問題と美しい街づくりをテーマに、各支店の周辺道路・公園はもちろん、河川や海の美化活動を積極的に取組み、地域社会の貢献に努めています。


ボランティア活動
Kids' ISO 14000プログラム事業 (北海道庁)
(財)日本盲導犬協会 (財)交通遺児育成基金 日本赤十字社 社会福祉法人 中央共同募金会 (赤い羽根共同募金)
WWF インターナショナル
WWF Japan

■-SHIN-NIKKENの理念-

経営理念〜Management Phillosophy〜

こだわりの理念

・お客様第一主義
お客様満足を最優先とし、確かな信頼を得られる商品やシステムづくり、会社づくりに邁進する。
・いちばんの財産は社員一人ひとりである。
創造性豊かな人材を育てることで、会社も共に成長を続ける。独自の技術を全社員で未来へと受け継いでいく。
・地球に優しいまちづくりを実践する。
事業を通じて快適な住環境を実現し、環境保全に努めることで、地域社会や地球の未来にも貢献する。

ごあいさつ

SHIN NIKKENが目指すあらたな挑戦
塗料の進化は、いつもSHIN NIKKENから始まる。

平素はSHIN NIKKENをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
我がSHIN NIKKENグループは平成2年の創業以来、長きに亘り住宅のリフォーム・塗装工事に従事して参りました。
これはひとえに、弊社を取り巻く全ての皆様より賜りました多大なるご支援があればこそと深く感謝いたしております。

SHIN NIKKENのこだわりの理念は、
「お客様第一主義」
「一番の財産は社員一人ひとりである」
「地球に優しい街づくり」
でございます。
事業を通じて、快適な住環境を実現し、環境保全やボランティア活動及び社会貢献はもとより地球の未来にも貢献することを企業理念としております。
価格価値・付加価値の高いサービス」を低コストでお届けし、更なるお客様の信頼と満足を向上させてゆく所存でございます。
塗装とは元来、美観を維持し物質を保護するために使用されてきました。すなわち、塗装本来の機能そのものが環境保全を目的といえます。
SHIN NIKKENでは、日々係わる時代のニーズを的確につかみ、お客様の要望や地球環境に配慮し業界の優良一流企業として、より一層お客様に満足いただける企業活動を展開してまいります。

代表取締役 岩田 弘昭

コンプライアンス
お客様や社会からの信頼と期待に応えるべく、コンプライアンス体制強化の取り組みを行っています。
社会のルールに反することなく、法令、社内規定、マニュアル等を遵守し、さらに人としての倫理、道徳を尊重する姿勢がやがて、『必要とされ、期待される企業』に繋がるのだとSHIN NIKKENは考えています。

コンプライアンス強化への第一歩
法令や社内規定は、社員教育を通じてルールをしっかり認識することはそう難しいことではありません。しかしながら、倫理やモラルというものは一朝一夕で身につくものではありません。近年のコンプライアンス違反の事例を考察すると、そのほとんどが倫理とモラルが欠如していたと推測されるものばかりです。
そこで SHIN NIKKENは、まず人として何を成すべきかを考え、原点に立ち返り、人間教育を基本テーマとした教育プログラムを実践してきました。 社会活動の基本は『人との関わり』です。社員一人一人が社会の一員としての自覚を持ち、お互いを尊重しあえる人間関係を築くことが、コンプライアンス強化の第一歩と確信しています。弊社の社外活動(詳しくはコチラ)もそのプログラムの一環です。
その成果は、経営者から新入社員まで何でも相談できる風通しの良い社風へと変化させ、関連企業様との信頼関係向上にも繋がっています。 そしてそれがコンプライアンス強化の礎となり、下記にご紹介するような教育プログラムの実践で大きな成果をもたらしています。

教育プログラム
■社内規定・マニュアルに基づくシミュレーション教育プログラム
毎回異なる仮想案件を題材にして、いかに対応するべきか社員でシミュレーションを行います。
社会的責任、関連企業と協和、情報管理、人権尊重など様々なテーマを題材とし、課題点がある場合は、関連企業様、または顧問弁護士などの協力のもとに、新しいルール作りにも積極的に取り組んでいます。

■社内報による教育プログラム
社員の実体験から得た情報・教訓はかけがえのない財産です。それを社内報(図2)に記し、社員全員で共有します。この社内報は社員の自主制作です。相手に正確な情報を伝える「情報伝達能力」育成の狙いもあります。
コンプライアンスとAPSの融合
APSはSHIN NIKKENがプロフェッショナルであるためのこだわりです。このAPSとコンプライアンスの融合は、弊社が掲げる終わり無きテーマです。
それは、一歩一歩ゆっくりですが、着実に前進しています。
是非、今後もSHIN NIKKENにご期待ください。

次世代育成への取り組み
急速な少子化の流れを変えるため、平成15年7月に『次世代育成支援対策推進法』が成立されました。
この法律は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境整備を進めるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、10年間をかけて集中的かつ計画的に次世代育成支援対策に取り組んでいくことを目的としています。

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画
■次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画(第1回)
平成23年4月1日   
SHIN NIKKEN株式会社・株式会社新日本技建
 社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
1.計画期間 平成23年 4月 1日〜平成27年 3月31日までの 4年間
2.内容:
目標1:産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。
<対策>
  平成23年4月より、法に基づく諸制度および社内における制度に関する利用実態の調査を実施し、結果を踏まえて朝礼や会議等の時間を利用し、諸制度の内容を従業員に周知させる。また出産予定の従業員に対して健康保険・雇用保険の給付、産前・産後休業等の説明を行う。
  • APSとは-
プロとして、お客さまの資産を守るために。
私たちのこだわり「APS(プロスタッフアドバイス)」。

私たちのみならず、専門職に身を置くものにとってこの思いは、誰しも常日頃から胸の内にあることでしょう。
この意識を持ち続けることが大切であり、向上心は絶える事がないのです。
私たちが全社をわたって掲げる《プロ・アドバイス・スタッフ=APS》というサービスプログラムは、まさにこの精神の象徴なのです。私たちは年間数千件の物件を手掛けています。
人間と同じように、これらはひとつとして同じものではなく、それぞれの個性に合わせて工事を施していかなければなりません。この数字から裏づけされるように、様々な経験から蓄積されたノウハウと技術・対応力こそ私たちの財産なのです。
ただそれは、私たちの技術や知識を高めるだけではなく、お客様と共有されるものでなければなりません。
お客様の希望を叶えるために、私たちのプロフェッショナリズムは存在するのです。
本来目に触れることの少ないこうしたノウハウをオープンにして、お客様と相談・アドバイスしながら工程を進めることは、日本の塗装業界でも前例が少ないパイオニア的なプログラムです。旧態依然としたこれまでの工法にメスを入れ、ひとつひとつのニーズに対しても、経験豊富なスタッフが最適な提案と創意工夫で、お客様に納得いただける仕事を心掛けています。
私たちはこのAPSという発想を初めてカタチにし、お客様とともに築くという意識をさらに強く持って、今後も前進を続けてまいります。

SYSTEM

研究・開発から施工・管理まで。
一貫サービスだから、確かな品質。
SHIN NIKKENグループでは、新日本化研をはじめ塗装を知り抜いたスタッフが研究・開発・提案・施工・管理までをすべて自社グループ内で行います。

SHIN-NIKKENグループ

・株式会社新日本化研
研究/開発
・株式会社新日本技建
販売/施工/管理
・SHIN-NIKKEN株式会社
販売/施工/管理

自信の10年保証

業界の先駆者として、積み重ねてきた実績と技術力が保証期間をさらに伸ばしました。「デュアルポリマー工法」は業界に先駆け最長10年保証を実現しています。

SHIN-NIKKENのこだわり5ポイント

.廛蹐離▲疋丱ぅ
住宅塗料には色々な種類の特徴があり、成分も価格も様々です。弊社は、お客さまのニーズと期待に応えプロの提案とアドバイスをわかりやすくご説明します。
△見積は診断後に
住まいの現状を診ないで、安易な見積りは提示しません。きっちりと調査と点検を行った後に、最適なお見積りをご提示しております。
身だしなみにも配慮
お伺いする作業員の一人ひとりが、プロのサービスマン。技術が優れているのはもちろん、身だしなみまできちんとしていてこそ、お客さまに喜んで頂けると考えています。
1級建築士が施工
作業する人によって、美観や耐久性も変わります。弊社は塗料の品質だけでなく、資格をもった作業員が親切、丁寧に、お客さまの身になって作業を行います。
ゥレームから逃げません
弊社は工事の完成引渡し後からが、本当のお付き合いの始まりと考えております。ご不明な点がございましたら、遠慮なくお呼び下さい。お客さまがご納得いくまで対応させていただきます。

建築塗料業界のパイオニアとしての責任と誇り。それがゆるぎない製品力・技術力につながっています。

株式会社新日本技建の社外活動

社会にも貢献できる企業でありたい。社外活動にも積極的に取り組んでおります。

社外活動の理念

「企業の社会的責任(CSR)」が重視される中、SHIN NIKKENは業態の公共的な役割を十分に自覚し、これまでも積極的に社会活動に取り組んできました。本業の特性を活かした活動、地域に役立つボランティア活動を充実させ、幅広い活動を展開しています。 たとえば、全社環境ボランティア活動を実施。支店ごとに企画をし、主に支社周辺の美化活動を行っています。また、WWFや盲導犬育成への基金など、その他様々な活動を実施しています。

・SHIN-NIKKENクリーンナップ・プロジェクト

愛すべき私達の地球のためにできること。たとえば自然の中に捨てられたゴミを「他人が捨てたゴミだから拾う必要はない」と無関心でいないで、自然を愛するなら、ちょっと勇気を出して片づけてみる。SHIN-NIKKENが推進するクリーンナップ・プロジェクトは、簡単に参加できる自然保護活動。社員一人ひとりが真剣にこの活動に取り組んでいる。

・交通遺児等育成基金

交通事故による死亡・重度後遺障害被害は深刻なもの。突然、多くの子ども達が交通遺児等になり、生活環境・教育環境が損なわれ困難な境遇に置かれている。
SHIN-NIKKENは公益財団法人 交通遺児等育成基金へ寄付を行い、交通遺児と交通重度障害を負われた方の子弟の生活基盤の安定と健全育成の支援を行っている。

・日本盲導犬協会

「目の見えない人、見えにくい人が、行きたい時に、生きたい場所へ行くことができますように。」
盲導犬の育成は、多くの寄付(育成費用の約90%)と、多くの方のボランティアによって支えられている。
一人でも多くの方に豊かな社会生活を、そして一頭でも多くの盲導犬の育成と幸福を願い、SHIN-NIKKENは公益財団法人 日本盲導犬協会に寄付を行っている。

・WWF

WWFは、100 を超える国々で活動する世界最大の自然保護 NGO (非政府組織)である。 1961 年に、絶滅の危機にある野生生物の保護を目的としてスイスで設立され、次第に活動を拡大して、現在は、地球全体の自然環境の保全に幅広く取り組んでいる。
SHIN-NIKKENは絶滅危機種の保護や、地球全体の生物多様性を守るための支援としてWWFに寄付を行っている。

・赤い羽根共同募金

SHIN NIKKENは赤い羽根共同募金を応援する赤い羽根協力企業です。
共同募金運動のメインテーマ「じぶんの町を良くするしくみ。」に基づき、売上金の一部の寄付や、社内イベント活動を行っています。
■赤い羽根共同募金とは --- <赤い羽根共同募金のWebサイトより抜粋>
赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後の1947年(昭和22年)に、市民が主体の取り組みとしてスタートしました。 当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たしてきました。 その後、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)」という法律をもとに「民間の社会福祉の推進」に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。

そして60年以上たった今、社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動を進めています。 赤い羽根共同募金は、市民自らの行動を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」です。
詳しくはコチラをご覧ください
■赤い羽根共同募金
  http://www.akaihane.or.jp/
  • 我が社SHIN-NIKKENグループが厚生労働大臣から表彰されました。
  • 『Kids'ISO 14000プログラム』
北海道が実施する『キッズISO 14000プログラム事業』に協力しています。

北海道では、地球温暖化をはじめとする環境問題の解決に向けた取組の一つとして、平成18年度から、 子どもたちが家庭における省エネルギー等の取組を通じて環境マネジメントの手法を学ぶ環境教育プログラム『Kids' ISO 14000プログラム』を、道内企業等の支援を受け、国際芸術技術協力機構(ArTech)と 共同で、道内の小・中学校において実施しています。
SHIN NIKKENグループは平成23年度協力企業としてこの事業に参加します。

『Kids' ISO 14000プログラム』は子ども達が家族のリーダーとなり、各家庭において、省エネルギー等について「環境マネジメント」の手法により取り組みます。最終的には子どもが「自分達の行動で環境が良くなる」という確信が得られ、単に応用力が身につくだけでなく、生きる力問題解決能力になります。

このプログラムは環境問題への取り組みだけに止まらず、「子どもの自立」を促す大きな可能性も秘めています。「自立した子どもたちの連携」は、現在そしてこれからの未来、社会の中で重要な役割を果たすことでしょう。そう信じてSHIN NIKKENグループはこの事業を応援します。


詳しくはコチラをご覧ください
■ 北海道 環境生活部 環境推進課  「キッズISO14000プログラム」事業

  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/kyouiku/Kids...
■ 国際芸術技術協力機構 ArTechのホームページ
http://artech.or.jp/kids/

SHIN-NIKKEN株式会社のビフォーアフター


純和風建築-お客様の声-
一本一本手間暇かけて丁寧に。
板壁のところは、古くなったら張替えるしかないと思っていました。でも担当の方が「木は、素材を生かした特別な仕上げ方があります」と自身をもって勧められたので、お願いすることに。一本一本に手間暇かけて丁寧に仕上げてもらい、見違えるようになりました。

屋根漆喰の修繕を行い、水漏れ、剥がれ、剥落の原因を防ぎ、建物の寿命を延ばします。
瓦の浮き、ズレ、割れによる飛散や雨漏れを防ぐとともに、地震、台風等の災害に対する耐久力を高めます。
洗い → アク抜き → シミ抜き → カビ抜き → 保護処理 により”木”本来の美しさが蘇ります。

和風建築-お客様の声-
営業マンが決め手でした。築10年を迎えた我が家。チラシや業者がいっぱい来るようになったんです。「白い粉が手に付くから塗装した方がいいですよ」なんてよく言われましたね。付き合いのある大工に相談して、3〜4社の中からSHIN NIKKENさんに決めました。会社の内容と営業マンの質の違いが決め手になりました。

陸屋根-お客様の声-
陸屋根だから塗替えは不要だと思っていたのですが、潮風や風雨の影響でいつの間にか傷んでいたんです。SHIN NIKKENさんに見てもらったおかげで、雨漏りする前に塗装し直してもらうことができました。素早い対応に感心しました。

ハウスメーカー-お客様の声-
今まで、家のことは全部建ててもらったハウスメーカー任せでした。メーカー保証もあるし、やっぱり建てたところが安心と思っていたんですが、塗装は含まれないと言われてしまったんです。SHIN NIKKENさんなら10年保証付きだと聞いて安心して決めました。1階部分を色分けしてくれる提案もうれしく、新築のようだと家族でよろこんでいます。

商品紹介 外壁

・PREMIUM CLEAN
近赤外線を反射・散乱する特殊熱反射顔料を配合。塗膜には、吸収された熱を放射する効果もあり、住まいに高い遮熱断熱効果をプラスすることができます。 (JISの断熱材とは異なります)

太陽光線を反射させることで外壁や屋根の温度上昇をカット。従来の塗料に比べ夏場は室内の温度上昇を抑え、冬場は室内の温度下降を抑え、快適な温度を守ります。

エアコンの温度設定をゆるやかに設定しても快適温度が保たれるため、省エネ・電気代の節約につながります。

省エネによって、使用する電気量もカット。発電時に発生するC02発生の削減に貢献することができます。
太陽光の反射による温度上昇抑制・C02排出量削減によって、環境への負荷を軽減。ヒートアイランド現象を緩和します。

特徴

高濃度セラミック樹脂結合により、親水性を発揮!雨水が汚れの下に入り込み、汚れを浮き上がらせ、そのまま流し落とすことができます。

最先端のバイオ技術により長時間にわたり、かびの繁殖ならびに、藻の発生を抑制し衛生的な環境を維持します。

最先端のナノテクノロジ−.超微粒子結合により、外部からの雨水に対しても抜群な防水性能を発揮します。

水蒸気透湿性にすぐれているため、壁内空間の結露発生が緩和され結露から建物を守ります。

プレミアムクリーンは臭気もマイルドなターペン可溶形塗料でさまざまな下地に塗装できます。ホルムアルデヒド、ク口ルピリホスはもちろん鉛などの重金属も配合していない、人と地球にやさしい最先端のeco塗料です。

「環境技術実証事業(ETV)とは、環境省の主導により、環境保全効果等が有用な技術の普及促進と、環境産業における経済活性化を目的として実施されている事業であり、第三者機関による試験等に基づき客観的な評価によって実証されます。
デュアルポリマー工法「プレミアムクリーン」は『平成25年度のヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)』において、実証を行い、その効果を実証されております。

ハイパーテクト21は「DUAL CROSSLINK機能」と「UVナノテクト機能」により、-40℃〜80℃までの厳しい環境下でも安定した塗膜性能を発揮。新技術、UV抗紫外線剤配合により塗料に求められる「強さ」「美しさ」「快適さ」その全てを追求し誕生した完全究極型塗料です。《フォースター・耐候型1種 取得製品》

新日本技建の床下工事 商品紹介


・DRY GUARD
ドライガードは床下の湿気を含んだ重い空気を強力に排出。床下の湿気による木材の腐食や、細菌・カビ・害虫等の繁殖を防ぎ、建物の寿命を延ばします。

現代住宅はとても優れた快適性を実現した一方で、高気密・高断熱化による通風の悪さが弱点となっています。特に日頃、私たちが目にすることのない床下は、湿気がこもりやすく、大切な住まいの柱や木材の腐朽を引き起こす原因になり、放置しておくとダニやカビ・シロアリなどの温床になってしまいます。通風の悪さを改善するためには床下の換気を十分に行なう事が必要です。

● パワフルな換気能力。
● 心臓部の専用モーター「ダイモ」は、二重絶縁構造と温度過昇防止装置内蔵で優れた安全性。
● 5年間の長期保証を実現した耐久性。
● 高級ステンレス使用で消音設計。

DRY GUARDの効果

害虫の繁殖条件を低下させる
シロアリなどの害虫は、空気のよどんでいるところを好みます。
通気効果を良くすることで、害虫の繁殖条件を低下させます。

結露を防ぎ、建物の寿命を延ばす
強制的に床下に風を取り入れることで、木材にとって快適な状態を保ちます。
特に結露の解消には抜群の効果を発揮します。

案内の環境を快適にする
床下の湿気は、室内にも影響を及ぼします。
ダニやカビの発生条件を低下させ、家族の健康に役立ちます。

床下工事
UNDER THE FLOOR
これからの床下は「環境」を整えて、マイナス要因を排除する。

床下環境改善機器 DRY GUARD
ドライガードは床下の湿気を含んだ重い空気を強力に排出。床下の湿気による木材の腐食や、細菌・カビ・害虫等の繁殖を防ぎ、建物の寿命を延ばします。

現代住宅はとても優れた快適性を実現した一方で、高気密・高断熱化による通風の悪さが弱点となっています。特に日頃、私たちが目にすることのない床下は、湿気がこもりやすく、大切な住まいの柱や木材の腐朽を引き起こす原因になり、放置しておくとダニやカビ・シロアリなどの温床になってしまいます。通風の悪さを改善するためには床下の換気を十分に行なう事が必要です。

特徴
● パワフルな換気能力。
● 心臓部の専用モーター「ダイモ」は、二重絶縁構造と温度過昇防止装置内蔵で優れた安全性。
● 5年間の長期保証を実現した耐久性。
● 高級ステンレス使用で消音設計。

DRY GUARDの効果
害虫の繁殖条件を低下させる

シロアリなどの害虫は、空気のよどんでいるところを好みます。
通気効果を良くすることで、害虫の繁殖条件を低下させます。
結露を防ぎ、建物の寿命を延ばす

強制的に床下に風を取り入れることで、木材にとって快適な状態を保ちます。
特に結露の解消には抜群の効果を発揮します。
案内の環境を快適にする

床下の湿気は、室内にも影響を及ぼします。
ダニやカビの発生条件を低下させ、家族の健康に役立ちます。

天井裏の環境を穏やかに保ちます。湿気等を抑え、冷房効率もアップします。
木材等の建材は熱や湿気に対して膨張・縮小を繰り返します。これを可能な限り抑えることにより建物の寿命を延ばすことに繋がります。
また、天井裏は建材に多く用いらているホルムアルデヒドの濃度が高くなりやすい空間ですが、強制排出することにより人体への影響を未然に防ぎます。

ハイパーテクト21は「DUAL CROSSLINK機能」と「UVナノテクト機能」により、-40℃〜80℃までの厳しい環境下でも安定した塗膜性能を発揮。新技術、UV抗紫外線剤配合により塗料に求められる「強さ」「美しさ」「快適さ」その全てを追求し誕生した完全究極型塗料です。《フォースター・耐候型1種 取得製品》

1ナノメートルは100万分の1mm。原子3個並べた程の大きさです。NEWポリマーガードは超微粒子ポリマーをナノレベルで結合し、住宅基材をしっかりガード。従来品の優れた性能を継承しつつ約2倍の密着性や、優れた防水・耐久・防藻・防カビ効果と強靭な保護効果等パワーアップ。お住まいの老朽化を抑止します。《フォースター 取得製品》

F☆☆☆☆(フォースター)とは

現在、心地よい住環境を生み出す、F☆☆☆☆(フォースター)製品が大変注目されています。
F☆☆☆☆(フォースター)とは建材のホルムアルデヒド放散量の等級です。
建築基準法の改正に伴い、ホルムアルデヒドを放散する建材は放散レベルに応じて使用面積が制限されました。 放散レベル(放散量)はJIS、JAS又は国土交通大臣認定により等級付けされています。
F☆からF☆☆☆☆で等級が定められており、F☆☆☆☆が最上位規格となります。
F☆☆☆☆マークが付いた製品はホルムアルデヒド放散量が平均が0.3mg/L以下、最大が0.4mg/L以下とされ、ホルムアルデヒドの放散がほとんどないJIS(日本工業規格)製品であることが証明されます。

耐候型1種とは
建築用仕上塗剤(JIS A 6906)で分類される耐候型の最高ランクを示します。
熱や紫外線などによる耐候性が優れ、促進耐候性試験において、2500時間経過後、つや保持率が80%以上であることが求められます。耐候型は1種から3種に分類され、1種と認められた塗剤が高耐候性塗料と呼ばれています。

《キーワード》 促進耐候性試験
促進耐候性試験は、紫外線照射→散水→乾燥を繰返し、自然環境を促進再現する試験です。
同試験により、変色の程度、ひび割れ及びはがれの有無を確認します。試験方法により若干異なりますが、一般的に200時間〜250時間を1年相当として換算しますので、2500時間の試験時間は約10年間に相当します。

《キーワード》 シックハウス症候群とホルムアルデヒド
シックハウス症候群と呼ばれる体調不良の原因物質として近年、ホルムアルデヒドという物質が注目されました。 ホルムアルデヒドは接着剤、塗料、防腐剤などの成分で安価なため過去に広く用いられてきました。しかし、建材から空気中に放出されることがあり、その場合は低濃度でも人体に悪影響を及ぼすことを指摘されています。

シックハウス症候群とは

シックハウス症候群(シックハウスしょうこうぐん、Sick House Syndrome)は、米英での(Sick building syndrome/シックビルディング症候群)についての邦訳。建築用語または症候のひとつ。

新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。また、新品の自動車でも同様の症状(New car smell)が報告されており、シックカー症候群としてマスメディア等で取り上げられている。職場だけでなく住居で多くの問題があることから歯科医師の上原裕之が命名した。

なお、真菌や担子菌のトリコスポロンが要因とされる夏型過敏性肺炎(summer-type hypersensitivity pneumonitis)は、シックハウス症候群とは同一ではない。

新日本技建 住まいのQ&A

なぜ、塗替えをするの?
四季がある日本では、寒暖や雨天がめまぐるしく変化するため、外壁は厳しい環境にさらされてると言えます。塗替えをすることは、美しい外観を保つだけでなく、雨水・紫外線・化学物質などから住まいを守るために必要だといえます。

我が家はまだ大丈夫なのでは?
いいえ、油断は禁物です。一般的な塗料では、2〜3年で ” ひび割れ・黒ズミ・カビ ” が発生することがあります。カビや黒ズミはバクテリアが発生し、住んでいる方々への健康にも影響します。この機会に一度「リフォームサインチェック」をされることをお勧めします。

業者をどうして決めたらいいのかわからない…。
塗装に限らず、業者選定は大切なポイント。親切・丁寧であることはもちろん、見積もりについては、あなた自身が家の状況をしっかり把握した上での金額であること・内訳が明確であることが大前提です。また、会社の設立年月日、信販会社が取引先として提携しているかも信用のひとつにあげられます。そして、アフター10年保障などがある資格をもった会社であればさらに安心です。

築10年。そろそろ何かやるべき?
老朽化が進んでいる可能性も。一度徹底的に点検、修繕を。家で傷み始めた箇所を発見したら、その都度手入れを行うのが原則。放置しておくと、それだけ後で費用や時間がかかります。こまめな修繕を行なった家とそうでない家では、20年後、30年後に大きな差が出るものです。これをきっかけに、キチンと家の総点検をしましょう。

<経年によって現れる家の老朽化現象>
外壁  … クラック(ヒビ)、汚れや変色、塗装の剥離、カビ、雨漏り等
屋根   … 屋根の錆・変色、瓦の割れやズレ、変色等
開口部 … 網戸の破損・枠のゆるみ、サッシの歪み、バルコニーのヒビ
その他 … 鉄部の錆・塗装の浮き上がり、ブロック塀の汚れ、グラつき
木部の変色・色あせ・剥離

実例、プラン

<お客さんの声>
・金属製サイディング
建築時、アルミ外壁は塗装は必要ないって聞いていたんです。でも少しずつ白くなってくるのが気になってSHIN NIKKENさんに相談しました。来てくれた職人さんは礼儀正しく、工事内容も毎日教えてくれて、丁寧に塗装をしてくれました。安心してお任せできました。

・純和風建築
板壁のところは、古くなったら張替えるしかないと思っていました。でも担当の方が「木は、素材を生かした特別な仕上げ方があります」と自身をもって勧められたので、お願いすることに。一本一本に手間暇かけて丁寧に仕上げてもらい、見違えるようになりました。

・和風建築
築10年を迎えた我が家。チラシや業者がいっぱい来るようになったんです。「白い粉が手に付くから塗装した方がいいですよ」なんてよく言われましたね。付き合いのある大工に相談して、3〜4社の中からSHIN NIKKENさんに決めました。会社の内容と営業マンの質の違いが決め手になりました。

・洋風建築
塗り替え前の外壁は、タイル調でとても気に入っていたんです。でも、塗り替えると風合いが変わってしまうかもと心配していました。思い切って任せてみると、さすが!私のイメージ通り、モダンな雰囲気そのまま美しく仕上げてくれました。

床下工事

ドライガードは床下の湿気を含んだ重い空気を強力に排出。床下の湿気による木材の腐食や、細菌・カビ・害虫等の繁殖を防ぎ、建物の寿命を延ばします。

ドライガードの必要性
現代住宅はとても優れた快適性を実現した一方で、高気密・高断熱化による通風の悪さが弱点となっています。特に日頃、私たちが目にすることのない床下は、湿気がこもりやすく、大切な住まいの柱や木材の腐朽を引き起こす原因になり、放置しておくとダニやカビ・シロアリなどの温床になってしまいます。通風の悪さを改善するためには床下の換気を十分に行なう事が必要です。

ドライガードの特徴
・パワフルな換気能力。
・心臓部の専用モーター「ダイモ」は、二重絶縁構造と温度過昇防止装置内蔵で優れた安全性。
・5年間の長期保証を実現した耐久性。
・高級ステンレス使用で消音設計。

ドライガードの効果
・害虫の繁殖条件を低下させる
シロアリなどの害虫は、空気のよどんでいるところを好みます。
通気効果を良くすることで、害虫の繁殖条件を低下させます。
・結露を防ぎ、建物の寿命を延ばす
強制的に床下に風を取り入れることで、木材にとって快適な状態を保ちます。
特に結露の解消には抜群の効果を発揮します。
・案内の環境を快適にする
床下の湿気は、室内にも影響を及ぼします。
ダニやカビの発生条件を低下させ、家族の健康に役立ちます。

天井裏の熱気・湿気・ホルムアルデヒド対策
ドライガード 天井裏用Fタイプ
1・熱気を排出し、冷房効率がアップします。
2・天井裏の結露を防止します。
3・天井裏のホルムアルデヒドを排出します。

天井裏用取り付けFタイプ
既存のガラリ等から排気をする吹出ノズルタイプもあります。

撹拌型送風機と併用するとさらに効果的です。

天井裏の環境を穏やかに保ちます。湿気等を抑え、冷房効率もアップします。
木材等の建材は熱や湿気に対して膨張・縮小を繰り返します。これを可能な限り抑えることにより建物の寿命を延ばすことに繋がります。
また、天井裏は建材に多く用いらているホルムアルデヒドの濃度が高くなりやすい空間ですが、強制排出することにより人体への影響を未然に防ぎます。

屋根工事

これからの屋根は「修理」ではなく、「メンテナンス」を考える。

確実に、進化した屋根の形。
耐熱性・安全性の両立を実現。

特殊高分子瓦補強材
ポリマールーフガード
SHIN NIKKENが開発した瓦専用ポリマールーフガードは、瓦をしっかり固定し、地震・台風などによる災害からお住まいの屋根を守ります。抜群の耐久性で、高熱に晒される屋根でも高い効果を発揮します。
瓦がしっかりフィットして安心です。
透明なので見た目も綺麗です。

施工の手順
点検・掃除(約1日目)

屋根は雨漏り、漆喰剥がれ、瓦ズレ落ち、瓦拭き上げといった問題点が発生してきます。

点検項目
瓦のズレ(1枚1枚チェックしながらしっかり直していきます)
瓦の浮上(こちらもしっかりと直します)
悪い下地(取り替えます)
瓦の破損(こちらも取り替えます)
漆喰剥がれ(一旦取り除きます)

全体的な手直しが終了したら清掃します。

・屋根漆喰工事
屋根漆喰の修繕と行い、水漏れや剥がれ、剥落の原因を防ぎ、建物の寿命を伸ばします。

・屋根瓦止工事
瓦の浮き、ズレ、割れによる飛散や雨漏れを防ぐとともに、地震、台風等の災害に対する耐久力を高めます。

ルーフガード施工(約2日目〜3日目)
全体的な漆喰工事を行った後、オリジナル製品である瓦専用ルーフガードで瓦と瓦を特殊工法で固定します(袖止め金具はオプションとなっております)。

最終確認(約3日目〜4日目)
工事内容に漏れがないか、清掃は完了しているか最終工事確認を行います。

外壁工事

これからの外壁は外観を「美しく」するだけでなく、「守る」ことを考える。

UVナノテクトがパワーアップ
フッ素を超える特殊上塗り材
PREMIUM CLEAN
世界初!!UV・遮熱・断熱の全てに効果を発揮する究極の塗料!
プレミアムクリーン 低熱伝導率塗料
遮熱形断熱性塗料

■遮熱形断熱性塗料のテクノロジー
太陽熱をカットし、室内温度を快適に保ちます。
近赤外線を反射・散乱する特殊熱反射顔料を配合。塗膜には、吸収された熱を放射する効果もあり、住まいに高い遮熱断熱効果をプラスすることができます(JISの断熱材とは異なります)。
メリット1
太陽光線を反射させることで外壁や屋根の温度上昇をカット。従来の塗料に比べ夏場は室内の温度上昇を抑え、冬場は室内の温度下降を抑え、快適な温度を守ります。
メリット2
エアコンの温度設定をゆるやかに設定しても快適温度が保たれるため、省エネ・電気代の節約に繋がります。
メリット3
省エネによって、使用する電気量もカット。発電時に発生するCO2発生の削減に貢献することができます。
メリット4
太陽光の反射による温度上昇抑制・CO2排出量削減によって、環境への負荷を軽減。ヒートアイランド現象を緩和します。

プレミアムクリーン、9つの特長
その1
UV・紫外線を100%カット。「プレミアムクリーン」は珪素(Si)と酸素(O)の強力な結合のため赤外線での劣化は殆どありません。塗膜劣化の原因となる「紫外線」をUVAの働きで外壁・屋根塗装の色落ち、色あせを防ぎ美粧性・耐久性をより長期的に持続させます。

断熱・熱の伝わりやすさを数値化したものを熱伝導率といいます。熱伝導率の数値が小さければ小さいほど熱を伝えにくく断熱性が高いことを示します。「プレミアムクリーン」は優れた断熱効果で夏場は勿論のこと、冬場においては室内の熱を外へ逃がさない保湿効果も発揮し、年間を通して快適な住環境作りに貢献します。

大規模改修工事


施工事例:ビル・マンションオーナー様向け事例

築10年を超えると経年劣化によるヒビ割れ・腐食や漏水等の突発的な事故も考えられます。
SHIN-NIKKENNではこれらの工事を管理組合様・オーナー様からご依頼を頂き、調査診断書に基づいて、建物に適したご提案をさせて頂きます。

■作業工程一覧
1 施工前工事
2 シーリング工事
3 外壁塗装工事
4 屋根塗装工事
5 その他付帯工事

完了
作業完了後、確認点検をし異常なければ、施主様にお引き渡しいたします。

SHIN-NIKKENNではその他にも多くの大規模改修工事の実績があります。
  • CASE1の修繕
<工事の流れ>
架設・足場

外壁診断・調査(マーキング処理)
劣化度に合わせた下地(躯体)補修工事を行います。
◯コンクリートの割れ・浮き・爆裂
◯旧塗膜の割れ・浮き・剥離

検査

下地・躯体・補修工事
■コンクリート
ヒビ割れ:エポキシ樹脂注入を行い、コンクリート内部のヒビ割れを改善します。
浮き:サンダーカットやUカット等を行い腐食又は劣化したコンクリートを撤去し、樹脂モルタル補修又はカチオン補修を行います。
浮爆裂:浮き同様に腐食又は劣化した部分を除去し、露出した内部鉄筋の錆をサンダー等を用いて撤去して、エポキシ等の錆止め塗料を塗布した後、樹脂モルタル又はカチオン補修を行います。
■塗膜
浮き・剥離:旧塗膜の劣化度により付着強度が弱い場合、サンダーケレン作業を行い旧塗膜の除去を行います。その後ポリマーセメント等により不陸調整し、パターン補修を行います。

検査

高圧洗浄

養生・シート

シーリング工事
打縫目地・サッシ廻り・バルコニー手摺足元・鉄扉廻り
全てにシーリング打ちを行います。

検索

下地塗装工事
1パターン復旧工事
2下地 NEWポリマーガード(1回目)
3下地 NEWポリマーガード(2回目)

検査

中塗り塗装工事
4ハイパーテクト21(中塗り)※工事看板には上塗り1回目と表記しています

検査

上塗り塗装工事
5ハイパーテクト21上塗り※工事看板には上塗り2回目と表記しています

検査

トップコートコーティング
オプション
6UVクリアー(1回目)トップコーティング
7UVクリアー(2回目)トップコーティング

検査

附帯塗装工事
鉄部・配管・手摺等

検査

バルコニー防水
ケレン→下地処理→勾配調査→下地→中塗り→上塗り(ウレタン防水)

検査

階段・通路防水
ケレン→下地処理→勾配調査→下地→中塗り→上塗り(ウレタン防水)
ウレタン防水を施した後、塩ビシート防水工事を行います。(二重防水処理)

検査

屋上防水
1ケレン
2エボキシ樹脂注入
3樹脂モルタル補修
4ウレタン防水(下地・中塗り・上塗り)
5水切りテープ処理
6シーリング処理
7「シート防水」シート補強張貼り
8「シート防水」ジョイント補修・補強工事
9「シート防水」ケレン・清掃
10シルバートップ塗布(1回目)
11シルバートップ塗布(2回目)

検査

完了検査
仮設足場解体撤去・清掃

完成

住人の皆様、そしてオーナー様に安心と満足をご提供できるように誠意を持って対応します。
資産価値を高め、それを維持する工事を心がけています。
リフォームの流れ
リフォーム工事の手順をご紹介します。
施工状況は現場写真を撮影し管理しています。
施工中、お客様がご不在の場合でも、現場写真と合わせて進捗状況をご報告します。
事前に近隣の方々にご挨拶と工事内容の説明を行いますが、施工中もご迷惑がかからないよう細心の注意を払います。

施工前準備
  • 施工前
長年の風雨の影響で、ひび割れ、劣化などの「リフォームサイン」が、お宅の外壁に現れていませんか?まずはAPSが無料診断いたします。
  • ご挨拶まわり
施工により、ご近所付き合いが悪くならないよう細心の注意を払い、施工前にご近所様に挨拶回りをします。
  • 足場架設
安全作業を行うため足場づくりと、塗料飛散防止ネットを設置して準備を整えます。ご近所にご迷惑をお掛けしないよう、徹底しています。
  • 洗浄
高圧洗浄機で一気にホコリや汚れを洗い流し、壁面をきれいにします。ひび割れ部分のシーリング処理も行います。※カビや藻が発生している場合には、バイオ洗浄を行います(オプション)
  • 養生
外壁を十分乾燥させるために、養生期間を設けます。また、窓や出入口等、塗料が付着しないように保護します。仕上がりを、きれいにするために養生を行います。(ビニール養生・シート養生・メッシュ養生)

施工開始
  • NEWポリマーガード/下塗り
下地表面強化処理のため、特殊外壁下地材ポリマーガードを塗装します。「防水性能」「耐久性能」「浸透性能」が格段に向上し、耐用年数を延ばせます。手作業によるローラー仕上げです。
  • ハイパーテクト21(1回目)/中塗り
従来にない強靭な塗膜強度と多機能性を備えた特殊防水仕上塗料です。カビや藻にも強く、高い抗菌性を備えています。
  • ハイパーテクト21(2回目)/上塗り
もう一度ていねいに重ね塗りをします。塗料の保護効果が得られます。(所要タイム:下塗り・中塗り・上塗りで3〜4日)

仕上げ
  • 打替え
目地(パネルの継ぎ目)やサッシ、窓まわりの隙間等が傷んでいる場合、シーリング材を使って新しく打ち替えます。
  • 化粧仕上げ
各種カラーリングを使用し、外壁色と一体感を持たせた化粧仕上げを行います。
  • タッチアップ・点検
塗り残しや塗りムラがないか施工責任者が、点検した後、お客さまにも最終確認をお願いいたします。何か気になる点がございましたら、ご納得いくまで手直しさせていただきます。

施工オプション
  • UVクリアー
UVクリアーは紫外線の侵食による外壁や塗膜の劣化を最小限におさえる働きがあります。また、超親水性塗膜を形成し、汚れをシャットアウトします。
  • 通路シート
通路や階段等に、防水や遮音を目的とした床シートも施工することができます。
  • 完成
足場の撤去と塗料飛散防止ネットなどを撤去し、周辺の清掃をいたします。

リクルート
  • スタートラインを決めるのはあなた自身です。
SHIN NIKKENは塗装業界の革新を求め設立した会社です。その抜群の商品力と実績により、全国に支店網を広げ、急成長を遂げています。すべては「やる気次第」というポリシーに貫かれた企業風土は、年功序列とはまったく無縁。20代でも40代でも努力の成果は個人のもの、本当の実力主義がここには存在しています。SHIN NIKKENが求めているのは、プロ意識が高くいつも一等賞を堂々と目指している方。そして、失敗してもその理由をしっかり理解しようとする方。スタートラインを決めるのはあなた自身です。悔いなき全力疾走をあらゆる面でサポートします。
  • 先輩からのアドバイス
大学を卒業して旅行会社の添乗員を長くしてきました。 初めは、畑違いの仕事の為、戸惑いや不安も有りましたが、当社の商品を深く知る事で自信が湧きこの商品を多くの人に知って頂きたい気持ちになりました。
お客様との会話の中で家を購入された時の思い出話を聞かせていただく事が有ります。 キッチンやお風呂にこだわって建てられた方、応接間や玄関にこだわって建てられてる方さまざまです。 共通してるのは皆さん夢を持って一生の内の最大の買い物をされてる事でした。 その最大の財産を守るリフォーム工事のお手伝いをさせて頂く事に、感謝と重大な責任感を感じています。 そして工事が終わり、お客様の喜ばれてる笑顔が私たちの財産になります。 多くのお客様が当社のリフォーム工事をきっかけにお住まい全般のお手入れを当社に任せて頂いています。 何事にも真面目に取り組む事お客様の本音を感じ取り、完璧な工事をして当たり前、本当のプロフェシャルの意識を持つ事が施工する鍵になると思います。 ちなみに、私事ですが現在多くの夢を持ってマイホームの建築中です。
  • 充実したオフィス環境
『集中して業務をこなせ、尚且つ自由に意見が言い合える風通しのよい職場環境が、お客様の満足に繋がる』と弊社は考えています。充実したオフィスで貴方をお待ちしています。
  • 研修制度について
充実の研修制度で、更なる品質とサービスの向上を目指します。
技術スキルの向上と業務マネジメント能力の育成、共通体験・情報共有により
結束力を高めます。

家庭的な雰囲気の中で時には厳しく、時には楽しく研修は行われます。
未経験でも安心のサポート体制であなたを応援します。



シンニッケン株式会社 公式サイト
http://www.32-2417.com/index.html


Seesaa Wiki関連リンク

このページへのコメント

交渉が無理だと分かると人を馬鹿にしたような言い方をされた。

Posted by 最低 2017年10月17日(火) 18:54:41

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人のみ編集できます